ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    新羅ミレニアムパーク その7 ミシル宮
    〈2012年5月の慶州旅行の記事です〉

    巨大輿のあった道を進むとすぐにミシル宮として使われている新羅宮殿があります。
    私の脳内では♪アアアアーとミシルのテーマがずっと流れてたほどミシルのイメージの強い建物ですが、「キム・スロ」の斯盧(サロ)国の宮殿として見覚えのある人も多いかもしれません。
    宮は3つの朱塗りの建物で池のある庭園を囲んでいる構成になっていまして、私が行った頃にはちょうどツツジも満開で、朱にそのピンクが映えていてとても綺麗でした。
    ミレニアムパーク ミシル宮 簡易図
    簡単にこの宮を図にしてみました。遠い記憶と写真をもとに作ったので、多少違ってもご容赦を。
    赤い部分が建物、グレー部分がそれをつなぐ通路、緑は植物、水色は池です。図の中のアルファベットは以下の写真を撮った位置です。雰囲気を味わっていただこうと、今回は写真多目でお送りいたします。決して手抜きなわけではない…と思いますw


    ミシル宮 鳥居
    この角度が一番ミシル宮としてわかりやすいでしょうか。前半は結構ミシルもこの場所で撮影していたと思うのですが、話が進むにつれミシル宮の外観のカットのあと執務室のシーンという手抜きパターンが多かったような。
    13話 ミシル宮
    13話です。このミシル宮を取り囲む門の外から撮影していますが、私が行ったときは隣で工事を行っていたので門から外に出れないようになっていました。

    B-1
    ミレニアムパーク ミシル宮 下側回廊
    後ろに見える山は吐含山だと思われます。たぶん(笑)
    2話 ミシル宮回廊を歩くセジョンとミセン
    2話。双子が生まれそうだということで、セジョンとミセンがこの回廊を闊歩しております。

    B-2
    ミレニアムパーク ミシル宮 水溝
    ドラミアの神宮前にもありましたが、慶州にある鮑石亭の水溝を模倣したような水溝もあります。
    遠くに二重の塔みたいな建物も見えますが、そちらはこの時建設中だった「大王の夢」のセットです。そのあたりって園内マップを何度見返しても、龍華香徒の砦があった場所のような気がしてなりません…!


    ミレニアムパーク ミシル宮 旗
    旗がパタパタと。


    ミレニアムパーク ミシル宮 上側回廊
    こちら側の回廊部分は一段高くなっています。

    E-1
    ミレニアムパーク ミシル宮 正殿
    一段高い回廊から見える正殿部分です。
    ミレニアムパーク ミシル宮 玉座
    正殿部分では玉座が置かれていて、小さい子どもには金冠(のおもちゃ)と衣装を着せて玉座に座らせて写真を撮ってくれるサービスをしています。カメラは自分のですが。
    玉座“だけ”の写真を撮りたかった私はカメラを持って近づいたのですが、どうぞどうぞと玉座に誘導され。私はいいんです!玉座の写真だけ撮りたいんです!と訴えたもののいまいち言葉が通じず、無理やり玉座に座せて写真を撮ってくれました(笑)

    E-2
    ミレニアムパーク ミシル宮 庭園
    高くなっている回廊側から見ると、池と反対側の回廊を見おろす形に。


    ミレニアムパーク ミシル宮 回廊
    写真で見るととても長く見えますが、実のところそれほどまでは長くなかったりしますw


    ミレニアムパーク ミシル宮 池に浮かぶ
    池にはゴミではないんですが、枯れ草が。この雑な感じがさすが・・・というか(笑)


    ミレニアムパーク ミシル宮 橋
    もうちょっと池が整備されていて季節によっては蓮など浮かんでいたら、趣があって素敵だなと思いますv
    2話 ミシル宮の橋を歩くミシル
    2話にて池の上の橋を渡るミシル御一行様。夜だとまた雰囲気が変わりますね。


    ミレニアムパーク ミシル宮 等身大ミシル
    ミシル璽主がすっと立ち、ほくそ笑んでいらっしゃいます。


    ミレニアムパーク ミシル宮 顔なしミシル
    定番の顔あけ看板がここにもw ミシル璽主のお顔が無いってことで、こんな事を璽主が知ったら、眉つりあげるどころの騒ぎじゃないような(笑)
    お約束でもちろん顔入れて記念撮影しましたけどね。男性観光客も「ミシルだ!」と面白がって顔入れて記念撮影してましたが、璽主様的にそれってどうなんでしょw

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.