ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    徐羅伐コレクション 番外編 薔薇服ピダム
    7月7日生まれのピダムの誕生日お祝い企画、なんとか月内にアップできて良かったです。(ギリギリ滑り込みですけどもw)
    書くにあたって一応登場回を全部見返したりしているので、なにかと時間がかかってしまうんですよね^^;
    今回は題名をなんとするか悩みまして、見たまま薔薇服と書きましたが、これです。
    ピダコレ5
    模様が薔薇っぽいよね~と皆さんとお話していたのでそのまま採用しましたw
    ボロ服で登場したピダムですが、比才に勝手に出た時には、この薔薇服を着て現れました。国仙ムンノの弟子と皆に知られてからはムンノの体面的にもさすがにボロ服というわけにはいかなかったでしょうから、それ以降は花郎服を着ていないときのピダムの標準服となっています。

    ●全身
    ピダコレ6
    基本は黒の上下に、薔薇柄や紫無地の布をはぎあわせた長い衣を上に羽織っています。それにシチュエーションによってオプションを加える形になっています。
    この時は革の肩当てにベルト、同じデザインの革のこてを巻いています。
    ピダコレ背中
    また、ミシルの乱の時、トンマンの救出の際には、このように後ろで剣をぶらさげていたりします。

    ピダコレ比才服
    比才の時には、その上に黒い布を身に着けていて、さらに袖口も戦いに邪魔にならないように、黒い紐でしばるなど、動きやすい仕様にしています。

    ●靴
    ピダコレ8
    黒の革のショートブーツ。裏にはちゃんと滑り止めの溝が彫ってあります。なかなか現代的(笑)

    ●髪型
    この衣装の時には、シチュエーションにあわせてさまざまな髪型をしています。

    ピダコレポニーテール
    基本のポニーテール。茶の皮ひもで無造作にくくっています。サイドにこなれ感もありますね(笑)

    ピダコレお団子
    比才のときには、お団子風に結ってきました。ボロ服で登場したときも同じような感じでしたが、それよりももっと髪を撫で付けてピシっときめています。

    ピダコレ三編み
    三つ編みピダムは、ムンノに変装して花郎たちを鼓舞する時にしてましたね。すその白いリボンがポイントです。

    ●この衣装の名場面
    今度ひとりで行ったら助けにきませんよ
    49話 今度ひとりで行かれたらもう助けにきませんよ

    ●この衣装の登場話
    27~29話、33話~38話、40話~49話

    ●その他
    この薔薇服ですが、バージョン違いもあります。
    ピダコレ1
    日食のくだりでエセ予言師ピダムが着ていた服は、同じ薔薇の布を使っていますが、よりパッチワーク風になっています。
    こちらのバージョンはその後、主にムンノと一緒にいるときに着ていまして、
    ピダムコレ ムンノとの戦い
    師匠ムンノと戦ったときも、この服を着ていました。
    日食のときに使ったのは、もともとボロ服を着ていたピダムの私物の一張羅だったのか、それともエセ予言師に化けるときにトンマンが与えたものなのかわかりませんが、後者のほうが可能性は高いでしょうかね?
    わーいトンマンに服もらっちゃった、ボロ服よりもこっちのほうがいいし、こっち着ちゃおう~だったらかわいいですね、ピダム(笑)
    そして比才の時から登場したバージョンも同じブティック、またはデザイナーのものなんでしょうか。比才に出たのも突然ですし、前もって作っていたとは思えず、そう考えるとオーダーメイドではなく既製品なんでしょうかね。
    ...どうでもよいことなんでしょうが、このどうでもよさそうなことを考えるのが楽しかったりします(笑)

    関連記事

    七夕生まれのピダムへ
    7月7日七夕は、はピダムのお誕生日ですね!
    HAPPY BIRTHDAY ピダム!

    って、言葉だけで済ませる気かよ。
    俺のトンマンの誕生日とは扱いがかなり違うじゃねぇか。
    焼き鳥ピダム
    あ、拗ねたw

    や、あの~…
    当日には間に合わなかったんですが、ちゃんとお祝いは考えてますよー
    しばし、しばちお待ちくだされ。

    関連記事

    新・MBCドラミアへ行ってきた! 番外編その1
    2014年3月にドラマロケ地旧・ドラミアに訪問した際のおまけ記事になります。
    そう…、やはりこれは欠かせない、コスプレ編(笑)
    かなり前のことで細かいところは忘れてしまったので、写真中心にお届けいたします。

    前に訪問した際(過去記事「MBCドラミアに行ってきた! 番外編 ~前編~」)には大殿の建物の中に衣装体験コーナーがあったのですが、今回は入り口近いところに新たに専用の建物が建っていて、そこで衣装体験ができました。
    ドラミア 衣装部屋
    入り口が別でそちらは立ち入り禁止でしたが、同じ棟の中には衣装倉庫もあります。

    ドラミア番外編-1
    中に入って階段を上ると、踊り場にはドラミアで撮影されたドラマのタペストリーと、横にはあ・・・、元大統領も訪れたことがあるんですね^^;

    ドラミア番外編-6
    衣装が展示してあります。
    善徳関係では、女王トンマンの即位式の衣装、公主トンマンの衣装、ミシルの衣装、真智王の衣装が飾ってありましたが…

    ドラミア番外編-7
    女子ロッカー内に貼ってあったものですが、これ以外のものは残念ながら着れませんでした。
    2.ミシル(善徳女王)、3.トンマン公主(善徳女王)、5.王妃服(トンイ)、6.トンイ後宮服(トンイ)、7.監察部内人服(トンイ)、9.妃嬪大礼服(イサン)、10.図画署茶母服(イサン)、11.水刺間内人服(チャングム)、12.センガクシ服(チャングム)、13.医女大長今服(チャングム)
    トンマン女王の衣装が着たい~~!と係りの方に言ってみたら、「深夜に誰もいないときに来てくれたら着せてあげます」と冗談でかわされました(笑)

    ドラミア番外編-8
    同じ衣装が何枚もあるんですね。
    ミシルが2人とか、トンマンが3人とか一度にいたらちょっと怖いかも(笑)

    前回(「MBCドラミアに行ってきた! 番外編 ~後編~)」私はトンマン公主の衣装を選びましたが、今回私が選んだのは…!
    ドラミア番外編-3
    じゃじゃじゃぁぁ~ん!ミシルです!

    ドラミア番外編-4
    衣装のラインがとても綺麗です。
    立つと裾があまりまくりなのはご愛嬌ということでw

    ドラミア番外編-11
    貸衣装代の他、別料金でこのようなフレームに印刷してもらうことができます。あまりにも前のことで肝心の料金を忘れてしまいました。すみません。
    ちなみに、王妃服を着て一緒に写っているのは同行したうちの母です。王妃というよりは、もう大王大妃ぐらいの貫禄ですけどもw

    ドラミア番外編-2
    トンマンらぶ~vvv

    ドラミア番外編-10
    大王大妃にかしずくミシルの図。
    いえ、係りの方がカメラで写真撮ってくれたんですけど、いろいろ小芝居を要求されまして(苦笑)

    ドラミア番外編-5
    チャングムと同じポーズを要求されて照れながらも…なんですが、ロッカーの鍵が見えてるなら見えてるって言って(笑)

    ドラミア番外編-9
    「馬医」のポスターに出演者のサインがあります。もちろんヨウォンさんのも~~vvv
    係りの方にヨウォンさんが好きなことを伝えたら、ええぇ~男の方じゃなくって?って驚かれましたが、女性だからって男優好きとは限らないですよねぇ。
    ヨウォンさんはとてもスタイルがよくて綺麗だったそうです。あたりまえすぎる感想ですが、気持ちはわかります(笑)

    以上番外編その1コスプレ編でした。もうひとつ番外編があるのですが、それはまた。
    関連記事

    新聞のテレビ欄で読む善徳女王
    GWも終わり、今年ももう5ヶ月も経ってしまったんですね。なんとも一日一日が過ぎるのが早いです。
    そんななか、今更今年はじめのネタをとりあげてもよろしいでしょうか?(爆)
    いや、書きたい書きたいと思いつつ、パソコンの調子も悪く伸ばし伸ばしにしているうちに5月になってしまいまして…はいっ、言い訳ですね、すみませんw

    おもいっきりローカルな話ですが、今年1月から我が地元北海道のローカル局で「善徳女王」の放送がありました。ちょうどこのブログを始めた頃北海道で最初の放送がありましたので、約5年ぶりの再放送となります。
    北海道新聞1月4日
    地元紙のラテ欄ですが、「善徳女王」の前の時間帯に「馬医」の放送もしていたので、北海道では新春より朝からどっぷりイ・ヨウォン祭りでした。めでたいvvv

    でこのラテ欄、サブタイトルとプチあらすじが少ないスペースに書かれているのですが、これが読んでいるとなかなか面白かったのです。読みながらこの短いスペースで善徳の世界をよくぞ表現したと感心しておりました。
    写真に撮って記録するということを思いついたのが途中からだったので、途中からしかありませんが、ご紹介いたします。



    第21話 決死の逃亡
    ウルチェは政略結婚をもちかけトンマンを殺そうとするが…

    第22話 謎の男
    父親のたくらみを知ったユシンは疫病がまん延する村に身を潜め…

    第23話 告白
    トンマンが自害しようとしたことを知ったユシンは一緒に新羅を…

    第24話 無念の死
    船出の瞬間トンマンと間違えた毒矢がチョンミョンを射抜き…

    第25話 決心
    遺言に従わず身分を取り戻し新羅を変えようとするトンマンだが…

    第26話 女王への道
    ミシルの神権を奪うため大師を拉致しようとするが先を越され

    第27話 私の王
    トンマンへの恋心を経ち臣下として仕えることを決めたユシンは…

    第28話 日食
    トンマンはピダムに祈らせて天からの啓示を受けたと信じさせる…

    第30話 神権問題
    トンマンが王女になったことを知ったムンノは宮廷へ向かう…

    第32話 比才
    風月主を選ぶ比才がスタートし国史の改ざんを隠したいミシルは…

    第33話 三韓統一の夢
    トンマンとユシンは新羅の3つ目の意味を探り当てる

    第34話 不正
    ユシンを風月主にさせたい一心で比才に参加したいピダムは…

    第35話 勝負の行方
    決勝戦でピダムがわざとユシンに負けようとして…

    第36話 ユシンの決断
    ユシンが風月主になることを阻止したいミシルは…

    第37話 ムンノの最期
    ユシンこそが三韓統一を成し遂げられると確信するが…

    第38話 穀物騒動
    ムンノの仇討ちをしようと賭博場へ向かったピダムは…

    第39話 民の暴動
    トンマンの作戦は成功したが大損した貴族は民に収穫量の全てを…

    第40話 女王宣言
    陛下の容体が悪化し王位継承のためトンマンの婿探しが始まるが…

    第41話 不可解な行動
    和白会議でのチュンチュの発言に緊張が走りトンマンは…

    第42話 眠れる獅子、覚醒す
    トンマンとチュンチュの言葉に衝撃を受けたミシルは

    第43話 私が女王になる
    ミシルを倒そうとチュンチュを説得するが…

    第44話 それぞれの思惑
    和白会議の多数決制の発議は否決されたがその狙いは…

    第45話 クーデター
    和白会議に武装乱入した反乱者としてユシンが逮捕寸前!?

    第46話 恐怖政治
    ミシルは最高機関を作り新羅を掌握し逆らう者に死刑宣告をする

    第47話 ソファの死
    トンマンのおとり役になったがチルスクの手によって…

    第48話 公開尋問
    トンマンは自分の潔白を証明するために要求したがその裏で…

    第49話 逃亡
    放った矢はトンマンを直撃するが敗北を悟ったミシルは…

    第50話 ミシルの最後
    何とか内戦を避けたいトンマンは和解を望むがミシルは…

    第51話 女王誕生
    チルスクはミシルの命に背き最後の乱を起こす一方宮殿では陛下が

    第52話 新たな敵
    ユシンとけん制させるためピダムに地位と任務を与えるが…

    第53話 仕掛けられた罠
    ピダムに詰め寄られユシンへの取り調べを承諾するが…

    第54話 極秘任務
    敵陣に忍び込んだユシンは百済軍大耶城を攻めることを知り…

    第55話 百済進軍
    ユシンを救うため密命を公表するが大耶城が陥落寸前の危機に…

    第56話 それぞれの決断
    百済軍に大敗を喫しトンマンは新羅を守るために…

    第57話 愛と忠誠
    トンマンのために戦場で全身全霊を尽くすユシンと見守るピダム

    第58話 婚姻
    トンマンはピダムを信じつつも勅書を残し婚姻を発表するが…

    第59話 偽りの密書
    トンマンに渡った密書は勝手に企まれたとピダムは自分で…

    第60話 熾烈な陰謀
    予言がねつ造され犯人探しが始まるが関係者は次々と…

    第61話 誤解
    自分の命を狙ったのはトンマンと思い込み反乱軍と合流したピダム

    第62話 終わりの始まり
    トンマンとピダムの全面戦争が始まった…



    うわぁーーん!トンマンとピダムの全面戦争(T T)
    ドラマの内容も結末も知っているのに、すごく気になります。もう一度最初から見たくなる~

    そうそう、このラテ欄の中で、ミシルの名前の誤植があったんですよ。どうして保存しておかなかったんだー自分!
    ミラシ?ミルシ?忘れちゃったんですけど、うちの母も誤植に気づくほどすぐわかっちゃう、惜しいんだか惜しくないんだかよくわからない間違いでした(笑)
    覚えてらっしゃる道民の方いらっしゃいませんかーー?w
    関連記事

    ヨウォンさんバースデーファンミーティング 後編
    イ・ヨウォンssi バースデーイベント 第ニ部

    15分の休憩のあと、第二部が始まりヨウォンさん再登場!
    青い細ストライプの入ったシャツ、スキニージーンズに着替えて、さらに一部では下ろしていた長い髪を高い位置のポニーテールにお色直ししており、登場とともに大きな歓声が。うわぁ~(ため息) 一部の温かい感じの装いも素敵でしたが、これだとさらにスタイルのよさが引き立ちますvvv

    そして二部の最初のコーナーに入りますが、一部は質問等が文字の状態でスクリーンに映し出されていたものもあったので、韓国語トークでもなんとなく理解できたのですが、二部はそれが無かったので、私にはなかなかハードルが高く…だいたいの流れくらいしかわからなかったのですが、さらに輪をかけて雰囲気中心にお伝えさせていただきます。

    ◆ファンたちが最も愛情のあるキャラクターは?

    会場の入り口で、ヨウォンさんにメッセージを書いたあと、ヨウォンさんが演じた5人のキャラクターの中から選んで貼るシールを1枚いただきました。
    ヨウォンさんファンミ 7
    私は言わずもがな、ですね(笑) 無駄情ですが、 トンマンの名前の横に貼っているピンクのハートが私のですv

    その結果発表です。
    一位は、予想通りの「不夜城」のソ・イギョン。次は「ウクシナムジョンギ」のオク・ダジョンと「黄金の帝国」のチェ・ソユンが同数で二位。次は我らが「善徳女王」のトンマンで、最後が「外科医ポンダルヒ」のポン・ダルヒでした。
    まぁソ・イギョンは最も最近に演じた役で、この会場には「不夜城」落ちのファンが多いようでしたので一位になるのもわかります。で、オク・ダジョンとチェ・ソユンも最近のものですし、トンマンは大型時代劇のものですし、ファンも思い入れがあると思います。ただ、この選択肢にポン・ダルヒが入っているのは意外でした。古いドラマのものですが、ポン・ダルヒ、韓国の方に愛されているんですねー。私も好きですけど。

    で、主にソ・イギョンのことをヨウォンさんが語っていたんですが、「不夜城」はとんでもない台詞が多かったというヨウォンさん。「これからあなたの世界は地獄になるだろう」(?)という台詞の話をしていまして、MCくんがそのシーンを再現しましょうと言い出したんです。するとヨウォンさんがじゃあセジンの役は客席の中から選ぶ、と!セジン役の方の肩に手を置いて、ささやくように上記の台詞を言い、セジン役の方は悶絶しておりました(笑)
    私「不夜城」はネットでリアル視聴していたんですが、話がよくわからないなーと思いながら見ていたのでどこの場面かさっぱり思い出せませんが、あー、韓国語もっとちゃんと勉強しておけばよかったなぁと、この時激しく思いましたw

    ◆プレゼントコーナー

    一部にもプレゼントコーナーはありましたが、ヨウォンさんがまた席番の入ったクジを引くのは同じですが、今度は当たった人にプレゼントを舞台上で手渡してくれました。
    プレゼントはいろいろありましたが、印象的だったのは先日雑誌「コスモポリタン」の撮影でサンフランシスコに行ったときに買った(?)バック、キャップ、最後にはB全サイズもあろうか位大きいヨウォンさん写真のスチールボードにその場でサインを書いて手渡していました。これ、当たったらどうやって持って帰えればいいんだろう?送れるだろうか?と一瞬いろいろ考えましたが、余計な心配でした(笑)
    ヨウォンさんがひいたクジには席番が書いてあるのですが、その座席というのが、日本でいうところのあいうえおである「か」「な」「だ」「ら」の4つの列に下手から分かれています。でなぜか引くクジ引くクジが「か」列と「な」列が多くって。で優しいヨウォンさん、プレゼントはもう終わりだったのに、「だ」列と「ら」列でも一人ずつ、ヨウォンさんが思いつきで言った席番の人とセルカ撮ってくれるって言うんです。優しい~~(T T)
    セルカ、韓国の方ってよく撮っていますよね。いや、日本人でも若い方は撮るのかw 私撮らないから自分のスマホ使いこなせません。ましてや手の長さが無いから難しいんですよね。当たった方の中ではさっと撮り出してスマートに撮る人もいれば、たぶん私がそうなるであろうようにまごまごする人もw そんな時でも、ヨウォンさんがお客さんのスマホを取って自ら撮影してました(笑)ヨウォンさん手長いから、撮り易いでしょうね、きっと。 

    ◆スローガンイベント

    ステージ奥のスクリーンにファンの方が作った「ヨウォンの春」という映像が流れ、ヨウォンさんは椅子ごと後ろを向いてその映像を客席の皆と一緒に見ます。
    実は入場時に「スローガンイベント参加方法」という紙を渡されておりまして、それには画面に「Happy birthday,our spring」と出たらスローガンを取り出し、ヨウォンさんが振り返ったらスローガンを掲げ、誕生日の歌を心をこめて声をかぎりに歌ってくださいとありました。
    ヨウォンさんファンミ 8
    そのスローガンとはこちらです。
    で、映像が終わってヨウォンさんが振り返りました!皆がこの誕生日おめとうの紙を掲げ、♪センイルチュッカハムニダ~と声高らかに歌います!ヨウォンさん思わず号泣!…とは実はならず(苦笑)
    歌いだしのきっかけがヨウォンさんが振り返ったらというものだったのですが、振り返ってすぐヨウォンさん、ありがとうございます。とても感動しています、と淡々とお話始めちゃったので歌いだしのタイミングがつかめず。しかもそのお話が続いている途中で今度はMCくんがこれまた微妙なタイミングでろうそくの立ったケーキを持ってきたもので会場どうしよ~な雰囲気になったんですが、そこで初めて♪センイルチュッカハムニダ~って歌って、ろうそくを吹き消して貰いました。ファンの方達が考えた企画、なんとか無事に出来て良かったです(笑)
    そしてイベント企画のファンの方達が用意したプレゼントを渡します。ひとつはヴァレンチノのポーチ、もうひとつは5体のヨウォンさん人形が乗ったケーキです。ライフル射撃をするソ・イギョンや、2013年のSBS演技大賞の白いドレスのヨウォンさんもいました。かわいい~
    この費用、事前に有志で集めていたようなんですが、何もせずにチケット代金だけで素敵なヨウォンさんを見れるというおこぼれに預かってなんだか申し訳なかったです。

    それからファンが個人的にプレゼントしたものが舞台上にディスプレイされていたと「前編」でお話していましたが、その中からいくつかヨウォンさんに選んでもらって開けてみましょうということになりました。私のプレゼントもそこにあったのですが、内心開けられたらどうしよ~とドキドキしました。だってエルメスの箱とかも舞台上にあったんですもん。万が一私の開けて微妙な雰囲気が会場に流れたらどうしようかとwww
    ヨウォンさんが机の上から選んだひとつめのものは、フレームの中にパンフラワーみたいな花が入っているもの。ヨウォンさん、これは…何でしょう…と説明するのに困っていましたが、普通に飾るものですね、きっと(笑)
    ふたつめは床に山積みにされていた箱の中から一番上のもの開けましたが、こちらもヨウォンさんこれは…何でしょう…と(笑) 花とかこまごましたものがいろいろ入ってましたが結局わからずじまい。でもヨウォンさんは喜んでありがとうございますと言っていました。

    ◆ビデオメッセージ (順不同)

    ヨウォンさんの共演者のみなさんからお祝いメッセージが届いていました。

    「ウクシ」チームより
    ラブリーコスメの社長@ユ・ジェミョンさん
    キム常務@ソン・ジョンハクさん
    チャン・ミリ@ファン・ボラさん
    ナム・ジョンギ@ユン・サンヒョンさん

    「不夜城」チームより
    パク・ゴヌ@チングさん
    ソン・マリ@イ・ホジョンさん
    タク@チョン・ヘインさん
    イ・セジン@ユイさん

    「そう、家族」より
    チョン・マンシクさん

    面白かったのが、ウクシのキム常務。
    ドラマ中ではあんなに散々ダジョンにいじわるして対立していたのに、陽気なおじちゃん出てくるなり「ハッピバースデーヨウォン♪」とお誕生日の歌を歌ってくださり、親しげに「ヨウォナ~センイルチュッカヘ~」と、ヨウォンさんも会場も大爆笑。
    あとは、ユン・サンヒョンさん、ドラマの撮影現場だったのかしら?ガヤガヤした中からのヨウォンさんへのメッセージ。最後の「あんにょ~ん」とお手振りがかわいかったです。
    会場はユイさんの映像が出た時が一番歓声があがりましたね。ユイさん、私も誕生日だけどファンミにメッセージを送りますって、お二人同じ誕生日なんですね、年は違いますが。(と言ってもヨウォンさん若く見えるから、そんなに違っても見えない…小声)

    ◆フォトセッションタイム

    ヨウォンさんが客席の皆さんと一緒にセルカを撮るということで、自分のスマホで自ら撮っていました。ヨウォンさんのインスタにも載っていたあれです。
    そして、客席の皆さんへ向けてもスマイル。

    一部のフォトタイムのときにボケボケで失敗したので、今度は動画で撮ってみました。ヨウォンさんの動きがかわいい~v

    ◆最後に

    ヨウォンさんが最後にと言って、スタッフを呼んで紹介してくれました。
    スタイリストの方、メイク担当の方、そしてSNSで有名でしょとヨウォンさんが紹介してくれたのは、インスタでヨウォンさん写真を上げてくれるあのヘアー担当のダミさん、そして男の室長の方でした。
    皆ウクシからヨウォンさんについているようで、とてもありがたい方々と紹介してくれました。いつも綺麗なヨウォンさんを私達に見せてくれてありがとうございます!
    そして、ヨウォンさんいわく、所詮人気は泡のようなもの、と。ファンは違います~!となりましたが(笑)
    このような席に招待してもらって、贈り物もいただいて、とてもこんな大きな愛を受けて、皆さんには感謝いたします。演技が楽しくて、演技が幸せで、これからも良い姿を見せていきたい。本当にありがとうございました。
    拾える単語だけ走り書きでメモしてたのをまとめてみたので違う部分もあるかもしれませんが、とにかく感謝の気持ちをおしゃっていたのはとても伝わりました。

    ◆まさかのサイン会

    最後はヨウォンさんからのプレゼントとハイタッチをしてお見送りしてくれるので、そのまま退場してくださいと言ったような気がするのですが、蓋をあけたらヨウォンさんが一人一人名前とサインを書いてくれて、プレゼントを手渡してくれるというサイン会になっていました。私の聞き違いでしょうか?でもイベント中のプレゼントコーナーでヨウォンさんのサインがプレゼントにもなっていたので、最後全員にサインを予定していたのなら、それも特別感がなくっておかしいですよね。なのでヨウォンさんの好意で急遽してくれたのかなーなんても思います。
    「か」列の前のほうから並んで順番に書いてもらっていたのですが、他に私物にサインをお願いしたり、一緒に写真をお願いをする方もいたんですが、ヨウォンさん嫌な顔せずに丁寧に応えてくださって、ほんとすごいな~と思いました。私は最後のほうだったので、待っている間ずっと舞台上のヨウォンさんを見ていられるという点ではラッキーだったんですけども、ヨウォンさん座ってサインして、写真撮影やプレゼントを渡すのに立って~と繰り返していて、それだけでもすごく大変だったと思います。全部で200人くらいいましたし、私でも1時間半位席で待っているだけでも疲れてきましたから。
    でもヨウォンさんやっぱり凄い!と思ったのが、ヨウォンさんの顔にも途中疲れが見えてきたんですけど、写真を撮るとなってカメラが向けられた途端、業務用と言ったら変かもしれませんがさっとスマイルの表情を作れるんですよ!ほんと凄い、さすがモデル!さすがプロ!って思いました(尊敬)。
    いろいろお願いをするファンに対してスタッフさんも制止せず見ていたので、ヨウォンさんのファンに対する温かい気持ちを尊重してるのかなと思いました。カミングアウトすると、実は私も一緒に撮っていただきました。本当に嬉しかったです。もう一生の宝物です。プレゼント受け取る時にカムサハムニダとお礼を言ったら、ヨウォンさん日本語でアリガトウゴザイマスと言ってくれましたよ(笑)
    私は飛行機の時間があったのでそのまま退出しましたが、聞くところによると全部終わるまでに2時間以上かかったそうです。ヨウォンさんが好意でしてくれたことを当たり前のことと思わずに、感謝してこれからも応援していきたいなと思います。
    ヨウォンさんファンミ 9
    直筆サインと、贈り物はお菓子が入ったマイボトルでした。どうしよ~、勿体なくて食べられませんw

    ヨウォンさんファンミ 10
    地元の桜はまだまだですが、ソウルで今年初のお花見ができましたv ヨウォンさんの春、そして私の春。こんなに私を幸せな気分にしてくれたイ・ヨウォンさん本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした^^
    また、今回イベを開催してくださったスタッフの皆さん、企画をして盛り上げてくださったファン有志の方々、イベントをしてほしいと高らかに声をあげてくださった中国ファンの皆様、一緒に盛り上がってくれた日本のお友達、そして拙いレポを読んでくださった皆様にも感謝いたします。カムサハムニダv

    mukuge(むくげ)
    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.