ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「善徳女王」を勝手に地図にしてみよう 母山城の戦い
    はっ、と気づけば前回に書いてから半年経っているこの地図企画。亀並みにゆるい歩みを進めてますが、その間に緋翠さんがトンマンが鶏林へやってきた道のりの緋翠案をご自身のブログで聞かせてくださいました。
    mukugeさんに続け!~鶏林への道。@新羅時代の交易路
    もう目からウロコの緋翠案です。みなさんからいろいろ考えを聞かせてもらって、おかげでトンマンが苦労して鶏林へやってきた様子がさらにいろいろ想像できて楽しいですし、なんかワクワクしますね。ワクワクしすぎて眠れないんで、誰か胸トントンしてください(笑)

    さて、トンマンが鶏林へやってくる少し前に、鶏林では後継問題が発生しておりました。
    真平王の3人の王子は早世してしまっているため、チョンミョンの夫であるヨンス公を太子にすると真平王は宣言しますが、ヨンス公の父の真智王が廃位されたため聖骨から真骨に格下げになっており、真骨でもなく功績もない王では花郎は従えないと花郎達も反発します。
    そのためヨンス公は和白会議の席で、太子となる資格を得るために「出陣し母山城奪還作戦の先鋒になります」と宣言してしまいました。
    その母山城はどこにある?というのが今日のお題です。

    DVDの用語解説付き字幕と、封入されているブックレットの用語集には母山城:忠清北道の大母山城とあります。
    大母山城址は現在も城壁址が残っており、鎮川郡鎮川邑聖石里にあります。
    『三国史記 新羅本紀』によると「616年冬10月 百済が母山城に攻めて来た。」とあり、その後新羅は百済と椵岑城・母山城付近で激しく戦って幾つもの城を失い、また城主が戦死するなど敗戦が続きました。おそらくそういう史実をもとに脚色したドラマ中の母山城奪還作戦です。

    5話 作戦会議
    兵部令のソルォン公を中心とする軍事作戦会議です。

    敵の百済軍は2万
    プヨ・ジャンが率いる大軍が母山県を基点に三山まで進軍を
    道実郡で百済の援軍が合流するでしょう
    敵の士気は高い
    先発部隊は乙尾峠の制圧をお願いします
    左右にいる潜伏兵との激戦になるでしょう
    後発部隊は母山城の北門を攻撃し奪還します

    ここで出てくる「三山」「道実郡」「乙尾峠」という地名もまた、用語集に載っていました。
    三山:日山・呉山・浮山の余餘三山を指す
    道実:現在の全羅北道淳昌郡
    乙尾峠 速含城と母山城の間にある峠

    余餘三山のうち、日山はわからないのですが、呉山と浮山は現在の扶余に比定地があるらしいので、これをもとに、大まかな地図を作ってみました。
    母山城の戦い地図 1
    この地図を見ながらソルォンさんの作戦を考えてみましたが、百済は王が親征をしていて三山まで進軍し、さらに道実郡で百済の援軍が合流するとのことですが、その百済王の軍が進軍しようとしているのは、この地図から言うと速含城なのでしょうか。
    それにしても余餘三山ですが、百済の王宮から目と鼻の先なので、そこまで進軍っていう距離でもないですし、「母山県を基点に三山まで進軍を」っていう部分のつじつまが合わない気もします。

    そこでソルォンさんが作戦会議に使っていたジオラマです。
    5話 母山城奪還作戦ジオラマ 1
    もう一度映像を見返してみると、あれ?ソルォンさん、「三山まで進軍を」と言いながら駒をジオラマの「三年山城」のところへ移動させています。
    三年山城といえば、忠清北道報恩の昔の呼称で三山とも言いますが、もしかしてこの作戦中の三山はこの三年山城のことを指しているのではないでしょうか。
    地図にするとこんな感じです。
    母山城の戦い地図 2
    これだと百済王プヨ・ジャンの大軍が三山まで進軍し、道実郡で援軍と合流し、速含城を拠点に新羅の国境を犯そうとする道筋ならばイメージすることはできます。
    ただどちらにしても、ジオラマと地図にあてはめてみた道実郡とそれぞれの城の位置関係が合致しないのですっきりしません。

    しかもこのジオラマ…!
    5話 母山城奪還作戦ジオラマ 2
    文字が見える範囲で地名を書き入れてみました。
    『三国史記 雑誌』の地理の項目を参考にすると、その地名は以下の現在地に比定されています。
    北漢山州:ソウル
    大伽耶:慶尚北道高霊郡
    茂山県:全羅北道茂朱郡茂豊面
    南川停:京畿道利川市
    冠文県:慶尚北道聞慶市

    ・・・いくら当時に正確な地図がなかろうとも(ムンノの三韓地勢も書き上げられてなかったですし)、位置関係がバラバラすぎやしないでしょうか。
    私が文字を読み違えているのか、同名で別の地の地名があったのか…。う~ん、う~ん…すっきりしないまま次回に続きますw
    関連記事
    スポンサーサイト

    高句麗鍛冶屋村 その2 ヨムジョンの賭場
    〈2012年9月の旅行記事です〉

    では、セット場の中へ。
    高句麗鍛冶屋村 入り口
    入口は坂になってますが砦風になっていて、そこからすでにテンションあがります。
     
    高句麗鍛冶屋村 コムル村 1
    入ってすぐ見える建物が、コムル村と経堂という建物です。
    高句麗鍛冶屋村は「太王四神記」のために作られたセット場なので、建物にもそのゆかりの名前が付いています。
    36話 ヨムジョンの賭場へチュンチュをつれてくるミセン
    こちらは「善徳女王」ではヨムジョンの賭場として使われております。
    36話では、ミセンおじさんに連れられてチュンチュたんもやってきました。

    40話 ミセンとチュンチュが訪れるヨムジョンの賭場
    40話、夜でも、というか夜だからこそさらに賑わってます、ヨムジョンの賭場。
    高句麗鍛冶屋村 コムル村 2
    経堂部分の丸い形の建物は壁にレリーフが彫られていたりしてとても特徴があって印象的ですが、しばらく見ていると屋根部分が帽子をかぶっているようにも見えてきたりします(笑)

    36話 ムンノの後をつけるピダム
    36話、ムンノがヨムジョンのもとを訪ねますが、そのムンノのあとをつけたピダムが賭場の向かいの建物の陰に隠れて様子をうかがっています。
    36話 ムンノの後をつけるピダム ヘン顔
    結構ゆるい顔しながら偵察していたんですね(笑)
    高句麗鍛冶屋村 コムル村 3
    残念ながら私が行ったときには、ピダムは影も形も…(当たり前w)

    36話 ムンノ後をつけるピダム お尻
    同じく36話、ピダム側から見てみます。
    高句麗鍛冶屋村 コムル村 4
    違う灯篭がぶら下がっていますが、その後他のドラマで使われてたものかもしれません。

    「善徳女王」ではこの建物の内部は使われてませんが、扉の中に入ると内部はこんな感じになっています。
    高句麗鍛冶屋村 コムル村 5
    ちょうど私がここに行った日の夜、たまたまテレビをつけたら「大王の夢」の1回目の放送をしていたんですが、この八角のテーブルを使った場面が出てきました。タイムリーなネタでちょっと嬉しかったです。

    高句麗鍛冶屋村 経堂内部
    これがあの帽子をかぶった(笑)丸い建物、経堂の内部です。
    「太王四神記」で神殿として使われていた場所だと思うんですが、真ん中に水晶みたいな光るものや、不思議な人形が飾られていて神秘的な雰囲気を醸し出しておりました。
    そしてもしかして屋根は開閉式なのでは?すごい画期的です。雨降ったら中に水入りそうですけど…。

    高句麗鍛冶屋村 怪しい人形
    この建物内にあちこちにあった怪しげな人形のひとつは、医術用の人形でした。
    しかし「馬医」を観終った今となっては、チニョン@ヨウォンさんが使っていたこんな鍼練習用人形にすら親しみを覚えてしまいますw

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    菊の思い出
    今日は9月9日の重陽の節句、別名菊の節句ですね。

    金鶏菊の思い出

    りばさんのブログの記事「花束」にてピダムがトンマンに贈った黄色い花は金鶏菊という花だったということを教えてもらいまして、うわぁーいろいろ二人にゆかりのある素敵な名前の花だったんだーなんて感動しておりました。

    そんな金鶏菊の花畑を背にして、遠い昔に贈り贈られたあの花束を懐かしむふたりですv

    関連記事

    高句麗鍛冶屋村 その3 トンマンやチュンチュが歩いた道
    〈2012年9月の旅行記事です〉

    ヨムジョンの賭場(として使われたコムル村と経堂の建物)からもう少し道を進むと、これまた変わった形をした二階建ての建物などが見えてきます。
    高句麗鍛冶屋村 二階立ての家
    この道は、
    43話 復耶会の砦へくるトンマン
    43話にて、税制改革のため貴族を調査している復耶会の砦へ来るトンマンや、
    36話 ミセンとチュンチュ
    36話にて、ミセンがヨムジョンの賭場へチュンチュを案内するときに使われていました。
    実際の賭場の場所は進行方向ではなくて、すでに通り過ぎているというのは撮影ならではのお愛嬌ですねw
    このチュンチュたちの右手側ですが、
    高句麗鍛冶屋村 馬屋
    馬屋があります。
    この馬屋の柱の陰からは…
    27話 遊ぶチュクパンとコド
    27話でソルチが、デコピンごっこして遊んでいるチュクパンとコドをのぞき見しておりました(笑)
    そうそう、このチュクパンとコドのいる場所は鍛冶屋の前なんですが、こんな場面も。
    38話 鍛冶屋見学
    38話、武器の鉄で農具を作るのはどうかというトンマンの意見に対して、「ダメです。」とひとことばっさり切り捨て立ち去るユシン。アルチョン苦笑い(汗)鬼です!鬼!w
    高句麗鍛冶屋村 鍛冶屋
    その鍛冶屋はこんな建物ですが、それはまたのちほど。

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    忠誠の魂百までも
    敬老の日

    忠誠アルチョン

    初アルチョン様の画像いじりなのに、なんでかおじーちゃんアルチョン登場です(笑)

    アルチョンを見ているとなぜかおもいっきり筆文字、しかも漢字で文字を入れたくなってしまったんですが、これも忠誠第一、実直、頑固なアルチョンのイメージのせいでしょうかw

    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。