ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    徐羅伐コレクション 女王編 その8
    トンマン&チョンミョン姉妹、お誕生日おめでとう~♪

    というわけで、お祝いも兼ねての久しぶりのソラコレなのですが…
    本日のこの衣装は涙無しには語れません。
    実は「徐羅伐コレクション 女王編 その5」の色違い、姉妹バージョンのようなもので、その5の時と同じく外出時に着ていたものですが、同じ外出とはいえ今回の外出は悲しすぎます(T T)

    ●全身
    ソラコレ女王編その8全身
    そう、この衣装はピダムら反乱軍の制圧に出向いた時の衣装、ピダムの最期の時の衣装となります。
    「その5」の時の外出着が全体的に“えんじ色・深緑色・あずき色”という色使いだったのに対し、深緑色だった肩当付きの上衣がえんじ色になっています。
    この場面が砂ぼこり舞う場面だったので、若干画像の色がくすんで見えて、色がわかりづらいかもしれません。

    ●上半身
    ソラコレ女王編その8上半身
    衣の袖部分の柄は「その5」での外出着と同じ模様ではあるものの、それとは柄の出方が違い、また袖口の色はあずき色に変わっています。前に着たものをリメイクしたものではないようで、よかった(笑)

    ●後ろ姿
    ソラコレ女王編その8後ろ姿
    肩当て部分の刺繍ですが、「その5」の外出着よりも一段と豪華になっております。前から見るととさかの付いたニワトリのようにも見えますがw、鳳凰ですねきっと。
    後ろから見るとヤマタノオロチのような模様になっていますが、たぶん前の鳳凰の図柄から続く尾の部分かと。たぶん(笑)

    ●髪飾り・耳飾り
    ソラコレ女王編 その7 髪飾り
    髪飾りも耳飾りも、「その5」のお出かけ時に身に着けていたものと同じです。
    こんな倒れた瞬間の画像を使ってごめんね、トンマン。髪飾りの花の周りのギザギザまでこの画像だと見やすかったもので^^;

    ●髪型
    ソラコレ女王編 その8 後ろ髪型
    後頭部にうにうに綱を巻きつけているようないつもの髪型ですが、よく見ると舞い散る雪が髪の上に積もっています。耳も赤かったりしますし、さぞかし寒かったと思います。
    ただトンマンはただただ胸が痛くて、寒さを感じるどころではなかっただろうとは思います。

    ●この衣装の名場面
    62話 トンマンまであと10歩
    62話 トンマンまであと10歩…

    ●登場話
    62話

    ●その他
    冒頭で「その5」の色違いバージョンと言いましたが、反乱の制圧という場面ゆえ決して華美ではないものの、衣の柄に鳳凰を用いて「その5」よりもかなり威厳ある王らしい装いになっています。
    「神国はひとつ」と王として民に伝えた最後の言葉、それを伝えるにふさわしい衣装だったと思います。
    また女性として人間としてのトンマンの嘆き、悲しみも同時に味わった衣装でした。
    と言いつつも、衣装を堪能するこの企画で言うのもなんですが、この衣装の登場場面は少なく、また場面の内容のせいもありますが、実のところ衣装の印象よりもトンマンの表情により目を奪われます。
    涙を流しながら、こちらに向かってくるピダムを見つめるトンマン。そして最後にユシンにとどめを刺されたのを見たときの、言いようのない絶望感の表れ。ほんと辛すぎます。

    というわけで、ソラコレ女王編、残すところあと1着となってしまいました。
    次はいつの更新になるかわかりませんが…w、しばしお待ちいただけますようよろしくお願いいたします!

    関連記事
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.