ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    コスプレ体験記 
    えーっと、おもいっきり開き直ってタイトルをつけてみました(爆)
    ドラミアでのトンマンの公主服、まだ記事にはしてませんが新羅ミレニアムパークでの善徳女王の儀式服、そして今回と3度目になるので、もうコスプレマニアと思われてもいたしかたないかとw

    先月ソウルに行った際に、以前から気になっていた変身写真館に行ってみました。
    MBCとライセンス契約をしていて、ドラマの本物の衣装で写真を撮ってくれるという「CAFE DRAMA」さんです。
    こちらには我らが「善徳女王」をはじめ、「朱蒙」「宮」「チェオクの剣」などの衣装が置いてあります。

    cafe drama

    ガイドブックや旅行サイトにも紹介されているので以前からチェックしておりまして、「善徳女王」の中からは、トンマンとチョンミョンのあのお揃いのピンクと水色の公主服、トンマンの郎徒服、ミシルの紫の服の3つがあることは、お店の写真などで確認済みでした。

    その中でも私のお目当てはコレ!↓

    トンマンとチョンミョン

    このふたつの衣装がどーしても着たい!(見たい!)
    行って当日これらが着れないとなったら行く意味が無いので、念には念を入れて公式HPから予約を入れようと思ったんですが、メニューにはトンマンの郎徒服ってなかったんです。無くなっちゃったのかな?と思いつつ、あきらめきれなかったので駄目もとで聞いてみたらOKとの返事が!良かった!

    前日の夜に韓方フェイシャルエステというスケジュールを入れる念の入れようで(笑)、当日を迎えました。
    お店につくと、Cafeなのでまずはドリンク1杯がセットについています。そしてドリンクを飲みながら衣装の写真がついたメニューを渡されましてパラパラめくってみると、「宮」の嬪宮の衣装や、「朱蒙」のソソノの衣装、「チェオクの剣」の茶母の衣装など載っていたんですが、「善徳女王」からはチョンミョン・トンマンのピンク×水色の公主服とミシルの紫の衣装があるのみで、あれ?トンマンの郎徒服がな!い?
    予約した際にはOKと言われたので恐る恐る聞いてみると、「ありますよー。どの色がいいですか?赤、オレンジ、緑・・・」と。えーーっつ!?肝心の龍華香徒の青が無いーーーー!???と焦ったら、最後にお姉さんポツリと「あと、青もあります(ニッコリ)。」って。青もありますっていうか、この場合は 青 が 肝 心 なんですよ!お姉さん!(爆)
    青しか頭になかったので他に何色があったのか全部は覚えていませんが、他の色もマニアックで面白いなぁと思いつつ、ここはやはりトンマンの青ということで青を選びいざメイクタイムへ。

    メイクのお姉さん、結構念入りにメイクしてくれます。メイク中自分の角度からは鏡が見えなかったので、その途中過程が全くわからなかったんですが、できました~と鏡見せられた時の衝撃といったら!普段薄めメイクの私なので、アイラインをがばっと入れて、つけまつげをバサっと付けたら別人です。
    ちなみに出来上がった写真を見たうちの母はあまりの娘の変わりっぷりに、「韓国の女優さんってお肌キレイだと思ってたけど、化粧なのねぇ」としみじみ言われました。それってどーいう意味じゃ。

    メイクが終わったらお着替えタイムです。
    公主服の方を先に撮影することにしたので、そっちのお着替えですが、ドラミアで着た公主服は下着にあたるような内裳からひとつひとつ順番につけていったんですけど(過去記事「MBCドラミアに行ってきた! 番外編 ~後編~」参照)、こちらは衣ひとつと、その下の裳に至っては天女のひらひらのついているピンクの裳と水色の裳が予め一緒に縫い付けられていました…!
    ドラミアで着た公主服はスチール撮影用の衣装なので、実際にドラマの撮影で使われる衣装は衣装替えの時間短縮のためにこうしてまとめて縫い付けられているのか、それともこちらの写真館で時間短縮のため縫い付けたのか、その真相はよくわかりません。

    着替えが終わったら次はヘアーです。
    前回のドラミアではヘアメイクはしてくれないため、ショートカットだった私はなんともおかしな感じになってしまったんですが、こちらは髪型もそれらしくしてくれるので安心です。
    私この時は肩位のセミロングだったんですが、まずおでこ真ん中からきっちり分け、横の髪を後ろに持っていって縛り、後ろに垂らした髪は長さが足りないので、付け毛をつけて増量します。
    そしていよいよ本物のカチェが見れる~vと思ったら、出てきたのは毛糸のようなぼそぼそした素材の三つ編みのいくつかのパーツでした(爆)。さすがにドラマと同じように人毛チックな壮大なカチェは無理というもので、このボソボソ感ある質感の方が私のボソボソした髪にはぴったりハマるわよねと前向きに思いなおした私の心中を知ってか知らないでか、淡々と作業は進んでおります。
    おでこの上の方にお団子ひとつ、そしてお団子状の三つ編みを左右の耳の後ろにくっつけ、縄のような三つ編みを1本そこに渡してやるとあら不思議!なんともそれらしく見えてくるもんですね(笑)
    そして、髪飾りと耳飾りをつけて完成です。

    次は撮影です。
    小物を持ったりポージングしてカメラ目線を要求されたりで、こっぱずかしいんですが、こんな感じになります↓

    cafe drama 公主服1
    座ってパチリ☆

    cafe drama 公主服2
    立ってパチリ☆

    私、身長が低いので裾のほうがだぶついてしまっていますが、まぁなんとかそれらしく見えているのではないかと。顔さえ隠せばw
    ただ、髪飾りがなんともいえない微妙な髪飾りで。正面のは松の実をいっぱいくっつけた感じの不思議なもんだったんですが、そこまではさすがにドラマに忠実にはせず、お店オリジナルのもののようです。

    次は郎徒トンマン衣装です。
    郎徒服もまた、色々重なっているであろう衣がひとつに縫い付けてありまして、いっぺんに着ます。そして袖の上にはこてを巻き、肩から下げる装飾革付の革のベルトを巻き、下は袴にブーツを履いたあとにブーツの上からすね当てを巻きました。
    そして公主服の時につけていたつけ毛や飾りを全部はずし、今度は自毛をアップにします。そこにまげタイプのつけ毛を付けて、まげに冠をつけて紐をあごで縛り、最後にはちまきをして完成です!

    今度は郎徒服バージョンでの撮影ですが、男らしいポーズを要求されます。

    cafe drama 郎徒服1
    座ってパチリ☆
    かっこ良く座れずに、へっぴり腰になっておりますwww

    cafe drama 郎徒服2
    立ってパチリ☆
    剣を小道具として渡されたんですが、これドラマに出てきたデザインと同じなんですが、本物なんでしょうか?これがまためちゃくちゃ重くて、何カットもパシャパシャされているうちに、重みに耐えきれず腕がぷるぷるっとw

    実はこれ最初に男物で大きいですけどいいですか?って言われてまして…実際のトンマンのではないんですよねー、残念ながら。
    どうしても郎徒服が着たかったのでいいとは言ったものの、肩からのひらひらがこての部分まできてて袖が見えないし、衣の長さもあきらかに長すぎるっていう(爆)
    そして、メイクが公主服の時と同じくつけまつ毛ばっさーなままですし肌の色も白すぎるので、郎徒トンマンというよりはなんだか宝塚チックなそんな出来になっていまいました(笑)

    以上で撮影も終わり服を脱がせてもらう時にちょっとお話をしながらしていたんですが、メイク・着付け担当のお姉さんはここで働くようになってから何年か経つのだけど、メニューにも無いしトンマンの郎徒服を着たいと言った人は初めてで、前の晩に着付けの練習をしたと。
    えっ!トンマンの郎徒服は裏メニュー扱いなんですか?www
    世の中を「善徳女王」中心に考えている私には意外でした。ちなみに一番人気は「宮」の衣装だそうです。

    気になるお値段なんですが、一応書いておきます。
    レシートにはトンマンセット(公主服、ヘアメイク、CD-R70~100カット/連写だったので全部で写真164枚ありました、フォトフレーム付写真、ドリンク)145000ウォン+追加衣装(郎徒服)35000ウォンで計180000ウォン≒12600円でした。
    これが高いと思うか安いと思うかは人それぞれだと思いますが、写真ができあがるまでの待ち時間で衣装をじっくり見させてもらったので、私にとっては十分満足でした。
    せっかくじっくりねっとりw見てきたので、衣装についてはまた別記事にてアップしまーす。

    そして最後に、このお化けメイクは取らないまま「ありがとうございました~」となったというオチがあったことを記しておきます。普通の服にあのメイクは怖いです。サングラスを持っていたので外ではそれをかけていたのでまだ良かったんですが、このあと行った博物館ではそれもはずさるおえず、そんなメイクで玉璽とかをガン見していた私は周りから見ればさぞかし奇妙な光景だったと思います(爆)

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    おお、完璧です!
    mukuge さま

    すごいです!ばっちり決まっていますね。
    撮影用ということは、あの方がお召しになったわけで...。すそが長めは仕方がないのでしょう。
    隣に黒花郎がいたらな、などと思ってしまいました(笑)。花郎ものも、各種色揃えがあったのでしょうか?
    midorin | URL | 2012/10/19/Fri 20:34 [編集]
    midorin様へ
    midorin様、こんばんはーv
    トンマンが実際に着た物か、チョンミョンが実際に着た物か、はたまた予備の物かw、真相はわからないんですが、トンマンのだったら確かに足の長さも手の長さもはるかに違うので仕方ないですよねー。さらにダイナマイトなものをお持ちのチョンミョンのものだったら、私が帯を安全ピンで留めて短くして着用したのもうなづけますwww
    そして郎徒の服が男物でかなり大きかった理由がわかりました。撮ってきた写真を整理してて気づいたんですが、私が着た郎徒服はソルチのものでした(爆) そりゃ大きいはずですよね。
    ホント黒花郎の衣装もあればいいんですが、花郎の衣装はないんですよね。ただ、ピダム仕様だと足の長さが一般の人だとキツイかもしれませんねv

    あともうひとつ今更なんですが…様付けじゃなくてmukugeさんとでも呼んでいただけると嬉しいです。言おうと思っていつもタイミングを逃していたんですが、ばっちり決まってると言っていただいて調子に乗った勢いで言ってみましたw
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/10/20/Sat 21:55 [編集]
    拍手コメントをくださったchenwen様へ
    chenwen様、こんにちはーv
    わーい、番宣写真のように見えますか?皆様の想像力に感謝です(笑) その勢いで眼力メイクもご想像におまかせいたしますw
    女優肌ファンデーションはBBクリームを使っていたようですが、どこのものかまではわかりませんでした。あと、撮影時のフラッシュ照明の力もまた大きいかと思います(爆)
    本当に綺麗な肌の女優さんも多いですから、私と一緒にしちゃ失礼なんですが、化粧で変身できるのは女性の特権だと思うことにしますw
    コメントありがとうございまーす♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/10/21/Sun 15:17 [編集]
    mukuge公主様、こんばんはーv
    かわゆす~(〃ω〃)と、デレデレで拝見致しましたー。
    いいですね、本格的にコスプレできるお店があるんですね。
    コスと言えば高校の修学旅行にて、「舞妓さんの変身体験」をしてみたい!ってお店を調べたところ、「一万五千円ですv」と言われ、涙を飲んだ記憶が蘇りました(笑)

    そんなどうでもいいことはさて置きww
    トンマンセット(なんて素敵なセットメニューv)の公主姿は、座ったポーズが可憐ですvそして裏メニューwwの郎徒姿はやっぱ立ち姿が凛々しいですね!
    剣は本物もすんごく重くて、うろ覚えですが、村人に剣を向けるシーンでは苦労したと書いてありました。重厚感がありますもんね。んでもヨウォンさんと同じ体験をなさったなんて、いいなぁ~(><)

    衣装については別記事でまたアップしてくださるんですか?わぁ、楽しみにお待ちしております~v
    六花 | URL | 2012/10/22/Mon 23:06 [編集]
    渋い!
    mukugeさん(いきなり”さん”ですwww)、またお邪魔します。

    「ソルチ仕様」に大笑いです。どこでおわかりになったんでしょう?
    郎徒服のご用命は、太ったおっちゃんが多いと思ったのですかねぇ。おっちゃんがコスプレするとはあまり思えませんが(笑)。
    でも、「コド仕様」でなくて良かったですね(笑)。
    midorin | URL | 2012/10/23/Tue 21:14 [編集]
    六花さんへ
    六花さん、こんばんはーv
    かわゆすですか?やったー!六花さんのデレデレをゲット!w
    って衣装が素敵なのでかわゆすなのは当たり前なんですが、まんまとその気になってしまいました(笑)顔の覆面を、ウケ狙いでへのへのもへじ風にしてみようかとも思いましたが、衣装を冒涜をしてもイカンと思い、黄色vのお花にしてみましたが、かわいいのにして良かったですw

    舞妓ハーンは憧れですよね~ただ高校生には一万五千円は厳しいですよね(汗)今の私は十分すぎるほど大人で良かったと思います(ピース)

    公主服の座ったポーズは裳をふんわりさせるためか、実は左足を右足に乗っけて足を組む形で撮っているんですが、お腹が苦しくてのけ反りそうだったんですよね(爆)
    なんとヨウォンさんも剣の重さに苦労なさったんですね。それを微塵も感じさせないのはさすがです!私なんざ苦痛で額に横シワがwww

    今回まじまじと見てきて、あの衣装の柄の細かさは自分一人で楽しむのはもったいないほどのものだったんで、みんなで分かち合いたいと思いまして(テヘ)。一緒に堪能してもらえると嬉しいでーすv
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/10/23/Tue 21:33 [編集]
    拍手コメントをくださったげんさんへ
    げんさん、こんばんはーv
    「mukuge素敵コスプレ体験写真集w」自費出版して、みなさんに強制配布してしまおうかしら?
    言う事聞かない子どもに見せて、悪いことするとmukugeがやってくるぞーと悪さをする子どもを戒めるのにでも使っていただければ本望です(笑)
    衣装観察報告は細かいところまで見てしまえば見てしまうほど進まなくなって困ってるんですが、しばしお待ちくださいませ~☆
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/10/23/Tue 21:48 [編集]
    midorin様へ
    midorinさん、こんばんはーv(こちらからも勝手にさん付けにしておりますw)
    「ソルチ仕様」ウケますよね(笑) 衣装にタグがついていてハングルで名前らしきものが書いてあって、それが“ソルチ”だったんですよー(爆)
    サイズ的にはテプンあたりだとありがたかったんですが。「コド仕様」だと二人羽織ができそうですーw
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/10/23/Tue 23:27 [編集]
    04/01/12に拍手コメントをくださった方へ
    拍手コメントをいただきまして、どうもありがとうございましたv
    >めっちゃ、かわゆす(^^)/
    ですよね、ですよね!善徳の衣装はどれもかわいかったり、美しかったりしますが、これは特に水色とピンクというラブリーな色合いで女の子らしい衣装ですよね。
    この衣装を着れば誰でもお姫様気分になれる、恐るべしマジックですね(笑)
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/01/13/Mon 23:20 [編集]
    mukugeさん、こんばんはーv
    お名前を入れ忘れは私だけじゃないんだーと安心して読ませていただいてたら、

    なんだ・・
    ・・これ私です。ごめんなさい。

    只今、言葉が不自由な期間で (いつもですがw)
    もう少しまとめて・・と考えてまして、でもちんたらで進みません。
    そちらは別記事ですが、またまとめちゃうかもわかりません。
    お伝えしたいことを文章にするってむずかしいですね。

    こちらで言い逃げのような拍手して・・何でしょう?酔ってたのでしょうか(笑)
    でも、衣装も勿論ですがmukugeさんが、かわゆすなんですよーv
    小さめのヨウォンさんに見えます。
    さすがにソルチサイズじゃ、大きいですよね。
    コメント欄見てウケましたww

    先ほど大王の夢を録画観ました。
    トンマン比べ楽しみでしたので、陛下が亡くなられなんだか・・さびしいです。
    最後まで視聴できるかな。
    別の楽しみはチュンチュとユシン愛なんですがw
    ピダムんとこは早送りしてたら、ピダムがチュンチュの手をギューって握って気持ち悪かので、そこはじっくり見ました。プロポーズかと思いました。

    善徳女王愛を確認するべく観てますが、ピダムが想像以上にウザかったし、乱を引っぱりすぎな気がして早送り(笑)
    善イムジョンのヨムジョンも好きになれません。
    mukugeさん、お薦めのドラマのほう面白そうです。

    あたりまえですがピダムは善ピダムでないとダメですねーv
    (頭に善つけると超いい人みたいw)


    お忙しいところ、カレンダーもありがとうございます。いただきましたv

    また、おじゃまします。
    ほっち
    | URL | 2014/01/14/Tue 23:32 [編集]
    ほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv
    実はこう書いてみたものの、ほっちさんじゃないかなーって思ってたんです。だって昔の記事に、しかもこんな私を甘やかすような嬉しいコメント入れてくれるのはほっちさんだろうなーって(笑)
    名乗り出ろ~って脅迫したつもりはないんですがw、律儀に手をあげてくださってありがとうございますv

    コメントは、無理にまとめなきゃとか、具合が悪いときに深く考えなくてもいいですよー。
    いろいろ気持ちを紡いだ言葉でたくさん埋め尽くしてくださったコメントも、一言だけでも興奮を伝えてくれる瞬発力のあるコメントもどっちもいただいて嬉しいですし、読んでいて楽しいでーす!
    このコメントだって、言い逃げなんて思わないので大丈夫ですよー。むしろツイッター風で面白いかもw

    でも、もうー、私をおだてちゃダメですよ。思わず高速でポプラの木のてっぺんまで登っちゃいました(笑)
    顔のつくりも背の高さも小さめのヨウォンさんなどとおこがましい私なので、せめて出た腹ひっこめようと、ちょっと腹筋をしてみましたw

    「大王の夢」、陛下が亡くなって悲しいと私も思ってたんですが、今日思いっきり生きてましたね。すぐ亡くなってしまいましたが。ピダムは死ぬか死ぬかと思いつつ、もう何日もたってますねw
    っていうか、突然綺麗なスンマン(真徳女王)が出てきてびっくりしました。当初の設定であのカツラ芸のスンマン王妃がのちの真徳女王っていうのをドラマ紹介サイトで見ていまして、あら緋翠さんが前に仮説をたてていた真平王の継妃僧満王妃と、真徳女王勝曼の同一人物説と一緒だわ~、ドラマ内であれだけ極悪非道っぷりを披露し寺に追放されたあのスンマン王妃が、どうやって返り咲くのかって楽しみにしていたんですけど、カツラに矢が刺さったまま(違)退場されてしまいました。
    ユシンとチュンチュラブはこれから見せ場が多くなりそうですが、横恋慕ピダム、今日はチュンチュの肩に衣かけてましたねー。どこまでチュンチュを姫扱いするのかと、ウケました。

    あ、あの私のオススメ「テジョヨン」。戦闘好きじゃなければ全く面白くないかもしれないということを言い忘れていました(笑)

    カレンダートンピ祭りにも参加ありがとうございます!トンピの美しい画を前面に出したくて、ちょっと日にちが見づらいタイプにしちゃったカレンダーですけど、使っていただければ本望ですw

    熱は下がったということですが、まだまだ油断はなりませんので、どうぞお大事になさってくださいね~
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/01/15/Wed 22:37 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.