ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新羅ミレニアムパーク その6 巨大輿
    〈2012年5月の慶州旅行の記事です〉

    セット場のミシル宮に向かう細い道に、こんなものが。

    巨大輿 2基
    輿ゆえに、思わず腰かけてしまっておりますがw、巨大輿が無造作に置かれています。
    野ざらしで置かれており風雨を浴びてしまったせいかわかりませんが、かなり劣化しています。

    この二つの輿は、2話で同時に使われています。
    2話 和白会議の帰り道
    行方不明のマヤの代わりに真平王の王妃にミシルをという議題の和白会議の場に、マヤとムンノが奇跡の生還をとげ現れ、その帰り道の一行の列です。
    前の輿には真平王とマヤたちが、後ろの輿にはミシルが乗っています。
    2話 ミシルの輿
    ものすごい目で前の輿を睨みつけ、あと一歩のところで夢が破れた悔しさに震えるミシル。

    巨大輿2号1
    さすがに中は泥だらけだったんでミシルのようには座れませんでしたw
    後ろの丸い格子窓も、ミシルの乗っている輿と同じようにあります。

    巨大輿2号2
    下部には均等に、輿を担ぐための棒を挿す穴もあいております。この穴の大きさだとそれほど太くない棒だと思うんですが、こんな棒で豪華重量衣装をまとったミシルを載せたこの巨大輿を支えられるのでしょうか?余計なお世話ですが(笑)

    そしてこちらは王室専用機、巨大輿1号(勝手に命名)です。
    巨大輿1号1
    こちらは、2話の真平王たちのほか、1話にて真興王の北漢山御幸にて真興王もお使いになっています。たぶんそちらの方が印象深いですよね。

    1話 巨大輿
    一体何人で担いでいるのか?
    1話 巨大輿内部
    中では真興王とミシルがお茶しておりました。
    1話 目で殺すミシル
    倒れてしまった担ぎ手を、殺せと目で合図するミシル。怖い。

    巨大輿1号2
    ミシルが開けた格子窓は戸のようにも見えるので、この写真でいくと丁度向かって左側の側面ではないかと思いその格子窓開けてみたかったんですけど、開きませんでした。
    ですが、この背面部分の障子に近づいてみるとのぞき見できるほどの小さい穴がうっすらと開いているではありませんか。

    巨大輿1号内部
    試しにカメラ近づけてみたら、撮れました(笑)角度的には真興王目線です。
    中は乱雑にものが散らかったままになっていますが、ドラマと同じようにレースのカーテンが下がっているようです。

    でも…なにかおかしいですよね。
    2話 巨大輿の中
    こちらは2話の和白会議帰りの真平王御一行様ですが、真平王とマヤ夫人、背を向けていますがウルチェにムンノ、そして給仕している侍女に、ここでは見えませんが頑強な護衛が一人剣を持って立っています。ざっと数えて大人6人にさらにマヤのお腹の中にはトンマンとチョンミョンが(笑)
    重すぎるだろっていうのもありますし、とても実物の輿を見る限り大人6人が入れる広さがあるとは思えません。護衛に至っては頭が天井につっかえます。
    1話の真興王とミシルにしても、実物の輿の奥行きはそれほどなく、応接セットを入れてあんなに広くくつろげるようなスペースは作れないと思うんです。ミシルが外をのぞいた格子窓と、実物の輿の格子窓の大きさの比率をみてもおかしいですし。

    ということで、輿の外観はこのミレニアムパークにある巨大輿を、中の撮影は別にセットを組んで行ったようですね。揺らしながらw

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださったほっち様へ
    ほっちさま、こんばんはーv
    熱下がりましたか?日中の気温は高くとも朝晩はまだ冷えたりして体調を崩しやすい季節だと思うので、どうぞご自愛くださいねー。

    そして輿ですが、そうなんですよー。私達にとってはあのミシルが!真興王が!と興奮する輿なんですが、野ざらしなんです。勿体無いと思うものの、いかにも韓国らしいアバウトさについ笑っちゃいます。
    旅の記事は行った気分になれると言ってもらえることがとっても励みになるんです。ありがとうございます!でも、新羅ミレニアムパークに行ったのって気づけば1年たとうとしているんですよね(笑)遅遅記事で申し訳ないんですが、少しでも善徳ワールドの雰囲気が届いているようでしたら嬉しいです。

    そしてほっちさまもナムさんファンミのDVDご覧になられたんですねー。もしあのモネのソミンちゃんとのリーディングのコーナーをヨウォンさんとだったらとか、オープニングで陛下の衣装と司量部令の衣装でセリあがってくる2人とか想像しただけで興奮してしまいますねw

    ご自宅のまわりに桜があるんですか?わー素敵ですねー。ニュースを見ていると、今年は予想外に早いようで急いでお花見などなさっているのでしょうか?桜の開花が早い早いという中で、私の地元の桜の開花予報は5/6でどっちかっていうと例年よりも遅かったりするんですがw 皆さんの桜のお話を聞いているだけで春気分、お花見気分を先に味わえて、二度楽しめてLuckyと思ってます(笑)
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/03/24/Sun 21:07 [編集]
    お邪魔します♪
    こんにちは!mukugeさん♪
    またまたお邪魔します(^^)
    ようやく2013年に突入しました!
    本当に情報満載で、
    私が善徳女王の関係者だったら
    一つにまとめて、出版したいぐらいです。

    巨大輿、かなり大きいですね。
    実際には2人乗るのも狭そうという事でしたが、
    空っぽでもかなり重そうです。
    いつも韓国の歴史ドラマを観ていると
    車のついた輿ではなく
    人が担いでいて(イ・サンの時はイスみたいな輿でしたが)
    役者さんも大変そうでした。

    韓国には
    滑車のついた輿に乗る事は、なかったんでしょうか?
    小さなロバみたいなのに乗っているのは見たことがありますが...

    どちらにしても
    外国のドラマを観ると
    習慣や文化の違いが発見出来て、とても面白いです。

    相変わらずのゆっくりペースですが
    2014年に追いつけるまで
    よろしくお願いいたします。
    jun | URL | 2014/04/14/Mon 17:09 [編集]
    junさんへ
    junさん、こんばんはーv
    どうぞどうぞいらっしゃいませ~2011年後半から丁寧に読んでくださって、もう2013年なんですねー。
    情報いっぱいなんだか妄想いっぱいなんだかよくわからない拙いブログですが、出版なんて嬉しいこと言ってくださってありがとうございます。なんとも恥ずかしいですわー、とか言いながら、調子に載って題名考えてみました。「mukugeと行く韓国ぶらり善徳の旅」もしくは「mukugeの善徳妄想日記」といったところでしょうかw

    巨大輿、一体何人で持てるんでしょうねー。ドラマ内ではあれだけの人数で持っていても、よれっとつまずいてあげくの果てにミシルに斬られた担ぎ手さんもいましたからねー。
    あとミシルが王宮から逃げ出すときには、馬車に乗ってましたよね。馬車があるなら最初から使えばよさそうなものですが、真興王の時代にはなかったんでしょうか?w
    韓国ドラマ見ていると色々日本と違ってびっくりすることたくさんありますよね。我が家で一番最初に気になったのは、路上駐車の多さです。豪邸に住んでる人も表に止めてたり。車庫ってないのかっていう(笑)

    2014年でGOALテープをはってお待ちしております。無理せず、ゆっくりいらしてくださいねー♪

    mukuge(むくげ) | URL | 2014/04/15/Tue 22:14 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。