ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    ヨンモに会いに…
    GW前半戦も終りちょうど中日で、引き続きお休みの方もいらっしゃれば、暦通りのお仕事の方、そして世間がお休みの時こそ稼ぎ時でGW中もお仕事なさっている方もいらっしゃると思います。そして365日お休みのない主婦の方も、皆様お疲れ様です!
    私は暦通りの職場なので今日明日は仕事なのですが、すでに前半戦から飛ばしぎみに遊んでいた私は疲労感抜けず1日辛かったです…。(←いい大人ななんだからもっとセーブして遊びなさいw)

    近頃急激に1日のカウンターが回る数が増えているような気がするんですが、やはりテレビ東京の「善徳女王」の放送のおかげなのでしょうか?今日からピダム登場だったらしいので、更にこの先興味を示してくれる方がいらっしゃるかもしれませんね。
    過去記事にも拍手をいただくことがあって、さかのぼって見ていただけているんだなぁと励みになります!
    嬉しいです、ありがとうございます。

    改めましてごあいさつさせていただきます。こちらは「善徳女王」のファンブログという名のもとに私の好きなことつぶやいています。時たま(←!)真面目に愛を語ることもありますが、基本的には「善徳女王」に関連することならば何でも、全力で遊び心を持って楽しもう!というコンセプトのミーハーなブログです。

    今日の記事は特にミーハー度合い高めです(爆)
    以前からお越しくださっている皆様は、この管理人のアホさ加減がよくおわかりかと思いますが(笑)、以下はmukugeアホだ…!と笑いとばせる心の広い方のみご覧くださいwww

    ヨンモ
    ヨンモ美しや~v




    続きを読む
    関連記事

    行ってきまーすv
    前にちょっとお話させていただいていたとおり、明日から7日まで慶州に旅に出てきます。
    The Great Queen Seondeok Tour と勝手に名づけているので(爆)、なにかしらネタを拾ってこれたらよいなと思ってますv

    そして慶州を周るにあたってのミッションくださった皆様、どうもありがとうございました。任務遂行できるよう、なおかついただいた案にのっかって楽しんできまーす♪

    そして留守中は一日分だけ予約投稿していますが、あとは更新が無い中遊びに来てくださった方がもしいらっしゃったら申し訳ないので…

    今回はこの方に留守番をお願いいたしました!

    あ~ん

    遊びに関してはなんでも天才的にできる方なので、きっとお越しいただいた皆様を満足させてくださるハズです。

    ミセンのダイニングルーム
    ミセン酒池肉林

    ミセンのカジノ
    賭博場

    ミセンのメイクアップ教室
    ミセンメイクアップルーム

    ミセンの寝室
    ミセン寝室
    ※ ミセンの百何人目の子どもの母になろうと、私は責任を持てません…!


    お好きな部屋で遊んでいってくださいね!ウェ~ヘヘヘヘ!(←緋翠さんのとこからお借りしたミセン笑いw)

    関連記事

    こどもの日
    5月5日 こどもの日

    子どもの日

    「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを趣旨として制定された祝日ということで。こどもの日って母に感謝する日でもあるんですね。

    一方は母の意志で捨てられたこども、一方は母の意志ではないものの捨てられたこども。
    違うようで同じような、同じようで違う境遇の二人のこどもはここで偶然出会い、そして別々に育ち、そしてまた偶然出会うんですよね。

    運命に導かれた二人なんだなぁ、とあらためてひしひし思います。

    ちなみに世界中にこどもの日はありますが、韓国も日本と同じ5月5日なんですね。

    関連記事

    ただいまですv
    こんばんはーv 昨日夜の便で無事に帰ってまいりました。
    お留守番のミセン氏、倭国の女性を大層お気に召した様子で帰りたくないとだだをこねておいででしたが、管理人戻ってまいりましたので、璽主にも一喝いただきましておひきとりいただきましたw

    おかげさまで滞在中は天気にも恵まれ、レンタサイクルにても無事に計画通り周ることができました。
    コメントにてお見送りくださった皆様もありがとうございました。これから順次お返事させていただきますね☆

    思い起こせば、なにかの形でドラマ「善徳女王」への愛をつぶやきたいと思っていてもなかなか行動に移せないでいた私だったんですが、ブログ開設への背中を押してくれたのは、あま茶様のブログの慶州の旅日記の記事でした。(あま茶様~、勝手に名前を出してしまってすみません。お元気でいらっしゃいますか?)
    背中を押してくださったと言っても、私が勝手に記事に感動しただけなのですが、丁度ドラミアに行った後だったので、こういう形なら私にもできるかもしれないと思って今に至っています。
    善徳ファンになってから、一度ドラマ目線で訪れたいと思っていた慶州。思い立ったらじっとしていられない放浪体質の私なのでw、こんなマニアックな内容の旅行に友人は一緒に行ってくれないので本当はひとりでぷらっと行ってこようと思ってたのですが、母曰く「韓国は一人では危ないからダメ、私も一緒に行く」と。アメリカとかは一人ではダメとは言わないのに、何故韓国は危ないからダメなのかよくわからないんですが、たぶん韓国は自分も行きたいからだろうと思う韓国ドラマファンのうちの母(爆)。というわけで、母の老体に鞭打って鬼のような強行スケジュールで、弾丸ツアーをこなしてきました。

    先ほどお天気が良かった話をしましたが、季節も春で寒くもなく暑すぎもせず快適でした。春の花もたくさん咲いていて、どこに行っても赤やピンク、白、紫のツツジが咲いていて綺麗でした。
    慶州は桜並木が美しくて有名なところで、湖の方の道路の両脇、分離帯には桜の木でアーチができるほど桜の木が連なっておりましたが、そこは予想どおり桜の季節は終わっていて、残念ながらただの緑の木でした(笑)
    でもそこの道路をタクシーで通るたびにどの運転手さんにも「ここは桜が綺麗」と説明されるので、せっかくなので、桜の“葉”を愛でてきました。あー、桜餅食べたいと思いながらw 
    桜は体験できませんでしたが、季節的にはこれももう終わってしまってると思ってあきらめていた菜の花が、なんと!まだ間に合いましたー!
    菜の花と瞻星台
    約1400年前に陛下も同じようにこの景色を見たのかな?と感じられただけで、来て良かったと思えましたv

    ただ、自転車を1時間ほど漕いでいると異変が。鼻水がズルズルし始めたんですよ。そして目がかゆい。これって、この症状はもしや!?シラカバ花粉アレルギー持ちの私、まだ地元ではそれほど飛散していないので症状もなく油断していたんですが、まさか韓国で花粉にやられるとは(爆)一体何の花粉に反応したんだろ私。というわけで、日焼け防止用の帽子とサングラス、手袋に加えてマスクといういでたちで慶州の街を自転車で滑走してまいりました。うふ、怪しさ満点v

    そして、この花粉による体調不良も持ち前の執念とド根性でなんとか乗り切りましたが、なかには自分の力ではどうにもできない残念なこともあり。
    期待していた新羅ミレニアムパークにて、晴天だったにもかかわらずしばし私の周りだけどんより雲に取り囲まれる事件がありました。
    なんと、なんと、なんと、なんとぉぉぉーーー!
    龍華香徒の砦が工事により封鎖され見れなかったんです。郎徒トンマンが水に顔ざっばーんとしてぷは~っとしたあの伝説の石桶とともに。。。
    いえ、行く前から花郎の演武場のあたりにドラマ「太宗武烈王」の新しいセットを建設中だとは知ってたんですよ、私も。でも、まさか砦が封鎖されているとは!しかも陛下とチュンチュがウォルヤと会談するために使った建物は工事資材置き場になっていたし(TT)
    というか今回見れないだけならまだいいんですが、どうも地図を見る限り龍華香徒の砦があったと思われる部分に、立派な宮殿みたいなのが工事の塀から顔を出していたんですよね…それって一体何を意味するのか(ーー;)

    係のお兄さんとっつかまえて色々聞いてみましたが、その人も良くわかっていないようでわかることと言えば、今はそちらの区域は工事中で立ち入りができないというのみ。
    「えーーっ!今、日本では善徳女王たくさん放送していて人気があって、これからも日本人たくさん来ると思うのに、えーーっ!見れないのぉーーー!?チンチャ?(マジで?)」と詰め寄ってみましたが、お互い片言の日本語と片言の韓国語でもう訳わからん感じで。
    それでもしつこくプリントして持って行ったドラマの場面の紙を見せて、「このトンマンの石桶だけどこかに移されたとかないです?」と食い下がってみましたが「無いと思います」と。最終的には笑顔で「すみません。でもドラマ太宗武烈王も楽しみにしててくださいね」とかわされて終了。
    そりゃスンホくんの太宗武烈王なら我慢もできるってもんですが、うっうっうっ…。
    あとから写真を整理してからミレニアムパークの記事を書くとき、また改めて私の恨み節が炸裂することになると思います(←しつこい!)

    そんな残念なこともありましたが、それ以外は順調で。いただいたミッションも全部ではないのですが、任務遂行できたものをまとめ次第アップしたいと思いますので、しばらくお待ちいただけると幸いですv ミッションいただけたおかげで気にとめて見れたものとかもたくさんあったので、本当にありがとうございました。

    そして、旅の笑いネタ。今回はそれほど無い真面目な旅だと自分では思ってたのですが、後半に来てまさかの展開。
    つい最近りばさんと、マヤ夫人拉致団をストーキングするムンノの山越えについて笑っていたところだったのですが、笑いとばしていたことがお星様の逆鱗に触れたのでしょうか?本当に狙ったわけではないのですが、この私自身がまさかの吐含山徒歩越えもどきを(爆)
    ホテルから新羅歴史科学館というところまで行こうとしたのですが、年寄りゆえ朝起きるの早くてですねw この時もタクシーで行くには時間が早すぎるということで、新緑の中を散歩しつつバスで行こうとしたんです。でもバスがなかなか来ないので一停留所を散歩してみようというノリで歩き始めたらあれれ?峠ひとつ越えて下るまでバス停というものは無いではありませんか!結局45分位ハイキングした気分で目的地に到着いたしました。自分でもまさかのネタの降臨にびっくりです(笑)たった45分の距離で疲れました。10時間以上もストーキングする国仙ムンノはやはり偉大です。(←褒めてます) 

    なにぶん普段しないサイクリングとそんなウォーキングwをしたので、今まだ筋肉痛やら足のマメやら虫さされやらで身体はボロボロです。花粉症の症状の方は帰国したら治まりましたが。
    でも、The Great Beautiful clever Queen Seondeok Tour(あ、さらに形容詞が増えたw)とても収穫が多かったので、これから少しずつまた記事更新していきたいなと思ってます。ちょいちょいのぞいていただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたしまーす♪

    関連記事

    リンクさせていただきました その3
    しばらく留守にして更新をお休みしておりましたが通常営業に入る前に、この度新たにリンクにお迎えしたブログ様をご紹介させていただきます。

    リンクさせていただいたのは先月なんですが、げんさん、遅くなってしまってすみませーん。
    お願いします!と差し出した右手を、そっと握ってくださったのにもかかわらず(笑)

    ●「mikazu記」 管理人 げんこつ様

    げんこつ様、げんさんとお呼びさせていただいていますが、各所で深みのあるコメントを残されていたげんさんが満を持してご自身のブログを開設されました。わ~い!
    げんさんのコメントで色々勉強になったり、自分で考えるヒントをいただく事がたくさんあったので、それがコメント欄だけではもったいない(しかも他ならまだしもうちみたいなおちゃらけたブログの!)、ご自身のブログを開設されればいいのに…と思っていたひとりだったので、いや~開設のお話を聞いた時には
    キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
    ってなりました、本当に(笑)

    げんさんのブログのドラマレビュー記事、ひとつの場面をセリフを元に丁寧に振り返ってくださっているので、とてもわかりやすいです。
    トンマン×ピダムのカップル萌えな私はどうしても21話以降のエピソードを見返す頻度が多くて、トンマンの子役時代や郎徒時代のエピソードは忘れがちな部分があったりするんです。でもげんさんがそれを丁寧に取り上げてくださっていて忘れていた部分を思い出したり、更に新たな部分に気付かせてくださったりもしたりします。阿莫山の戦いの部分は感動して読んでてホロリときました。

    またご自身のHNについてのお話、ブログタイトルのお話は「善徳女王」への愛にあふれているなぁと、私も初心を思い出しました。まぁそうはいっても私もまだまだ半年弱の十分初心者ですがw

    今回私が慶州へ旅に出る際に情報を募ったのですが、げんさんのたくさんの情報のおかげで色々楽しむことができました。特にサダハムの梅の木、げんさんの寄せていただいた情報のおかげで諦めず見つけることができました。本当に感謝しています。
    これからもどうぞよろしくお願いいたしまーすv

    というわけで、恒例の(?)公開ラブレターのコーナーでした。(←イケニエともいうw)



    さて、げんさんがHNとブログタイトルについてのお話されていたのにのっかって…
    そういえば私自身に関してはよそ様のコメント欄にて話させていただいたことがあるのですが、自分のところではまだ書いていなかったよな、と今更なんですが(爆)

    私のこのブログ自体は最初からドラマ「善徳女王」のファンブログにしようと思っていたので、ブログタイトルもHNも関連のあるものにしようと思いました。
    まずブログタイトルの「こうもりのサンガラクチ」ですが、トンマン×ピダムのカップル萌えをしている私なので、あの庭園でトンマンがピダムに指輪を渡すシーンが頭に浮かび、ふたりの心情をあらわすとても重要なアイテムであるあの指輪をモチーフにすることにしました。
    指輪のシーン
    あとは表記をどうするか、でした。「蝙蝠の指輪」、「蝙蝠のサンガラクチ」と変化していったんですが、蝙蝠だとあの洞窟で大量にザザザザザと飛び交っている毒々しい姿のイメージが強いのでw、あえて「こうもりのサンガラクチ」とひらがなにして柔らかい感じにしてみました。

    そしてHNなんですが、ムクゲ(木槿、無窮花)が韓国の国花なのは有名ですが、ムクゲってその綺麗な外見だけじゃなく、薬にも使われるっていうことで中身も備わった花なんですよね。そしてその花言葉を見た時に「尊敬」「柔和」「信念」「デリケートな美」とあったんです。これはもう更にトンマンのイメージにしか思えなくって。それでトンマンにあやかりたいと思って、この名前にしました。
    そして表記も「mukuge」とひらがなの丸いほわほわした雰囲気が好きなので「むくげ」で迷いまして、それならばと「mukuge(むくげ)」と両方採用に。えぇ、安易ですw
    このように自分にないものをたくさん持っているトンマンのようになりたいということでこの名前を付けたのですが、六花さんに名前のイメージから「芯がありつつも、儚げな女性なのでは……」と言われてしまって、いやぁあのときは本当に土下座して謝りました(爆)
    だって儚いどころか風邪はひかないし、がさつだし、実際のところは思考回路が男よりの人間ですもん。
    名前のもたらすイメージって…怖い(爆)
    ムクゲ
    ムクゲの画像を探していて、「ムクゲ自然公園」なるものが埼玉県秩父にあると知りました。行ってみたーい!




    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.