ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コスプレ体験記☆番外編 郎徒の衣装に迫る!の巻
    「善徳女王」の衣装体験をする機会があり、せっかくなので本物の衣装を細かいところまで見てみようということで前回は華やかな公主服をとりあげましたが、今回はもうひとつの郎徒服の方です。
    といっても実は細かいところまで見ようと思った矢先に次のお客さんのお着替えタイムに入ってしまい、時間切れでじっくり観察することができなかったんです。
    なので、公主服ほどのボリュームはありませんのでさらっと、さらさら~っといきます。

    郎徒服 正面
    正面より。本来はこんなに衣の丈は長くありませんw

    郎徒服 後姿
    後ろ面より。本来はこんなに上の衣の袖は長くありませんw

    郎徒 こて
    こて・・・と重い剣。

    郎徒服 すねあて
    こてとお揃い風のすねあて。
    ブーツはドラマ仕様ではない、こちらのお店のオリジナルですね。ドラマではこんな白い線は入っていなかったような。

    郎徒服 ベルトの飾り
    ベルトから前に垂れ下がっている部分です。
    衣装を着たまま自分撮りしてるので変な角度になってしまい、四角い飾りのほうをちゃんと写せなくて残念な感じになってしまいましたが、環とか四角い飾りにもちゃんと模様が入っております。

    郎徒服 襟
    ちょっとボケましたが、衣の襟の刺繍部分のアップです。
    四角い金具を衣に縫い付けるための茶色い台布がわざわざ襟に縫い付けられていますが、この四角い金具は何かの用途がある実用的なものなのか、それともただのデザイン的飾りなのか、どっちなんでしょうねぇ。

    郎徒服 タグ
    衣にはMBCのお衣装ですよ~なんてタグが付いていたんですが、よく見ると、なんと!大きいも大きいいはずです!“ソルチ”って書いてありました(爆)

    こんな感じで郎徒服はおおまかな写真しか撮れなくって、あまりじっくり見れなくて残念でした。重なっていた衣をもうちょっと広げてみたかったんですが。

    これだけだと寂しいので、おまけをひとつ。
    今回私は公主服と郎徒服しか着なかったんですが、衣装部屋にかけてあったこの1着。

    ミシル衣装
    “CAFE DRAMA”さんにある「善徳女王」のあともう1着の衣装、ミシル璽主のお衣装だぁー♪
    如来寺ムンノ襲撃ポジョン指輪事件の時に、ミシル璽主が着ていたお衣装ですね。

    ミシル衣装 衣・裳
    衣と裳です。衣だけ最初目に入って、一瞬上大等の衣装かと思いました(笑)

    ミシル衣装 ガウン
    一番上に着ている外衣ですが、刺繍が豪華ですね。襟から下がっている銀色の飾りですが、葉っぱの形をしていますが、ちゃんと葉脈の模様もついているんですねー。何度も言ってますが、ほんと「善徳女王」の衣装は芸が細かいです!

    というわけで最後に、とっても楽しい時間を過ごさせてくださったフォトスタジオ&cafe“CAFE DRAMA”さん、ありがとうございました。こちらは梨大にあるお店で日本語も通じますので、どうぞソウルに行かれる機会がありましたら皆様も、トンマン・チョンミョン・ミシル璽主・そしてソルチ(!?)の気分でなりきり写真撮ってみてくださいw
    以上、mukugeのコスプレ体験記でしたーv

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    細やかさに感動です・・・
    mukugeさん今晩はv

    郎徒衣装の衣の襟の四角い金属飾り、こんな模様なんですねー。他にも衣装についてる金具が、こんなんだったんだな~と見るごとに一々感心しております。もしかしたらアップになってる事はドラマ中でもあるのかもしれませんが、ストーリーの流れの中でそこまでは注目してこなかったので、今更ながらに衣装もこんな細やかなところまで・・・と感動を覚えます。そしてその細かいところまでとりあげて下さるmukugeさんの眼にも!ありがとうございます・・・!!

    ・・・しかし今回気付かなかった方がよかったかも、という事に気づいてしまいました。ハンガーにかかったミシルの紫衣装、公式ポスターでもこの衣装だったし、止め絵としても今まで何度も何度もなんっども見てきたのに、今初めて気付きました。

    この肩のとこの鳥の刺繍、トンマン喪服(真平パパの葬式の時と、最終話で子トンマンを見送る霊魂トンマン?で着用)の肩の刺繍と柄が同じ・・・・ではないでしょうか・・・

    なんかこう、霊魂トンマンが着てたということは、善徳女王はこれを着て葬式されたんだろうかとか、父王の葬儀に着る礼服でもあっただけに、そんな時の衣装の柄くらい、トンマンオンリー、オートクチュールなものであってほしかった・・・・・!!まさかトンマンそこまでミシルヲタ(以下略)
    りば | URL | 2012/11/07/Wed 22:44 [編集]
    拍手コメントをくださった鵬様へ
    鵬様、こんばんはーv
    そうなんですよー、「ソルチ」なんですよ(笑)なんか、コドでもなくチュクパンでもなく名の無い郎徒でもなく、「ソルチ」ってところがなんでか自分でも笑ってしまいましたw
    鵬様、ぜひ!ミシルの衣装着てみてください。大丈夫です、片眉に片唇さえ上げれれば、それでミシルになりきれます!(←そこが一番難しいかもですがw)
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/11/08/Thu 18:30 [編集]
    りばさんへ
    りばさん、こんばんは~v
    私、意識して見ようと思っている時はトンマンに恥ずかしいからそれ以上見るなと言われそうなほど観察しますが、通常ドラマを見てる時は話の流れとか画の雰囲気をのぼぼ~んと見ているだけで、ほんと細かいところは何も見てないんですよね。
    安康城のトンマンの衣装がチョンミョンとマヤの衣装のミックスだとか、チョンミョンの耳飾りも蝶々とかそういうこと教えてもらっていつも、おぉーほんとだ!なんて思いますもの。

    で、今回も、マジっすか?ってことで早速確認してみたら、おぉー!ほんとだ!同じ刺繍で、しかも中の衣の襟の刺繍、また全体のデザインも似た感じになってますね。まさかそんなことがあるとも思いませんから、気づきませんでしたよ。

    ミシルヲタに加え、女らしい感覚とか、美的感覚に乏しくまたミシルから色々政治学を学んだトンマンゆえ「ふむふむ、璽主のような格好をすれば女らしく、しかも統治者として国をおさめるのに必要な威厳がでるのだな。」と言って、ミシルファッションを取り入れたんでしょうかね。
    いやデザインを取り入れた新作ならまだいいんですが、ミシルが王宮を出て行った後、倹約家のトンマンゆえ、「璽主のものは生地も高い生地だし、縫製もしっかりしているのでもったいない。」と言ってミシルの残していった数々の衣装を再利用して自ら着ていたらどうしましょ。この紫衣装も、ま、まさかの漂白っていうw
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/11/08/Thu 19:21 [編集]
    またもや笑いました
    mukuge さん、こんばんは!

    あらためて、「ソルチ」衣装に笑いました。どうして彼のだったんでしょうねぇ。他の皆さんに比べて使用回数が少なくて、痛みが少なかったのでしょうか。
    で、「ホームレスピダム」衣装があったら最高なんですが、さすがになかったのでしょうね(笑)。
    midorin | URL | 2012/11/08/Thu 20:36 [編集]
    拍手コメントをくださったほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv
    もはや忘れた頃に不定期更新の当ブログなので、更新気づかなくて当然です。しかもお返事もこんなに遅くなってしまってすみません。
    そうなんです、今回はミシルということで。でもティアラはなんかミシルじゃないし、髪型がやっぱ気になりますねー。記念だからまっいっかーという感じです。
    また忘れた頃に更新すると思うので、よろしくお願いしまーす。
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/11/08/Thu 21:46 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。