ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    国立慶州博物館 後編  ちらりと見える善徳の面影
    〈2012年5月の慶州旅行の記事です〉

    年始年末の休業前ということで仕事がちょっとたてこんでいるのと、忘年会シーズンということもありなにやら外出が多く、今月は更新が少なめになっております。前編から間が空いてしまいましたが、年内駆け込み的に国立慶州博物館の後編を。

    新羅という国を中心とした遺物がたくさんある慶州の博物館ですが、「善徳女王」を思い出してニヤリとしてしまう展示物もありました。私だけかもしれませんがw

    まず、考古館(本館)の壁にこのような文字が。
    徳業日新網羅四方
    「徳業日新 網羅四方」
    『三国史記』の智証王の項に書かれている言葉ですが、ドラマ内ではソヨプ刀に細筆で書かれていた言葉ですね。
    国家の大業を日々新たにし、四方を網羅せよ。つまり三韓一統。
    新羅という国号の持つ三つ目の意味であり、第二比才の答えでもありました。
    こうして縦に並べてみると新羅という言葉のなりたちはよくわかりましたが、日網って国号でもアリなような。(←ないない)

    考古館(本館)に展示されていたこちら。
    瑠璃器
    5世紀~6世紀の天馬塚・瑞鳳塚他の瑠璃器です。
    割れたものを修復して器の形に復元し展示しています。ミシルが叩き割ったものか!?(←違う違う)

    同じく考古館(本館)に展示されていたものです。
    宝剣
    鶏林路14号墓から出土した、黄金宝剣です。
    全く形は違いますが、金の細かい細工といい、宝石を埋め込んでいるところなど、ソヨプ刀を思い出します。ソヨプ刀のデザインよりも、もっと西洋風なデザインですが。

    これも考古館(本館)。
    金製太環飾
    金製太環耳飾り、テファンシクのクィコルイです。りばさんとげんさんと私と何故か3人で熱く盛り上がっているクィコルイの使い方論争w こういう耳飾りにS字フックのようなものをつけて耳にひっかけて使用したというお話があって、これもそのようにして使用したと思うのですが、ここで展示する際には環の割れ目に半ば強引に糸で吊るすための金具がつけられておりまする…!

    仏教館ではこちらが。
    頬笑みの瓦
    「人面文軒丸瓦」は霊廟寺址から出土したもので、三国時代のものと推定されるそうです。このような顔の形状をした軒瓦は、邪悪な気を追い払おうとする意図で製作され、屋根の上に上げられました。
    なんともトンマンのドヤ顔をを思い出させるようなこの微笑んだ女性の顔をした瓦は、きっとものすごい魔除けになったに違いありません(笑)
    そして霊廟寺といえば、善徳女王の時代に建立された寺ですから、もしかして女王の顔をモデルに作ったなんてこともありえたりして…!恐れ多いですが。
    tadaさんミッションのお品です。リクエストありがとうございましたーv

    そして、ここ博物館にもありましたよ、徐羅伐ジオラマが!
    徐羅伐ジオラマ
    なんですけど、フラッシュNGなので暗いわ、高さも足りず全体が撮れないわで、なんじゃこれは?な出来栄えに…。とりあえず、ひとりで陛下の寝室は~?仁康殿はどこかしら~?ぐへへへ、なんて眺めまわしてみました。

    最後に統一新羅時代のもので直接善徳とは関係ないんですが、外にあるこの有名な鐘を。
    エミレの鐘
    チュンチュのひ孫の聖徳王が作らせた鐘で、この鐘には驚愕な伝説があります。
    当時何回鋳てもうまく鐘ができなかったので人柱を立てることにし、人柱にした少女を溶けた鐘の中に入れたときに「エミレー(お母さん)」と叫んで消えていきました。鐘はうまく鋳上がりましたが、鐘をつくと「エミレー」と響いたというところから、エミレの鐘と呼ばれることになりました。・・・なんともエゲつない伝説ですね(汗)科学鑑定の結果、人骨の成分は発見されなかったそうなので、人柱にしたというのはそれほど鐘づくりは大変だったということの比喩なのでしょうか。
    土曜日ということもあって、すごい賑わっております。でも写真を撮ろうとしてる人がいようとお構いなしに普通にベンチ化しているところが、なんというか…あんまり周りを気にしないんだなーっていうw 群がる人々との対比でこの鐘の大きさが伝わるかと思います!(笑)

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます


    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださった亜細亜さまへ
    亜細亜さま、こんばんはーv
    おおっ、日本にも同じような都市伝説があるとは!人々を救うための仏教の寺院の鐘を作るために少女をいわばイケニエにしたといういささか矛盾する話なんですが、どこの御国にもあるんですね。自分で書いておいてなんですが数日後に迎える除夜の鐘の音色が「エミレー」と頭の中で変換されそうで怖いです(^^;
    どうぞ亜細亜さまには「トーン」とか「ピー」とかいう素敵な除夜の鐘の音色が届きますようにv
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/12/28/Fri 12:53 [編集]
    再び金に反応です
    mukuge さん、こんにちは!
    「金のお宝」が出てきた以上、コメントしないことには(笑)。

    「ケルトの剣」、3年前の「ユーラシアの風」展の時には、日本に来ていたらしいです。見たかったです!(所詮、まだ「善徳」見ていないし、サンシャインに行ったとしても、「ウルトラマンフェスティバル」だったでしょうがwww。)
    「クイコルイ」、いいですねぇ。でも、結構な重さですよね。おしゃれというか、権力誇示も楽じゃなかったわけで....(笑)。
    midorin | URL | 2012/12/30/Sun 13:26 [編集]
    midorinさんへ
    midorinさん、こんばんはーv
    もう金といえばmidorinさんですねw 今年の漢字もmidorinさんのためにあるような(爆)
    ケルトの剣、あれだけ見ていると、韓国じゃなくってヨーロッパの博物館にでもいるような気分になりました。日本で見れたのなら、もっと不思議な気分で感動するでしょうね!

    クィコルイも太環飾ではなくって、細環飾ならまだそんな重さはなさそうなんですが、あの太環飾だと環の部分がずっしり金がつまって重そうですから、耳の根元にフックでかけて装着するにしろ重いですよね。金冠やそれについているトゥリゲや首飾りと合わせてつけると、なんやら首がこきってなりそうです。

    本年もおいでくださって楽しいコメントを残してくださったり、midorinさんのお部屋では興味深い記事や笑えたり、ほろりと涙が出るお話を書いてくださってどうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします!

    mukuge(むくげ) | URL | 2012/12/30/Sun 20:29 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。