ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    黄金の輝き ライトアップ瞻星台
    〈2012年5月の慶州旅行の記事です〉

    午後18時。自転車は返却しましたが、もうひとつ本日のイベントが残っています。
    瞻星台のライトアップです。ですが、まだあたりは明るく暗くなるまでには時間がかかりそうです。
    その間、日中は探せなかったサダハムの木を探しに行って出会えたり(過去記事「アノ木なんの木きになる木」)、夕飯を食べようと食堂を探したのですがこの辺りではサムパプの店しか見つけられず…昼、夜連続でサムパプはいやぁぁぁということで、夕飯はホテル付近に戻ってからいただくことにして、ひとまず慶州名物の「皇南パン」を食してみたり。パンっていってもどちらかというと薄皮まんじゅうに近い感じなので、あくまでもおやつなんですけどw
    そうこうしている間に、19時半頃ようやくあたりが暗くなってきました。

    薄暗闇の瞻星台
    まだちょっと薄暗闇という感じですが、このあと5分もしないうちにあれよあれよと暗くなりました。

    北極星と瞻星台
    まだ完全に真っ暗にはなっていないせいか星は見えなかったんですが、瞻星台に行ったら星の観察をしようと「google sky map」というアプリを入れて行っておりまして、それによると丁度この方向の空、瞻星台の上のあたりに北斗七星&開陽星があると出ました。
    前に瞻星台のことを扱った時に(過去記事「瞻星台 ☆ トンマンの理想へのはじめのいっぽ」)一番上部の井桁の部分の面は東西南北にそれぞれきっちり向いていると書きましたが、ほんとうにあっちが北なんだぁー♪とプチ感動。

    瞻星台横向き
    石にライトを当てているだけなのに、金塊が積まさっているように見えます…!

    月と瞻星台
    月と瞻星台。

    月城と瞻星台
    後ろに広がるのは月城です。

    ライトアップ瞻星台
    もう説明のいらない美しさです!

    ライトアップ瞻星台2

    ということで、ライトアップされた瞻星台は現実を忘れるほどの美しさでした。
    ミッションくださいましたげんさん、ありがとうございましたーv
    この幻想的な雰囲気、少しでも伝わりますよーに。

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださった鵬様へ
    鵬様、こんばんはーv 
    いえいえ、こちらこそすみません(汗) 
    拍手コメントのお返事は個別に記事にあげてお返事なさってる方が多いと思うので、気づかなくて当然だと思います。
    いち早くお返事させてもらいたいのと、そのほうがどの記事にコメントいただいたのかわかりやすいかなと思いまして、うちではこういう仕組みにさせていただいていたんです。ともかく気づいてもらえてよかったです(笑)
    陛下のいた時代にこのようにライトアップしていたわけでもなく、また芸術品として作られたわけでもないのですが、鵬様のおっしゃるようにほんと素晴らしい美的感覚だと思います。ぜひぜひ慶州に行かれた際お時間が許しましたら昼夜両方の姿をご覧になってみてください。
    ちなみに四季それぞれでもまた雰囲気が違うようで、写真で見た雪化粧した瞻星台もとても素敵でした。いつか冬にも行ってみたいなぁって思いますが、南なので冬だからといって雪化粧瞻星台に出会えるかどうかは運次第ですねw
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/11/05/Mon 17:54 [編集]
    拍手コメントをくださったげんさんへ
    げんさん、こんばんはーv
    すみません。またまたげんさんを強制的に呼びだした形にしてしまいました(笑)
    >黄金の国新羅を象徴するものの一つとしてピッタリ
    ほんとそうですねー!主催者側が意識しているかどうかはわかりませんがw、とても新羅らしさが出ているイベントですよね。
    夜なので・・・と御心配いただきましたが、やはりここは観光地。夜なのに団体客やらもたくさんわらわらいて、逆にうるさすぎてゆっくり思いを1500年前にはせる…なんてことはできませんでしたがw、安全に綺麗な瞻星台を楽しむことができましたよ♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/11/08/Thu 17:54 [編集]
    ようやくココまで辿り着きました(^^)v
    覚えていて頂いてるでしょうか?
    以前、ほっちさんからの紹介でコメントさせていただいたjunです。
    最初からmukugeさんのブログをコツコツ読み始めて
    ようやく瞻星台に辿り着きました!
    綺麗ですね〜瞻星台。
    夜はライトアップされているんですね。
    mukugeさんのブログを読んでいるうちに
    また善徳女王が見たくなって
    最近、再視聴始めました。

    YouTubeにMBCClassicというサイトがあって
    https://www.youtube.com/channel/SWjU1i29R-rSI
    日本語訳とかないんですが
    BGMが日本のと違うようなので見ています。
    韓国語はまったく分かりませんが、話の流れは分かっているので
    楽しめています。
    ミシルの声が吹き替えと違っていたのが、私的にはちょっとショックでしたが(^_^;

    長々とコメントして申し訳ありません。
    これからも毎日楽しみに拝見して、みなさんに追いつこうと思います
    よろしくお願いいたします。
    jun | URL | 2014/04/06/Sun 13:47 [編集]
    junさんへ
    junさん、こんばんはーv
    もちろん覚えてますよー。最近過去記事に毎日拍手いただいていているなーって思ってたんですけど、やっぱりjunさんだったんですね!自分でも題名見て懐かしいわーなんて思っておりました。ありがとうございます!

    瞻星台、綺麗ですよねー。存在自体がいろんな使い方を想像させ論議されている瞻星台ですから、こう夜にライトアップされているととても神秘的でミステリアスな感じがします。
    韓国では各地にシティツアーというはとバスみたいなツアーがあるんですが、慶州には夜間ツアーがあって、この瞻星台や雁鴨池のライトアップもコースに入っているようです。そしてそのコースにはユシン将軍の墓も含まれているんですが、夜のお墓ツアー、どんなものか気になってます(笑)

    ユーチューブにこんなmbcの公式アカウントがあったんですね。知りませんでしたー。mbcのオリジナル版のほうはDVDを持っているんですが、予告が入っていないんですよね。こちらの放送はちゃんと最後まであるので、いいですね。私もたまに、音声を韓国語にして字幕を消して視聴することがあります。そうすると字幕とかに惑わされずに表情に注目できるんで、より感情移入して見ちゃって、いつもより泣いてしまったりしております。

    ミシルの声はjunさん的にショックでしたか?最初は吹き替え版から見たので、善徳は唯一吹き替え版でもそれほど違和感のないドラマだと思っていましたが、やはり本人の声を聞いてしまうと、そちらのほうがしっくりしますよね。当たり前ですけど(笑)
    声はどうも善徳基準で考えてしまうので、「馬医」を見ていても、女言葉のトンマンの声(チニョンですけどw)の吹き替えに慣れなくて、韓国語に変えて観ちゃうんですよねー。

    私のほうこそ、長くなってしまいました(笑)どうぞまた遊びにきて楽しんでいってください。こちらこそよろしくお願いいたしまーす。

    mukuge(むくげ) | URL | 2014/04/07/Mon 21:17 [編集]
    mukugeさま
     こんにちは。朝のドラマを見つつ、過去記事を少しずつ読ませてもらっています。このブログ、読めば読むほど、スゴイですね。日本中でこれほど善徳女王に詳しい読み物はないでしょうねえ。mukigeさんの追及心や好奇心、勉学意欲の深さや遊びこころにひたすら敬意を表します。今日はここまでたどりつき、美しいチョムソンデの写真も拝めて大満足です。古代にこんな素晴らしい建物を創造した新羅と女王陛下、マンセー!
    ケグリ | URL | 2017/03/09/Thu 21:23 [編集]
    ケグリさんへ
    ケグリさん、こんばんはーv
    朝のドラマもミシルの乱が始まって、いよいよ佳境に入りましたね。毎日新聞のラテ欄を読んでるだけですが、見た気になっています(笑)
    過去記事まで遡って読んでくださってるんですねー。嬉しいです!ありがとうございます。
    凝り性なんですよ、私。もともと歴史も旅行も好きなもので、自分の趣味丸出しでなんでも善徳に結び付けて楽しんでます。一緒に楽しんでくださってありがとうございます。
    チョムソンデ、その用途ははっきりとはわかりませんが、こうしてみるとまるで芸術作品だったかのように美しいですよね。
    このような文化を持っていた新羅と、美しい女王様に私もマンセー!マンセー!マンマンセー!です^^
    mukuge(むくげ) | URL | 2017/03/12/Sun 22:46 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。