ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    乙女心と秋の空 by チョム子
    こんばんはーv 無事に戻ってまいりました。
    留守中うちのムクゲと遊んでいてくださりまして、どうもありがとうございました!予想どおりつぼみが花開いて咲き終わってましたが、他に貴重なものもたくさん見れたので悔いはありません…!(笑)

    今回は釜山・慶州をメインとしてまわりました。
    以下、旅のダイジェストを。“The Great Queen Seondeok ミニ Tour”とは関係ない部分もありますが、ネタのひとつとしておつきあいいたたければ嬉しいです。

    *釜山編

    新千歳→関空→仁川…金浦→釜山と飛行機を乗り継ぎやってきました釜山へ!いや、新千歳から釜山行の飛行機も出てるんですけど安さを求め、さらに当初は慶州に行く予定ではなかったもので、最終的にこんな無駄な動きになってしまいました(爆)

    海東龍宮寺
    「海東龍宮寺」
    海際に立つ寺院で景観も素晴らしかったのですが、私が行った日は韓国の旧盆にあたる秋夕で連休の日だったもので、観光客なのかそれとも檀家さんなのかよくわかりませんが、人人人とすごい人でした。拝観するにも長い列を作ってて、撮影スポットでもイモ洗い状態で(笑)
    しかも、帰ろうにもタクシーもいなければ、バスも渋滞のせいかなかなか来ない。30分バス停で待っているうちに人があふれ出してきまして、絶対に全員乗れないよっていう。やっと来たバスに乗るのに入口に人が殺到してもうサバイバル状態ですよ。なんとか最後の何名かというところで乗れたものの、連れとはぐれるかと思いましたw

    赤と白
    「赤と白の灯台」
    よくドラマに出てくる赤と白の灯台。ここにも行くつもりでいたんですが、渋滞により時間がなくなってしまい断念しました。これは車窓からパチリ。

    M字の広安大橋
    「広安大橋」
    mukugeのMの形をした広安大橋。夜はライトアップされていてとても綺麗です。この形をしたネックレスがほしいわ~なんていうドラマもありましたっけね。この日はお月様もまんまるだったもので、合わせてとても綺麗でした。

    ヌリマリ
    「ヌリマルAPECハウス」
    冬栢公園内にあるヌリマルハウスですが、2005年のAPECの会議場として使われたところです。日本からはあの「感動した…!」で有名な首相が参加しておりまして、中には会議で使われた器や筆記用具、そして記念撮影で各国の首脳が着たトゥルマギ(羽織)などが飾られておりました。
    海の向こうに見えるのは、M字の広安大橋です。ちょうど夜景で見たのとは反対側になります。

    猫と虎
    「散策路のオブジェ」
    APCE参加21カ国のその国名とともに、その国を表す動物や植物などが描かれた柱が飾られています。中国のパンダ、オーストラリアのコアラ、ニュージーランドの羊、そしてアメリカは鷲?鷹?とにかくかっこいい絵なんですよ。で日本は何かな~?と道を進めてみたら…。
    なんと、まねき猫…!
    もはや動物じゃないっていうか、置物だし!隣の韓国の虎を見てくださいよ。とってもかっこいい絵風じゃないですか。他の国もこういう感じなんですよ。なんで日本だけこんなかわゆい風なんだか。超ウケましたwww

    遊覧船とセウカン
    「観光遊覧船」
    ベタな海沿いの街観光として、観光遊覧船に乗ってみました。
    かもめのエサとして売っていた韓国版かっぱえびせんのセウカンを購入しいざ乗りこみますが…、かもめが全くいません!(爆)セウカンの山の横には、船に群がるかもめの写真がついていたのに…!買う時売り場の人に「人間も食べれるよ」みたいなことをわざわざ言われたのですが、きっとこういう事態を想定していたのに違いない。
    私の後ろに座っていた子ども(♂6歳)はずっと「カルメギ~(かもめ)、カルメギがいない~」と言っていました。しまいに飽きてきてセウカンで私のお尻をつっついて遊びはじめ、最終的にはカルメギの代わりに私に餌付けしてましたwww

    *慶州編

    釜山から慶州へ移動しましたが、移動には在来線のムグンファ号にて約2時間かけてののんびりとした列車の旅でした。海岸線を走るときは海が見えるよ、という触れ込みだったので。しかーし、実際乗ってみたら線路の脇に生えている松が茂っていて、海が見えたのはほんの少しでした(笑)ま、列車好きの鉄子なんでいいんですけどね。

    蝋人形陛下 
    「善徳女王展」
    今回の旅のメインイベント、慶州芸術の殿堂のヨウォン陛下の蝋人形にやっと会えましたー♪すごいリアル、すごい小顔!そして本物の衣装に大興奮!
    お宝いっぱいの「善徳女王展」の詳細はまたのちほど☆

    九重木塔リボーン中
    「皇龍寺九重木塔リボーンの地?」
    リンク先のげんさんのところに、皇龍寺の九重木塔が10分の1の大きさとなって皇龍寺跡地に復元するという記事が載っていましてちょっと偵察に寄ってまいりました。こちら芬皇寺側から見てみたものですが、もしかしてこの囲いの中で復元中なのでしょうか?昨年に行ったときにはこの囲いはなかったので。帰りに近くで寄ってみようと思ってたのですが、雨にあたってしまいまして寄ることができず、詳細はわからずじまいで…。中途半端な偵察ぶりですみませぬ。司量部員失格ですわ。
    そうそう昨年は春に訪れたので菜の花でしたが、季節は秋ということでコスモスが咲いておりました。

    明活山城
    「明活山城」
    もはやブルーシートを見ずには旅は終われない私ですが、期待を裏切らず補修工事が行われていましたw
    明活山城の詳細はまたのちほど☆
    そして、この後カンカン照りだったのにもかかわらず、いきなりのゲリラ豪雨に遭遇!!!ええ、もちろんレンタサイクル中ですよ。濡れ鼠になってしまったもので、この後行こうと思ったトンマンパパの墓や瞻星台や博物館などをとりやめ、自転車を返しに駅へ戻り、急遽ホテルへ向かいました。晴れ女と豪語していたのに、悔しい(笑)もしやこれは蝋人形陛下に暑苦しくまとわりついた私に嫉妬した、黒い人の怨念か…?

    本当は次の日陛下が亡くなられたあの崖に行く予定だったんですけど、当日になってタクシーの運転手さんに、山道で雨のせいで道が悪くなっていて時間もかかるし今日はやめたほうがいいと言われてしまいあえなく断念しました。楽しみにしていたんですが、仕方ないので次回にまた挑戦したいと思います。そしてその代わり今回は行けないと思っていたこちらに行ってまいりました。

    クマ陛下
    「テディベアミュージアム」
    誰?って、善徳女王ですよー(爆)
    いっちょまえに、カチェつけてたりしてるっていうwww
    かなりなごんだ「慶州ティディベアミュージアム」の詳細はまたのちほど☆

    チョム子 2013秋
    「瞻星台」
    そして慶州観光のトリを飾るのはやはりコイツ!チョム子2013年秋バージョン、乙女心と秋の空。はぁー、乙女心と秋の空は変わりやすいと言いますが、もしかしたらあのゲリラ豪雨も、悩み多きお年頃の乙女チョム子の仕業かもしれませんねw この日は昨日とは打って変わって晴天でしたーv

    というわけで、掛け足でお届けしましたT・G・Q・S・M・Tourダイジェストですが、これ以外にも善徳関係の場所に行ってますので、今度は風化しないうちにお届けしたいと思います。っていつもそんなこと言ってるような気がしますがw

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださったげんさんへ
    げんさん、こんにちはv
    トラバありがとうございます!無事、行き来できてるかと思いまーす!

    なんと、リボーン情報、お蔵入りの可能性もあったとは。日の目を見てよかったです。私あんまりあちらの記事とかの情報をチェックしてないもので、こういう情報はとてもありがたいです。たぶんげんさんの記事を見ていなかったら皇龍寺のところには寄らなかったと思うんですよね。おかげさまで春の皇龍寺の風景とは違った秋の風景が見れて感動しましたv
    それにしても3人娘、げんさんとりばさんの若々しいやりとり見ていたら、キャンディーズ、古っ!って自分にひいたんですけどw、げんさんもこっち寄りということでホッとしました(笑) 3人なんでパフュームも考えたんですけどね。あの3人?3基?じゃ絶対にあんなに踊れないし、揃わないかと思いましてwww

    セウカン、そうそう!ヨウォンさんが食べてたアレでーす。ヨウォンさんのようにかわいくポリポリ食べたかったんですが、カモメは来ないし、昼近くなっておなかはすいてきたわで、バリバリ1袋間食してしまいました(笑)

    んで、、、ブロともメッセージのほうですが、あれ?ほんとだ!タイトルがmukuge(むくげ)になってますね、やっちまいました(爆)でも差出人名の変え方がわからないんですよ。たぶん私のIDがブログ名になってるんでそのまま入ってしまってるのではないかと。変え方わかるかたいらっしゃいましたら教えてくださいw
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/09/29/Sun 16:15 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    皇竜寺「九重木塔」リボーン
    世界遺産に登録された富士山を縮小したお菓子があったり、 車の宣伝では歴史人物のリボーンってのがありますが…、 皇龍寺の九重木塔が10分の1の大きさとなって、皇龍寺跡地に復元するんだそうです。 【新羅善徳女王と建設されたが、高麗時代、モンゴルの侵入に燃えてしまったレース黄竜寺(皇龙寺)9チュンモクタプの高さは79.2mか67mか。皇龍寺9チュンモクタプ復元事業が本... [続きを読む]
    mikazu記 2013/09/29/Sun 00:22
    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.