ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    母上と呼びましょうか?
    Happy Mothers Day

    事情を知らないトンマンに見られて、
    「花を贈るのは私だけではなかったのか?あの時恥ずかしそうにくれた割には花を贈り慣れているじゃないか。ピダムは璽主と一体どんな関係なんだ?もしかしてピダムは熟女好きなんだろうか?@☆#<%?(←思考回路崩壊中)」
    なーんてことにならないことを祈ります(ないない/笑)
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださったほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv ほっち家ではどんな母の日をお過ごしでしたでしょうか?(^^)
    いや~迷ったんですよね。
    ピダムはミシルが母だとしても、感謝の心なんてあるはずがないですし、母に感謝する“母の日”というイベントにはあまりふさわしくない二人なんだよなーって。
    でも画の雰囲気で無理やり当てはめてしまいました。
    しいて言えば、「母の日の贈り物をしてやるから、公主様の合従に応じろ」みたいな脅しまじりwな感じでしょうか。
    そしてトンマンが、「私には野で摘んだ安い花なのに、ミシルには買った豪華な花束なんて、ヒドイ!(--#)」なんて言うめんどくさい女じゃないと思い甘えてみました(笑)

    ほんと、ミシルの美貌、若作りは妖怪なみですよね。
    そしてソファの老け方は仕方ないですよね。子どものいない私が言うのもなんですが、子どもがお腹の中で育っていく過程を経ながら、徐々に母親の心構えを身に着けていくものだと思うんです。その心構えもないまま、いきなりお母さんになれって言われても、難しいですよね。そんなんで子育てで苦労しつつ、生活環境の自然条件の悪さもあって、そりゃソファ老けてもしかたないかなっと。
    でもそうは言うものの、20年ほどたっていますし、ミシルが異常なだけでソファやムンノが普通なのかも。ミシルは房中術や美を武器に王に使える一族、ましてやそのエースたるミシルですから、老けるなんてとんでもない!な話だとも思いますし。

    旅のほうもありがとうございます。旅の話って、興味がない人にはほんとつまらないものになると思うんで、できるかぎりわかりやすくをモットーとしてるんですが、ほっちさんにわかりやすいと言ってもらえて、今ガッツポーズしちゃいました(笑)
    もうちょっと前置きが続きますが、その次はいよいよ善徳ロケ地に突入しますので、よろしくお付き合いくださいね~
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/05/13/Mon 21:18 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2013/05/15/Wed 01:59 [編集]
    六花さんへ
    六花さん、こんばんはーv
    いっつも私のお遊びにのっかって楽しんでくれてありがとうございまーす♪

    >「赤い花は情熱の証」ってそういやカターンから聞いたことのある…!

    どんな経験や知識も惜しみなく応用して実践するトンマンですが、よりによってそれを今思い出してカーネーションに結び付けなくてもいいのにー(爆)
    でも、そうやって悶々とするトンマンがかわいく思えてしまいますv

    あっ、スペシャル見られましたか?
    ええ、透明テーブルだったらどんなに良かったことかと、私ももちろん六花さんに激しく同意いたしますわよ!
    オムさんはなんでしょ。ユシンだとあまり萌えないんですけど(失礼…!)、オフモードのオムさんはめっちゃ好きですね、私。なんか醸し出す空気が面白くて。
    おでん食べるナムさんも良かったですが、フライドチキンをむさぼる図だったらもっと良かったのにと思わずにはいられません(笑)
    私はトン&ピの絡みはもちろんのこと、体育会系肉体的パグィもかなりツボりましたw

    「青い霧」はオススメですよー。ヨウォンさんがもうとてもかわいくてですねー。でもって、女性としての変化も楽しめて2度美味しい感じです。
    でもこのドラマって、10年以上も前のドラマなんですよね。そんなに年月を感じさせないヨウォンさんの今の美貌に乾杯です!
    六花さんの次のお休みに、黒い人がレンタル屋さんに先回りして借りしめしていませんようにw
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/05/15/Wed 23:06 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.