ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コスプレ体験記☆番外編 公主の衣装に迫る!の巻
    前回はなりきり写真におつきあいくださり、どうもありがとうございました。思いのほか良かったと言ってもらえて、真に受けて調子に乗りましたw 調子に乗った勢いで、じっくりねっとり見てきた衣装自体についてお伝えしまーす。

    「Cafe Drama」さんにお邪魔したのは衣装を着てみたかったっていうのもあるんですが、それ以上に衣装を近くで見てみたい、触ってみたいという気持ちが大きかったんですよね。
    なもので、カメラマンさんの撮影が終わった後自分のデジカメで好きに撮影させてもらえるんですが、「私の顔はいいんで、衣装を!衣装を撮ってください~!」ってな感じで(笑)
    公主服 正面
    こうしてみると元々テカテカした生地なのかなと思ってしまいそうですが、フラッシュをたいて撮影したからか光沢が出ているようで、実際は見た目も手触りもテカテカはしてませんでした。

    持ち帰り用の写真やCD-Rを準備してもらっている待ち時間の間、お願いして衣装部屋にて衣装を観察させてもらいました。どの位の待ち時間になるのかわからなかったので、急ぎぎみにもの凄い勢いで衣装に食いついてみました。なので後から撮った写真を見てみると、若干構図のおかしいものや、ぼけているものや、デジカメのストラップが写り込んでしまってたのもあったりw
    あと、フラッシュをたくと柄が光でとんでしまったりしたので、フラッシュ無で撮っているせいか、色合いが部屋の照明のせいでぼんやり赤みがかった感じになってますのでその点はご了承ください。

    ではまず公主服にlock on!

    公主服 衣・表面
    この水色の衣の下にピンクの衣を着ているのではなく、重ね襟だったんですね。同じく袖口にも白の重ね袖がついています。
    そして背中の部分には衣と同色の水色の裏地がついています。ふと考えてみると、この下って何を着て撮影に挑んでいるんでしょうね。まさかブ○ジャーだけ!?ってことはないでしょうからキャミソールみたいなのは着ているのかなとは思うのですが、裏地がついているので透け防止にもなりそうです。

    公主服 衣・裏面
    水色の衣生地は無地ではなくて、文様が織られています。

    公主服 衣・襟
    刺繍部分は糸で立体的なお花や蝶になっています。
    そして、肩の方にある蝶の刺繍の近くにあるいくつかの刺繍、よく見てみると、まあるい5枚の花びらがうっすら輪郭だけ刺繍されていて、その真ん中にあるおしべめしべ部分だけ立体的に刺繍していたんですね。遠くから見るとおしべめしべの部分しか見えなかったので、何の模様かと思ってました(笑)

    公主服 衣・袖
    身ごろのサイドの部分にスリットが入っています。この部分、ちょうどこの上あたりから裳が巻かれ帯がしめられるので、窮屈にならず着やすいようにスリットが入っているのだと思います。
    そして袖ですが、身ごろについているあたりは幅が狭いんですが、袖口に向かうにつれて綺麗な曲線を描いて幅が広がっていっています。さらに袖が身ごろについている部分、脇の部分になりますが、立体的な裁断になっているんですよね。だから袖も動きのある綺麗なラインができあがるんでしょうか?被服の知識が無いのでよくわかりませんが(笑)

    公主服 衣・袖口
    袖口をアップにしてみましたが、一番下の薄いピンクの部分は照明の関係でピンクに見えますが、白の重ね袖です。こうしてアップで見てみると、緑色の袖口の部分には花の刺繍が入っていますが、その緑色の生地自体にもうっすらと模様が入っているのがわかりました。こ、こまかい!
    そして水色の衣に入っている文様ですが、どうやら龍のようです。お花や蝶がいっぱいの可憐な色合いな衣装にまさかこの雄雄しい龍が入っているとは思いませんでした。さすが高貴な公主様のお衣装です。

    公主服 裳
    裳をざっくり広げさせてもらいました。
    水色の裳と、天女のひらひらがついているピンクの裳と、帯が一体化しています。
    ピンクの裳の生地も、水色の衣の生地と同じ龍の文様が入っていました。普通にしていたら無地にしか見えないのに、そのさりげなさに感動いたします!

    公主服 帯
    帯にはなんとマジックテープが・・・!なんとも現代的で、夢を壊してしまってすみませんw

    公主服 帯垂・プリーツ
    帯から前に垂れ下がっている部分はプリーツになっていました。しかも、これまた何やら文様の織られた生地を使用しています。
    それほど目立つ場所でもないし、ドラマ中は動きが多くて見えないだろうに、無地ではなくわざわざ文様入りの生地を使うというこの芸の細かさが「善徳女王」の衣装の素晴らしいさにつながっているんだと思います。ほんとうに凄い!

    公主服 帯垂・花柄
    帯本体部分と衣の袖口と同じ図案の花の刺繍がほんとかわいいですねv
    そして先ほど登場のマジックテープ付帯の反対側部分にも、もちろんマジックテープの受け側がついておりました。3ライン付いていますが、帯は胸の上に巻くのでまぁサイズによって色々調整するのかしら、ってことでw

    以上、公主服編でした~v郎徒服の方は長くなったので、次回へ。

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2012/10/25/Thu 23:12 [編集]
    げんさんへ
    げんさん、こんばんはーv

    >公主衣装、ほんとに芸が細かいですね!こんな素敵な衣装でドラマを盛り上げてくれてたんだーと改めて思いました!

    そうですよねー、こんな素敵な衣装と素晴らしい脚本、出演者、色々なものの相乗効果であれほど素晴らしいドラマができあがったんですよね。たぶんそれがバランスよく配合されているから、これほどあきないんじゃないかと思いますv

    >袖を広げるとラッパのような広がり方になってるのなんて近くで触らないとわからないことですよねーvでもって細かい刺繍や生地の地模様とか・・・。

    あ、ラッパのような広がり!そうそう、それです!私語彙が貧弱で曲線しか言葉が見つからなくてですねw、でもまさしくそういうのがピッタリな広がりです。
    いやらしい話、生地の地模様なんてそんなのないほうが費用が安く済むと思うんですが、そういうところの手抜きをしていないところがほんと感動ものでした。

    >生地のさわり心地はやわらかい生地に見えますが滑らかな感じなんでしょうかw

    生地自体はやわらかくて、滑らかな感じです。かといってナイロンのようにつるつるもしていないんですよねー。上手く伝えられませんw 素材はやっぱり絹なのかなー?という感じがします。そんな感じの滑らかさです。動くとキュッキュ音がするんですよね。まさに衣擦れの音って、ダジャレではないんですけどねw
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/10/26/Fri 21:40 [編集]
    拍手コメントをくださったchenwen様へ
    chenwen様、こんばんはv
    楽しんでいただけたようで、アップした甲斐がありました~♪
    ほんとあちらの国の刺繍はすばらしいですよね。みてるだけでテンションあがって、枕にさえときめきます(笑)
    私は公主服は2回とも2人がかりで着せてもらいましたが、公主様の場合はもっとたくさんの女官が着せてくれるのではないでしょうか?公主追認式の時は確か3人がかり位で着せてもらっていたような気がw 逆に一人で着ちゃいけないんでしょうね、身分的にも。公主なりたてのトンマンも、「一体何枚出てくるんだ!?」と思ったに違いありません(笑)
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/10/26/Fri 22:18 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。