ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    いま陛下に会いにゆきますv ドラマ編
    ドラマの中でこの「善徳女王陵」は、最終話の最後の方に登場します。残念ながらカット版のほうではまるまるカットされてしまっていますが(TT)

    62話 善徳女王陵
    62話 ユシンとアルチョン
    善徳女王陵の前にいる、おじいちゃんユシンとおじいちゃんアルチョン。

    吹替版ユシン「アルチョン 都を離れてなぜここに?」←(都を離れてっていうほど月城から遠くはないんだが?ここ)
    字幕版ユシン「故郷に戻ったと聞いていたが」

    アルチョン「ユシン 話しは聞いたぞ 激戦だったそうだな」

    ユシン「激戦でない戦があろうか」「そなたは最後まで侍衛府令だな」

    アルチョン「陛下 ユシンが百済を滅ぼしました 次は高句麗です」

    善徳女王陵

    この場面、本当に「善徳女王陵」でロケしたんですね。最終回の撮影のあたりは冬だったと思うので、ドラマの中の「善徳女王陵」は御陵をおおう草の色も緑ではありません。
    よくみると、石壇も“善徳女王陵”と書かれた石も実際にあるものとは違うものです。あれって、御陵の正面ではなく違う面に置いたセットだったんですねー!
    そしてドラマ内には西域の人っぽい巨大石像も立っているのですが、これは実際にある「掛陵」の石像を参考にしたような気がするのですがどうでしょうか。

    掛陵
    今回「掛陵」は行けなかったので画像をお借りしてきました。
    「掛陵」は新羅第38代元聖王(在位785~798)の王陵と推定されていますが異説もあり、はっきりしたことはわかりません。この陵の前には四匹の石獅子像と文人像、武人像が配置されており、武人像は頭の部分には中央アジア風のターバンをかぶり、縮れた髮、突き出した鼻筋、彫りの深い目、あごひげなどの様子が西域の人のようであるそうです。
    こんな感じの人、ドラマ内に出来てきたな~
    カターンおじさん
    カターンおじさんv

    この「掛陵」の西域風の武人像は、当時の新羅の西域との交流が想像できるということですが、ドラマ内でこの西域風の像を「善徳女王陵」に置くというのも、遠いタクラマカン砂漠からひとりやってきてこの国の女王になったというトンマンの人生を考えると感慨深いものがあります。
    や、実際の陛下の御陵はとてもシンプルなものですから、像などを置くことでちょっと豪華にしたかっただけと言われれば身もフタもないんですが(笑)


    そしてもうひとつ。やはり探してしまう、陛下の周りの黒い影…!

    ピダムの松
    見え辛いかもしれませんが、陛下の御陵を取り囲むように生えている松の中でも、異常な角度で生えているこの松。陛下のほうへ陛下のほうへニョキニョキと頭をのばしています。ピダムっぽいwwwと思い、ピダムの松と名付けておきました。

    かえるのピダム
    陛下の御陵の周りをぴょっこんぴょっこんしていたカエルくん。ピダムと名付けておきました。

    あきさんミッションどうもありがとうございましたv 黒い影ではないですが、ピダムは色んなものに姿を変えて陛下の御陵をしっかりと守っていましたよ!(←ホントか?w)

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    mukugeさんへ
    mukugeさんこんばんはー♪

    真夏の引っ越しで体力気力を消耗してしまい、なかなかコメントも残せずにいましたが、mukugeさんはお元気でしたか?

    私のしょーもないミッションまで達成して頂きありがとうございますvv

    黒の人の生まれ変わりとしか思えない松ノ木ピダムくんとピダぴょん!きっと他にもありんこやらツバメやら(少しでも黒い生物にv)生まれ変わってうざく取り巻いているのでしょうw

    あの松ノ木の曲がりっぷりにはラストピダムの伸ばした手の執念が感じられました!

    グッジョブですmukugeさんvありがとうございました(*^o^*)
    あき | URL | 2012/07/22/Sun 22:23 [編集]
    拍手コメントをくださったひよ子様へ
    ひよ子様、はじめましてv
    思い切ってコメント残していただきましてどうもありがとうございます!
    色々ドジふみましてそれで笑いを取っている部分もある私ですが(笑)、自分のコンセプトがとにかく楽しくなので、読んでいて楽しいと言ってもらえるのが一番嬉しいです!ありがとうございます。
    私も「善徳女王」というドラマと、ひよ子様のようなこのドラマを愛しかつ私のしょーもないネタ話を読んでくださる皆様に日々の活力をいただいているんですよー。ホント感謝感謝です。
    お気づかいもありがとうございます。これからも私らしくマイペースに更新していきたいと思いますので、ちょいちょい遊びにきていただけると嬉しいです。コメントどうもありがとうございました、パワー出ますv
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/07/23/Mon 12:43 [編集]
    あきさんへ
    あきさん、こんばんはーv

    引越しでパワー使ったあげく暑い夏に突入ということで、なかなか元のパワーを出すまで回復するのは大変だと思います。が、そんな中コメントを残していってくださいまして、ありがとうございます♪あき奴さんのぽっくりは今は浴衣スタイルでしょうか?ぽっくりぽっくり。
    こちらは暑いといってもたかが知れてるのと、あと日中は冷房の効いている会社内にいるので、夏バテとも無縁で美味しくビールをいただいています←これは夏にかぎらないw

    陛下の御陵のまわりには、他には黒い松ぼっくりがたくさん落ちていましたが、いくらピダムの魂でも数が多すぎ!と思いまして除外いたしました(笑)
    てか、ラストピダムの執念!(爆)←ウケました!
    あの位置でトンマンまであと何歩なんでしょうかw?10歩以内かな~?
    とか言ってると、涙涙のあのシーンをなんてことを!と怒られそうですが。

    かえるくん苦手な方には足の部分がちょっとなまなましいかしら?と思っていましたが、あきさんがピダぴょんと命名してくれてかわいらしく見えてきました。ありがとうございます(^0^)
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/07/23/Mon 18:05 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.