ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    伝説の○○○
    こんばんはーvただいま戻ってまいりました。
    といいましても月曜日には戻ってきていたんですが、全身筋肉痛で体がミシミシ言ってましてw、日中は暦通りの出勤でなかなか回復しなかったので、ちょっとゆっくりさせてもらってました。
    留守中にもかかわらずお越しくださっていた皆様、どうもありがとうございました。
    いってらっしゃいという温かいお気持ちからでしょうか、思いがけずたくさんの拍手をいただいてびっくりしました。私がよくやるんですけど、スマホユーザーで続きのボタンを押そうとして間違って先に拍手ボタンを押してしまったのかと思ったくらいです(笑)
    「ちょっと何言ってるのよ、この拍手はあたしへの賛辞よ」とチョム子が横でうるさいんですがそれはほおっておいてw
    ほんとうに嬉しかったです!どうもありがとうございました。

    今回は実質3泊4日の韓国への旅でした。
    直前にいろいろぶっそうな雰囲気も漂っておりましたが、外務省から渡航禁止のお達しが出たらさすがに中止にしますがそうでない場合は、こういう時こそ普段と変わらない生活をというのが私の考えなので、思う存分楽しんでまいりました。

    今回の善徳ツアーは、ソウルからバスで2時間ほどの聞慶(ムンギョン)というところに行ってまいりました。あの最終回のピダム無双の場面が撮影された場所です。
    善徳ロケ地マニアwとしては前からどうしてもここに行ってみたくて、今回やっと念願かないました。
    なんですが、今回あることに気づきました。
    私、自称晴れ女でしてまず旅行先で雨が降らないんですよ。降ったとしても建物内でご飯食べている間の通り雨とかで、被害はそれほどないという伝説があるんです。(おおげさな)
    それは前からなんですが、今回私に新たなる伝説が生まれました。
    それは・・・mukuge工事を呼ぶ女伝説…!(爆)
    1年前の慶州新羅ミレニアムパークにて工事にぶちあたったことは最近やっと記事にしたのでみなさん御存じだと思いますが、今回も工事に泣きをみました。同時に、これで笑いが取れる!と思ってしまった笑われ体質の自分もいるわけなんですがw
    そういえば、同じ韓国では5.6年前に水原に行った時も、華城が工事中でした。もっとさかのぼると、彦根城も姫路城も改修工事にぶちあたったことがあったりしましたっけね…(遠い目)

    それはさておき、聞慶善徳ツアーについては早いうちに記事にしたいと思ってます。1年前の慶州も終わってなければ、実は昨年9月の高句麗鍛冶屋村のこともまだ書いてなかったりするんですが(笑)



    以下今回の旅のダイジェストです。善徳に関係ない部分がほとんどですが、最後にヨウォンさんネタがあります。興味のある方は続きから、どうぞ~v

    駱山公園
    ソウル市内にある駱山公園。
    東大門から山に向かって城壁が続くんですが、その山の上にある公園です。ソウルの街が一望できて、とても景色が良かったです。
    が、ここに来るまでがひと苦労。この駱山公園はタントルネの上にあります。タントルネとは、小高い丘の上にあり傾斜のきつい高台や階段の多い坂の上などにある地域のことを言います。月に届きそうなほど高い場所にあることからついた名前(タントルネ=月の街)だそうです。
    このタントルネにある家は坂や階段で上るのが大変なので家賃も安く、ドラマで貧乏な主人公が家に帰るのに急な階段をのぼっているシーンをよく見るのはそういうわけです。
    この駱山公園のまわりのタントルネには路上アートもしてあって、よくドラマの撮影にも使われるそうです。「華麗なる遺産」でおばあちゃんがころげ落ちたお花の階段も来る途中で見つけました。
    しっかし、きつかったです。汗だくでのぼり、いまだに筋肉痛が尾をひいています(笑)

    東大門市場で買った布団
    今回の旅の目的のひとつである韓国伝統布団。
    あちらのお布団って色の組み合わせとかすごいきれいで、ドラマとか見るときに、衣装とともに布団も真剣に見たりしてる位で、以前からすごく欲しかったんです。東大門市場で買って、早速ホテルのベットにかけてみました(笑)
    本当は陛下と同じようなデザインのがほしかったんですが、さすがに既製品では同じようなものはなく(当たり前w)色だけでもマネして黄色にしてみました。
    え?布団どうやって抱えてきたのかって?これ夏用のペラッペラに薄い布団で、畳むとクッション位の大きさなんで、カバンにすっぽり入りました。

    2013 聞慶陶器まつり
    こちら聞慶にあるKBS撮影所ですが、ちょうど4月27日から5月5日まで「2013聞慶伝統茶器まつり」なるイベントが行われていて、それにぶちあたってしまったようです。
    なんと!セット内の建物をそのまま使ってお店を出店していて、陶器とか売っているんですよ。善徳的にイメージすると仁康殿や徳化宮で商売するようなもので。
    ここの撮影所は善徳に関係なく(たぶん…w)、私的には近くに来たついでに寄っただけなのでそれほどダメージはないですが、もしここのセット目当てに来たとしたら泣けてたでしょうねー。

    昌徳宮秘苑
    ソウル市内昌徳宮の秘苑。
    昌徳宮は朝鮮王朝時代の王宮のひとつで、その後苑である秘苑とも呼ばれる庭園は王を始めとした王族の憩いの場であり、現在では韓国を代表する美しい景観となっています。
    ここに入るには基本的には自由見学はできず、ガイドツアーのみなんですが、ちょうど私達が訪れた時間帯は日本語ガイドの時間だったのでLUCKYでした。
    ガイドさんによると、この宙合楼で子役チャングムが向こうから入ってきて、それが大人チャングムに代わる場面が撮影されたそうで。チャングムはかなり前に見たのでその場面覚えてないんですが、チャングムファン的には、子役トンマンから大人トンマンに代わる石桶くらいに感動する場所なんでしょうね。私は石桶見れてませんが(←根の深い恨みw)

    そして、そしてー!
    伝説の拳
    ヨウォンさんご出演の映画『伝説の拳』観てきました!

    伝説の拳 フライヤー
    別バージョンのフライヤーの中にいた、ヨウォンさんとミセンw

    ヨウォンさんの役どころはファイティングショー“伝説の拳”というテレビ番組のプロデューサー役で、男性と肩を並べてというか男性陣にキビキビ指示を出して仕事をしているバリバリのキャリアウーマン、いかにも業界の人といった役どころです。
    全体的には出番は少ないながらも、開始早々かなり早い段階で登場しまして、いきなりアップで映ったんです。私、大きなスクリーンのヨウォンさんを初めて見たもので思わず「キャーv」と声が出そうになりましたが、耐えて飲み込みましたw
    ネタバレにならないようにヨウォンさんの見どころを語ると(細かいセリフがよくわからないのでネタバレになりようがないんですけどw)、エゲつない言葉をさらっと吐いたかと思えば、そのあとすぐ「Yes!」と満面の笑顔で言うそのギャップがたまらなかったり、また役どころからパンツスーツが多いのかと思いきや、大胆なカットのスカートの衣装もありまして、あの綺麗なおみ腿を拝めますよー!ヨウォンさんファンのみなさま。まさに「伝説のおみ足」ですw
    こういう男勝りな役どころのヨウォンさんを見るのは私的に初めてだったので、なんかとても新鮮でした。トンマンは男勝りっていうか、男でしたからね(笑)

    そしてミセンのほうは、会社の社長でお金持ちのかなりクセのある困ったちゃんな役なんですよ。しかもオールバックでそのいやらし~感じがたまりませんでした(笑)

    映画自体も、言葉がわからなくても十分楽しめました。R19ということでグロテスクな場面があると思いきや、それほどでもなく、アクションシーンもテンポよく、上映時間が長い割には展開も早くて飽きずに見れました。
    途中物語の中心になる3+1人の男性の高校生時代の回想シーンが何度も出てくるんですが、これは誰の青年役か?と当てはめるのに、言葉がわからない分だけちょっと頭使いましたけど。
    韓国内でも興行成績がよいようなので、日本で上映もありそうですね。あとは地方まで来てくれることを祈るばかりです…!
    韓国滞在の最後の夜に、いいモン観れました♪
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださったほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv
    そうです、この公園までの坂道&階段が筋肉痛の原因の8割です。あとの1割は聞慶での山道のハイキング、そして残りの1割は母の好きなおこげ飴1.9KG入り袋他の入ったスーツケースを地下鉄の階段を上げ下げしたことが原因です(笑)
    この城壁と遠くに見える高層ビルがなんともミスマッチで面白かったです。
    韓国語はわかるとは言いがたいレベルなんですが、せっかく上映しているときに行っているんだから行ってみました。思ったより楽しめたので、行ってよかったです。
    地元の映画館で上映はなくとも、きっとDVDの発売があるはずです。そのときは皆でこぶしまつりwしたいですね~♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/05/04/Sat 23:44 [編集]
    拍手コメントをくださった六花さんへ
    六花さん、こんばんはーv
    メッセージしかと受け取りましたよ。ありがとうございます。
    いよいよ明日が待ちに待ったお休みでしょうか。
    ゆっくりじっくりねっとりw楽しんでくださいねー♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/05/06/Mon 20:09 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.