ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    MBCドラミアに行ってきた! その5
    これより先は、セット場の紹介をドラマの画像を参考添付して記事を書きます。
    もしかすると、ドラマの素敵な世界観を一気に現実的にしてしまう可能性も無きにしもあらず!?
    それはそれ、これはこれという大きなお心でご覧いただけたらありがたいです。


    さて、いよいよ展望台へ。
    ツアーの紹介文には、ミシルが椅子に座り村の様子を眺めた場所なんて書いてありましたが、
    私にとってはやはりトンマンとピダムのシーンがいろいろ思い出されます。

    楼台

    手前の建物の屋根でちょうど見えなくなっているんですけど、まっすぐに延びている階段の下にさらに石の階段があって、しかもその石の大きさや形が不揃いだからのぼりづらいったらありゃしない。
    陛下も璽主も重い衣装や鬘をつけてここをのぼったんでしょうか?女優は大変
    更に楼台へ続く階段をのぼりきるとそこから広がる風景が。
    今まで歩いて通ってきた町並みが眼下に広がります。

    遠景

    ここでの数々のシーンが記憶に残っています。
    たとえば、49話。

    楼台

    ここのアングルからの流れで…。

    お前は時々子供のようだ
    トン「おまえは時々子供のようだ。うれしいか?」
    ピ「公主様が私を信じてくださるから。」

    土下座ユシン
    52話のひざまづきユシン。
    トン「この世に伽耶の民など存在しない!!」

    楼台のトンマンとピダム
    55話のピ「陛下のためだけに、ユシンの命は助けます。」

    この3つのシーンは全部同じ場所での撮影ですが、
    カメラの位置の高さ、角度が違うだけで背景に映りこむ建物が変わってきていますね。

    そして、この建物ではこんなことも。
    陛下がひとたび「ピダム!」と呼べば、

    楼台2

    この下から階段をスタスタのぼり…

    ピダム!

    ピダムが陛下の足元よりにょきにょき現れる!
    部下を4人従えて、陛下の足元でずっと潜んで待機していたのだろうかと想像するとちょっと笑えますが(w/ひどっ)

    【2011.12.11. 追記】
    7話 如来寺 楼台下
    7話の如来寺のシーンで床下の場面がありました。
    やっぱりここで聞き耳を立てていたかと思うと、笑え…(←しつこいw)


    関連記事

    徐羅伐コレクション 公主編 その1 
    今地元地上波では公主編が放送されているのですが、
    公主トンマンがあまりにもかわいいので、必然的にお召物やらアクセサリーに目が行ってしまいます。
    決して私自身はおしゃれに興味がある方でもなく、アクセサリーもあまりつけないんですが…
    トンマンは別腹なんだな、きっと(爆)

    というわけで、始めてみましたこんな企画。
    ちょうどドラミアの記事で映像チェックしてたので一緒に集めてみました。
    第一回はこの橙色×黄色の公主服です!
    (色の名前としてはもっとちゃんと表現できる名前があると思うんですが、画面を通してだと微妙な色の違いがわからないので、ここではざっくりとした色の表現を使います)

    トンマンが公主として復権してからはじめて着た公主服がこちらです。

    ●全身
    橙色×黄色 全身
    ↑足先が写ってる♪赤い靴だv

    ●上半身
    橙色×黄色  上半身

    ●後ろ姿
    橙色×黄色  後姿

    ●衣 【2011.12.13.追記】
    橙色×黄色 袖模様
    ↑袖の模様は花柄ですね。花弁が5枚の花に見えますが、もしかして無窮花でしょうか!?(興奮)
    違うと言われても、ムクゲということにしておきますw

    ●袖口
    橙色×黄色 袖口
    ↑銀糸の刺繍が綺麗ですね

    ●髪型
    バージョン1【2011.12.20.追記 りばさんのコメント欄より】
    三つ編み
    バージョン2
    橙色×黄色 髪型

    ●アクセサリー
    バージョン1 
    公主復権後、王宮内の部屋でマヤ王妃に髪を梳かしてもらってるシーンはこちらのシンプルなタイプの髪飾り&耳飾りでした。まだ若葉マークをつけてる公主様っぽく、初々しい感じがしますね。
    橙色×黄色 アクセサリー1
    バージョン2
    少し経つと、髪の結い方も華やかになって、それにあわせて髪飾り、耳飾りも大きくなおかつかわいらしくなってます。根元に紫色の石を並べて稲穂の先?鳥の羽根のようなものをあしらった形をした金の髪飾りはお気に入りなのか、それともトンマンの節約気質のせいか(笑)この先他の色合いの服の時でもつけていたりしますね。
    蝶をかたどった耳飾りについては、そのうち別記事にてまた。いつになるかは未定ですがw
    橙色×黄色 アクセサリー2

    ●このお衣装の名場面
    30話 忠誠
    33話 お花
    35話 比才

    ●登場話
    29話~35話

    ●総評
    色合いが暖色系で華やかだけに、愛らしさが引き立つような気がします。少し前まで郎徒として男装していたわけで、それとの対比の意味合いもあって余計女の子らしい色合いにしたのかなとも思ってもみたり。
    とにかく結論はかわいいにつきます(爆)

    関連記事

    MBCドラミアに行ってきた! その6
    これより先は、セット場の紹介をドラマの画像を参考添付して記事を書きます。
    もしかすると、ドラマの素敵な世界観を一気に現実的にしてしまう可能性も無きにしもあらず!?
    それはそれ、これはこれという大きなお心でご覧いただけたらありがたいです。


    ※その3、その5に画像を追加しています。よかったらご覧くださいませー。

    さて、前回の記事の最後「ピダム!」の画像では階段をのぼってきたピダムの前に石段がありますが
    実はこの楼台の向かいにはこんな建物があります。

    無量壽殿

    慶尚北道に本当にある浮石寺無量壽殿を模倣して作った建物らしいですね。
    ここの活躍度が半端ないです(笑)
    一部をあげるだけでも…

    ある時は、如来寺(7話)
    7話 如来寺
    ムンノを探して、ポジョンが僧侶を大虐殺。
    巨大狛犬みたいなもの(?)が置かれています。

    ある時は、ウォルチョン大師の隠れ場(29話)
    29話 ウォルチョン大師1.
    ウォルチョン大師が篭って瞻星台の設計図を書いていた場所。
    戸に何かの文様みたいなものが貼られてる飾り扉になっているのですが、
    29話 ウォルチョン大師2
    復耶会の六卵亀ですね。
    ということは、ここも復耶会の管理下にある場所なんでしょうか?
    って、なんだか地下組織の割にはあからさますぎる気がw

    ある時は、興輪寺(32話)
    32話 興輪寺
    コチルブ公が国史を編纂したという場所に行くトンマン。
    反対側から見るとこんな感じ。
    32話 興輪寺2

    ある時は、トギル寺(33話)
    33話 トギル寺
    三韓地勢を隠している場所で、人明と炯宗の名前と誕生日が書かれた紙を発見。
    暗闇に金の仏像が輝いています。

    ある時は、セジョン公とソルォン公が対立(42.43話)
    43話 セジョン対ソルォン
    ミシルが力をお貸しくださいとひざまづく。

    ある時は、龍華香徒の修練場(36話)
    36話 龍華香徒修練場

    そしてそこである時は、ユシンが無心に木刀を振り下ろす(33話)
    33話 物陰からトンマン

    ・・・・って、えっ!?ユシンがここで修練しているのはいいとして
    無量壽殿と石塔の角度から推測して、トンマン公主の横のこの建物はもしやさっき見学した楼台の隣の建物では???
    なんだか嫌な予感がしてまいりました。
    ってことは、あの大きな楼台と横の建物の間で、もしや・・・

    33話 お花

    間違いない。奥の瓦屋根の建物が、楼台ですね。そうですね。。。

    33話 お花2

    そっち側に行かなかったよ…
    気付かなかったよ…
    激しく落ち込み、そして、立ち直る。。。(早っ)


    いつかもう一度行ってやるぅーーー!!


    関連記事

    徐羅伐コレクション 公主編 その2
    徐羅伐コレクション、略して徐羅コレ!(←あき様命名/ありがとうございますv)
    思いのほか皆様より良い反応をいただけて、また天の啓示か、りば様のところの記事とタイムリーにもコラボした感じでテンションあがってます(りば様、勝手にお名前出してすみません)。衣祭りワッショイ♪

    というわけでアゲアゲな気分なまま、第2回目は公主追認式の衣装です。
    1回しか着用せず登場も少ないので、なかなか思うようなアングルで画像を補獲できずトンマンが小さくなおかつ色んな人が写り込んじゃったりしてるんで、携帯からご覧いただいている方は見えづらいかもしれません。すみません。
    また服飾の知識もないまま映像で確認してのみ書いているので、表現がおかしいところがあるかもしれませんが、何か間違ってる箇所があったらご教示くださると嬉しいですv

    ※ちなみに徐羅コレ その1に1枚画像追加しています。衣の模様に関してふれるのをすっかり忘れていました(汗)

    ●全身
    追認式 全身

    ●上半身
    追認式 上半身
    ↑他の公主服と違って肩の部分に1枚布が多いデザインになってますね。そしてその先には金の細工がじゃらじゃら下がってて豪華なつくりに。

    ●後ろ姿
    追認式 後ろ姿

    ●衣
    一番下がこの無地の白い衣だと思うのですが、その上に白地に金模様の入った衣を重ね、その上にピダムがいい色だねと言ったw青緑色の表衣を重ねているのではないかと。
    正面から見ると一番下の白い衣の上にさらに金模様の入った白い襟が2重に見えるのですが、一番上の金模様の入った白い襟は青緑色の表衣にふちどるようについているようですね。歩いた時に裾の方を見ると、一緒に動いているので。
    追認式 内衣

    ●袖口
    青緑色の表衣の方は、金と銀で刺繍されたペイズリー柄になっています。
    袖口はそれに金の模様の入った白地のふちどりがついていますが、金模様は鳥の羽根でしょうか?それともシダの葉?(新羅にシダがあったかどうかは不明w)
    中から一番下の白い衣の袖を重ねのようにみせていますね。
    追認式 袖口

    ●髪型
    はじめて公主服を着てから(徐羅コレその1/アクセサリー1参照)、この追認式ではじめて本格的なカチェをつけたかと思われます。しかも後ろ側にも長く垂れさがるタイプの髪飾りをつけているんで郎徒あがりのトンマンにとっては重さはかなりの試練かと。
    追認式 髪型

    ●アクセサリー
    耳飾り
    平べったいデザインなので、くるくるっとまわっちゃうと別の画像のように細長いまっすぐなデザインかと錯覚するほど、形が見えなくなっちゃうんですよね。本来の形はこんな感じです。
    追認式 耳飾り
    首飾り・髪飾り
    金に緑の勾玉がついた首飾りです。表衣のペイズリー柄とオソロですね。(←そうなのか?w)
    胸元が白で何もつけないとのっぺりしちゃうんで、勾玉の色が表衣の色ともあっていてお上品な感じがします。さすが、聖骨ですね。ついでに耳飾りと、髪飾りの先のふさふさも緑系でそろえています。
    またこめかみの左右についている髪飾りは、馬具とかの出土品で良くみるデザインですね。そしてそこから垂れ下がっている部分は玉と金細工がついていますが、金細工はハートに丸みをつけたような形をしています。頭の上部につけている鳥の羽根みたいなデザインの髪飾りは橙色×黄色(徐羅コレその1/アクセサリー2)と同じものですね。時系列的に言うと、この追認式のあと日常使いもしているということになりますが。さすが、トンマン。時代の最先端を行ってエコの精神ですエコ!
    追認式 首飾り
    腰飾り
    金のベルトでがっちり巻きつけているので、脱がせるにはまずそこからの攻めですね(←!)
    そのベルトから金の細工がぶら下がっています。前側にしかありませんが、結構これも重そうです。
    追認式 腰飾り

    ●お化粧
    こちらも髪型同様、はじめて本格的にお化粧したかと思われます。その前の自室にいたシーン(徐羅コレその1/アクセサリー1参照)は本当に薄い感じでしたから。この追任式のお化粧も決して濃くはないんですが、女官の気合が感じられますw
    追認式 化粧

    ●ネイル
    もちろんマニキュアなんて塗ってませんが、きれいに整えられてピカピカに磨かれた桜色の爪はかなり女子力高し!
    追認式 爪

    ●小道具
    鏡の中の美女(隣の方は気にしないでくださいw)
    追認式 鏡

    ●このお衣装の名場面
    29話 王になる人はありがとうすまないと簡単に言うものじゃない

    ●登場話
    29話

    ●総評
    女王就任式の赤い衣装が女王の正装なら、公主の正装はこれということになりますよね。
    女官3人がかりで着せるほど、大変なものになっています。
    いえ、普段の公主服が何人で着せているかはわかりませんが。
    追認式 女官総動員
    そしてなんとなく胸を打つのは、チョンミョン付の女官だったチョソンがこの時のヘアメイクを行っているんですよね。どんな気持ちだったんだろうなー。チョンミョン様の分もお仕えしますかなー、やっぱり。
    追認式 女官チョソン
    たった1回しか着なかった衣装ですが、マントっぽいデザインは身長があってスタイルが良くないと映えないと思うんですよね。服に着られちゃうっていうか。
    それを着こなせちゃうのはやはり聖骨の血ですかね。
    はぁー、手を握って「無礼者!何事か。聖骨の身体に触れるとは」と言われたいー(←ドM)
    関連記事

    MBCドラミアに行ってきた! その7
    これより先は、セット場の紹介をドラマの画像を参考添付して記事を書きます。
    もしかすると、ドラマの素敵な世界観を一気に現実的にしてしまう可能性も無きにしもあらず!?
    それはそれ、これはこれという大きなお心でご覧いただけたらありがたいです。


    さてさて、ドラミアツアー前半戦も終盤にさしかかってきました。

    ソンヨンの倒れた場所
    楼台へのぼる階段からコンパクトデジタルカメラのつたないズーム機能で撮っているので若干ボケております。
    ガイドさんに「イサン」のソンヨンが倒れた草むらと聞いて写真を撮っておいた場所なんですが・・・もしかしてここでしょうか?
    50話 サンタク
    50話で大耶城に毒流すぞ!的な噂話におびえた兵士たちが城を抜け出そうとするんですが、サンタクが「戻ってミシル璽主を守るさ」「守れないよ」「そうかな?だったら自尊心でも守るさ」と言って一人戻っていくシーンです。サンタクーーーーーー(大泣)

    そしてその場から通常の倍率で写真を撮るとこんな感じなんですが…
    城壁
    ガイドさん説明中につきたくさん人が写り込んでしまったので、花が咲き乱れててすみませんw
    次は楼台を降りて城壁のようなものに沿った、湾曲している道へ向かいます。
    30話 瞻星台地鎮祭
    30話で、瞻星台建設予定地から戻ろうとしていたトンマンが、ソファの声を聞いて輿を戻したのがこの場所になります。

    そして、この道を進むと門にたどり着くのですが…

    A面

    門A面
    48話 ハジョンの防衛線にウォルヤ・ソルチ突っ込む
    48話 ウォルヤ突入

    B面(今どきA面B面って使わないよなーw)

    門B面
    39話 価格の上昇している穀物市場
    39 話 穀物市場

    無駄なく両面使いしてるんですねw

    仁政殿
    そして、中間地点のここまで来たところで、前半戦終了です。
    昌徳宮の正殿仁政殿を模して作られていますが、朝鮮王朝時代のドラマで即位式等の儀式や宴会等でよく見ますね。
    そして、中は休憩所と衣装体験(←!)のできるコーナーがあります。
    ツアー的には最後にもう一度ここに戻ってきた時に自由時間を作りますと言われ、チョンミョンのボードにあとからまた来るからねーと手を振りながら次のエリアへ向かいますが、鉄は熱いうちに打てとも言いますし、ブームが起きているうちにあのネタをということで、次回はドラミアツアーの番外編wを先にお送りしま~す。
    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.