ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    徐羅伐コレクション 公主編 その4
    『トンマンのお衣装とアクセサリーの可愛さ、更にそれを身に着けたトンマンの美しさを愛でる企画』(長っ)もやっとこさっとこ4回目です。今回はトンマン公主のよそ行きお衣装です♪
    ざっと数えても5色。トンマン史上、もっとも色づかいの多いお衣装なのではないかと思われるほどカラフルでこれまたかわいいお衣装です。

    緋翠様のところの素敵壁紙にもこのお衣装のトンマンがたーくさん載っていました。あのようにこのお衣装のトンマンを並べて一度に見てみると、お衣装は華やかなのに、微笑んでいる顔の他にこわばった顔をしていたり、涙ぐんでいたり…ドラマで見える部分では3日しか着ていない衣装ですが、色々な思いを体験しているお衣装ですね。

    ●上半身
    徐羅コレ4-上半身
    水色の内衣の上に白い上衣、そしてその上に薄い水色ベースの袖のない外衣を上からはおっています。帯は蜜柑色で花の模様が銀で刺繍されています。

    ●全身
    徐羅コレ4-全身

    ●後ろ姿
    徐羅コレ4-後姿
    このお衣装、よく見ると肩の部分とか麻みたいな荒い織になってるんですよね。他の公主服と素材が違って見えるんですが。また色合いのせいか、素材まで薄く見えます。夏仕様なんでしょうかね?
    薄いせいか、お尻から腿にかけての身体のラインが!あんまりセクハラ目線で見てると、黒い服の人の弓をひく音がジリジリと…w
    また、その素材のせいか色合いが薄いからかはわかりませんが、このお衣装やけに皴が目立つ!座り皴とか、たたみ皴とかが気になりまする…。

    ●横向き
    徐羅コレ4-横向き
    外衣の薄い水色の肩の部分のひらひら(正確にはこの部分が外衣の本体ですが)が女の子らしくってかわいいい~v

    ●衣の柄・袖口
    徐羅コレ4-衣の柄
    画像を拡大しないと見づらいかもしれませんが、外衣の前面濃い水色部分には花とそれに群がるように飛ぶ蝶を刺繍しています。また同じ花と蝶の刺繍が、白の上衣にも入っています。
    徐羅コレ4-袖口
    白い上衣の袖は、銀糸で刺繍した薄萌葱色のふちを水色のラインでつないでいます。また帯からのびる紐が袖口と同じ薄萌葱色の紐で色合いを合わせていますね。

    ●髪型と髪飾り
    徐羅コレ4-髪型
    この垂れ下がり系の髪飾りをつけている時はおめかしに気合の入っている時、と勝手に思っておりますw
    前回垂れ下がっていたのは公主追認式の時だったゆえに。額の上部についている金の飾りから後頭部の金の飾りへ鎖が続き後ろへ垂れ下がっています。金の鎖には紫の玉がついているように見えます。

    徐羅コレ4-髪飾り
    カチェの三つ編み部分にポチポチさしている小さなお花の形をしているピンは、このお衣装の最初の登場興輪寺へのお出掛け、2回目の押梁州への視察時では金地に赤と緑の花ですね。3度目のミシルの清遊先へのお出掛け時の小花のピンは公主になってから一番最初に公主服を部屋で着た時にさしていたものと同じものかと。チョンミョンも似たようなのをさしていましたが、同じものでしょうか?そしてピンクのお花がいっぱいの髪飾りは先日ご紹介させていただいたアクセサリーショップのものです。

    これも細工が細かくて、すごくかわいいんですよね。アクセサリーに関しては、もっと細部まで見えるように載せたいんですけど、売り物の画像って載せてもいいのかな?とずっと躊躇してたんです…でも、1度載せてしまったしいいかってことでw
    ブローチ ピンク花
    実はこれブローチだそうで、後ろにピンがついているんですよね。


    ●耳飾り
    パターン1
    徐羅コレ4-耳飾り1
    ピアス 青
    1回目の興輪寺へのお出掛けと、2回目の押梁州への視察の時は同じ耳飾り(髪飾りも)です。花柄の台に青い石がぶらさがってるデザインです。

    パターン2
    徐羅コレ4-耳飾り2
    ピアス 黄
    ミシルの清遊先へ行った時は、耳飾り、髪飾りともに前回と変わっていて、耳飾りは蝶の下に茶色い石と黄色い石、そして小さな緑色の石がついています。髪飾りは、ピンクの花柄のがなくなって、代わりに花の形をした小さいピンが増えています。

    ●お化粧
    徐羅コレ4-お化粧
    1回目のお出掛けの時には、心なしかピンクのチークがふんわり多目に入っている気がします。唇もグロスが効いていますみたいな感じでつやつや。わーいお外だー、お出掛けだーと気合が入ってるようで、かわいいvかわいいv
    2回目、3回目の時はお化粧は抑え気味で、特に押梁州へ視察に行ってる時は傷心のトンマンゆえ目の下にクマが…。

    ●このお衣装の名場面
    42話 ピダム42話 トンマン
    42話 浮気発覚シーン(違)

    ●登場話
    32話・37話・42話・43話

    ●おまけ
    徐羅コレ4-乗馬
    こんなに女の子らしくおめかししているトンマン公主様ですが、雄々しく馬に跨ってます(爆)
    いえ、最初の興輪寺や押梁州へのお出掛けは公主らしく輿に乗っていたかもしれませんが、このミシルの清遊先へは急いでいたでしょうしね。そんな男前のトンマンが好きですv
    関連記事

    北北西に進路を取れ
    除災招福


    ●パターン1 

    「ピダムあれが鬼が島だ。鬼退治に行くぞ!」

    トンマンのこの衣装を見ると、桃太郎を思い出してしまうのは何故でしょう?はちまきのせいか?
    犬も身近にいることだしw、あとは雉と猿と合流してやっつけてきてくださいませ。

    ●パターン2 

    「ピダム、今年の恵方は北北西らしいぞ。あっちの方角を向いて食べればいいんだな。」
    「公主様、あ~ん。」
    「恥ずかしいからやめろ。自分で食べれる。」
    「いいから、あ~ん。」
       
     ....勝手にやっててください(爆) 


    以上、どちらでも好きな方であてはめてどうぞーw

    関連記事

    ゆきまつり
    今年は雪や寒さの被害が全国的に聞こえてきますが、皆様のおすまいの地区は大丈夫でしょうか?
    私は冬には雪とは切り離せない場所に住んでいますが、市の除雪が昨年より早め早めに入っているのかはわかりませんが、毎年何度かある通勤路アスレチック状態にはまだなっていないなど、幸いこれといって大きな被害はありません。
    まぁ、雪のせいでJRが乱れて朝遅れたり、帰りに予定の時間に帰れないといったことはありますが、そういう時間は皆様のブログにお邪魔させていただいたり、いただいたコメントの返信をする時間だと思えばたいした苦にはならず。寒いっていうのがネックですが…。

    ただ、そんな私にも雪と寒さによる事件が先週ひとつ発生しました。なんと雨漏りならぬ、スガ漏りで、私の部屋がべちゃべちゃに!まぁ、これは雪害というよりは、我が家が古いということもあるんですが。
    10年ほど前にも一度私の部屋だけ雨漏りしたんですが、その時は屋根の上の排水溝(北海道はスノーダクトといって屋根に積もった雪の水が屋根の溝を通って自然に排水管に流れるような屋根の構造になっている家が多いです)が飛んできた枯葉で詰まってしまって、屋根に溜まった水が私の部屋に流れてきたことが原因だったのですが、今回はこの寒さで排水管が凍ってつまってしまったのが原因っていう…。
    というか、うちは2階に小さいながらも4部屋あるんですが、何故によりによって毎度私の部屋だけなのか…。この運の悪さを嘆く反面、水浸しになったのは私の布団部分で、パソコンとかテレビとかブルレイとか本とかDVDとか私のお宝グッズは皆無事だったんですよ。それってとってもツイてるーーー♪って思考に変わってきましたが、我ながらポジティブシンキングだなっと(爆)

    さて、非常に前置きが長くなりましたが、雪で大変ならばそれを逆手にとって
    雪で遊んでみよう ということで。
    今日から我が地元で、さっぽろ雪まつりというイベントが始まっています。雪で大きな雪像を作るっていう有名っちゃ有名なお祭りなのですが、「善徳女王」の大雪像を作ったらどんな感じなのかと(爆)

    雪像

    こんなイメージで作ってみました。大人になってからは寒いし人混みがイヤだしってことで雪像を見に行ってはいない私ですが、こんな陛下達に会えるならぜひぜひ防寒して出かけたいと思いまーすv
    関連記事

    MBCドラミアに行ってきた! その10
    これより先は、セット場の紹介をドラマの画像を参考添付して記事を書きます。
    もしかすると、ドラマの素敵な世界観を一気に現実的にしてしまう可能性も無きにしもあらず!?
    それはそれ、これはこれという大きなお心でご覧いただけたらありがたいです。


    庭園の横の門をくぐると、この建物があります。ドラマ中と同じく「徳化宮」という額を掲げたままだったので、わかりやすかったです。
    徳化宮

    この宮の前は色々なシーンに出てきますが、
    37話 ユシン・チュンチュ修練
    37話では、ユシンがチュンチュの修練を行ってる場として…
    なんで武芸の修練をこんな宮と名のつく前で行っているかはさておき(笑)

    51話 ミシルの葬儀
    51話では、ミシルの葬儀場として…
    前に黒白の布を下げるだけで葬儀場にしてしまうとは!

    52話 ピダム・ユシン抱擁
    そして、52話のピダム・ユシンのうすら寒い男同士の抱擁場面wは、ここの前でした。

    ミシル璽主
    宮の片隅には璽主がいらっしゃりました~

    そして、徳化宮の先へ進むとそこは。。。
    仁康殿
    ジャーーン♪ 仁 康 殿 !
    陛下の執務室とか、私室とか、寝室とかそういったものがあるいわば陛下のプライベートゾーンですが、残念ながら中は見れず。でも陛下がわざわざお出ましになって、私を出迎えてくれましたv(妄想注意)

    ここの前では、
    48話 仁康殿
    48話にてトンマンがひとり王宮へ戻り、ガシャンと花瓶を割ってミシルに宣戦布告する場面だったり

    57話 仁康殿
    57話にて投降してきたウォルヤ達の前で、陛下が伽耶の戸籍を燃やしたり

    59話 仁康殿
    59話では烏羽扇事件のあと陛下にお前を信じると言われて仁康殿をあとにするピダムが、嬉しさのあまり陛下のいる仁康殿をふりかえっちゃう場面とかもありましたね。

    でも、このニヤけピダムのことを馬鹿にできないくらい、私もデレっとした顔で陛下と2ショットを。なのに浮かれすぎて瞬きが多くなったのか、あとから確認した写真は思いっきり目をつぶってしまっていたという。
    やきもち焼きの上大等の策略か?うぇーーーん(><)

    関連記事

    ぴだむくんのリュックサック
    49話のここ掘れわんわん事件にて衝撃を受けた後、大耶城へ潜入を試みた(潜入といっても思いっきり正面玄関から、しかもちゃんと並んで入ってますがw)ピダムが背負っていたあのチェックのリュックに誰もが目を奪われたことと思います(爆)りばさんも確かチェックの柄を調べて記事を書いていたような記憶があるんですが、違ったらごめんなさい。
    緊迫した場面設定なのに、あのファンシーな柄、そして丸いポッテリしたフォルムはなんぞや?と私も気になって仕方なかったのですが…
    49話 リュックピダム
    ↑夜なので画像が暗いですがこのリュック

    カレンダーを作るために若ムンノと子ピダムのシーンをガン見していて気付いたのですが、あのリュックって子どもの時から使っていたものだったんですねーーーー!私全然気付きませんでした(汗)
    リュック子ピダム

    * * * * * *

    34話のピダムの回想シーンですが、小さい頃ムンノと諸国を旅していたであろう頃
    34話 ピダムとムンノ
    なんのために歩き回っているのですか?

    知りたいか?

    はい なぜ危険を冒してまで高句麗や百済へ行くのです?

    今は誰にも言えないが これはお前のためなのだ

    私のためですか?

    そうだ お前は今までどおり修練や勉学に励みなさい お前が為す大業のために一生懸命準備している

    では すべて私の物ですか?

    ああ そうだ

    では これも全部私の物ですね?

    そうだ 論語の一節を覚えたか?

    “衆これを悪むも必ず察し 衆これを好むも必ず察す”

    意味は?

    民が嫌うことも必ず観察し 民が好むものも必ず観察する 
    34話 三韓地勢
    正解だ

    “人能く道を弘む 道 人を弘むに非ず”人が道を広める 道が人を広めるのではない

    そうだ

    * * * * * *

    ピダムが勉学の成果を発揮しちゃんと答えられると、ムンノは手に持っていた三韓地勢の包みをぎゅっと握りしめ、よくできました(にっこりマーク)と言わんばかりの笑顔で褒めてくれるんですよね。ピダムはこの時まではムンノの思い描いたとおりの、三韓地勢の主になりうる存在として育っていたんだなっていうのがよくわかります。

    34話 子ピダム 49話 大人ピダム
    同じリュックを背負ってても、全く表情が対照的な大人ピダムと子どもピダムですが、このリュックには父として慕った師匠の愛と自分への期待そして思い出がつまっていて、だから捨てられず大切にとっておいたのかもしれませんね。ボロ服とともに…。
    60話でヨムジョンや貴族を自らの手で始末しようとしに行く時あのボロ服をひっぱりだしてきて着てて、その時はちょ、ピダム物持ちよすぎwwwと笑ったりもしたんですが。でも、「陛下のご負担を少しでも減らして差し上げたい」という気持ちで、トンマンと出会いまた初めて忠誠を誓った時の服を着てきた。まるで己の原点に帰ろうとしたかのように、そう考えるとせつなくて胸が痛くなります…。しみじみ。

    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.