ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2013聞慶への旅 その5 加恩SBS第二セット場(明活山城正門・阿莫城第一関門)
    〈2013年4月の聞慶旅行の記事です〉

    第一セット場はモノレールを使って上がってきたことからもわかるように、山の上にあります。
    その下のほうにふと目をやると、第二・第三セット場の姿を見下ろすことができました。
    第二セット場 1
    これは第二セット場の城門セットです。
    61話 明活山城1
    61話にて、チュジン・ホジェ・ポジョンがユシンの部隊をひきつけている間に、がら空きの明活山城を奪取しに来ているピルタンたちです。こんなところから城の偵察をしていたんですね。

    では次の目的地、その第二セット場へ。
    来るときはモノレールに乗ってらくらく来ましたが、今度は第一セット場の一番奥にある城門をくぐってその先にある山道を徒歩で降りていきます。結構急な坂です。転がり落ちないよう要注意。
    坂を下り、道が平坦になったあたりに城壁が見えてきました。
    第二セット場 2
    そうそう、これこれ、よく他の時代劇でも見る城門です。何かのドラマで使われた後なのでしょうか、今は「春州城」と額が掛かっています。
    61話 明活山城入場
    ピルタンが制圧後、ゆうゆうと入場するピダムとその一派です。
    この場面で「明活山城の正門」とテロップが出るので、ここが正門のようです。あのピダムの最後のシーンのまるいボディの門が正門なわけではないんですね。

    第二セット場 3
    門の向こう側には民家のようなセットが見えます。善徳と関係ない…と思う(たぶん)ので、ここでは多くはふれませんが、きっと何かのドラマで出てきてたりしてたんでしょうね。私韓国の時代劇は好きで結構見ているほうだと思うんですが、善徳以外のものはびっくりするほどすぐ忘れてしまいます。
    扉には金属の板が貼られてますが、激しい戦闘シーンに使われるので、デコボコ痕がついています。
    10話 阿莫城城門攻撃
    確かに10話の阿莫城の戦いで、ソップムが除夜の鐘戦法でこの扉をガッツンガッツン突いてましたw

    損傷しているのは、扉だけではありません。
    第二セット場 4
    城壁を横から見ると、石の塀の端の部分が木に…!というか、本式で大きな石を積み上げて城門を作ったのではなく、木の土台の上に、石をタイルのように加工したものを貼っているんですね。
    言われてみればセットなのでそれが当たり前なんでしょうが、普通にみていると本物の石が積みあがっているようにしか見えないので、驚きです。
    第二セット場 5
    しかも、しかも、なんと!
    石のタイルならまだしも、よく見ると頑丈な石と見せかけておいて、触るととぽこぽこした手触りの発砲スチロール製の石がところどころに…!なんとも衝撃的なものを見てしまいました(笑)
    それも仕方がないかもしれません。
    10話 阿莫城 第一関門
    ここの城門は、阿莫城の戦いのエピソードでは阿莫城の第一関門として使われています。人がよじ登るわ、火砲はぶっ放つわでなんとも激しい。まぁ、善徳だけじゃなく他のドラマでもこんな使われ方をしていますから、使っていくうちに補修が必要なほどボロボロになっても仕方ないことですよね。

    第二セット場 6
    門をくぐって通り抜け、城門を反対側から見ると、また正面から見たのとは違った雰囲気になりますね。
    裏からは階段があって楼閣に上れるしくみにはなっていますが、立ち入り禁止の札がかかっていました。まぁたとえ禁止の札がかかってなくとも、あのハリボテっぽいところを見てしまったら、怖くて上がれないですけど(笑)
    10話 阿莫城火の玉
    これも10話の阿莫城の戦い時ですが、裏側まで火の玉が飛んできております。このあたりに木の砦のセットがあるんですが、当たったら完全に火事になってしまいそうです。当時はそのあたりには何もなかったのか、それとも火の玉はCGなのか???
    10話 震えるトンマン
    そういえば、この関門の城壁の上で、トンマンは初めて人の命を直接奪ったんですよね。仲間の命を救うためにとっさにしたこととはいえ、手の震えが止まりません。まだこの時は震える手を握って慰めてくれる人とは出会ってなかったんだよなーなどとしみじみ思いを馳せてしまいました。

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださったほっちさんへ
    ほっちさん、ふたたびこんばんは~v
    お気遣いありがとうございます。お返事も自分のペースでさせてもらってるので大丈夫ですよー。むしろ書いた記事がきっかけでお話できるのが嬉しいですし、その伝えてくださるお気持ちしっかり受け取らさせていただきましたんで(ガシッ)。
    あらほっちさんも花粉症なんですね。しかも重症!?毎年大変ですよねー。この季節スギ花粉のない北海道へぜひ。私もシラカバのないそちらへ。交換できたらいいのに、そうはうまくいきませんよねー(笑)
    発砲スチロールは全箇所というわけではなく、あくまで補修の部分だけだと思うんです、たぶん。でも、あまりにも現実的すぎて夢壊しちゃいますよね(^ ^;
    「ピダム最後の地」については今書いているところで、明日あたりにはアップできるのではないかと思うので、しばしお待ちくださいねー
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/06/09/Sun 22:41 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。