ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Happy New Year 2016
    年賀状2016

    今年もみなさんで一緒に楽しい時を過ごせますように♪

    ※ 旅行に行く前に予約投稿していたのですが、なんと!リンク先のげんさんとこの見ざる言わざる聞かざるピダムとネタがかぶった!やはり同志考えることは一緒ですね、うふふw
    関連記事
    スポンサーサイト

    冬の慶州旅 その1 ヨウォンさんプチ祭り
    年末のごあいさつでもふれましたが、年末私韓国へ行ってきました。
    といっても今回は何が見たいとか目的があったからとかではなく、あー年末年始の休み長いな→あ、LCCエアプサン新千歳・釜山便が就航するのね→運航日が日・火・木の週三回の運行って長い休みのときしか行けないじゃん…ってことで、軽い気持ちでエアチケットを取ったという。
    まぁ1日は慶州にでも久しぶりに行って、あとは釜山で買い物でもしてようかなと思ったんですが、やはり慶州行ってしまえばいろいろ見所もあるのでもう楽しくって、結局2日行ってしまいました(笑)
    その中から善徳に関係するものを、何度かにわけてご紹介させてください。

    1回目はヨウォンさんプチ祭りです。(←っていうほどのものでもないですがw)

    今回は釜山駅すぐ横のホテルに宿泊だったので、1日目の行きはKTXを利用してまずはKTX新慶州駅まで行きました。
    その中で備え付けのKTXの冊子をペラペラめくってみたら…、
    KTX冊子
    わお!PRELINヨウォンさん!
    全くノーマークだったので、突然のヨウォンさんにテンションがあがりまくり、いろいろ角度を替えてパチパチ撮りまくってましたが、やたらにトンネルが多かったんで、その姿が窓にまる映りだったことは、さんざん撮り終えたあとに気づいたという(笑)

    そんなことをしていたので、30分ちょっとの乗車時間ははあっという間に過ぎ、新慶州駅に着きました。
    そこからは『新羅ミレニアムパーク』や『慶州世界文化エキスポ公園』のある普門湖方面に行くつもりだったので、700番バスに乗って向かいました。
    で途中で乗っているバスの車窓に今度はヨウォンさんとチョ・インソンさんの2ショットのあの広告が反射して映ったんですよー!すぐ窓の外を確認してみたんですけどお店は見当たらず…。
    しかし執念深い私ですからね、次の停留所の場所を確認しておいたので、次の日そのあたりを捜索に行ってみました。今度は自転車で(笑)

    1日目は『新羅ミレニアムパーク』や『慶州世界文化エキスポ公園』を観ただけで時間なくなってしまったので、2日目は博物館やチョム子など市街地中心に周ろうと、釜山バスターミナルからバスで慶州市外バスターミナルまで来て、その近くで貸し自転車借りて周りました。
    今回は天気がよくて、雨にあたらずなんとも良い自転車日和でした(2年前の悪夢はこちらから→)。

    そして、そして、2日目もゆっくり観光しすぎて自転車返却時間が迫る中、見つけましたヨウォンさん!

    パークランド1
    そうそうこれです、これが車窓に映ったんです!外看板なんで、とても大きかったです。

    パークランド2
    お店の中にも…って、いやん、ヨウォンさんのお顔の上にガラスの継ぎ目が…。

    パークランド3
    外に出された商品の後ろ側にも、ヨウォンさんが潜んでおりました。
    って、時間が無くて中までは入れなかったんですが、表から見ると日本でいう「紳士服の○○」というお店の雰囲気に見えますよね。しかも表のワゴンは1万ウォンとかいう商品とかもありましたし。私勝手にヨウォンさんのPRELINって高級婦人服だと思っていたんですが、もしかして私にも手が届く洋服なんでしょうか?いや、手が届いたとしてもサイズがあれでヨウォンさんのようには着こなせない…w

    関連記事

    冬の慶州旅 その2 慶州世界文化エキスポ公園
    冬の慶州旅、訪問順ではなく、善徳濃度の高い順でお届けしようと思いますが、本日は『慶州世界文化エキスポ公園』です。
    こちらは前にも来たことのある、慶州タワーのあるあの公園です。
    (参考過去記事「皇龍寺九重木塔の屋根の上 ~慶州タワー~」、「瞻星台映像館~ビョクルチョン~」)
    2015年08月21日~10月18日まで「シルクロード慶州 2015」という、シルクロードをテーマに、ユーラシアの文明とともに新羅文化を再証明し、慶州をシルクロードの出発点と確認しようという文化博覧会が行われておりました。
    さまざまなイベントが行われたようですが、その中でも慶州タワーの展示室で「ジュエリーinドラマ」というドラマで使われたアクセサリーなどを展示しているものが気になってはいたんですが、開催中に行くことができなかったんです。でも気になってネットで行った方の情報を調べてみたら「ジェジュンの看板があった~vvv」という書き込みは見たんですが、他善徳のものがあるのかもわからずじまいだったんです。

    慶州エキスポ
    イベントの開催期間は終わっていますが、エキスポの横断幕はかかったままで、一部の催し物はまだ継続してやっていそうです。
    逆光なので見づらいですが、横断幕には金冠とラクダの絵が。まるでトンマンの一生を表しているようです。(←無理やりw)
    入場料は無料になったので、そのまま慶州タワーへ向かいます。

    慶州タワー入り口
    えええ!?慶州タワーの入り口にこんなものが!
    『ドラマ善徳女王の中に 特別企画展 ~善徳女王と皇龍寺九重木塔』ですと!

    芸術の殿堂HP
    前に「慶州芸術の殿堂」でやっていた善徳女王展ですが(過去記事「善徳女王展~慶州芸術の殿堂~」)、今回もう一度行ってみようかなと思ってHPで調べてみたら、8月31日で終わっていたようで実は残念に思っていたんです。
    こっちにお引越ししていたんですねー。わー知りませんでした。知っていたら一眼レフ持ってきたのに、今回撮るものあまりないと思ってカメラ持ってきてなかったんですよ。なのでスマホカメラで格闘です。

    善徳女王展 入り口
    エレベーターで最上階の展示室にのぼり、扉が開くとこの光景がいきなり目の前に広がります。テンションあがるやん!(←なぜかいきなり関西弁風にw)

    善徳女王展 1
    ドラマ展に入る前に、まずは歴史上の善徳女王の逸話が紹介されています。一番右下は「善徳女王の先見の明」というムービになってるんですが、その絵本的な絵がとてもかわいくて、この動画絵本にしてほしいですーv
    善徳女王ムービー
    かわゆいトンマン公主v

    関連記事

    冬の慶州旅 その3 善徳女王企画展~第一展示室~

    さぁ、いよいよ「ドラマ善徳女王の中に」!

    第一展示室
    第一展示室です。
    2009年にMBCで放送された、とか、視聴率が良かった、とかなどドラマ善徳女王の説明が書かれていますが、あとからゆっくり読もうと写真だけ撮ってきたものの、うわーん、なんか写りが悪くて拡大しても読みづらいです(汗)

    第一展示室 善徳女王 1
    いたーーーー!ヨウォン陛下!
    いや~、芸術の殿堂の展示が終わったと知ったときは、このヨウォン陛下がいったい何処に行ってしまったのか心配していたんですよ。まさか溶かされていたりしていないよね、いやぁーーー!とか悪い想像をしてしまったり。
    あー、健在でよかったです。ホッとしました。

    第一展示室 善徳女王 2
    いや、ほんと生きてるみたいで、今にも歩き出しそうです。相変わらず衣装も豪華で、眼福眼福v

    第一展示室 和白会議
    続いて和白会議というテーマの展示ですが…間違い探しのようにいろいろツッコミどころ満載ですね。
    向かって左から、司量部令ピダムの衣装、真平王の衣装、チュンチュの衣装ですが、なぜどれも無理やり頭になにかかぶせちゃうんでしょう(笑)司量部ピダムに至っては、なぜかアルチョンのはちまきをしてますし(爆)
    和白会議というのに参加しているメンバーもいろいろおかしいし、極めつけはチュンチュのポーズは一体何だ???www

    第一展示室 トンマン鎧
    ここの展示室、ショーケースのガラスが大きくて、ガラスに反射して自分が写りこまないように撮影するのが難しいんです(><)
    ミシルの乱の時に大耶城に行った時にトンマンが着ていた鎧とマントです。
    公開尋問のときに弓をかまえるミシルに対して「さあ、射なさい。」と言ってる時のようなポーズに一見みえますが、よーく見ると、手が紐で吊られていて凧のようになっちゃってるのが、ありゃりゃといった感じですねw

    関連記事

    冬の慶州旅 その4 善徳女王企画展~第二展示室~
    第二展示室に参ります。

    第二展示室
    第二展示室はドラマ「善徳女王」の世界からちょっと離れて、韓流の歴史の紹介になります。
    「神義」のイ・ミンホssiが花びら背負って艶やかにお出迎え、かと思いましたが花びらじゃないかな?なんでしょうこれ(笑)

    シルクロード地図
    世界地図にはシルクロードの地図があって、オアシス路、草原路、海路とそれぞれのルートが色分けされています。
    そして日本のみならず、世界中で韓国ドラマは放送されているようで、各地で放送されているドラマも紹介されています。
    中国の「チャングムの誓い」は想像つきますが、UAEの「私の名前はキムサムスン」ってのも凄い!国によって女性の生き方なんていうのも違いがありそうですが、アラサー女子の悩みには全世界が共感できるということでしょうかねぇ(^^)

    1991-1999.jpg
    『韓国ドラマ、;韓流の始まり』っていうことで、1991‐1999の主なドラマが紹介されています。
    1991年「愛は何のために」、1992年「嫉妬」、1997年「星に願いを」、1999年「トマト」が紹介されていますが、韓ドラたくさん観ている私でもさすがにこれは古くて観たことがありません。

    2000-2005.jpg
    『韓国ドラマ 韓流スターを作る』
    2000年から2005年となると観たドラマが多いです。
    2000年「イヴのすべて」、「秋の童話」、2001年「美しき日々」、2002年「冬のソナタ」、2002年「明朗少女成功記」、この写真には写ってませんが2003年「チャングムの誓い」、「天国の階段」、2004年「フルハウス」が紹介されていますが、「明朗少女成功記」以外はどれも観た作品です。懐かしい~
    特に「冬のソナタ」は韓国ドラマへの入り口になった作品ですし、「イヴのすべて」、「秋の童話」、「美しき日々」は気に入って何度も観た作品です。ツンデレのイ・ビョンホン室長にはまったんだよなー、私(笑)
    というか、きっとみなさんはそちらよりも、端に写り込んでいる親子のほうが気になっているはずw

    韓流ニュース
    モニターには韓流ニュースと書いてありますが、流れていた映像は善徳の各場面です。
    ドラマのオープニング映像から始まり、ウォルチョン大師が暦を受け取る場面、ミシルを王妃にという議題の和白会議、ユシン将軍vsケベク将軍の場面、ピダム無双の場面、砂漠の場面、阿莫城の戦いの時の円陣~の場面、比才のユシンvsチルスクの場面、トンマンに指一本触れさせないとピダムとユシンが守る場面、公開和白会議、チョムソンデ、ユシンとトンマン公主、ミシルの乱時戦うユシン、北韓山に遠征する真興大帝というような流れでつないでいるんですが、何を基準としている場面選択なのかよくわかりません(笑)

    2006-2009.jpg
    2006年から2009年からは、『韓国ドラマ 韓流の争点になる』ということで、2006年「宮」、2007年「太王四神記」、2008年「妻の誘惑」、2009年「花より男子」が紹介されています。
    それにしても、この紹介されているドラマの選択の基準って何なんでしょうね。各テレビ局での演技大賞に選ばれている作品もありますが、それ以外は国内で人気があったドラマなんでしょうか、やはり。
    日本では2009年の「イケメンですね」が新たな韓流ブームを生み出したなんて個人的に思うんですが、自国のブームと日本のブームはまた違うようです。

    2010.jpg
    『韓国ドラマ 韓流ドラマ もう一度ブームが起こる』
    2010年「シークレット・ガーデン」、2012年「太陽を抱く月」、2013年「相続者たち」、2013年「星から来たあなた」ですね。
    私的に善徳以来そんなにはまったドラマはないんですが、「星から来たあなた」は久々にドキドキして続きが気になったドラマです(><) チョン・ジヒョンssiかっこいいーv
    私が行った方の書き込みを見たジェジュンssiはこれですね。

    善徳女王メイキング
    で最後に善徳コーナーv
    『輝かしい記録』ってことで、善徳メイキングの映像が流れていました。「善徳女王終了記念特集」の映像だと思います。
    映像を静止画で切り取った形になってしまいましたが、ちゅうちゅうタコかいな風になってしまったヨウォン陛下もこれまたいとしv

    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。