ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    2013聞慶への旅 その5 加恩SBS第二セット場(明活山城正門・阿莫城第一関門)
    〈2013年4月の聞慶旅行の記事です〉

    第一セット場はモノレールを使って上がってきたことからもわかるように、山の上にあります。
    その下のほうにふと目をやると、第二・第三セット場の姿を見下ろすことができました。
    第二セット場 1
    これは第二セット場の城門セットです。
    61話 明活山城1
    61話にて、チュジン・ホジェ・ポジョンがユシンの部隊をひきつけている間に、がら空きの明活山城を奪取しに来ているピルタンたちです。こんなところから城の偵察をしていたんですね。

    では次の目的地、その第二セット場へ。
    来るときはモノレールに乗ってらくらく来ましたが、今度は第一セット場の一番奥にある城門をくぐってその先にある山道を徒歩で降りていきます。結構急な坂です。転がり落ちないよう要注意。
    坂を下り、道が平坦になったあたりに城壁が見えてきました。
    第二セット場 2
    そうそう、これこれ、よく他の時代劇でも見る城門です。何かのドラマで使われた後なのでしょうか、今は「春州城」と額が掛かっています。
    61話 明活山城入場
    ピルタンが制圧後、ゆうゆうと入場するピダムとその一派です。
    この場面で「明活山城の正門」とテロップが出るので、ここが正門のようです。あのピダムの最後のシーンのまるいボディの門が正門なわけではないんですね。

    第二セット場 3
    門の向こう側には民家のようなセットが見えます。善徳と関係ない…と思う(たぶん)ので、ここでは多くはふれませんが、きっと何かのドラマで出てきてたりしてたんでしょうね。私韓国の時代劇は好きで結構見ているほうだと思うんですが、善徳以外のものはびっくりするほどすぐ忘れてしまいます。
    扉には金属の板が貼られてますが、激しい戦闘シーンに使われるので、デコボコ痕がついています。
    10話 阿莫城城門攻撃
    確かに10話の阿莫城の戦いで、ソップムが除夜の鐘戦法でこの扉をガッツンガッツン突いてましたw

    損傷しているのは、扉だけではありません。
    第二セット場 4
    城壁を横から見ると、石の塀の端の部分が木に…!というか、本式で大きな石を積み上げて城門を作ったのではなく、木の土台の上に、石をタイルのように加工したものを貼っているんですね。
    言われてみればセットなのでそれが当たり前なんでしょうが、普通にみていると本物の石が積みあがっているようにしか見えないので、驚きです。
    第二セット場 5
    しかも、しかも、なんと!
    石のタイルならまだしも、よく見ると頑丈な石と見せかけておいて、触るととぽこぽこした手触りの発砲スチロール製の石がところどころに…!なんとも衝撃的なものを見てしまいました(笑)
    それも仕方がないかもしれません。
    10話 阿莫城 第一関門
    ここの城門は、阿莫城の戦いのエピソードでは阿莫城の第一関門として使われています。人がよじ登るわ、火砲はぶっ放つわでなんとも激しい。まぁ、善徳だけじゃなく他のドラマでもこんな使われ方をしていますから、使っていくうちに補修が必要なほどボロボロになっても仕方ないことですよね。

    第二セット場 6
    門をくぐって通り抜け、城門を反対側から見ると、また正面から見たのとは違った雰囲気になりますね。
    裏からは階段があって楼閣に上れるしくみにはなっていますが、立ち入り禁止の札がかかっていました。まぁたとえ禁止の札がかかってなくとも、あのハリボテっぽいところを見てしまったら、怖くて上がれないですけど(笑)
    10話 阿莫城火の玉
    これも10話の阿莫城の戦い時ですが、裏側まで火の玉が飛んできております。このあたりに木の砦のセットがあるんですが、当たったら完全に火事になってしまいそうです。当時はそのあたりには何もなかったのか、それとも火の玉はCGなのか???
    10話 震えるトンマン
    そういえば、この関門の城壁の上で、トンマンは初めて人の命を直接奪ったんですよね。仲間の命を救うためにとっさにしたこととはいえ、手の震えが止まりません。まだこの時は震える手を握って慰めてくれる人とは出会ってなかったんだよなーなどとしみじみ思いを馳せてしまいました。

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    清遊へいこう・・・
    更新ペースが落ちております。こういうのをスランプというのでしょうか?
    先週あたりから全然頭が働かず、文章が思うように書けません…!

    なーんてちょっとおおげさに書いてしまいましたが、原因はわかっているのでどうぞご心配なく。
    あいつ、です、あいつ。春になると忍び寄ってくるアイツ。春先のアレルギーとシラカバ花粉にいまさら襲われています。もう6月、例年ならとっくに過ぎ去ってあとは夏を迎えるのみという頃だというのに。
    今年の症状はとにかく喉。喉が痛くてたまらんのですよ。かゆいんじゃなくて、炎症を起こしていて痛い。寝てるときの鼻水のせいだとは思うんですが。
    とっとと病院へ行けばいいんですが耳鼻咽喉・アレルギー科は混んでますし、仕事終わってから何時間も待つ気力もなくて。
    そこで手を出しているのが、民間療法。調べてみたらいろいろあります、面白いものが。(別に面白さを求めんでも…)
    日本酒でうがい←スーっとして気持ちいいです。日本酒には殺菌効果があるからでしょうか。でも飲んでも同じじゃないかと思い、寝酒にしかねない自分が怖かったりしますw
    馬油を鼻につっこむ←鼻づまりは改善される気がするんですが、独特のにおいがダイレクトにw 鼻づまりが改善されたら余計ににおいのダイレクトアタック。
    と、どれもなんとなく効くようなでも決定的なものではないような感じなんですが、こうしてだましだましいろんなことをしているうちに、アレルギーの季節も終わるだろうなと思っております。

    来週あたりには復活できるといいんですが。自分ところはともかく(え?)、訪問先様にて気になる記事がたくさんあがっていてコメントしに行きたいのにー(ジタバタ)。
    皆様もどうぞご自愛くださいませ。

    というわけなんですが、頭は働かないんですけど、こういった画像遊びは頭使わないのでできちゃったりしますw

    トンマン清遊へ

    特に何かの記念日で、何かテーマがあるわけではないんですが、あートンマン綺麗vトンマンかわゆすvと思っていじってたらこんな感じに。トンマンとどこかの森(シラカバのない森)に清遊にでも行きたい私の願望の表れなのかもしれません(笑)
    さ、あと少しで到着と思っていたら、遠くから「公主様ーーーー!」という声が。
    チッ、やはり黒花郎に見つかっちまいましたw
    関連記事

    2013聞慶への旅 その6 加恩SBS第三セット場(明活山城)
    前記事にあたたかい拍手等、どうもありがとうございました!おかげさまで、通常モードに戻ってきております。まずはあまり頭を酷使しなくても書ける(笑)、旅記事からお届けさせていただきます。

    〈2013年4月の聞慶旅行の記事です〉

    全世界が涙したという、ドラマ「善徳女王」最終回のこの場面。
    62話 ピダム無双 1
    ピダムがただ己の真心をトンマンに伝えたいがためにやってきた場所、それがこの明活山城の城門前に張られた女王軍の陣です。
    トンマンとピダムがこの世で会った最後の場所、それをなんとしても自分の目で見ておきたい!形が変わってしまう前に…!という思いでやってきたのが、ここ聞慶です。
    そして、いよいよ今回のメインイベントとなるその明活山城=第三セット場へ足を向けます。

    しつこいくらい今回の旅の一番の目的と連呼していますが、それに反してなにやらあやしげな雰囲気が。
    第三セット場 1
    山の上の第一セット場から見下ろした第三セット場の城門ですが、そうそう、この城壁の曲線よぉー、これよこれ!と気持ちが高まったのもつかの間。
    んんん?謎の青い物体が…
    なんじゃありゃーーーーっっっっ!?(叫)
    工事用のブルーシートがかけられ、工事車両も止まっています。
    つまり、なんと!まさかの!工事中!!!(爆)
    昨年の新羅ミレニアムパークに引き続き今回またもやの工事中。私はもしや何かの呪いにかかっているのでしょうか?w

    通常は第二セット場の城門の前のほうから、つまり第三セット場の裏側の民家等のセットのある方からからも第三セット場に入ることができるようになっていますが、行ってみるとそちらは立ち入り禁止のテープが張られて入れないようになってました。どうやら第三セット場の中は今回見れないようです。残念。
    万弩城に到着した子トンマンが城門をくぐったのち、市の人たちにムンノの行方を聞いてまわりますが、それがもしかしたらここで撮影しているのではないかと予想をたてていたんです。民家のセットはあちこちにあるので、こことは限らないんですが、明活山城の内部の撮影がここであったのと同様に、子トンマンのシーンも全部同じところで一緒に撮影したように思えまして。
    5話 万弩村 酒場
    これは5話ではじめてトンマンがチュクパンとコドに出会った場面ですが、ここの撮影場の第一・第二セット場ともに民家のセットはありましたが、このような配置の民家は見当たりませんでした。なので、もしかしたらこの第三セット場の城門の前で撮影したのち、そのままその中にある民家のセットで撮影したのでは?と思ったんですが、今回は残念ながらお預けです。

    仕方ありません。気をとりなおして目指すは城門、あの城門です!もし正面側も立ち入り禁止のテープが張られて入れなくなっていようとも、城門は大きいので遠くからでも見えるだろうということで、正面のほうの入口に周ってみました。
    第三セット場 2
    おおっーーーっ!見えてきました明活山城!
    しかも、立ち入り禁止のテープはかかっていない。というか、正確にはかかっていたという名残はあるんですけど、今はかけられていないということで、工事中とも書いていないしダメと言われたら戻ればいいや的に、近づいてみることにしました。
    62話 明活山城 女王の陣
    そうそう、こんな感じにこの細長い広場にいくつもの天幕を張り、またたくさんの兵士や馬なんかも配置して、物々しい雰囲気を作り出して撮影しておりました。
    この広場に入ってくるところはコンクリートの道路になっているんですが、天幕やカメラの角度によってうまく映りこまないようにしていたんですね。

    第三セット場 3
    テンションMAXで城門に駆けよったところで、あ、人が…。
    案の定、工事中だから出て行って~みたいなこと言われてしまいました。
    あ~ん、手を伸ばせばその先には城門があるのにー。城門まで、あと、70歩・・・。
    素直にわかりましたーと言いつつも、写真だけはちゃっかり撮らせてもらいました。

    第三セット場 4
    城門にむかって左側に目をむけると、アルチョンが陛下に「ピダムが近くの森に現れました。」と報告したその森と思われる木々があります。
    62話 ピダム無双 2
    こんな感じに兵を倒しながら、ここから降りて来たんでしたっけね。

    第三セット場 5
    城門を背に反対側をみてやれば、陛下の天幕があった方向になります。陛下が立っていたのは、あの木の柵があるあたりでしょうか?
    62話 ピダム無双 3
    ここから壮絶なピダム無双がはじまります。ピダムはユシンや元花郎たち、そしてコルチャンノ部隊等の兵に阻まれましたが、私は工事のおじさんに行く手を阻まれました。(←おじさんもお仕事だから仕方ないw)

    62話 ピダム無双 4
    そして「トンマナ」と最後の言葉を言って倒れたピダム。涙を流しながらもピダムに駆け寄ることもできず、乱の終結宣言をするトンマン…。本当に悲しいです。

    第三セット場 6
    ほんとうは70歩、30歩、10歩と数えながら陛下のいる方へ歩いてみて距離感つかんでみたかったんですがそれができなかったので、せめてもと陛下とピダムが倒れた土の上に同じように横たわってみました。冷たい、ほんと冷たかったです。トンピーー!(泣)
    土の冷たさが肌にしみ、二人の別れのシーンの辛さを思い出し余計に悲しくなり涙目になったりしましたが、こうして見ると土についている車輪の跡が余計すぎて、別の意味でも泣けてきます..。

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    2013聞慶への旅 その7 加恩SBS第三セット場(万弩城・速含城・安康城・大耶城)
    〈2013年4月の聞慶旅行の記事です〉

    第三セット場の城門セットをまだまだひっぱります(笑)

    第三セット場 7
    工事中につき近づかせてもらえなかったので、ささやかな抵抗でズーム越しに近づいてみましたw
    62話にて侍衛部のフクサンについて調べてきたサンタクが真ん中の扉から城内に入ろうとしますが、隣の小さい扉から入ってきたヨムジョンに捕まりそうになり慌てて逃げ出す場面なんていうのもありました。
    61話 明活山城門
    二重になっている門のつくりが面白そうだったので見るのが楽しみだったんですが、そこも残念でなりません。

    そしてこの城門、明活山城の印象がかなり強いですが、実は「善徳女王」中、他のいろんな城としても使われていたりします。

    5話 マンノ郡1
    あるときは、トンマンが鶏林に到着してムンノを探してにまずやってきた万弩城(5話)であったり、

    10話 速含城 1
    あるときは、阿莫城が陥落寸前との早馬が城門を駆け抜けていく、百済軍が占領している速含城(10話)であったり、

    39話 安康城 全景
    あるときは、城主の暴政に怒った民が反乱を起こす安康城(39話)であったり、

    50話 テヤ城5
    そしてまたあるときは、ミシルが反乱を起こして敗走し、最後にはそこで自害する大耶城(50話)であったりしました。
    こうして見てみるといろいろな場所として使われていますが、意識して見ようとするまでは全く気付いてなかった私であります。

    横からも見てみます。
    10話 速含城jpg
    10話、阿莫城に敵をひきつけさせて、敵の裏をかいて速含城を攻撃するソルォン軍。
    おっと、この城門でも激しい戦闘が。
    第三セット場 1
    ブルーシートがかけられた城壁の向こうには、楼閣があります。私が行ったときは「芙餘城」?難しい字体で読めませんが、そんな城の名の額がかかっておりました。
    小耳にはさんだ話によると、あの私と因縁のあるw「大王の夢」がここで撮影されているようですが、行く前は、ドラマの撮影なんかとぶつかっちゃって見せてもらえなかったらいやだわーなんて話してたんですが、これならドラマの撮影で見れなかったほうがまだ良かったのではないかと今なら思います(笑)

    第三セット場 2
    こちら、城門を背にして見てみましたが、遠くには山があり、そして城門前の広場の奥のほうには、てこの原理で石を飛ばしたりする戦闘シーンにて使われていそうな大がかりな武器や、吊るして拷問用の木枠などがそのまま置かれております。
    50話 テヤ城2
    50話でミシルが降伏した大耶城へ入城するトンマン達ですが、そのうしろにこれらの武器が映っております。当時のものと同じものかはわかりませんけど。
    39話 安康城暴動
    39話、奥から安康城へ向かって、民が押し寄せてきます!
    こうしてみてみると、山の形は当時と同じままで変わっていませんねー。や、3,4年位じゃそうそう変わるもんでもないですけど。
    役者さん、スタッフさんはもちろんのことですが、大勢のエキストラのみなさんも、山奥までお疲れ様でした…!

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    顔も知らぬ父へ
    今年は日にち間違ってませんよね?
    なにせ昨年は1週間違えて、結局2度父の日をやってしまったものですからwww

    ということで、今年は母の日に引き続き、複雑な親子事情をもつピダムの父親編です。

    父の日 ピダムと真智王  

    ピダムの血筋に関してはミシルのほうばかり注目されてしまいますが、廃位されたとはいえ王の子であり、偉大なひいおじいちゃんを持つトンマン同様、真興王の孫なんですよね。
    トンマンに並び立つ男になるための武器のひとつになる血筋。それを与えてくれた父にも1年に一度くらい向き合う日があっても良いと思います。
    人生の中で一番輝いていた瞬間(笑)を捉えた父の遺影を前にして。

    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.