ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    2013聞慶への旅 その7 加恩SBS第三セット場(万弩城・速含城・安康城・大耶城)
    〈2013年4月の聞慶旅行の記事です〉

    第三セット場の城門セットをまだまだひっぱります(笑)

    第三セット場 7
    工事中につき近づかせてもらえなかったので、ささやかな抵抗でズーム越しに近づいてみましたw
    62話にて侍衛部のフクサンについて調べてきたサンタクが真ん中の扉から城内に入ろうとしますが、隣の小さい扉から入ってきたヨムジョンに捕まりそうになり慌てて逃げ出す場面なんていうのもありました。
    61話 明活山城門
    二重になっている門のつくりが面白そうだったので見るのが楽しみだったんですが、そこも残念でなりません。

    そしてこの城門、明活山城の印象がかなり強いですが、実は「善徳女王」中、他のいろんな城としても使われていたりします。

    5話 マンノ郡1
    あるときは、トンマンが鶏林に到着してムンノを探してにまずやってきた万弩城(5話)であったり、

    10話 速含城 1
    あるときは、阿莫城が陥落寸前との早馬が城門を駆け抜けていく、百済軍が占領している速含城(10話)であったり、

    39話 安康城 全景
    あるときは、城主の暴政に怒った民が反乱を起こす安康城(39話)であったり、

    50話 テヤ城5
    そしてまたあるときは、ミシルが反乱を起こして敗走し、最後にはそこで自害する大耶城(50話)であったりしました。
    こうして見てみるといろいろな場所として使われていますが、意識して見ようとするまでは全く気付いてなかった私であります。

    横からも見てみます。
    10話 速含城jpg
    10話、阿莫城に敵をひきつけさせて、敵の裏をかいて速含城を攻撃するソルォン軍。
    おっと、この城門でも激しい戦闘が。
    第三セット場 1
    ブルーシートがかけられた城壁の向こうには、楼閣があります。私が行ったときは「芙餘城」?難しい字体で読めませんが、そんな城の名の額がかかっておりました。
    小耳にはさんだ話によると、あの私と因縁のあるw「大王の夢」がここで撮影されているようですが、行く前は、ドラマの撮影なんかとぶつかっちゃって見せてもらえなかったらいやだわーなんて話してたんですが、これならドラマの撮影で見れなかったほうがまだ良かったのではないかと今なら思います(笑)

    第三セット場 2
    こちら、城門を背にして見てみましたが、遠くには山があり、そして城門前の広場の奥のほうには、てこの原理で石を飛ばしたりする戦闘シーンにて使われていそうな大がかりな武器や、吊るして拷問用の木枠などがそのまま置かれております。
    50話 テヤ城2
    50話でミシルが降伏した大耶城へ入城するトンマン達ですが、そのうしろにこれらの武器が映っております。当時のものと同じものかはわかりませんけど。
    39話 安康城暴動
    39話、奥から安康城へ向かって、民が押し寄せてきます!
    こうしてみてみると、山の形は当時と同じままで変わっていませんねー。や、3,4年位じゃそうそう変わるもんでもないですけど。
    役者さん、スタッフさんはもちろんのことですが、大勢のエキストラのみなさんも、山奥までお疲れ様でした…!

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.