ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新羅ミレニアムパーク その12 花郎演武場内部
    〈2012年5月の慶州旅行の記事です〉

    新羅ミレニアムパークですが、どこまで書いたか本人がわからなくなってましたが、記事さかのぼってみたら前回は真骨屋敷だったようですね(笑)
    そうそう思い出しました!龍華香徒の砦とトンマンの石桶が見れなかったショック状態で演武場の近くの屋敷等をふらふら見たのち、いったん隣接のホテルに戻り夕食をすませ、また夜のショーを見るためにパークに戻ってきたのでした。
    そして19時半からのショーが始まる10分前。日中一番最初のショーを見た池のある会場で場所取りをしてショー開始を待っていたところ、演武場の写真を撮っていない!!!!ということになぜか突然気づきまして、そこからパークの一番奥にある演武場までカメラだけ片手に全速力で駆け抜けました。今地図で距離を測ってみたら500Mありました(爆)往復1キロ!?どうりでぜーぜーしたはずです。しかもショーにもちゃんと間に合ってますから。もう執念以外何物でもありませんw
    先に進むにつれて人っ子ひとりいなくなり、仕事を終え撤収する係のお姉さんの集団ともすれ違いましたが、すごい形相で走りぬける私に驚いておりました(笑)

    という事情なので、この先の写真は日も落ち、薄暗くなっておりますのでご了承くださいw

    花郎演武場 石門
    花郎演武場の入口の門です。
    ハングルで「花郎演武場」と書いてある額がついていますが、花郎が活躍していた時代にはもちろんハングルありません。ドラマ中では漢字のものに替えられていたり、はずされていました。

    この入口の石門をくぐって演舞場の内部に入りますが、日中にに観た花郎ショー「花郎への道」もここで行われておりました。
    花郎演武場 内部1
    こちらは日中の花郎ショーの時のものですが、入口の石門を入ってすぐ隣の入場口から、出演花郎や馬が登場しておりました。
    1話 転寝して夢を見て起きる国仙
    1話では国仙ムンノはこの場所にあったベンチで居眠りをし、マヤ夫人が乗った輿に北斗七星から派生した鳳凰が入る夢を見ます。そして北斗七星のお告げを思い出します。
    1話 国仙の演武
    かと思えば、いきなり剣を片手に華麗な舞を。これぞ本当の演舞場。(←正しくは演武場ですw)
    日中は馬が駆け巡り、花郎が華麗なアクロバットを見せてくれていましたこの花郎演武場ですが、ドラマ中では国仙ムンノの1人舞台、さすが国仙身が軽い。

    花郎演武場 内部2
    さらに奥に目を向けると、小さな東屋が見えます。
    2話 開陽星が二つに分かれるのを見るムンノ
    2話にてチョンミョ出産後マヤ夫人の陣痛が再度始まった頃、この演武場の東屋の横で国仙ムンノは空を見上げ…
    2話 ムンノの背中
    ひときわ輝く開陽星が予言通り二つに分かれるのを見て、その予言が今生まれてこようとしている聖骨のことだと気づいたのでした。

    花郎演武場 内部3
    入口から入って正面です。あー、月がー。すごい勢いで暗くなってきましたw
    青コーナーと赤コーナーってわけではありませんが、この演武場には選手入場口が二か所あるんですね。
    1話 真興王暗殺の決起するソルォン
    こちらは1話での真興王暗殺のクーデターを起こすため決起するソルォンさんですが、ソルォンさんはこの入場口からまっすぐ進み、郎徒に指示を出しておりました。
    そういえばソルォンさん、2話でミシルの双子暴露大作戦でムンノに邪魔をされないように兵を動員してムンノを探す際にはここで兵士に命令を下しておりました。
    2話 産室へ向かうムンノを阻止しようとするソルォン
    同じ場所でも、ソルォンさんの立場が変わり指示を出す相手もまた変わっているのも細かいなーと思います。

    花郎演武場 内部4
    入口石門より右手側です。
    時間がなかったもので、入口に立ったまま写真を撮るのがせいいっぱいでしたが、時間があったら地面に降りてムンノのマネして華麗な跳躍をしてみたり、北斗七星を探してみたりしたかったですねー。

    【2013.07.20 追記】
    この花郎演武場、ムンノやソルォン関連だけじゃなく、トンマンの重要な場面がありました…!
    8話 ここなの?
    2話 ここなの?2
    ―ここなの?母さんここなの?ここにいたらわかるの?母さんがなぜ追われて死んだのか。わたしが誰なのか。
    トンマンはタクラマカン砂漠から自分が誰なのか知りたいがために徐羅伐へやってきましたが、ここが自分が今いるべき場所だと悟った場面は、この演武場にて撮影されておりました。

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださった匿名様へ
    はじめまして。
    管理人のmukugeと申します。昨年9月から読んでくださってるとは嬉しいです。しかも3000拍手のお知らせ&お祝いどうもありがとうございました!
    応援してくださる皆様の気持ちがわかりやすく見えるので、3000拍手は素直に嬉しいです。ありがたいのでこうなったら岩割りユシンの一万打目指して、皆様に一緒に楽しんでいただけるような記事をこれからも書いていきたいと思っていますので、どうぞまたいらしてくださいね~v
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/07/19/Fri 22:28 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。