ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2013聞慶への旅 その10 聞慶セヅェ第ニ関門(明活山城東門)
    〈2013年4月の聞慶旅行の記事です〉

    第一関門を通り抜けそこから3km先の第二関門を目指します。
    途中小川に沿って風光明媚な山道が続き、途中まだ地元では咲いていなかった桜の木に綺麗だわーと盛り上がったり、他ドラマのロケ地があったり、また岩で自然にできた造形などもたくさんあって目を楽しませてもらいながらひたすら歩き続けました。
    たかが3kmですし、山道と言ってもそれほど急でもなく歩きやすいなだらかな土の道だったので楽勝楽勝と思ってました、最初は。しかし、午前中もさんざん撮影場を歩いたあとでしたから、ゆるやかな登り道と言っても積み重なると結構身体にきましてね…。途中東屋風のベンチスペースを見つけるたびに水飲み休憩しつつ、歩いていくこと約一時間。
    やっと見えてきましたよー、第二関門が!
    聞慶セヅェ 第二関門4
    険しい山をバックにした石の橋と石の門!よく時代劇でみる景色が目の前に広がってきました。疲れていたのでなおのこと感動です。
    聞慶セヅェ 第二関門 5
    重厚な趣の石の門です。扁額には「鳥谷関」と第二関門の別名が書かれています。

    この第二関門は、「善徳女王」では最終話にて登場します。
    明活山城を四方の門から同時攻撃するというユシンの作戦で、イムジョン率いる先方隊がここから城内に潜入を試みます。
    このシーンのあと明活山城内でピダムが東門が破られましたと報告を受けているので、ここが東門なのではないかと思われます。城門の上にいる兵士が月城に落ちた星を眺める方向から考えても、方向的にはあってますし。って撮影の都合上そこまで考えて撮影していない可能性もありますが(笑)
    62話 明活山城 東門 攻撃1
    鉄のカギが付いているロープを城壁の上に投げ込み、縄梯子を吊るします。
    って、前にも言いましたがここ史跡147号なんですよね。もちろん許可をとっての撮影ですが、いいんでしょうか?史跡に手荒な真似をして。ここが韓国のおおらかなところですねー(笑)
    62話 明活山城 東門 1
    イムジョン率いる先方部隊が城壁を不安定な縄梯子でよじのぼり城内に潜入し、城門を内側から開けます。ロッククライミング用の壁ではありません。しつこいですが史跡ですw
    聞慶セヅェ第二関門
    イムジョン達が縄梯子をかけてのぼったのは、向かって右側の城壁のあたりになります。
    って、オバちゃんたちがそこで円になって弁当広げてるんですけどー!(爆)。他にも広い場所がたくさんあるのに、何も皆が記念撮影するこんなところでわざわざ弁当広げんでも…。
    聞慶セヅェ 第二関門 1
    韓国の人ってマイペースっていうか、建造物の写真撮りたいなーって正面でカメラを構えても、それにお構いなしで意地でも建物のド正面の階段のところとかに座り続ける人によく遭遇します。イチャつき続けるカップルとか。脇にあるベンチが空いているにもかかわらず、なぜそこでっていう(笑)
    これも文化(?)の違いなのだろうと思いまして、こっちも遠慮せず写真撮ることにしています。えーっと、オバちゃんたちが座っているところが、イムジョンよじのぼりポイントですw

    イムジョンが城門を開けたあと、アルチョン・ウォルヤたちが城内に突入します。
    62話 明活山城 東門 2
    アルチョンの後ろに狛犬みたいな石物が。。。
    聞慶セヅェ 第二関門 2
    なんだろうと思っていたら、その石物は今私が渡ってきた第二関門前の石橋の欄干だったんですね。

    62話 明活山城 東門 3
    城内に入ってくるアルチョンたちです。そしてそのあと、ここから女王軍の兵士に化けたサンタクが城内に入ってきて、ピダムに事の真相を伝えるんですよね。
    聞慶セヅェ 第二関門 3
    ドラマは夜襲のシーンなので見づらいですが、門の奥の木々がこちら側からも見えます。
    石門の天井に描かれている龍の絵が色鮮やかです。

    聞慶セヅェ 第二関門 6
    第二関門の裏側も引きで記念に一枚。石や松の感じが裏から見てもかっこいいですv
    こちら側は「チュノ」で使われていたそうですが、残念ながら私は覚えておりません。

    そして第二関門でしばし休憩したのち、来た道を戻ります。帰りももちろん3km・・・(笑)

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事
    スポンサーサイト

    鳥になったピダム
    はっぴーばーすでー ピ ダ ム♪

    鳥になったピダム

    トンマンの誕生日にトンマンをケーキにしてしまったもので、公平にピダムにも何かになってもらおうと悩み、それならいっそ大好きな鳥にでもなれれば本人も本望だろうと(爆)
    翼はもちろん真っ黒よね~って、あらやだカラスじゃん!っていうwww
    作品中ではカラスの羽は陰謀に使われた苦い思い出がありますが、彼が鳥になったならば、己の羽で烏羽扇をつくり、今度はトンマンへの恋文として使ってほしいです。
    湯気であぶって白い布に写しとってみれば、表れた文字は「 私 の ト ン マ ン 」v

    関連記事

    2013聞慶への旅 その11 エピローグ
    〈2013年4月の聞慶旅行の記事です〉

    聞慶セヅェの道のりですが、私は1日で加恩の撮影場とこのセヅェの散策をしようと欲張って予定をぎゅうぎゅうに詰め込んだため、第二関門に着いた頃にはぐったりしてしまいましたが(笑)、セヅェの散策も第二関門までなら実のところはそれほど急でも険しくもないので、ハイキング気分でゆっくり散策するには素敵なコースだと思います。
    土の道も小石もあまりない綺麗な道だったので、靴を手に持って裸足で歩いている人を何人も見かけました。私もマネしてみたかったものの、足を拭くものを持ってなかったので止めましたが、足の裏からも自然のヒーリングを受けられそうですし健康にもよさそうです。

    聞慶セヅェ 木橋
    第一関門を抜けてすぐあった木の橋ですが、昔風でいいですね。それもそのはず、時代劇でよく出てくる、らしいwです。
    この川の水見えますでしょうか?川の底が見えるほどすごい透明で綺麗な水でしたー!

    鳥嶺院址
    第一関門から1.5kmほど進んだところにある鳥嶺院址です。
    その昔、都やまたは逆に地方に出張する官吏に宿食を提供するために駅と駅の間に設置した旅館のようなものが鳥嶺院で、現在はこのように石垣だけが残っています。
    おー、ここは覚えてます。「太祖王健」で出てきましたー!どんな場面?って言われるとそこまで覚えてないですけど(笑)

    実は我が家は、というか特に父が、おっさん臭い一見地味な、しかし戦闘シーンはド派手なKBSの骨太時代劇が好きでよく見てます。
    さきほど出てきた「太祖王健」もそのひとつで、この山道の途中にもうひとつ「太祖王健」がらみの撮影地があります。
    クンイェ看板
    「太祖王健」中クンイェという強烈キャラがおりまして、そのクンイェが自害した場所がここにあります。
    実は母を聞慶に誘う際「あのクンイェが死んだ場所があるらしいよ」とここをエサにして釣りましたw
    クンイェの最後ロケ地
    実際に見てみたら、あらもっと広いかと思ったのに狭いのね、とうちの母。撮影地なんてそんなもんですw
    これ、帰り道に撮影したものなんですが、行きはおじさんたちがそこで酒盛りしてたんですよー!私も宴会好き、綺麗な景色を見ながら飲みたい気持ちはよーっくわかりますが、だからって何もわざわざピンポイントでそこで宴会せんでもー(爆)

    伝統茶器まつり日本語案内図
    ちょいちょい触れてますが、この日「聞慶伝統茶器まつり」なるイベントが行われてました。
    これ帰る直前に存在に気付いたんですが、日本語の案内看板がありました…!これを最初に見ていたら、どこで何をやっているか一目瞭然だったんですが、すでにあとの祭りです。
    ここ聞慶は五味子の産地なので、第一関門前に並ぶ白テントに売っていた五味子ジュースを買って帰ったんですが、最初は甘く後味が苦い感じがツボにはまって美味しかったです。
    でも今案内看板をよく見てみたら、“五味子ビール”なるものが売っていたらしいです。うわぁー悔しい。そっちも飲んでみたかったー。
    本当はもっといろいろ物色したかったんですが、実はお金がなかったんですよー!(爆)
    いや、日本円はたくさん持ってて(たくさんはありません。見栄張りましたw)、いつものように両替していつもの感覚で使って財布の中身をチェックしないまま聞慶に来てしまったんですが、どうやら円安の影響でいつもより換金ウォン額が少なかったみたいで、あれ?帰りのバス代差し引いたらこれしかない…!と途中で気づきまして。使える現金の節約に、安食堂のお昼代もカードで払った位ですwww

    茶器まつり人形
    せっかく来たのだからと、隣接しているKBSのセット場にも入ってみました。
    が、チケット売り場の窓口に3000ウォンと書いているんですが、表示と違って一人5000ウォンも取られ、あちゃーぼったくられたか!?と思いましたが、渡されたチケットが茶器まつり仕様で5000ウォンと書いていたので、どうやらまつり価格だったもようです。
    まつりでは、セット場の建物がお店になっていて茶器を販売していたり、上の写真のように人形で茶器づくりを再現する展示スペースになっていたりしてました。きっとこの建物もなんかのドラマに出てきた場所なんだろうなーとは思うんですが、他の建物もそうですがどのドラマのどの場面でというのがわからないと建物を見てもピンとこず、ふ~ん…とただ場内を歩いて通り過ぎてしまっただけになっちゃうんですよね。やはりセット場やロケ地はそのドラマへの思い入れがあってナンボですね。

    結局善徳撮影地を見た満足感と疲労感でもういっかーてなっちゃいまして、まだ15時ちょっと前だったんですが早々とソウルに戻ることにしました。
    ここから朝バスが到着した市外バスターミナルへ向かうのですが、時間に余裕がありますし、1度くらいは市内バスに乗ってみようと思いバス停を探してみましたが見当たりません。前情報だと駐車場のあたりにあると見たんですが。
    探し回るのも面倒くさくなって、結局すぐそこにタクシー乗り場があってタクシーが2台並んでいたので、またタクシー利用することにしました。
    前のタクシーの運転手さんの窓を覗き込んでみると、あら!今日すでに2回乗ったあのタクシーのおじさんじゃないですか!(爆)なんたる奇遇。なんたる偶然。よっぽどこのあたりのタクシーの数が少ないのかwとも思いましたが、縁があったということですね、きっと(笑)
    10分もたたずにバスターミナルに到着し、タクシー料金は端数を切ってくれて7000ウォンでした。

    聞慶-東ソウル時刻表
    2013年04月の聞慶バスターミナルの時刻表(の一部)です。向かって一番左側が東ソウルバスターミナル行きです。今後変わる可能性があるので、参考までに。
    当初の予定だと夕方のバスになっちゃうかしら?と見積もってましたが、15時50分のバスで帰途につきました。
    帰りのバスは行きの直行だったバスと違って、いったん高速を降り建国大学(地図アプリを見ていたら提川あたりか?)という経由地があったので行きよりも30分ほど多く、2時間半かかりました。しかも2列1列でゆったりシートだった朝に比べて、2列2列の普通のバスなので乗り心地もそれなりです。あまり眠れないまま、18時半前にソウルに到着しました。
    そして、速攻両替に行き、昼に貧乏な思いをしたので夜は反動で豪華に焼肉三昧してやりました(笑)

    教訓:地方に行く前に財布の中身をチェックして両替しておきましょう。

    というわけで、今回の聞慶「善徳女王」最終回の旅はこれにて終了です。お付き合いくださいまして、どうもありがとうございましたー!
    次の旅カテゴリの記事はいい加減に終わらせろ、な昨年のミレニアムパーク記事に戻りますw

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    徐羅伐コレクション 公主編 その17
    いよいよ徐羅伐コレクション公主編の最後の衣装になりました!
    ミシルの乱集結から即位前日までのほんの短い時間に登場したこの青い衣装で、公主様仕様ファッションも見納めになります。ヨンチュンが真平王の葬儀後「国葬中につき、初七日で即位式を行います」と言っているので、本当に何日も着ていなかった衣装だと思われます。

    ●全身
    徐羅コレ17 全身
    最初この衣装を見たとき、以前着ていた青い公主の日常服(徐羅コレ7)の上に新しくしつらえた広い襟の付いた羽織りのような外衣を上から着ているのかと思ったんですが、以前のは衣のそで口が紺色だったのに対して、今回のは水色のそで口になっています。衣の模様はいつものお花と鳥の刺繍に見えるのですが、何せ登場シーンが少なく、また全身で映っている場面が少なく判断し辛いです。
    しかし、青の色合いも光の加減のせいもあるかもしれませんが以前の青よりよりは濃い青のように見えますので、この衣は別物と考えていいですね。

    ●横姿
    徐羅コレ17 横姿
    外衣ですが、ぱっと見袖付きか袖なしかわからなかったんですが、あ、公主様の肩ひもがチラリズムw これは裳に付いていて肩にまわしているひもなので、この上に羽織っているものは袖なしタイプのようです。しかも以前の青い衣装は衣と裳のひもが同じ色(つまり前に見える裳も同じ色)でしたが、今回のは衣と裳のひもの色が違っているのでよく見えます。

    ●外衣
    徐羅コレ17 模様
    最近着ていた朱色の襟付きの外衣には肩の部分に大きく何色かで鳥の模様の刺繍が入っていましたが、今回のは銀糸一色でぜんまい!?のような植物の模様が刺繍されています。
    そして襟の周りには、公主追認式のとき(徐羅コレ2)の衣装やミシルと会談したとき(徐羅コレ13)の衣装みたいに、襟の周りに銀の装飾品がぷちぷちっとついています。
    また前のほうにも円い銀の細工に鎖がいくつも下がった装飾品が垂れ下がっています。今回の衣装は色使いはシンプルなれど、結構装飾品が付いていて、今までのものと比べると日常服にしては豪華な部類に思えます。

    ●髪型・髪飾り・耳飾り
    徐羅コレ17 髪型・髪飾り
    結局、日常では公主時代を通して、この金の髪飾り一本やりでしたね。よっぽど気に入っているのか、節約なのか…。いや、やはり同じ型で何度も新しいものを作り直していると思っておきましょう(笑)
    耳飾りも公主時代後半(徐羅コレ13)に付けていたものと一緒です。今までは耳飾りの色を衣に合わせたような色合いにしていることが多かったんですが、これはどうも使いまわし感が否めません。いえ、色のトーンを合わせるだけがファッションではないんでしょうが、私的にはこの衣装にこの耳飾りがしっくりきません。
    そしてカチェなんですが、今回のはトンマンの地毛に対して黒々としていて、いかにも付けています!という感じです。光の加減のせいなのか、いつもより境目がわかるような。
    地毛でなく他人の髪をモリモリ盛ってつけるのが高貴の象徴でもあるので付けてます風でもいいんですが、このカチェがちょっと黒い毛の新作なのか、それともカチェはいつものですがミシルの乱で遠征して外で日に当たっている時間が長かったためトンマンの地毛のほうが日に焼けて前よりもちょっと茶髪になっちゃったのか、気になりますw

    ●この衣装の名場面
    51話 私のためであろう?ありがとう
    51話 私のためであろう?ありがとう
    53話 聖君とは?
    53話 聖君とは?

    ●登場話
    51話・53話

    ●総評
    徐羅コレ公主編も17回目ということで、数えてみると公主時代は17着着ていたんですねー。ま、兵士の服やらなにやらを含めるなって話なんですがw

    公主時代後半で着ていた日常服は、1枚多く着ているので私自身勝手に秋冬コレクションなんて言ってましたが、今回のように襟が肩の部分まで広がっている外衣が登場しました。こういうタイプは公主追認式の時のような儀式時や、ミシルとの会談の時のような外出時にはすでに着ていましたが、日常服としてはミシルが反乱を起こし、王宮から逃走して以降に登場しています。
    こういった襟の広い外衣を羽織るスタイルは、色合いやデザインは違えども、ミシルがよく着ていたように思います。ミシルが着ているのである程度お歳を召した方の物(←璽主に怒られるか?w)かとも思いましたが、マヤ皇后もマンミョン夫人もあまり着ているのを見かけません。
    トンマンがミシルのマネをして外衣を羽織るようになったとかそういうことではもちろんないんですが、公主に成りたての頃は、トンマンにとっては圧倒的な強さを持っていたミシルでしたが、次第にそのミシルにトンマンが肩を並べ、そしてその後ミシルが最後に夢見たものの着れなかった王の衣装をトンマンが身につける。
    ただの衣装ですが、その衣装の変遷を見ているとトンマンの成長の過程を表しているかのようにも思えて、面白いなーと思いました。

    ということで、かわいいトンマン公主を眺めて皆で一緒にニヤニヤしようという企画にお付き合いくださいまして、どうもありがとうございました!
    次からは、やっとこさ女王編に入りますので、引き続きよろしくお願いいたしますv

    関連記事

    新羅ミレニアムパーク その12 花郎演武場内部
    〈2012年5月の慶州旅行の記事です〉

    新羅ミレニアムパークですが、どこまで書いたか本人がわからなくなってましたが、記事さかのぼってみたら前回は真骨屋敷だったようですね(笑)
    そうそう思い出しました!龍華香徒の砦とトンマンの石桶が見れなかったショック状態で演武場の近くの屋敷等をふらふら見たのち、いったん隣接のホテルに戻り夕食をすませ、また夜のショーを見るためにパークに戻ってきたのでした。
    そして19時半からのショーが始まる10分前。日中一番最初のショーを見た池のある会場で場所取りをしてショー開始を待っていたところ、演武場の写真を撮っていない!!!!ということになぜか突然気づきまして、そこからパークの一番奥にある演武場までカメラだけ片手に全速力で駆け抜けました。今地図で距離を測ってみたら500Mありました(爆)往復1キロ!?どうりでぜーぜーしたはずです。しかもショーにもちゃんと間に合ってますから。もう執念以外何物でもありませんw
    先に進むにつれて人っ子ひとりいなくなり、仕事を終え撤収する係のお姉さんの集団ともすれ違いましたが、すごい形相で走りぬける私に驚いておりました(笑)

    という事情なので、この先の写真は日も落ち、薄暗くなっておりますのでご了承くださいw

    花郎演武場 石門
    花郎演武場の入口の門です。
    ハングルで「花郎演武場」と書いてある額がついていますが、花郎が活躍していた時代にはもちろんハングルありません。ドラマ中では漢字のものに替えられていたり、はずされていました。

    この入口の石門をくぐって演舞場の内部に入りますが、日中にに観た花郎ショー「花郎への道」もここで行われておりました。
    花郎演武場 内部1
    こちらは日中の花郎ショーの時のものですが、入口の石門を入ってすぐ隣の入場口から、出演花郎や馬が登場しておりました。
    1話 転寝して夢を見て起きる国仙
    1話では国仙ムンノはこの場所にあったベンチで居眠りをし、マヤ夫人が乗った輿に北斗七星から派生した鳳凰が入る夢を見ます。そして北斗七星のお告げを思い出します。
    1話 国仙の演武
    かと思えば、いきなり剣を片手に華麗な舞を。これぞ本当の演舞場。(←正しくは演武場ですw)
    日中は馬が駆け巡り、花郎が華麗なアクロバットを見せてくれていましたこの花郎演武場ですが、ドラマ中では国仙ムンノの1人舞台、さすが国仙身が軽い。

    花郎演武場 内部2
    さらに奥に目を向けると、小さな東屋が見えます。
    2話 開陽星が二つに分かれるのを見るムンノ
    2話にてチョンミョ出産後マヤ夫人の陣痛が再度始まった頃、この演武場の東屋の横で国仙ムンノは空を見上げ…
    2話 ムンノの背中
    ひときわ輝く開陽星が予言通り二つに分かれるのを見て、その予言が今生まれてこようとしている聖骨のことだと気づいたのでした。

    花郎演武場 内部3
    入口から入って正面です。あー、月がー。すごい勢いで暗くなってきましたw
    青コーナーと赤コーナーってわけではありませんが、この演武場には選手入場口が二か所あるんですね。
    1話 真興王暗殺の決起するソルォン
    こちらは1話での真興王暗殺のクーデターを起こすため決起するソルォンさんですが、ソルォンさんはこの入場口からまっすぐ進み、郎徒に指示を出しておりました。
    そういえばソルォンさん、2話でミシルの双子暴露大作戦でムンノに邪魔をされないように兵を動員してムンノを探す際にはここで兵士に命令を下しておりました。
    2話 産室へ向かうムンノを阻止しようとするソルォン
    同じ場所でも、ソルォンさんの立場が変わり指示を出す相手もまた変わっているのも細かいなーと思います。

    花郎演武場 内部4
    入口石門より右手側です。
    時間がなかったもので、入口に立ったまま写真を撮るのがせいいっぱいでしたが、時間があったら地面に降りてムンノのマネして華麗な跳躍をしてみたり、北斗七星を探してみたりしたかったですねー。

    【2013.07.20 追記】
    この花郎演武場、ムンノやソルォン関連だけじゃなく、トンマンの重要な場面がありました…!
    8話 ここなの?
    2話 ここなの?2
    ―ここなの?母さんここなの?ここにいたらわかるの?母さんがなぜ追われて死んだのか。わたしが誰なのか。
    トンマンはタクラマカン砂漠から自分が誰なのか知りたいがために徐羅伐へやってきましたが、ここが自分が今いるべき場所だと悟った場面は、この演武場にて撮影されておりました。

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。