ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    新羅ミレニアムパーク 番外編 羅宮
    〈2012年5月の慶州旅行の記事です〉

    新羅ミレニアムパークに関しては前回の夜のショーで全部だったんですが、パークの敷地内にある、新羅をイメージした家具を配置した韓屋タイプのホテルに宿泊したので、そちらのネタも記しておきたいと思います。

    宿泊したのはホテル「羅宮」。その名前は新羅宮廷を意味しているということです。
    慶州にある他のホテルよりはお高かったんで、パークの近くにもホテルはあるし、最初はわざわざここに泊まらなくていいかなって思ってたんです。でも、宿泊した方のブログで、窓の外からドラマ「善徳女王」のテーマ曲が聞こえてきてドラマの雰囲気を味わえた、なんていうものを見てしまいまして、そりゃもう泊まるしかないですよねー。なんせThe Great Queen Seondeok ツアーでしたからw
    某ネズミの夢の国好きの友人に、別に園内のホテルにわざわざ泊まらんでも寝るだけなんだからどこでもいいじゃんと前に暴言吐いたことがあるんですが、今ならその気持ちがよくわかります。前言撤回して土下座してお詫びしたいと思います(笑)
    まお高いと言っても安ホテルの多い韓国だからそう感じるだけで、朝夕2食とパークの入場料がついていてのお値段ですから、日本の温泉地のお宿と比べるとそれほど高いわけでもないんですけどね。でもパークに入るのは1日でいいので1泊のみにして、近くのホテルからスーツケースをガラガラひっぱってきて、羅宮に移動しましたw

    羅宮 門
    ホテル側の正面門です。ドラマ「花より男子」の韓国版の花沢類(韓国版の役名を覚えてません)の家として使われておりました。
    パークへはチェックインの際に渡されるパスを見せると、パークの正面入り口まで行かずとも、通用口から何度でも出入りすることができます。

    羅宮 応接セット
    これが噂の新羅風応接セット。クッションはもちろん金です。テーブルの上にはウェルカムフルーツも。家具はともかく、部屋の内部は取り立てて豪華ではなく、普通の韓屋といった感じでした。

    羅宮 居間
    思いっきり現代風なテレビがありますが、電源を入れたらドラマ「武神」の黄色い王の衣装をまとった高麗王役のアルチョン様がいきなり映ってテンションあがりました!やはりアルチョン様は黄色がお似合いv

    羅宮 布団
    テレビ台の横のクローゼットを開けたら、お布団が入っていました。内側には韓紙が貼られていたんですが、よくみるとあのハングルを作った世宗大王の「訓民正音」ではないですか。昔風の雰囲気は漂ってますが、新羅風というにはちょっと違うなーっていうw

    羅宮 ベットルーム
    こちらベットルームです。夜になるとなかなかムーディーです。ぜひトンピにもこちらに泊まっていただきたいと思います(ニヤニヤ)

    羅宮 ドレッサー
    こちらもベットや他の家具と統一されたデザインの立派な鏡台なんですが、あの、トンマンやミシルの使っていたぼや~んとしか映らない鏡だったらもっと新羅っぽい雰囲気が出てよかったのに。実用性は全くないですけどw

    羅宮 風呂
    この中庭を取り囲んで部屋があるのですが、中庭には露天風呂があります。入る前に撮ればよかったんですけど、入った後に撮ったもので足跡等見苦しくてすみませぬw
    こうしてみると月が出ていて綺麗ですが、実は湯船につかると塀に月が隠れてしまうというオチがありました(笑)

    食堂
    1泊2食付で、食事はレストランにていただきます。
    レストランの壁には、このようなドラマの写真が飾っていました。窓側ではなく「善徳女王」の写真が飾っている壁側でも全然よかった、というかむしろそっちがよかったのに、そういうときに限って朝夕とも窓際に案内されてしまいました。窓からは内庭が見えたりするので、普通はそっちのほうが景色もよく良い席なんでしょうけど、私はトンマンの下で食べたかったです。
    食事をしている方の邪魔になったら悪いので、人のいなかったテーブルのところだけ撮りましたが、他にも何種類かあったように見えました。

    羅宮 庭池
    庭池と羅宮の建物です。私の部屋は窓を開けたらこの庭池が見える部屋だったので、とても美しく雅な景色に心洗われました。
    そうそう私をこのホテルに釣った「善徳女王」のテーマ曲が聞こえるという話ですが、園内のBGMが「善徳女王」のテーマ曲どころか、むすんでひらいてみたいなリズムのみんなの歌っぽい曲しか流れておりませんでした。放送当時、善徳で盛り上がっていた時に来たかったです。
    その代わりと言ってはなんですが、夜に寝ようと思ったら、この池に生息するかーえーるーのーうーたーがー、きーこーえーてーくーるーよー…ってな感じでカエルの大合唱が(爆)うるさくて、全く眠れなかったっていうオチがついたところでミレニアムパークネタをしめたいと思いますv

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    豪華!
    mukuge さん

    これは、寝室プラス2リビングといったスイートルームでしょうか?
    いや、豪華ですねぇ。(でも、テレビは箪笥の中に隠して欲しかったかな、とwww。)
    この建物、アメリカの建築雑誌にも紹介されていたようですね。
    midorin | URL | 2013/08/09/Fri 21:19 [編集]
    midorinさんへ
    midorinさん、こんばんはーv
    寝室プラス2リビングではあるんですが、これでも“ロイヤルスイート韓屋”と“スイート韓屋”と2種類あった部屋タイプのうち、安いほうの“スイート韓屋”でした。ロイヤルのほうはもうちょっと広いようですが、庶民のわたしにはこれで充分です(笑)
    そうなんですよ、テレビは現代的だったり、電話はややレトロ風にしておりましたが、内風呂は完全洋風で、トイレにはウォシュレット付きということで、文明の利器を隠せない部分が多々ありましたwww
    へぇ~アメリカの建築雑誌に紹介されていたんですか。故建築専門の大工80人という、景福宮の復元作業の以後、専門木工の最大動員を記録したとのことですから、西洋からみたら、Oh!Wonderful!ってな感じでしょうねー。
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/08/09/Fri 23:28 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2013/08/11/Sun 22:05 [編集]
    ほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv 無事の生還、おかえりなさいませ~♪
    今関東で「武神」やっているんですねー。私、友人から借りたものの、いま観ている「武人時代」からつながる時代の話なので、それが終わってから続けて観ようと思ってて、王様アルチョンもまだお預け状態なんです。早くほっちさんに追いついて、アルチョン様≒高麗王のイ・スンヒョさん観たいですー。でもやはりキャラ的にはアルチョン様に勝るものはないですよね。だってかっこいいもんv
    お嬢さん、あのアラロアラロの無限大蟻地獄のあの歌をマスターされましたか。私は歌の意味がわかっても、一向に歌えきれません。ぜひ「白山一花」をカラオケに入れてほしいです。ナムさんの「愛してはだめですか」はCDに入ったので、もしかしたらカラオケに入る可能性もありますねー。現時点で未確認ですが。
    そうそう、アンサンブルコンサートです!それに行きました。記事にしてないのはなんとなくネタがなかったからだけであって、触れたくなかったわけではないので大丈夫です(笑)
    旅行に行くときは飛行機代がもったいない貧乏性なので、いつもイベントやらなにやらぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうんですが、今回もナムさんイべと古墳ツアーを合体させてしまいましたw
    握手会はファンミに比べたら確かに数秒ですが、私何度かナムさんイベに参加させてもらってるといっても、な~んかナムさんに関しては席運無いようで、実は一度も近くで顔を見たことがないんですよー(爆)だから近くで目を見て、短いなりにも言葉のキャッチボールができたほっちさんはとても貴重な体験をされたと思いますv あ、「私も」は3つめの言葉に対する返答ではないでしょうか?おめでとうございます、両想いですねー(ムフフw)
    そしてリクエストに応えて、手の感触を教えてくださってありがとうございます!手がきれいなのは映像を見てても伝わりますが、感触までは握手した人の特権ですからねー。へぇ~柔らかかったんですかー、意外です。剣タコとかは無かったんですね。(←私もピダムとナムさんがごっちゃになってます。イカンイカンw)
    ヨウォンさんとも握手したいですねー。あの白い美しい御手を握るなんぞ100万年早いと言われたら、ハイタッチでも構いません。てか、触れられなくとも近くでお顔とスレンダーボディを拝んで、光合成をしたいでーす。ほっちさん、あとはヨウォンさんと握手できたら死んでもいいなんておっしゃらずに、良い気を浴びて逆に寿命が伸びるに違いありませんw
    ニュース見ていると、そちら方面びっくりな気温になっていますが、くじけそうになったら手の感触を思い出しニヤニヤしつつw、あと少し(?)の夏を乗り切ってくださいね~
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/08/12/Mon 23:16 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.