ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    徐羅伐怪伝説
    出たがりのアイツが帰ってきた!

    残暑お見舞い申し上げます

    残暑お見舞い申し上げますv

    って、暦の上では残暑ですが、残暑どころかまだまだ猛暑全開ですよね。
    そんな暑い毎日を送っている皆様に、少しでも涼しくなれるように徐羅伐に伝わる怪談ばなしをひとつ。。。

    千年新羅の都として賑わい、栄華を誇った徐羅伐は、新羅が滅んで高麗の時代になると人々は去り、さらに元の侵攻によって都は焦土と化した。
    残ったのは雁鴨池と芬皇寺、瞻星台のみ。廃墟の寂しさに耐えられなくなった芬皇寺と瞻星台は夜になると歩み寄り、池を隔てて向かい合い、夜が明けるまで在りし日の思い出を語り合ったという。
    そして今でも芬皇寺と瞻星台は、雁鴨池をはさんで向かい合うように建っている…。

    なんということでしょう…!あの石造建築物が夜な夜な歩いて動くとは…!怪現象ですね、ホラーですね…!

    徐羅伐伝説

    チョム子~~~v元気~?
    プヌァ美~~~v私はちょっと太っちゃった~あなたは~?

    って雁鴨池が、キャピキャピ娘たちの井戸端会議場になっちゃってますけどーwww

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださった六花さんへ
    六花さん、こんばんはーv
    りばさんに「椅子に座って立ち上がったら、自分のお尻の汗で濡れていたのにはびっくりしました」という私にびっくりしましたと言われたんですが、Q州人の六花さんも毎日お尻べちゃべちゃですかー?(←なんという質問w) 
    そうそう、六花さんとこ行って報告せねばということがちょうどあったんですよー。六花さんの大好きなめんべいv、先日お土産にもらったら、超美味しい♪ですね。あのほどよい固さとピリリ感がとても私好みでした。しかも我が家でも大評判でしたね。六花さんが好きなのが納得です。そしてりばさんとのコラボ企画も首を長くてして待ってますv

    でもって、やったゼ。またチョム子で六花さんが釣れました(笑) チョム子はですねー、慶州名物皇南パンが大好物なんですよ。パンと言ってもなかはあんこがぎっしりの薄皮まんじゅうですからね、あれ。ついつい食べ過ぎちゃって石一個分太っちゃったみたいですよw
    「在りし日の思い出」はやはり陛下ばなしですね。「あーあのときの陛下は本当に綺麗だったわ♪」とか、「実はいまだから話しちゃうけど、陛下と司量部令、私の頭の上でお忍びの天体観測デートしてたのよね」とか、話していたらしいですよ。

    暑くてストレスもたまる毎日をお過ごしの皆さんに、ほのかな笑いで癒しになってもらえればと思ったんですが、六花さんにテンションがあがると言ってもらえて、私もチョム子たちも本望です!今度、二人のキャピキャピトークに乱入しましょうね。待ち合わせは雁鴨池でw
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/08/19/Mon 21:57 [編集]
    笑えました
    mukugeさん
    国宝(?)同士の恋、という感じでしょうか(笑)。怪談というより、笑ってしまいました。
    昔、「奈良の大仏と鎌倉の大仏が愛し合う、ハードゲイを一歩進んだヘビーゲイの世界」なんて漫画があったのを思い出しちゃいました。
    midorin | URL | 2013/08/20/Tue 21:38 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2013/08/21/Wed 15:59 [編集]
    midorinさんへ
    midorinさん、こんばんはーv
    昔の人って、発想が面白いですよね。この話読んだ時に、どうしてこのでっかい石の建築物を歩かせちゃったんだろうって思いまして(笑)
    奈良の大仏と鎌倉の大仏って、これまたスケールのでかい恋愛ですね(爆)
    うちのチョム子とプヌァ美はその気はないようでw、ただの女子会なのでご安心を(?)
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/08/21/Wed 22:21 [編集]
    今日はお尻べちゃべちゃじゃないですw(え・・・)
    涼しそうな北海道はいいなあ・・・でもだからって冬にあんなに雪が降るのも含めて羨ましいか!?と言われると、うーむ。

    そんなこんなでmukugeさん今晩はーv今日もやや足がベタベタしつつ今晩はーv7月・8月の平均気温の高さ全国1位県から今晩はーv(しつこい)

    なんかこの、麦わら帽子かぶって夏を満喫!な感じの元気いっぱいチョム子見てたら暑さを忘れましたわー。一瞬w花火見物しながら石氷庫アイスを山のように食べてるに違いありません。(あ、それでちょっと太っちゃっ・・・・わ、また石とんできたー!←お約束)

    んで怪談話にも爆笑です。ありますよね~巨大仏同士がおしのびデートするとか、どっかを訪問するとかいう話って各地に!

    地元だと久留米というところに眉間にダイヤはまってる慈母観音像(62m)があるのですが、夜中に筑後川の水をのみにいくとか。うっかりダイヤおっことしてる伝説もあるかもしれません。

    ところで、やっぱりプヌァ美ちゃんが女子会に興じる時は、お供の仁王さんズ、オットセイや獅子さんたちは雁鴨池で水浴びするんですよね?ww

    それにしても惜しまれるのは、九層木塔ちゃんが残っていれば、善徳三人娘としてさらに盛り上がっていただろうに・・・という事です。のっぽのお姉ちゃんの思い出話をお盆にやってるかもしれませんねー、二人で。

    そして女王様の一番のお気に入りは誰か、私にきまってるでしょ!?という競争もきっとあるに違いない。二人(もはや普通に人扱い)の秘密の打ち明けっこもぜひこっそり聞きたい・・・!!司量部令とどんな会話を交わしてたとか、その時二人はどこまでいってたかとかv(オイ)
    りば | URL | 2013/08/21/Wed 23:36 [編集]
    ほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv
    すいません、すいません、なんでもついついお笑い話にしてしまう私の性ですね。
    チョム子の大好物ですが、皇南パンがもともとあって、あとから慶州パンとかの類似品のお店ができたようです。見た目はそっくりですが、中のあんが各店微妙に違うらしいのです。私は皇南パンしか食べたことないんですが、これは甘すぎるものが苦手な私でも、美味しいーvとなりました。今度慶州パンのほうも食べてみたいと思います。
    石一個分でも太ると、チョム子の場合ボディバランスが取れなくなってしまうんで、とりあえず足(どこ?w)に砂袋つけさせて、野原を走らせております。痩せなかったら、仏頂面して「追加」を命じますw

    こちらも最近は突然スコールのような雨が降ることが多いですね。でも昨日今日と関東地方がすごかったらしいですね。ほっちさんのところは大丈夫でしたか?水不足で稲作が大変なところもあるようですし、バランスよく降ってくれればいいんですがうまくいきませんね。
    そうそう、いただいた数々のヒントを総合して、ようやくほっちさんお住まいの場所がわかったような気がします。日本地図見ながらここで生活しているんだなーって思ったらより存在が身近に感じました。ネットでのつながりですが、まるで顔が見えるようでとても嬉しいです。教えてくださってありがとうございました(^^)

    そのほっち家の庭ですが、44度…!びっくりです!車の側面とかうっかり触っちゃったらやけどしちゃいそうですね。
    >焼き肉の気持ちがわかりました
    ごめんなさい、なんでここだけ引用するんだって感じですが、それほど暑いってことなのはわかってるんですが、この表現がとてもかわいくってついつい笑っちゃいました(笑)
    こちら札幌はお盆を過ぎまして、朝夕は半袖の上にカーディガン羽織ってもいいかなってくらいに涼しくなってきました。日中はもちろん暑いんですけど。

    来月の旅も今ちまちま予定を立てているんですが、ちょうど行くときに日本でいうお盆の秋夕にひっかかっていて、国内の交通機関の予約がうまくできなかったりであたふたしてるんですよー。当初はソウル近郊の予定だったんで、あんまり秋夕のこと気にしないで日程決めてしまってたんです。でもなんとしても移動しなくては。陛下人形に会うのも一筋縄ではいきませんね(笑)
    お気遣いありがとうございます、気をつけて行って来ます。まだ一ヶ月先ですけどw また自転車で走り回って少しでもネタ拾いたいので、天気がいいことを祈るばかりですv
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/08/22/Thu 21:25 [編集]
    お尻さらさらのりばさんへ
    りばさん、こんばんはーv
    え?今日はお尻べちゃべちゃじゃないんですか?吸水性バツグンのマイクロファイバータオルを手に待ち構えておりましたのに、拭き拭きできなくて残念です…ベビーパウダーまで用意しておいたのに(←ん?)
    北海道とは何が違うって湿気が違うんだなっていうのを身を持って体験しましたYO。普段岩盤浴でも汗の出辛い新陳代謝のよろしくない私があんなに汗をかくとは…!たまには毛穴を開きにお邪魔するのもいいかもしれません。ええ、たまにはです。さすがに7月・8月の平均気温の高さ全国1位の県に行って屋台でラーメン食べるとか、そんな勇気はありませんが。
    どこに住んでも一長一短がありますが、なんだかんだ言いつつ皆自分の住み慣れているところが一番と内心思ってますよね、きっと。私も雪要らないと言いつつ、地元が一番だなと思ってますv

    そうでした!チョム子の好物は石氷庫印のアイスクリームだったわ。自分で書いておいて設定忘れてました(爆) でも、ま、好物がたくさんあるってことでいいか。だから太る…(略)

    いろいろありますよね、都市伝説w 眉間にダイヤはまってる慈母観音像(62m)が川から帰ってきたときに、もし額の光を失ってたらご一報ください。ほっかむりとざる持参で、川底漁りに行きますから~。大丈夫、まかせてください。昔佐渡に行って砂金すくいの仕方習いましたから!
    札幌でも何か面白い都市伝説ないかなと思っていま調べてみたら、心霊ネタばかりひっかかってきて、ちょっと怖くなって眠れなくなってます。どうしよ・・・

    ええ、ええ、オットセイくんや獅子さんにとっては、雁鴨池はかっこうの遊び場ですね。あんまり水浴びするもんだから、研磨されちゃって丸くなっちゃったのかしら?
    ホント九層木塔ちゃんがいれば3人で「ソンドクズ」とかなんとかいうネーミングで歌手デビューも夢ではなかったのに。惜しいことです。ま、デビューしてもすぐに普通の女の子に戻りたいとか言って、マイク置きそうですけどw
    お盆ばかりは女子会にあらず、代わりにちょっと近代的ですが、ふんどし姿のタワ男も呼んで、彼女を偲びつつ酒盛りと称した思い出語りでしょうか。
    どちらがお気に入り対決は決着がつきませんね、きっと。エキサイトしてきて己の身体の一部を抜いて投げ合わないか心配です。ふたりとも女の子なんだから、ケガしないようにしてほしいです。
    私は見た!陛下と司量部令はあの時…!って、ふたりが目撃するって思いっきり外ですが、そんな、外で一体どこまで…w

    mukuge(むくげ) | URL | 2013/08/22/Thu 23:39 [編集]
    かわいい
    新羅のゆるキャラNo.1、チョム子再び(笑)ですね。いやー、なごみます。
    そして、歩いて動くんですね。すごいぞチョム子。民家を壊さないよう気をつけてね!
    midorinさんとのやりとりを読んで、わたしもひとつ漫画を思い出しました。星野之宣『ヤマタイカ』です。膨大な資料から邪馬台国の真実にせまりつつ、卑弥呼の生まれ変わりの女性がさまざまな敵と巨大銅鐸(空を飛ぶ)や戦艦大和(空は飛ばない)で戦いつつ全国の火山を噴火させてゆき、最後は究極の少子高齢化対策で日本を救う……というお話(で間違ってないと思います。ほんとに)。
    その中で、敵方のお坊さんが真言を唱えると奈良の大仏が動き出す、という場面がありまして。ぬおおと立ち上がって(国宝大仏殿があ!)その辺の大木をひっ掴んでぶんぶん振り回して主人公を攻撃してました。男の子は乱暴ですね(結論)。そしてお坊さんがいつその真言を練習していたのか、時々ひそかに大仏さんを動かして、うっかりポーズを変えてしまったりしたのだろうかと気になりました。
    もしやその真言、新羅から伝わったものだったりして。ウォルチョン大師が唱えてチョム子に生命を吹き込んだとか……そんなことはない。

    日韓国宝どうし、チョム子が大仏さんともお茶でも飲む日がくるといいなと思います(どうやって!)
    鵬(ホウ) | URL | 2013/08/24/Sat 12:41 [編集]
     残暑お見舞い申し上げます。
     チョム子可愛いです。やっぱり、ゆるキャラは人型はもう一つですよね(個人的には遷都くんはNGです)。ぜひ、慶州にチョム子を推薦したいです。
     それにしても、何故に今年はこれほどまでに暑いのでしょうか?慶州も奈良と同じような地形なので当時もさぞかし暑かったとだろうと、トンマンやピダムが心配になります(胡風のスケスケな衣裳をお召しなら涼しいでしょうが)。
     ところでmukuge様は慶州の皇龍寺と芬皇寺の境目あたりで発掘調査をしていたのをごらんになりましたか?私が慶州に行った時(2011年1月)はちょうど芬皇寺の真裏あたりを調査していました。慶州にいった際に馬鹿なことに慶州の広さを甘く見て瞻星台まではタクシーで移動したのですがそこから先は徒歩でした。瞻星台→月城→皇南大塚→鶏林→芬皇寺→皇龍寺→雁鴨池→慶州国立博物館というなかなかハードな強行軍でございました(いくらKTXが出来て、ソウルから慶州を日帰りできるわ♪といっても使うところは使うべきだったと今更ながら後悔しています)。仏国寺や石窟庵は別の年の紅葉の頃にいったのですが、新羅ミレニアムパークにはいったことはありませんでしたので、mukuge様の記事はフムフムと思いながら興味深く読ませて頂いています。
     そうそう、若草山の山焼きのベストビューポイントは実は平城宮跡です。良かったら来て見てください(おすすめの行事は「御祭り」の夕方から夜にかけての神事の「お旅所祭」です。
    月夜見 | URL | 2013/08/25/Sun 19:06 [編集]
    鵬さんへ
    鵬さん、こんばんはーv
    チョム子のあまりの人気ぶりにびっくりしています(笑)
    教えていただいた「ヤマタイカ」、鵬さんの解説で気になって気になって色々画像やらなにやら漁ってましたらお返事遅くなってしまいました、すみませーん。
    空飛ぶ超巨大銅鐸って「オモイカネ」って名前なんですね。そのまんまやんけーっていう(爆) しかもその巨大銅鐸がのっしのっし歩いてる画もヒットしたんですが、チョム子とプヌァ美もあんな感じで雁鴨池へ向かってるのかもしれませんw (あの勢いじゃあ民家も古墳もアチャーな感じに/汗)
    奈良の大仏はもしかしてぬおおと立ち上がる時、大仏殿の屋根をそのままぶち破ってしまうんでしょうか。戦闘ロボが秘密基地から出動する時は、屋根がぱかーっと二つに割れて基地が破壊されずともそのまま飛び立てるものですが、国宝がもったいないですねー(笑)
    瞻星台の生みの母がトンマンなら、生みの父はウォルチョン大師ですからねー。彼が魂を吹き込んだとしてもおかしくないと思います。ウォルチョン大師の真言はどんな言葉でしょうかね?「格物第一」とか?w
    ちょいちょい顔を出しているブック○フとかで見つけちゃったら、ついつい買ってしまいそうですよ、この気になる漫画をw
    日韓国宝サミット!お互いのっしのっし歩みより、直線距離にして真ん中は出雲あたりでしょうか?んでは会場は出雲大社で!親睦を深めるゲームはあの大きな注連縄で綱引きってことで。(なんとバチあたりな…)
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/08/26/Mon 22:11 [編集]
    月夜見様へ
    月夜見様、こんばんはーv
    そちらはまだまだ30度越える真夏日になったりしているんでしょうね。こちらは今も凄い雷が鳴ってますが、最近は雨が多くていまいちすっきりせず、また朝夕は涼しくってもうすっかり秋ですよー。9月に入っても真夏日が続いた昨年と違って、お盆を過ぎればすっかり秋という例年どおりの北海道に戻りました。慶州も気温を見ていたら暑そうですね。女性は薄地の衣装で涼を取れもできそうですが(ミシルのように無駄に胸元を開けてみたりw)、男性は暑苦しそうですね。特にピダムは花郎時代も司量部令時代もまっ黒くろすけで、本人も暑そうですが、見ているまわりも暑そうで気の毒です(笑)

    遷都くんNGですか?人なんだか鹿なんだか仏様なんだかよくわかりませんが、なかなかかっこいいなと思っておりましたよ私は。イケメン好きなのでw
    慶州にはすでにライバルの人型キャラ「グァニとグミ」がいるんでその座をのっとるのは難しいかもしれませんが、なんせこちらは寸胴タイプということでキャラもかぶっていないことですし、共存できるのではないかと(その気まんまん)

    皇龍寺と芬皇寺の境目あたりというと、幢竿支柱のあるあたりでしょうか?私が行ったときには発掘調査らしきものは見当たりませんでした。といっても、私のことですからうっかり見落としたという可能性は多いにありますが(笑) 発掘調査で目についたのは、四天王寺址と、雁鴨池の近くの条坊の発掘調査ぐらいです。

    瞻星台→月城→皇南大塚→鶏林、ここまでは十分徒歩でOKですよね。私もここは自転車を借りる前に歩いて回りました。遺跡公園に自転車を乗り入れるのはなんだか気が引けたので。でも結構みな月城とかに自転車で乗り入れて走っていたんですよね。あ、そこは気使わなくても良かったところだったんだなと後から知りました(笑)
    ですが、芬皇寺→皇龍寺→雁鴨池→慶州国立博物館、これを徒歩とは!がんばりましたねー。私も長距離歩きというのは図らずもやってしまいますが、皇龍寺から雁鴨池への道は歩道のない道路もあったと思うので、歩くのはちょっと怖いですよね。自転車も怖かったですけど。
    新羅ミレニアムパークは、期待しないで行くくらいの心構えで行けば、とても楽しめると思いますよ(え?)

    若草山の山焼きはただ山を焼くだけじゃなく、いろいろ行事があるんですねー。漠然としか知らなかったんでますます興味が出てきました。平城宮と御祭りがオススメですね、了解です(メモメモ)でも地方から行って雨天延期だったら泣けますが、こればっかりは運次第ですねー(笑)
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/08/27/Tue 21:47 [編集]
    mukuge様

     お返事ありがとうございます。
     そうなのです。もう、慶州の長距離走行は足が本当に棒になりました(泣)。実は、水原の華城でも徒歩で城壁1周をもくろんで挫折しましたがやっぱり、平城宮もそうなのですが、国家権力を馬鹿にしてはいけないということなのでしょうね。
     そうそう、私の説明不足が申し訳なかったのですが山焼きと「お旅所祭」は別物で、日にちも異なります。山焼き(興福寺と東大寺の境界争いが発端という説も)は成人の日、「お旅所祭」(春日若宮御祭りの一部)は12月17日です。機会があれば、ぜひお越しください。
    月夜見 | URL | 2013/08/29/Thu 04:59 [編集]
    月夜見様へ
    月夜見様、こんばんはーv
    うわっ!すみません、思いっきり勘違いしてしまいました。
    お返事書く前に「お旅所祭」って調べてみたんですけど春日大社とひっかかってきて?とは思ってたんですけど、きっと地元の人しか知らない若草山焼きのレアな行事なんだと勝手に思い込んでました。こちらは春日大社の行事なのですね。そういえば、奈良に行った時に国立博物館で「おん祭と春日信仰の美術」という企画展示を見ていたんでした。学習能力が無くってピンとこなかったっていうお馬鹿ですみませーん。
    水原の華城の城壁は平坦ならともかく、アップダウンがあるので一周はキツいですよねー。私も3分の1位でヘトヘトでしたが、無理せず今度は華城列車に乗ってゆったり観光したいものだなーって思ってますw
    訂正に来てくださってどうもありがとうございましたv
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/08/29/Thu 21:04 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.