ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    まいつき、善徳女王カレンダー 2015年11月
    善徳女王カレンダー 11月
    人の命の重さを量るつもりか
    人の命で数遊びするつもりか
    どんな大義も人の命より重くはないのだ

    言わずと知れた、トンマンを200人分の細辛と引き換えにソルォンさんに渡したピダムが、ムンノに説教された言葉ですね。
    ピダムの言っていることもわからないではありません。多くの人の命が助かるなら…でもそのために誰を犠牲にするかを決める権限は誰にもありません。
    そのあとにムンノはこうも言っています。

    目的が正当なら手段を選ばぬのか

    今世界各地で起こっているテロやそれによる難民問題のニュースを見ますね。それを見るたびに、ムンノのこの言葉を思い出す私です。

    ※「壁紙館」様にて、カレンダー作成させていただきました。
    関連記事
    スポンサーサイト

    新・MBCドラミアへ行ってきた! その36
    〈2014年3月のドラミア訪問時の記事です〉

    さて、前回のミシルが真智王(になる前のクムニュン王子)を誘惑した六角堂の隣の門からその反対側のエリアに向かいます。

    新ドラミア36 1
    反対側からも、六角堂の中を透かし見ができたりしますw
    そうそう、前回「この時にピダムが仕込まれたかどうかは定かではありません。」などと書きましたが、赤子ピダムがミシルに捨てられたのはその4年後のこと。どう考えてもこの時には仕込まれていないのでした(笑)
    9話 ユシン初陣
    9話、阿莫城の戦いに駆り出されることとなったユシン郎とチョンミョン公主が戦前にここを歩きながら言葉を交わしておりました。
    私が行った時には木の葉はまだ芽吹いていない季節だったんですが、この場面では赤系の建物や塀に木々の緑がとってもいいアクセントになっていて美しいです。

    新ドラミア36 2
    その前には小さな小さな石橋がありますが、丸い門へ抜けるための通行用はもちろんのこと、ドラマシーン中そこに立ち止まって話しをする人が多数で、ミシルとセジョン、ウォルヤとソルチなど様々なカップルがここで密談を。ほんとに短い橋だし高さもないので立っている本人たちにとっては景色が特別いいわけでもないんですが、周りから見た時、カメラを引きで撮った時の画のおさまりがいいのは確かです(笑)
    42話 トンマンとユシン
    42話ではトンマン公主とユシン郎が、ミシルの変化についてお話しをされております。
    韓国版DVDにはここのシーンの撮影時のメイキングが残されていますが、その時ヨウォンさんはこの石橋の欄干にちょこんと腰掛けて水を飲んでおりましたっけ。かわゆいv や、腰掛けてたのはオムさんもですけどw
    このシーンのときは紅葉が綺麗ですね。

    新ドラミア36 3
    石橋の先のお口がまん丸の門も装飾がかわいいです。門から外側に出てみるとこんな感じになっていて、砕けた瓦などが散乱して結構殺風景な感じになっておりました。
    丸い門の内側にはちゃんと戸もついていて閉まるようになっているんですね。
    42話 チュクパンとコド
    先ほどのトンマンとユシンのシーンの続きです。チュクパンとコドが清遊に出かけたミシルの居場所を報告に来ますが、こんな風にまん丸の門の外側からまあるい部分をフレームにするかごとくなアングルで内側を撮影する場面もよくありました。

    新ドラミア36 4
    石橋の向こうには小さな水濠もあります。あんまり水はきれいじゃありませんけど。
    この周りにも善徳時とは違う石塔が置かれ、また石が祭られている???なんのドラマで使われたものでしょうか。
    48話 血みどろ貴族
    こんななんの変哲もないたいしたきれいでもない水濠ですが、一転して血で真っ赤になります…!48話、ミシルの乱時にミシルに従うように見せしめに斬っちゃうソルォンさん、ミシルのためならえげつないこともします。ひえ~~~

    ってな殺伐な場面にて、ドラミア記事やっと終了です!!!
    エリア半分がですが(爆)
    もうすっかり昔になってしまった「その1」にてドラミアの案内図を紹介していましたが、その半分のエリアが1年半以上かかって終わりまして、残り半分のエリアに次回から入ります。
    のんびりとした更新になりますが、引き続きよろしくお付き合いくださいねv

    ●主な使用場面
    2話 ウルチェがムンノに中国の故事を教える場面
    5話 ヨンス出兵に悲しむチョンミョンと父真平王の会話
    9話 初出陣のユシンに言葉をかけるチョンミョン
    32話 ミシルとセジョンの回想シーン
    37話 密談をするウォルヤとソルチ
    42話 ミシルらしくないことを不安がるトンマン、とユシン
    48話 貴族たちを脅すソルォン
    関連記事

    4回目のありがとう
    わたくしごとになりますが、本日当ブログ4周年を迎えました!
    韓国でのドラマ放送終了から6年、日本での放送終了からも5年が経とうとしているのですが、いつまでも語り続けたい、すごいドラマです、善徳は。
    ひっそりアクセスカウンターなるものを付けているのですが、各テレビ局での放送や配信が始まると、そのたびにアクセス数が増えたりするんですよね。それもいろいろなキーワードで検索してやってきてくださっているようなんですが、それを見ていて思うのは、あー最終回を見てみんなやるせない思いが残って彷徨ってきたり、思いを共有したくて探して来てくださっていらっしゃるんだろうなーっと実感しております。
    開設当初から来てくださっている方も、途中でご縁があって遊びに来てくださるようになった方も、本当にありがとうございます。
    感謝の気持ちとこれからのワイロとしてw、このようなものをご用意いたしました。
    昨年は3にちなんで“三世の誓い”でしたが、今年は4にちなんで…、

    4周年のお礼

    善徳女王をお守りする、四天王です。
    ピダムとユシンとアルチョンは言わずもがなトンマンを守る3武将でもありますが、チュンチュはそのキレる頭を使ってトンマンを守ります。さながら筆と巻物を手に持つ「広目天」のポジションでしょうか。
    放送当時は、ユシン・アルチョン・ピダム・ウォルヤで善徳F4などと言われていたそうですが、ごめんよウォルヤ、ウォルヤはトンマンを守るというよりはユシン=伽耶を守るという感じなので、チュンチュとチェンジしていただきました。

    さぁ次は気の早い話ですが、5…、まるで何も思いつきませんが、来年5ネタできるようになんとか続けて行けたらと思っております。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

    最後に、早々と個別にお祝いメッセージをくださった方ありがとうございました。ひとまずこちらにて先にお礼を申し上げますv

    関連記事

    新・MBCドラミアへ行ってきた! その37
    〈2014年3月のドラミア訪問時の記事です〉

    いよいよドラミア後半戦!

    に入るその前に…。
    なんせ前半書くのに1年半以上かかっているわけですからその間、記事をアップしたあとにドラマを観返していて、あら、あの場面もここで撮影していたのねーなんてこともしばしば。
    気になった部分をここでまとめておきます。
    ええ、しつこいたちなもんで(笑)

    新・MBCドラミアへ行ってきた! その8
    新ドラミア 37 1
    ミシルの乱の時に王宮に戻ったトンマンとチュンチュが兵に追っかけられて逃げるルートをご紹介したこの記事。
    トンマンとチュンチュを追いかけたチュクパンが右往左往した場所がここでした。
    特になーんにもないただの行き止まりかと思ってましたが、
    59話 密談1
    59話で鉱山の働き手と見せかけた庸兵を追っていた兵部の偵察隊が襲われた件に関して、ユシン、チュンチュにコドとコクサフンが報告を行っていた場所でした!
    新ドラミア 37 2
    こちらは、ユシンとチュンチュが立っていた場所の後ろの建物になります。石塔も当時のままに。
    59話 密談2
    さらに兵部の兵を貸してくれというピダムも加わった三者会談が行われていたという場所だったとは気づきませんでしたー。

    新・MBCドラミアへ行ってきた! その29
    新ドラミア37 3
    マヤ皇后の宮や、チュクパンとコドが捕らえられた内省として使われた建物ですが、
    60話 チュンチュ出陣
    60話、この建物の前で、ピダムを王にという文書を載せた船を捜索するために派遣する兵を前に、チュンチュが激をとばしておりました。
    この60話の時点でこの建物が何の建物として設定されているかはわかりませんが、チュンチュが内省私臣であるので、60話でも内省の建物として使われているのかもしれませんね。

    新・MBCドラミアへ行ってきた! その31
    新ドラミア37 4
    司量部です。怖い怖い司量部令のいらっしゃる場所。
    20話 食堂司量部
    なのに、20話では郎徒たちの食堂となっておりました(笑)
    メニューは鶏肉料理でしょうかw
    42話 チュンチュの部屋
    また、42話ではチュンチュからの心付けを握りしめたチュクパンがこの建物から出てきていました。
    チュンチュの宮だったんですね、ここ。
    新ドラミア37 5
    さらにその反対側向かいの建物。
    16話 月食
    16話、ミシルが予言した月食を実際にトンマンが目にした場所でした。
    トンマンが天の意思をも支配してしまうミシルの恐ろしさに震えた、とっても大事な場所だったんですね。日食という手段を用いたリベンジへの出発点と言っても過言ではありません。うわぁ、感慨不深いです。

    新・MBCドラミアへ行ってきた! その33
    新ドラミア37 6
    ここはチルスクが、雇い主チン大人に賃金を貰っていた場所で、崩壊部分が多くてあちこちに立ち入り禁止ロープが張りめぐらされていた場所でした。
    40話 チルスクの訓練
    40話ではまたもやチルスクが、ここで武術の訓練を行っていました。チルスクお気に入りの場所なのでしょうか(笑)

    そして、最後に、
    新・MBCドラミアへ行ってきた! その34-1
    新ドラミア37 7
    列仙閣に入る門、和白会議へ向かう大等たちがここから列仙閣へ向かっていましたが、
    50話 ピダム郎の大作戦
    50話、ピダムの「大耶城に毒を流し入れちゃおうぜ大作戦」に俺様が何かヒントを与えたぞっと、大郎徒チュクパン兄貴が自慢げに話していらしゃっておりました、ここで。
    ひっそりとソファの通り抜けた穴が普通に映りこんでいたりするのが気になります(笑)

    と、他にも民家エリアとかにもまだまだあとから見つけた場所とかあったような気がしたんですが、忘れちゃいました(爆)
    次回は本当に後半エリア、演武場に向かいますね!

    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。