ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    キム・チュンチュこと太宗武烈王の陵
    〈2012年5月の慶州旅行の記事です〉

    ユシン将軍の墓から南下して3km弱自転車を漕いで、次はチュンチュの陵へ向かいます。
    ユシン将軍墓のある方面の道路は、歩道がちゃんとあり広くとても整備された道路で自転車も走りやすく、ううっ!ここにもユシンびいきが(←単なる私のねたみですw)なんて思いましたが、キム・チュンチュこと太宗武烈王陵の方面へは途中まではサイクリングロードがあったんですが、田舎道にどんどんなっていくせいか途中から歩道もなくなる始末で、横を大型トラックがびゅんびゅん走ってたりして、また風もこのあたり強かったので煽られそうで怖かったです(> <)

    そんなこんなでたどり着いた太宗武烈王陵、入場料の500ウォンを払って中に入ります。
    料金所の横に、「新羅 武烈王陵」という説明看板が他の史跡と同じように立っていました。説明は韓国語・中国語・英語・日本語の4カ国語で書かれているんですが、なぜか日本語のものだけ最後に小さく、「これら古墳のなかで大抵封墳(盛り土して作った墓)が大きいものは積石木槨墓であり、小さいものは石室墳と竪穴式墳である。1984年の新羅古墳の整備・保存事業の一環として、民家を移転して現在のような形にした。」と書いてあって、情報が多かったんですよね。なぜ日本語だけ?
    その意図はわかりませんが、そのおかげでこのように門と塀で囲って王陵として整備されたのは1984年のことで、それまでは墳墓の隣で人々が普通に生活をしていたんだなとか想像できて面白かったです。

    太宗武烈王陵 建武門
    入口の門から入る前に、太宗武烈王の陵が見えちゃってますね。

    でも陵へ向かう前に、まずこちらを。
    太宗武烈王陵 碑閣
    新羅第29代太宗武烈王(在位654-661)の業績を讃えるために作られた「国宝第25号 太宗武烈王陵碑」です。
    立派な碑閣に納められています。

    太宗武烈王 亀趺
    碑閣の中を覗いてみると、なんと大きな亀さんが一匹。手といい伸ばした首といい、すごいリアルなつくりでのっしのっし前へ歩いて行きそうです・・・!
    現在は亀をかたどった台座の亀趺(きふ)と、この亀趺の上に竜を彫った碑首が乗るのみで、その上の碑の本体はすでに失われてしまっています。
    6匹の竜が描かれた碑首に「太宗武烈大王之碑」という文字が刻まれていたため、この陵墓が太宗武烈王のものであると断定されるそうです。ほとんどの陵墓の被葬者が文献や出土品からの推定であるのに対して、この太宗武烈王だけは断定されるのはその文字と、その文字が当時の有名な書家でありまた太宗武烈王の2番目の息子である金仁問によって書かれたからだということです。

    太宗武烈王陵 亀趺正面
    正面アップ。どうも石の動物たちをみるとついゆるキャラ扱いしてしまう悪いクセがついてしまっていますが(笑)、この亀さんもとてもキュートです。特に鼻の穴が。

    亀さんに別れを告げ、いよいよこの碑閣より少し奥へ進んだところにある太宗武烈王陵へ。
    チュンチュ♪チュンチュにごたいめ~ん♪とウキウキして近寄ってみます。
    太宗武烈王陵 正面
    あれ?想像よりも意外とシンプル(笑)
    いや、なんせユシン将軍の墓の次に来たもんですから、王>太大角干というわけでユシン将軍の墓以上に立派に飾られてたり、何かに守られちゃってるのかしら?なんて思ってましたが、意外でした。
    それでもやはり道は石が敷かれ整備され、草むしりのおばちゃん達がいて、派手さはないけど整えられているなという印象です。ま、シンプルに見せかけておいて、中に豪華な副葬品が入っている可能性もあります。なんせ王ですから。ドラマに出てきたような片耳の耳飾りが副葬品に入ってたりしたら素敵vなんて思ってしまいますが。

    そして、お約束のぐるり一周。今回は時計周りに。
    太宗武烈王陵 右側
    横側では、おばちゃんたちが草むしり休憩中でしたw
    この陵墓の大きさは円周114M、高さ8.7Mということで比較的大きなものですが、おばちゃん達との比較で大きさも伝わるでしょうか。

    太宗武烈王陵 背中
    背中側には松がぽつりぽつり生えています。ぽつりぽつりなので鬱蒼とはしておらず、日当たりがいい感じです。

    太宗武烈王陵 左側
    横側です。墳墓の下の部分にところどころ割石を用いた護石が見えますが、ほとんどは土の中に埋められているそうです。

    一周して正面に戻ったところで、実はこの武烈王陵の敷地内には他にもおもしろ同居人がいるんですが、そちらはまた次回にしまーす☆

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます


    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.