ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2013聞慶への旅 その1 プロローグ
    〈2013年4月の聞慶旅行の記事です〉

    昨年の慶州への旅、新羅ミレニアムパーク編もまだ途中ですが、記憶がまだ残っているうちに、先日行った聞慶の撮影地に関するものを先にアップしようと思います。それほど分量もないと思うので。

    そもそも聞慶ってどこにあるんだって話ですが、ココです。
    聞慶地図
    ちょうどソウルと慶州の間位の位置にあります。はっきり言って田舎です。韓国のwifiを借りて持ち歩いていましたが、ここでは全く入りませんでした。聞慶の中でも市街地に行けば入ったのかもしれませんが、行った先が山の中じゃそれも仕方ないですね。
    という位の田舎で(笑)、ガイドブックに載っているほどメジャーなところなわけではなく、日本語がほとんど通じない場所なので、自力で行くためにかなり下調べをして行きました。韓国語が話せてわからない時はその都度聞ければ問題ないんですが、話せないくせに地方に行きたがりな私なのでw、綿密な下調べは必須です。
    私自身自力で行くのに行った方のブログ等の情報をかき集めて参考にさせていただきまして大変お世話になったので、私も誰かのお役にたてれるよう、私なりの道のりを残しておこうと思います。



    朝5時ホテルを出て、地下鉄2号線江辺駅4番出口を出てすぐの東ソウルバスターミナルへ向かいます。ソウル市内には幾つか市外行きのバスターミナルがありますが、聞慶方面はこちらから出ています。

    東ソウルバスターミナルに入ると、朝の6時前だというのに人がたくさんいます。この日は土曜日だったせいか、皆さん朝早くから地方各地へ行くようで、地下鉄の出口を出た人の流れが皆こちらのターミナルに向かってました。
    バスの時刻は事前に東ソウルバスターミナルの公式HPにて調べていました。行先と日にちを選択するとその区間のその日のバスの時刻が出てきます。ハングルのみのHPですが、地名を選択するだけなのでそれほど難しくはありませんでした。

    バスターミナルに入って1階市外バスチケット売り場は左右にわかれていますが、聞慶行きのチケットは向かって右側のブースの1番奥の窓口で購入しました。
    前もって「ムンギョンカジトゥジャンジュセヨ」と念仏のように唱え練習しておりましたが、チケットを買う列が混んでいて周りも騒がしかったですし、時間を取らせるのも気がひけてあらかじめ「聞慶まで2枚くださいv」とハングルで書いておいたメモを窓口のお姉さんに見せることにしました。お姉さん無表情のまま無言で大きくうなずき、ものすごい勢いで発券しはじめました。かっこいいーw

    バスチケット 東ソウル→聞慶
    買えたv おひとりさま11,900ウォン也。
    特に時間は言わなくても、一番近い時間の便を発券してくれますが、予定どおり6:30の便です。
    これから約2時間の旅、途中トイレ休憩もないので、しっかりここで済ませておきます。

    14番バス乗り場
    14番乗り場からバスは出発します。
    出発5分前になったら運転手さんが現れてバスのチケットをもぎり始めます。これだけバス並んでたら間違って乗ったらどうしようとビクビクしてましたが、運転手さんじっくりチケットを見てもぎってたので、安心して乗り込みました。

    いざ、2時間のバスの旅出発。
    朝一番のこのバスだけは2列+1列の座席配置で座席少な目なんですが、シートがリムジンバス並みに広かったのと、途中の経由地が無く聞慶までは直行だったので、なかなか快適でした。他の時間帯のバスや帰りのバスは2列+2列の普通のバスで、しかも途中清州あたりの建国大という経由地があるため、30分ほど余計に時間がかかります。
    バスの中では朝食として買ってあったパンを食べてみたり、寝てみたり。(だって4時起きですもん/笑)
    朝早いせいで道路も混んでおらず、1時間50分位で聞慶市外市内バスターミナルに到着しました。
    あ、終点ではないので、寝過ごし注意ですよ。運転手さんが「ムンギョーン、ムンギョーン」と声をかけてくれるので、起きていれば降り損ねることはありませんがw

    聞慶バスターミナル
    聞慶バスターミナルです。市内市外兼ねたバスターミナルですが、とってもこじんまりとしています。まわりはな~んにもございません。でも朝8時をまわったところなのに結構地元の人がバス待ちしていまして、大きな風呂敷を持ったおばちゃん達がバスを乗り換え、またどこかへ去っていきます。
    今回は聞慶の中でも2箇所訪れる予定で、私もここからさらに移動します。

    聞慶マップ
    ひとつめの目的地は、“加恩SBSセット場”。もうひとつの目的地は“聞慶セヅェ道立公園”です。
    バスターミナルを挟んで全く反対の場所にあるこのふたつの場所ですが、まずはこの旅一番の目的である「明活山城」目指して、“加恩SBSセット場”へ向かいます。
    陛下~ピダム~、今ゆくから待っててね~v

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    聞慶への詳細な行き方のアップありがとうございます。
    むくげ様、
    突然の、書き込みで失礼いたします。
    6月に訪韓の予定で聞慶撮影所への行き方を探して、こちらのページをみつけました。
    ソウルから聞慶への詳細な行き方はなかなか見つからず、半ばあきらめていたところ
    こちらにたどりつき、大感激です。
    後進のために詳しい行き方を残していただき、 チョンマル カムサハムニダ。
    私も韓国時代劇の大ファンで、訪韓の旅に時代劇のロケ地巡りをしています。
    今までに、羅州の朱蒙テーマパーク、慶州の新羅テーマパーク、束草のソラクシネラマ、龍仁のMBCドラミアに行きました。
    MBCドラミアに行ったのは私も2011年11月です。
    韓国の時代劇のロケ地は京都の太秦とは違い、全体が一つの実在する村のようで、そこにいると本当にその時代にタイムスリップするようですね。
    あと、私はもう1か所行きたいロケ地があるのですが、莞島の海神などのロケ地です。ここもまだ、詳細の行き方は見つけられないでいます。
    もし、おわかりになれば、アップしていただけるとうれしいです。
    むくげ様のページも少しずつ読ませていただこうと楽しみにしています。
    突然の書き込みで失礼いたしました。
    ハーモン・ラブ | URL | 2014/05/01/Thu 10:23 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2014/05/01/Thu 10:25 [編集]
    ハーモン・ラブ様へ
    ハーモン・ラブさま、はじめましてこんばんはv
    管理人のmukugeと申します、コメントどうもありがとうございました。
    わー、私の体験がお役にたてますでしょうか?聞慶に限ってはそうできたらと思って記憶のあるうちにすぐ書いたので、そう言って貰えると本当に嬉しいです。チョンマネヨ~こちらこそありがとうございます!
    ハーモン・ラブさまは6月に行かれるんですね。いいですねー。セヅェの山道などは、寒くもなく暑くもなくちょうど歩きやすいのではないでしょうか?
    そして色々なセット場に行ってらっしゃるんですねー。ドラミアやミレニアムパークなどは普通に観光客なども行ったりしますが、その他は時代劇やドラマがお好きな方じゃないとなかなか行かない場所ですよね。凄いです。私はドラマや時代劇は好きですが、ロケ地としては「善徳女王」関連の場所しか情熱を傾けていないので(笑)、羅州も束草も行ったことないです。
    そして莞島のセット場も上記の理由で行ったことがないんですが、韓国観光公社のHPを見てみたら何度もバスを乗り換えていく結構ハードルの高い場所ですね(汗)さらに片言の韓国語しかしゃべれない私にはたどり着くのが難しそうです。お役にたてずにすみません。
    鼠の夢の国は周りの世界と遮断されていて外の世界が見えないようにして夢に浸れるようにしていると聞いたことがありますが、時代劇のセット場も田舎にあって、周りが山だったりしますから、ほんとその世界に入り込んだ気分になりますよね。
    ハーモン・ラブさまが聞慶に行かれましたら、よかったらまた感想お聞かせくださいねー。コメントありがとうございましたv
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/05/02/Fri 22:36 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。