ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    おひさしぶりです&5回目のありがとう
    大変ご無沙汰いたしております。約2ヶ月ぶりの更新となってしまいました。
    事情があって少しお休みさせていただいていました。予告もなくすみません。
    一応昨日でひと区切りついたので、また気持ち新たに少しずつ再開させていただきたいと思っています。

    またその間、11月14日に当ブログ、おかげさまで5周年を迎えることができました。
    以前に比べて更新数もネタも減ってしまった当ブログですが、変わらずに訪問してくださり、その少ない記事に拍手をくださったり、温かいコメントをくださる皆様のおかげでいまだに続けられております。ありがとうございます。
    そしてまた、日にちを忘れずにこっそりお祝いのメッセージくださいました方々の温かさにもほんとに感謝いたします。

    そんな皆様への感謝の気持ちをこめましてv

    5周年ありがとうございます
    おかげさまで5周年、応援ありがとうございます!

    凛とまっすぐ伸びた細く長い5本の指、そしてこちらに向けた手のひらが、人々に畏れなくていいのだと語りかける施無畏印のようであり、民を想う姿は慈悲深い仏様のようであります。
    そういえばドラマ中では、民を統治するには仏教をお使いくださいと父真平王に進言していたり、実際にも仏教を厚く敬ったという記録が残る善徳女王、仏様とはご縁があるようです。

    私も皆様と出会えたご縁、一層大切にしていきたいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

    関連記事

    善徳的にみる流行語大賞2016
    冬眠、といいますか秋眠をしているうちに、なんと気づいたらもうムンノも走る師走!(←毎年同じネタを使ってすみませんw)
    今年も「流行語・新語大賞」の季節がやってきました。

    今年大賞に選ばれた今年の世相を現す言葉はこちらです!

    「神ってる」
    神ってる
    百済軍に囲まれ絶対絶命のピンチのときに、「円陣~!」と神懸かったカリスマ性を発揮し、必ず生きて帰ると百済軍に抵抗を試みたトンマンです。
    ですがこの神った行動は決して偶然の産物ではなく、日頃ユシンに厳しく鍛えられた中での知識であり、努力のたまものなんですよね。

    トップテン入りした中からも。

    「(僕の)アモーレ」
    俺のアモーレ
    いや~、もうなんのひねりもなくそのまんまなんですが、ピダムのアモーレ(愛する人)、トンマン公主。
    知らずうちに赤子の頃に出会っていたトンマンとピダム、その後二人は再会し、そして最期の瞬間まで一生涯、トンマンはピダムのアモーレでした。

    「ゲス不倫」
    ゲス不倫
    「ゲス不倫」という言葉を聞いてまっ先にイメージしたのがこのミシルの表情です。いえ、このしなだれかかっている胸のお方はミシルの正妻ならぬ正夫のセジョンさんであって決して不倫ではないんですが、なんとなくw 
    現代とは違って新羅では婚姻外の愛人を持つことは公式に行われており、ミシルも夫セジョンさんの異父兄真興王の側室であったりもして、善徳の世界はなんともすごい相関図になっていました。不倫は文化だ~!

    「聖地巡礼」
    聖地巡礼
    善徳ファンとしましては、やはり新羅の都があった慶州が聖地であったりいたします。
    また撮影が行われた旧ドラミアや新羅ミレニアムパーク、加恩SBSセット場などの撮影地もまた聖地といえます。
    その聖地巡礼をした記事は「旅アルバム」のカテゴリに残してありますので、よろしかったらご覧になってみてください。(新しく訪問してくださった方もいるかと思い宣伝してみましたw)

    「トランプ現象」
    トランプ現象
    理想よりも現実に重きをなすトランプさん。ミシルもまた民の現実をトンマンに説きます。
    対してトンマンは、民に必要なものは希望だという理想をミシルに語ります。
    まつりごとというものは、理想と現実どちらか一方だけは成り立たず、その両者のバランスをうまくとり、歩みよることが必要なのは今も昔も必要なことに思えます。

    毎年ネタにしているこの「流行語・新語大賞」ですが、今回は休みボケのせいか、善徳に置き換えてのネタがあまり浮かぶものが少なくってありきたりの内容になってしまいましたが、少しでもお楽しみいただければ良いのですが…。
    ちなみに、私個人的な大賞は「ポケモンGO」!←いまだにハマって歩いてますwww
    関連記事

    新・MBCドラミアへ行ってきた! その47
    ちまちま更新している間に名称まで変わってしまったMBCドラミア(現・龍仁大長今パーク )訪問記ですが、いよいよ本編最終回になります。
    撮影されるドラマによってセットを変えていくセット場ですので、「善徳女王」撮影時からは変わってしまっている部分もありましたし、また、2014年03月に訪問してからかれこれ2年9ヶ月にもなりますので、このブログ記事の写真からもさらに現在は変わってしまっているかもしれません。
    それでもドラマ「善徳女王」ファンが「善徳女王」目線でドラミアを見た訪問記ということで、ファンの皆様と一緒に体感できていたら嬉しいです。

    ドラミア1
    前回、といっても3ヶ月も前になるので忘れてしまっているかと思いますが、前回は王宮の庭園部分でした。(「新・MBCドラミアへ行ってきた! その46)。
    その庭園部分から門をぐぐって降りてきた部分が、今日のセットです。
    19話
    チョンミョンも19話でこの門に立ってトンマンを見守っています。

    そしてすでに上の写真に写りこんでいてバレバレですが(笑)、今日のメインはこちらです!
    ドラミア2
    わぁ~!私が一度目にドラミア訪問した時にはあることに気づけず、あとから地団駄踏んだあの竹の四阿です!
    やっとリベンジかないましたv
    09話
    ここではよく郎徒トンマンが、ジウン尼ことチョンミョンと密会していた思い出の場所ですよね。(この場面は09話)
    30話
    トンピファンにとっては、30話にてピダムがトンマン公主に忠誠を誓った場所、といったほうが印象が強いかもしれませんね。

    ドラミア3
    四阿は八角形になっているので、ぐるり360度、場面によっていろんな角度を正面にして使われていました。
    真ん中の椅子、もちろんトンマン気分で座ってみましたよw
    19話 2
    ちょっと見づらいかもしれませんが、善徳当時は八角形の四阿から石畳にそってまっすぐに伸びる竹の屋根もあったようですが、この部分は無くなっていました。

    そして、この四阿といえばここ掘れワンワントンマンwww
    15話
    15話で地面に敷いてある石を簡単に持ち上げるとそこには、ソヨプトウやカターンおじさんの作ったソファの似顔絵の入ったお宝袋が。
    ドラミア4
    たぶんこの辺りかな?と思われる部分をズームアップw
    ですが、トンマンが簡単に持ち上げた黒くて四角い瓦のような石たちは小道具なのでしょうか、ちょっと石の感じが違いますね。

    ドラミア5
    そしてこの四阿の部分、庭園へ続く門の反対側にはこの門があり、演武場横のこの巨人さんが並ぶ場所へと繋がっています。
    (「新・MBCドラミアへ行ってきた! その39」参照)
    ドラマのセット場って、限られた空間や時間の中で多彩なシーンを撮影するために様々な建物が工夫して建てられており、このセットの隣にこんなものが!なんて驚くものがたくさんあったりします。こうして制約のある中いかにドラマの世界観を作り上げていくか、それが見れるのがセット場の面白いところですね。

    というわけで、今回にて最終回になります。大変大変長い間おつきあいくださいましてどうもありがとうございました。
    といっても、ブログが終わるわけではないですよ(笑) 
    本編は終わりましたが、まだしつこく番外編があるのでw、引き続きよろしくお願いいたします。

    最後に、本年も善徳が好きという思いだけで好き勝手しているブログに遊びに来てくださってどうもありがとうございました!
    皆様どうぞよいお年をお迎えください。
    (喪中につき、年始のごあいさつに代えさせていただきますね。)

    ●主な使用場面
    09話 トンマンとチョンミョンの密会
    15・17話 お宝を掘り出すトンマン
    19・20話 母子の対面
    30話 トンマン公主に忠誠を誓います

    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.