ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    高句麗鍛冶屋村 その1 高句麗鍛冶屋村への道
    〈2012年9月の旅行記事です〉

    またまた今さらなセット場訪問記事です(笑)
    今回はヨムジョンの賭場や、復耶会の隠れ家などに使われた「高句麗鍛冶屋村」になります。
    こちらももたもたしているうちにすでに行ってから1年経とうとしている(汗)ので、移り変わりの激しいセット場のことですからもしかしたらすでに状況が変わってるかもしれません。げんに、昨年行こうと思っていろいろ計画を練っていた時には公式のHPが韓国語のものしかなかったと思うんですが、今見てみたら日本語版のHPができていました。しかもそのHP、撮影作品の紹介とかもあって、善徳女王と選択すると登場話まで出てくるという素晴らしさ。私が行く前にこれがあったら、もっと場面にそった見方ができたかも…なんてちょっと悔しい気もしますw
    ドラマ内を事前にチェックしなおす時間がなく、己の記憶のみ頼りにセットを見て歩いたものですから足りない部分もあるかと思いますが、セット場の雰囲気だけでも伝わればいいなと思いますv

    今日はセット場にたどり着くまでの、しかも無駄話が多いので(笑)、お時間がもしあればおつきあいくださいv



    行ったのは昨年の秋、ソウルにぷらっと1人旅をした時~善徳コスプレをしてフォトスタジオで写真を撮った時の旅ですが(笑)、ソウル近郊で1人でも行けそうな善徳ロケ地だったので行ってみました。
    高句麗鍛冶屋村があるのはソウルに隣接する久里市ですが、ソウルとのちょうど境界線のあたりにあります。
    アクセスは、「地下鉄2号線江辺駅からバスに乗って10分ほどのウミネマウル停留所下車後、徒歩10分」とあります。
    高句麗鍛冶屋村 地図
    地図で見るとシェラトン・グランデウォーカーヒルホテルの敷地のすぐ裏にあるようです。シェラトン・グランデウォーカーヒルと言えば、免税店にカジノ。なのでホテルが運行している無料シャトルバスがあるではないですか。この地図の左下の5番の場所が地下鉄駅なんですが、そこからシャトルバスに乗って一旦ホテルまで行き、そこから歩いても距離的に15分位。免税店も見れるし、一石二鳥!私って頭いいーーーー♪そう思い、そのようなルートで行くことに決定しました。

    ・・・という前フリですでに予測している方がいるかもしれません、大きなオチがあるということを。なんせ私のことですから(笑)
    結論から言うと、そのとおり!まんまと地図に騙されました!(爆)
    先日midorinさんとコメント欄にて、地図で高低差はわからないから危険という話をしていたんですが、その時言っていた私の危険な体験談はこれなんですよ、midorinさん。
    順調にシャトルバスに乗ったのはいいんですが、ホテルが予想よりも高い丘の上にありまして、ずんずんバスが上って行くんですよ。しかもホテルに着いてみると、地図ではすぐ脇にあると思っていた黄色い道路がものすっごい下のほうに・・・w
    なんとか自力で下の道へ降りてみようとしたものの、バスが上ってきた道は人が歩くような雰囲気の道ではなく、他に下に下りる手段はないかとホテルの敷地内をうろうろし、ホテルのロビーの地下にある駐車場(地下といっても、まだまだ山の上でありますw)に辿り着きます。そこにいた駐車係のおじさんに地図を見せて行き方聞いてみたところ、おもいっきりタクシーと言われて、そこのエレベーターで上に行きなさいと教えてくれました。あ、やっぱり、結局タクシー?もうー!、タクシーに乗るんだったら、素直に最初から地下鉄駅からバスかタクシーに乗ればよかったですわ(爆)

    結局自力で行くことをあきらめて、タクシーに作戦変更するべくホテルのロビーに戻ったんですが、たまたまそこにコンシェルジュデスクがあったので、お姉さんに地図を見せて「高句麗鍛冶屋村」に行きたいですと伝えると、パソコンでカタカタ検索しはじめ、紙に住所を書いて、近くにいたベルボーイ?のお兄さんを呼んで、住所を書いた紙を渡し、タクシー乗り場へ案内するよう指示してくれました。さすが高級ホテル、素晴らしい対応です。普段安ホテルしか泊まってないものですから、そんなことにも感動する私w

    しかもそのお兄さんがですねー、超イケメンだったんですよ!!!韓国へ行ってもテレビで見る芸能人みたいな美男子に出会ったことがなかったので、びっくりしました。例えていうなら、ミルク男のソン・ジュンギでしょうか。こういう誰が見ても好青年タイプのイケメンは好みではない私なんですが、韓国ではじめて出会った一般人のイケメンで、キラッキラ☆してたのでまぶしかったです(笑)
    で、そのイケメンボーイに案内されましてタクシー乗り場へ。イケメンボーイ自らタクシーに付いているナビに住所を入力していきます。これでタクシーにぼられる心配もないですし、さすが高級ホテル、細かいサービスが行き届いているとますます感動してしまいました。お兄さんに笑顔で見送られ、出発です。
    そこで、気づきました。あ、免税店見てくるの忘れた…!と。何しにここへ来たんだか(笑)

    イケメンボーイ、運転手のおじさんに行き先も告げずにナビを入力して送り出したので、運転手のおじさんもいまいち行先がよくわかっていなさそうだったんですが、とりあえずナビが指示するほうへタクシーを走らせました。ホテルの下まで降りて来てやっと私の頭にあったホテル沿いの道に合流したのでそのまま左方面へ曲がり、ちょっと走って山の裏側に行けば高句麗鍛冶屋村~と思いきや、ナビの示す方向は、え?そっち?右で、鍛冶屋村とは反対方向の駅方向へタクシーは走り出します。まぁ一方通行や右折左折禁止のところもあるでしょうし、いったん右側へ行ってから左に行くのねと思ってたら、あれよあれよと駅の方まで来てしまいました。え?大丈夫か?
    ドキドキしながら乗っているとU字の道だったようで、今度は来た方向を戻る形になって、とりあえず方向は修正されホッとしたのもつかの間、左手の窓からは先ほどのホテルが見えまして、あともう少ししたらすぐ鍛冶屋村だわなんて思ってたところで、いきなりタクシーが止まってしまいました。今漢江を右手に見ながら川沿いの道を走ってきたんですけど、運転手さん、漢江の川原を指さしてここ?と不思議そうに尋ねます。
    違ぁぁぁーーーーーう!(爆)
    でもナビは確かにそこが目的地だと言っているんですよ。あのイケメンボーイが住所をナビに入れ間違えたのか、コンシェルジュのお姉さんが住所を書き間違えたのか、それともナビのデーターがよほどズレまくっているのか。
    仕方ないので自前の地図(ハングルで地名付き)を指さして「コグリョ デジャンガンマウル」と言って見たものの、どうも運転手さんわからないらしく。っていうか、この辺のタクシーでどうして知らないんだーーーー(爆)ここはヨン様の「大王四神記」のために作られた場所で、ヨン様ブームで訪れる日本人もさぞや多かったはずなのにと思ったんですが、よく考えたら皆ツアーで行きますよね。運転手さんが知らなくても仕方ないか…腑におちないけどw
    で、自分的にはだいたいの場所はもうわかってるんで、ここからは後ろのシートから身を乗り出して運転手さんに、まっすぐ!もうちょっと!そこそこ!そこの茶色の看板右!まっすぐまっすぐ!とめちゃくちゃな韓国語と身振り手振りでナビし、ようやくたどり着きましたよ、高句麗鍛冶屋村!

    はぁ…まさか、こんな二段オチがあるとは思いもせずw
    タクシー代はいくらだったでしょうか?覚えていないんですけど、たぶん1000円もかかってなかったと思います。

    ちなみに帰りはもう道がわかったのと、その道が漢江沿いで眺めのよい道だったので、地下鉄駅まで30分位歩いてみました。
    九里とソウルの境目
    前方に見えるのは、あの(笑)シェラトン・グランデウォーカーヒルホテルです。
    歩道のところにある看板の部分が、ソウル市と九里市との境目です。

    漢江
    左手には漢江と、その向こうには江南の高層ビル群が。
    あ、この2枚の写真に物凄い雨雲が映っているように見えますが、私鍛冶屋村で写真を撮ってる時にカメラを落としてしまって、どうやらその時にレンズにキズつけちゃったみたいなんです。黒いモヤっとした部分はそれなので、すいません、気にしないでください。
    時間は30分位で着きましたが、途中駅のほうに行くにつれて道に起伏があるので、帰りはまだしも、行きを歩いていこうと思ったら上りできつかったと思います。やはり「高句麗鍛冶屋村」に行くには駅からまっすぐバスかタクシーで行かれるのが良いと思います。って、私みたいなアホなまねは誰もしないと思うので、いらぬおせっかいですよねーwww

    というわけで、やっと本題の「高句麗鍛冶屋村」です。
    入場料は3000ウォン。これまた安いです。
    高句麗鍛冶屋村マップ
    といって、セット場部分はこの敷地図の左半分の部分のみなので、お値段も妥当といえば妥当なんですけどね。

    高句麗鍛冶屋村 ドラマスチール
    入口には撮影されたドラマのスチール写真が飾られていました。わぁ~、あんなシーンやこんなシーンがv

    次回はセット場の中へ潜入します。

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。