ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    善徳的にみる流行語大賞2012 
    師匠ムンノも走る師走、って昨年も書いたような気がしますがw、12月に入りとうとう今年も1ヶ月を切りましたね。早い!
    そして本日、毎年年末恒例の「新語・流行語大賞2012」の大賞の発表がありました。善徳的視点で今年の流行語をみてみようと思います。

    2012年をあらわす流行語大賞は…!
    「ワイルドだろぉ」
    ワイルドだろぉ
    いやワイルドっちゅーか、血はしたたるわ、鳥捕まえてムシャムシャ食べるわ野生的っすよ、ピダムさん。

    そして惜しくも大賞を逃したものの、トップテン入りをした中からいくつか。

    「爆弾低気圧」
    爆弾低気圧
    急速に発達し、熱帯低気圧並みの風雨をもたらす温帯低気圧の通称である「爆弾低気圧」。
    新羅の政治の実権を握っており、王妃の座を狙いつつも玉座という発想はなかったミシル。ですが女の身でありながら王位を目指すトンマンと、真骨でありながら王位を目指すチュンチュを見て、野心がむくむくと芽生えます。
    貴族相手に言葉が乱れ「このミシルが神国を全身全霊守ってきた!」とのキレっぷりは、まさに爆弾低気圧。

    「手ぶらで帰らせるわけにはいかない」
    手ぶらで帰らせるわけにはいかない
    ウォルヤと会談するために復耶会に乗り込んだ陛下のあとを追い侍衛部を連れてやってきたチュンチュ。
    「陛下を手ぶらで帰らせるわけにはいかない」チュンチュはまさにこんな心境だったのでは?(ホントか/笑)

    「終活」
    終活
    「終活」は人生の最期をより良いもの(=自分の理想的なもの)とするため、事前に行う準備のことで、例えば葬儀の内容やお墓のことを事前に決めておいたり、財産配分が主目的である遺言とは別に、自分の思いや意思、願いを綴っておくといったことだそうで。
    「この時代の王から次の時代の王への遺言だ」
    まさにトンマンの終活をしめくくるこのシーンをどうしてカットしたんだーー!(怒)

    最後にノミネートされながらも、トップテン入りは逃したこちらを。
    「霊長類最強女子」
    霊長類最強女子
    「射なさい あなたの負けだ」
    トンマンこそ霊長類最強女子に違いありませんwww

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださったtadaさんへ
    tadaさん、こんばんはーv
    12月の風物詩、楽しんでいただけてなによりです。大賞発表後、鉄は熱いうちに打てってな感じで帰宅後ご飯も食べずにせっせと記事書いた甲斐がありましたー。
    「ワイルドだろぉ」「手ぶらで帰らせるわけにはいかない」「霊長類最強女子」はテレビなどでその言葉を聞くたびに常々こんなピダムやチュンチュやトンマンが頭に浮かんでいたんですが、「爆弾低気圧」と「終活」はトップテン入りのラインナップを見て直感で急遽こうなりました(笑)
    霊長類最強女子トンマンのこのシーンの後ろのヨンチュンは、私的には驚いていないで早くトンマン公主の前に身を投げ出しなさいと思ってましたが、確かに前後無視してこの画だけ切り抜いてみるとヨンチュンを守っているように見えますねw
    5つ★、どうもありがとうございました~
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/12/06/Thu 21:58 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。