ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    冬の慶州旅 その8 新羅ミレニアム‘ぱ~’ク
    せっかく慶州に行ったので、ここにも久しぶりに行ってみました、「新羅ミレニアムパーク」。
    2012年に行った時ですでに放送終了から3年、一部セットが無くなってしまったりしていましたが、横断幕や看板などまだまだ善徳の香りは残っておりました。
    さて、6年経って今はどうなっているでしょうか?

    ミレニアムパーク 入り口看板
    前は「善徳女王撮影地」の単独横断幕でしたが、今は「善徳女王・大王の夢撮影地」という二枚看板を掲げています。
    そう「大王の夢」といえば、あの喧嘩っ早いトンマンが仲間達と喧嘩した龍華香徒の砦が取り潰され、その上に新セットをどどんと立てたあの天敵「大王の夢」ですね。いえ、すみません、完全に逆恨みなのは重々承知しております(笑)

    ミレニアムパーク 看板
    看板類などちょっとさびしい状態になっておりましたが、入り口付近に「善徳女王撮影地」の看板は残されておりました。が、若干色あせている感じがちょっと哀愁漂います。

    ミレニアムパーク クリスマス
    私が行ったのはあと何日かで新年という日でしたが、パーク入り口にはクリスマスツリーが飾られていました。韓国では旧正月までそのまま飾り付けておくところが多いんですよね。
    クリスマスツリーと言ってもそこは新羅のテーマパークですからね、藁で作ってどことなくレトロ風な仕様に(笑)

    入り口のすぐ脇に小さな土産屋があったんですが、前回もあったのでしょうか?まったく気づかなかったんですが。
    そこに入ってみると、うぉーーーーっつ!

    ミレニアムパーク 手形1
    ここにあったのかー!善徳出演者の手型!
    いやぁ~、前回に行った時ににどこにあるのか見つけられなくって、無くなっちゃったのかなと思っていたんですよね。まさかこんなところにひっそりあるとは(笑)

    ミレニアムパーク 手形ピダム
    向かって左から、ピダム=キム・ナムギルssi。
    小指を広げて力を入れすぎのため、骨が浮き上がっていますwww

    ミレニアムパーク 手形ミシル
    ミシル=コ・ヒョンジョンssi。
    ボディのように(笑)、手もまた豊満な感じですね。

    ミレニアムパーク 手形トンマン
    トンマン=イ・ヨウォンssi。
    指、ほっそ!
    自分の手を横に合わせてみましたが、自分の手がドラえもんのように見えて泣けてきます(泣)

    ミレニアムパーク 手形ユシン
    最後はユシン=オム・テウンssiです。
    さすが上将軍、ごっつい!1万打にて岩をも叩き砕く、もののふの手です。

    つい先日、リンク先のげんさんのところで出演者が手型を取った時のことを記事にしていらしたんですが、たぶんその型をもとにして作ったのがこれだと思うんです。
    ただ記事では他に、チョンミョンやチュンチュ、真平王も型を取っていたようなんですが、それは一体何処に??

    お土産屋さんですので、お買い物もさせてもらいました。お買い物公開w
    お買い物
    善徳女王の絵本に、3Dパズル3点と小さな酒令具。
    ドラマ「善徳女王」が好きなはずが、善徳女王と名の付くものならなんでも飛びついてしまう、もはや善徳女王マニアw
    絵本はまだちゃんと読んでいないんですが、善徳女王の知幾三事の話など中心のお話でした。
    そして3Dパズル、組み立ててみました!
    善徳3点セット
    瞻星台と金冠はパーツが少ないのですぐできましたが、九重木塔はパーツが多いので、テレビを見ながらっていうものありましたが、1時間くらいかかってしまいました(不器用)。
    この3点セットがあれば、善徳女王のオープニング映像が作れますね(笑)

    関連記事
    スポンサーサイト

    冬の慶州旅 その9 新羅ミレニアムパーク 演武場
    〈2015年12月の慶州訪問時の記事です〉

    新羅ミレニアムパークでは「天櫃(チョングェ)の秘密」「女王の涙」「花郎の道」の三つのショーが行われていますが、メイン公演場で行われていた「天櫃(チョングェ)の秘密」と「女王の涙」は冬季期間はお休みで、演武場にて行われてる花郎の武芸公演「花郎の道」が唯一の公演となっています。
    大きな池に囲まれていたメイン公演場の水、冬期間は凍っちゃいますもんね。そうなると船は動かないし、水に飛び込んでいた兵士役の人は凍え死んじゃいそうだし…!
    「花郎の道」は毎日午前11時半と午後3時半の2回行われておりまして、着いたときにはすでに午前の公演10分前。
    パークの一番奥にある花郎の演武場へ急げ~!

    花郎演武場 1
    聖骨や真骨の屋敷が続く道の先には演武場の門が見えますが、前回来たときはその屋敷の塀の壁に善徳ストーリーを紹介する幕が張られていたんですが、それもすっかり無くなってしまっておりました。
    (過去記事参照「新羅ミレニアムパーク その4 善徳女王ロード」)

    花郎演武場 2
    「花郎武術」「馬上武芸」と書かれた門にやっと到着~!って、寒いから先にトイレ寄ったら、すでに5分くらい始まっちゃってました。
    中に入ると入り口で簡易座布団貸してくれました。助かるわ~、木のベンチでお尻が痛いっていうよりは、お尻が冷たくなっちゃうから(笑)

    花郎演武場 3
    やってます、やってます、射合い斬り。
    こどもの日だったせいか家族連れのお客さんでいっぱいだった前回に比べて、お客さんも少数。やはり冬期間は少ないんでしょうね。
    そしてお客さんも少なければ演者も少ないので、演武場の広さに比べてなんともこじんまりとしてさびしく見えちゃいます。

    花郎演武場 4
    そんな中でもやはり、客席の近くを走る馬芸は迫力があります。
    ひときわ目についたのが、お兄さん演者の中にひとり少年がおりまして、その芸の素晴らしく、また顔もかわいいんですよー。
    私の近くに韓国人男子学生風4人組が座ってまして、彼らが盛り上げ上手でして、近くに演者が来るたびにこぶしをあげて「フォ!フォ!フォ!フォ!」と盛り上がるもんで、演者さんたちも気になっちゃって、通るたびに皆気分よく手振っていくれたんですが、少年も最後にめっちゃキュートな笑顔でアイドルのようなお手振りくれまして、隣でおこぼれにあずかったおばちゃんはキュン死するかと思いましたーwww

    関連記事

    新・MBCドラミアへ行ってきた! その41

    <2014年3月のドラミア訪問時の記事です>


    もう一度外側の方へ戻ります。

    現在ドラミアの一番奥の方にある「馬医」セット場ができるまでは、演武場の奥部分が端のエリアで空き地もたくさんあったので、よく馬を駆けさせるシーンなどで使われていました。

    ここの前を馬に乗れるようになったチュンチュが駆けていく、なんてシーンもありましたっけ。

    56話 ピダムとチュンチュ 2

    56話では、老体に鞭打って出陣するソルウォンさんを、ピダムとチュンチュがここで仲良くお見送りを。


    新ドラミア41 1

    階段を上がって鳥居のような門をくぐって行くと、ここは神殿エリアです。

    13話 若ミシル

    13話の回想シーンにて若ミシルが雨乞いを行っております。

    奥にある塔はCGだったので、これに関しては現在無くなったわけではなく元からありません。

    新ドラミア41 2

    なんでか地面に弓が放置してありますが(笑)、その地面なんか以前と比べてどこかシンプルになったような…

    あー、あの鮑石亭を模して作られていた独特な形の水路が埋め立てられています!Σ( ̄□ ̄;)

    12話 密談

    12話、ポジョンがソヒョン暗殺という密命をこんなところで下していました。

    で見辛いとは思うんですけど、地面にうにうにした溝があったんです、当時は。


    新ドラミア41 3

    中側から入ってきた門方向を眺めます。山の形は当時と変わりませんね。当たり前ですが(笑)

    06話 宴会

    6話、ミシルに牛耳られてヤケ糞になっている真平王が宴会を開いております。酒令具転がして大笑い。

    祈りの場であったり、王族が出産する場であったり、神聖な神殿として使われることの多い場所ですが、この場合模した鮑石亭のように宴会場として使っているんですね。


    新ドラミア41 5

    正面の門の脇に小さな通用門的な門がありますが、こちらから出入りしているシーンも多数あります。02話 郎粧決意

    02話、若マヤ夫人とソファが神殿でこっそり郎粧決意の準備してるとこ覗き見しちゃいました。

    秘密裏に進めているならちゃんと門に鍵かけといてくれーw


    ●主な使用場面

    02話 郎粧決意覗き見

    03話 若マヤ夫人お産

    04話 ムンノ逃亡
    06話 真平王宴会
    12話 ポジョン密談
    13話 若ミシル雨乞い
    16話 チョンミョン神殿へ
    41話 トンマン闊歩
    45話 追われるトンマンとチュンチュ


    関連記事

    冬の慶州旅 その10 新羅ミレニアムパーク 月明楼
    〈2015年12月の慶州訪問時の記事です〉

    ミレニアムパーク 楼台1
    訪れたのは冬真っ最中の12月末。お昼になって日は照ってきたものの、池の水は凍っております。
    その池の向こう側に見える楼台ですが、前回行った時には工事の資材置き場にされてしまっていたんですよね(TT)
    過去記事参照「新羅ミレニアムパーク その5 月明楼

    ミレニアムパーク 楼台2
    良かったぁ~!今回は工事も終わっていたので、資材も撤去され無事に中に入れるようになっておりました。
    ここ、善徳女王トンマンが復耶会のウォルヤを呼び出して会談した場所で、アルチョンはそこに怖い顔して立って警備してたんですよね~。やっと近くに来れました。

    ミレニアムパーク 楼台3
    トンマンとチュンチュが座っていたあたりですね。
    撮影は夜でしたので背景はよく見えませんでしたが、昼だと池面が綺麗です。

    大王の夢セット
    ちなみに…何年か前の工事資材置き場の原因となった「大王の夢」のセットの一部がこちらです。
    鮑石亭を模した立派なセットですね。
    おそらくこのあたりに龍華香徒の砦があったんでしょうね…と思いを馳せます。

    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。