ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    徐羅伐コレクション 公主編 その17
    いよいよ徐羅伐コレクション公主編の最後の衣装になりました!
    ミシルの乱集結から即位前日までのほんの短い時間に登場したこの青い衣装で、公主様仕様ファッションも見納めになります。ヨンチュンが真平王の葬儀後「国葬中につき、初七日で即位式を行います」と言っているので、本当に何日も着ていなかった衣装だと思われます。

    ●全身
    徐羅コレ17 全身
    最初この衣装を見たとき、以前着ていた青い公主の日常服(徐羅コレ7)の上に新しくしつらえた広い襟の付いた羽織りのような外衣を上から着ているのかと思ったんですが、以前のは衣のそで口が紺色だったのに対して、今回のは水色のそで口になっています。衣の模様はいつものお花と鳥の刺繍に見えるのですが、何せ登場シーンが少なく、また全身で映っている場面が少なく判断し辛いです。
    しかし、青の色合いも光の加減のせいもあるかもしれませんが以前の青よりよりは濃い青のように見えますので、この衣は別物と考えていいですね。

    ●横姿
    徐羅コレ17 横姿
    外衣ですが、ぱっと見袖付きか袖なしかわからなかったんですが、あ、公主様の肩ひもがチラリズムw これは裳に付いていて肩にまわしているひもなので、この上に羽織っているものは袖なしタイプのようです。しかも以前の青い衣装は衣と裳のひもが同じ色(つまり前に見える裳も同じ色)でしたが、今回のは衣と裳のひもの色が違っているのでよく見えます。

    ●外衣
    徐羅コレ17 模様
    最近着ていた朱色の襟付きの外衣には肩の部分に大きく何色かで鳥の模様の刺繍が入っていましたが、今回のは銀糸一色でぜんまい!?のような植物の模様が刺繍されています。
    そして襟の周りには、公主追認式のとき(徐羅コレ2)の衣装やミシルと会談したとき(徐羅コレ13)の衣装みたいに、襟の周りに銀の装飾品がぷちぷちっとついています。
    また前のほうにも円い銀の細工に鎖がいくつも下がった装飾品が垂れ下がっています。今回の衣装は色使いはシンプルなれど、結構装飾品が付いていて、今までのものと比べると日常服にしては豪華な部類に思えます。

    ●髪型・髪飾り・耳飾り
    徐羅コレ17 髪型・髪飾り
    結局、日常では公主時代を通して、この金の髪飾り一本やりでしたね。よっぽど気に入っているのか、節約なのか…。いや、やはり同じ型で何度も新しいものを作り直していると思っておきましょう(笑)
    耳飾りも公主時代後半(徐羅コレ13)に付けていたものと一緒です。今までは耳飾りの色を衣に合わせたような色合いにしていることが多かったんですが、これはどうも使いまわし感が否めません。いえ、色のトーンを合わせるだけがファッションではないんでしょうが、私的にはこの衣装にこの耳飾りがしっくりきません。
    そしてカチェなんですが、今回のはトンマンの地毛に対して黒々としていて、いかにも付けています!という感じです。光の加減のせいなのか、いつもより境目がわかるような。
    地毛でなく他人の髪をモリモリ盛ってつけるのが高貴の象徴でもあるので付けてます風でもいいんですが、このカチェがちょっと黒い毛の新作なのか、それともカチェはいつものですがミシルの乱で遠征して外で日に当たっている時間が長かったためトンマンの地毛のほうが日に焼けて前よりもちょっと茶髪になっちゃったのか、気になりますw

    ●この衣装の名場面
    51話 私のためであろう?ありがとう
    51話 私のためであろう?ありがとう
    53話 聖君とは?
    53話 聖君とは?

    ●登場話
    51話・53話

    ●総評
    徐羅コレ公主編も17回目ということで、数えてみると公主時代は17着着ていたんですねー。ま、兵士の服やらなにやらを含めるなって話なんですがw

    公主時代後半で着ていた日常服は、1枚多く着ているので私自身勝手に秋冬コレクションなんて言ってましたが、今回のように襟が肩の部分まで広がっている外衣が登場しました。こういうタイプは公主追認式の時のような儀式時や、ミシルとの会談の時のような外出時にはすでに着ていましたが、日常服としてはミシルが反乱を起こし、王宮から逃走して以降に登場しています。
    こういった襟の広い外衣を羽織るスタイルは、色合いやデザインは違えども、ミシルがよく着ていたように思います。ミシルが着ているのである程度お歳を召した方の物(←璽主に怒られるか?w)かとも思いましたが、マヤ皇后もマンミョン夫人もあまり着ているのを見かけません。
    トンマンがミシルのマネをして外衣を羽織るようになったとかそういうことではもちろんないんですが、公主に成りたての頃は、トンマンにとっては圧倒的な強さを持っていたミシルでしたが、次第にそのミシルにトンマンが肩を並べ、そしてその後ミシルが最後に夢見たものの着れなかった王の衣装をトンマンが身につける。
    ただの衣装ですが、その衣装の変遷を見ているとトンマンの成長の過程を表しているかのようにも思えて、面白いなーと思いました。

    ということで、かわいいトンマン公主を眺めて皆で一緒にニヤニヤしようという企画にお付き合いくださいまして、どうもありがとうございました!
    次からは、やっとこさ女王編に入りますので、引き続きよろしくお願いいたしますv

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださったtadaさんへ
    tadaさん、こんばんはーv
    暑中お見舞い申しあげまーす。一番拍手くださったんですね、ありがとうございます。こちらからなにかプレゼントしたいところですが、逆にお土産持参でありがとうございます。tadaさんからいただいた氷柱でかき氷つくってみましたー。美味しいです♪私は練乳味とカルピス味が好きですv(←聞かれてないw)
    そうなんですよー。この衣装、着ている場面は少ないながらもトンピツーショ率は高いんですよね。しかも上の場面と下の場面って何日も経っていないはずなのに、ピダムの顔が全然違うんですよね。今後自分がどうあるべきか悩み、「あなたのすべてを奪います」という自分のスタンスが見え腹をくくったから…にしたって、変わり過ぎじゃない?っていう(笑) 二人の間に他に何かあったんじゃないかと、ついつい勘ぐってしまいますw
    次は即位式の予定です。豪華でいじりごたえがあるので、ひとりでニヤついてます。
    そして、喉のほうですが、お見舞いくださったせいか、すぐ花粉の季節も終わり鼻水もすっぱり止まり喉の痛みも治まりました。
    これ耳鼻科で言われたのですが、おっしゃるとおり、鼻水・鼻づまりと喉の痛みは密接につながっていて、鼻水は夜寝ているときに喉の奥に流れて喉に炎症を起こし喉の痛みにつながり、そして鼻づまりは夜寝ているときに鼻で呼吸できずに口で呼吸してしまうので、のどが渇き炎症を起こし喉の痛みにつながるということです。そして私はぜんそくや風邪でもないのに夜中寝ているときだけ咳が酷い時があるんですが、これも原因は喉の奥に流れる鼻水のようでして、鼻炎薬で咳も止まるんです。tadaさんの喉痛も鼻治療で治ったというのもうなづけますよね。
    花粉症が治まった今は、熱中症に注意ですね。tadaさんもお気をつけて~
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/07/16/Tue 21:06 [編集]
    遅れちゃってごめんなさ~いv
    焼き肉パーティー会場はここですかしら。・・・えっ、とっくに終わったー!?しかも旅の途中でお留守ですとな!? orz

    いかんわ~、焼き肉と聞いて肉を焼く火を想像しただけでも、あ、暑い!てぼやぼやしてる間に!ああっ、六花さんと二人だけでおいしいものを食べて楽しい時間を過ごしてたなんて・・・(/ω\) 口惜しいからおみやげのひよこポッキーを全部一人でくったるー。ボリボリ。

    でポッキーかじりながらおかえり待ちますmukugeさんvお菓子のくずを散らかしつつv←大迷惑 で、本題ですが素敵ですよね~この衣裳も。やはりトンマンといえば青が似あう。ヨウォンさんの好きな色も青。トンマンの知性と落ち着きを際立たせるこの衣裳、似合わぬはずがありません。公主の最終進化形がこれって事ですかね。

    ●全身

    〉〉青い公主の日常服(徐羅コレ7)の上に新しくしつらえた広い襟の付いた羽織りのような外衣を上から着ているのかと思ったんですが

    そういや「その13」の今回の赤バージョンみたいな衣裳の時も同じような事言われてましたねmukugeさん。でも今回もそで口の色が違うからそうじゃないですね、て結論になってるわ~以前の公主服No・7は袖口が紺だから。て。

    ・・・でも待てよ?この袖口と袖との間の緑色が気になる・・・!と思ってNo.5の緑な公主衣裳をよくよく眺めましたが、緑衣裳の袖口の色、同じ青系統でもこの記事の衣裳とでは明るさが違うようですね。やはりちゃんと別物として仕立てられている?いかんですね、トンマンの衣裳だからリサイクルという罠が仕掛けられているに違いないという疑いが先に立っちゃってv

    ●横姿

    そして何度も映像で見てるのに肩ひもには気づきませんでしたー。羽衣やら肩ひもやら、公主服は色んなものがチラリズムなのですね。油断は禁物ですねー。さすがカメラ小憎mukugeさんの目は何物をも見逃さないのですね!

    ●外衣

    手持ちの画像を見てもなんとなくしか分かりませんが、肩の部分の模様は青いお花が咲いているようなので、つる草系統の、例えば鉄扇みたいな花の模様かなーと。たぶん。ちなみにわたくし、ゼンマイの煮つけは好物ですvビビンバには必須ですよね!

    ●アクセ

    耳環は、鳥かごの中の玉が赤ですしねえ・・・確かに他になかったのか?と。皇后様から譲られたものってことで、即位直前というゴージャス感を出そうとした、のでしょうか。(苦しい)でもとりあえずこの時のアクセはゴールドじゃないとイカンと思うのでそこは外れてなくてよかったかな、とv

    せっかくですからnaschenkaのサイトから、このイヤリングがいいというmukugeさんセレクトを教えて戴けないものか・・と思って、久々にnaschenkaのサイトを覗いたら、なんか「嬉しいお知らせです。海外通販が可能になりました」て出ましたYO!それとテファンシクを直接耳につけてるモデルさん@現代ファッションがいましたー。耳たぶびよーん気味でした。あと耳にかけるタイプのイヤリングも発見です。

    んでヅラ・・・じゃなかったカチェなんですが、トンマンがカチェを外したのは兵士コスする時で、その後逃亡し、王宮に戻り、公開尋問と外回りが長かったので、侍女が一生懸命手入れした公主様のおぐしも茶髪化して、隠してあったカチェとは色みが違っちゃったんでしょーねー。即位が近くてこのカチェをつけるのもそう長くないでしょうから、新作はいらん!て倹約公主様なら言いそうですし。

    ところで、そういえばこの肩ガッチンタイプってチョンミョンは一度も着た事ないような・・・?じゃあやはり年齢?アラサー以上になると着るとか・・・???マヤはマノに会いに行った時、マンミョンは女王陛下の前で座り込みしてた時に着ていたような気がしますが(未確認です)、どういう時に着るかというと、その法則が見出せません。

    と、一つの衣裳だけでも謎が色々と湧きだします。そして語り尽くせぬというのにもう公主編は終わりなのですねー!寂しゅうございますが、即位式の大礼服の特集、楽しみにしてま~すv
    りば | URL | 2013/07/27/Sat 23:30 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2013/07/27/Sat 23:47 [編集]
    りばさんへ
    りばさん、大変遅くなってすみません(汗・汗・汗)色々貴重な情報をいただいたので、飛び回ってみてきましたらこんなに遅く…ひよこポッキーはもう残ってないですよね?あ、ほわんとかわいいひよこパッケージの箱の中に、1本だけ残ってましたー!いっただっきま~すv
    六花さんとの焼肉パーティは終わっちゃったんですけど、ひきつづき後夜祭開催中です。ささ、酒の肴はこの青い衣装のトンマンにて。この焼きとうもろこし美味ですよ、ささどうぞ~

    ええ、ええ、この公主編を通してみてみれば、リメイク疑惑?とか、使いまわし疑惑?とか、お下がり疑惑?とかそういうのが多かったものですから、ついつい疑いから入ってしまいますねw
    それでもトンマンはきっちり美しく着こなしてますし、最終的には自分のものにしているトンマンが誇らしく思えますv

    naschenkaのサイトはたまーに思い出した時にのぞいてはいたんですが、この間私が見たときには海外通販はまだできなかったです。
    この間は上に言語選択バーができていたんで、あら日本語ページができたのねーと思ってポチっとしてみたら、ブランドの日本語での紹介と私が買った「韓流旋風」の善徳女王アクセサリー特集がそのまま掲載されておりましたw
    あのトンマンの耳飾りが欲しい気持ちは今も変わりませんが、以前買おうと思ってお店に行くも閉まってて買えなかった時のウォン安を考えると、今のレートでは踏ん切りがつきませぬ…もうちょっと買いやすいお値段になったら試してみたいと思いますv
    そうそう、りばさんに言わなきゃって思ってたんでした。太環飾タイプと耳掛けタイプのものが出たんですよね!さすがnaschenkaわかってらっしゃるw  でも、私のファッションに付けたら確実に浮く自信があります(笑)

    んで、緋翠さんの壁紙記事!?私絶対に読んでるはずなのに…!大至急掘り起しに行ってみました。ほんとだー前の丸い装飾品は銀→金ってなってますね!映像を繰り返してみても良く見えず、銀かと思っていたら金だったんですね。王位へのステップアップとしての装飾…素敵ですv
    緋翠さんの記事を確認したときに壁紙画像ももう一度じっくり見させてもらったんですが、この外衣の肩の部分の模様もありまして、りばさんがおっしゃるように鉄扇みたいな花とぜんまいw模様でしたね。

    そして、耳飾りのmukugeセレクトですか?茶々を入れるのは得意ですが、かといってセンスがあるわけでもないので選べと言われると難しいですね(爆)その金の丸い装飾を考えると、耳飾りはやはり金色がいいですね。即位式で本格的な太環飾をつけますが、それより少し小ぶりのnaschenka版太環飾でいかがでしょうか?即位式までに耳たぶを鍛える意味でもw

    肩ガッチンタイプの登場場面、確認してまいりました!ホントですねー、マヤもマンミョンも着ていました!そしてマヤが姑であり大御所マノへの訪問着、マンミョンの息子の命をかけて陛下の前での座り込みする特攻服ということで、超気合を入れるときに着るという法則はいかがでしょうか。ミシルは…年がら年中気合入ってるんでこのタイプを着っぱなしってことでw
    トンマンがこのタイプを着ているのは、ミシルが乱を起こし、王位へと近づいているときであるので、気合はみなぎるほど充分ですしねv

    あと、教えていただいたブログまだ全部は見れてないんですが、行って来ましたよ。衣装の写真見ているだけでテンションあがります♪
    あの魂トンマンの衣装って肩ガッチンの上着を脱いだら、公主の日常服と同じデザインで、天女のはごろももちゃんと付いているんですねー。面白いブログを教えてくださってありがとうございました。まだエピソードまで読めてないのですが、これから読むのがたのしみでーすv
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/08/01/Thu 00:04 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.