ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    徐羅伐コレクション 女王編 その1 【追記あり】
    前回の更新から間がかなり空いてしまいましたが、徐羅伐コレクション女王編に突入いたします。
    女王編の最初を飾る一着は、即位式の大礼服です。
    いよいよ至高の存在となるトンマンの、第一歩となる記念すべき一着ですね☆

    ●全身
    徐羅コレ 女王編 1 全身
    りりしいですねー♪
    赤とあずき色(←もっといい表現がないものかw)と黒を基調とした生地の衣と裳に、垂飾付きの金冠・耳飾・首飾・腰飾と金の装飾品のオンパレードです。

    ●横姿
    徐羅コレ 女王編 1 横向き
    横から見ると、衣の身頃と袖は違う色で切り替わっているんですねー。
    王の象徴でもある金冠のデザインですが、3本の出字形(4段)立飾と2本の鹿角形立飾からなりたっていて、形としては天馬塚の金冠に似ていると思います。天馬塚の金冠のように勾玉はついてませんが、もっと台輪の装飾が凝ったものになっていますね。そして正面の立飾の部分には鳥の羽根のようなV字形の冠飾もついています。

    ●後姿
    徐羅コレ 女王編 1 後ろ向き
    さすが、大礼服。背中のマントがとても長いですね。ヨウォンさんの身長からみても、2m半以上はありそうです。このマント、アップでみると菊のような花の地模様に、衣に刺繍されているのと同じ鳳凰のような模様が刺繍されています。

    ●靴
    徐羅コレ 女王編 1 靴
    衣装の色にあわせて、赤い靴~♪なんですね。しかも花のような刺繍がみえますが、のぞきこんでもそれ以上見えません(笑)
    現代のチマチョゴリの時にはくコッシンのようなものでしょうか。

    ●髪型
    徐羅コレ 女王編 1 後ろ姿
    放送前のスチール撮影のときは、三つ編みを横に持ってくるバージョンでしたが、本編ではこのように、三つ編みカチェを後ろにつけています。金細工の装飾品もたくさんささっていますね。しかも鎖ありの、ふさふさありの、赤いリボンありので、色々盛りだくさんです。

    その上ににかぶっている金冠ですが、韓国版のDVD特典でスチール撮影するヨウォンさんの映像があるんですが、それを見ると白い絹の部分と金冠がすでに一体化したものをスポっと頭の上からかぶせていたので、洋風の王冠みたく最初から円くなっていると思っていたんです。
    でも、前に私が新羅ミレニアムパークに行って伝統衣装を着て金冠のレプリカをかぶった時には巻くタイプのもので、ぎゅうぎゅうにおでこに巻きつけられて痛かったんですよね。
    こうして後姿を見てみると、陛下の頭の上にかぶせた金冠も巻くタイプで、ヨウォンさんの頭の形にあわせた白い絹の上に金冠を巻いてあらかじめ固定していたものをかぶせていたんですね。
    また、私がかぶった金冠とても重かったんですが、このドラマ撮影用のものも同じではないにしろ重そうですし、ぶっとい三つ編みのカチェは重いでしょうし、さらに髪には長く後ろに伸びた鎖等の金の飾りがたくさんついています。大階段を上るときによくぞ後ろにのけぞることなく上り切ったと尊敬いたします。

    ●耳飾り
    徐羅コレ 女王編 1 耳飾り
    耳飾りは太環飾のタイプのものにS字フックみたいなもので耳にひっかけております。これぞクィコルイですね。
    また金冠には、太い環から伸びる長い垂飾(トゥリゲ)がこれまた豪華についていますね。先端には翡翠の勾玉も。

    ●首飾り
    徐羅コレ 女王編 1 首飾り
    首にそって一重の首飾り、そしてさらにゆったりめに四重になっていてヘッドには翡翠の勾玉がついた首飾りをしています。見ているだけでも重そうで、肩こりそうですね(笑)
    帯から肩にのびている部分は後ろで円く繋がっていますが、そこにもたくさんの瓔珞がついていて、キラキラ光っています。しかしその黒い土台の布全部を覆うようについているわけではなく、金の刺繍模様のまわりを埋めるようにつけられているのが面白いです。

    ●腰飾り
    徐羅コレ 女王編 1 上半身
    今回は特別にドラマの映像から飛び出して、芸術の殿堂の蝋人形陛下の着ていた衣装も使ってしまいます。
    金でいっぱいのこの衣装ですが、帯の周りにもまた豪華な金の腰飾り(腰偑)がついています。
    古代社会においてこのような飾りはその人の社会的地位や身分をあらわすものですが、これはまさに王に許される最高級のものですね。
    腰帯に物をぶら下げて生活していた北方の遊牧民の風習に由来して、薬桶、魚、砥石、毛抜き、勾玉、刀子など日常生活に必要な各種道具を吊り下げた腰偑が出土していますが、この陛下のものも勾玉をはじめいろんな形のものがぶらさがっています。この角度からは見辛いですが、一番右側には魚も発見。

    ●裾
    徐羅コレ 女王編 1 裾
    裳の裾の黒いふちの部分に金の刺繍がありますが、鳳凰のような龍のような2種類の模様になっています。これは赤い衣にも、あずき色の袖口の部分にも、黒い帯の前に垂れている黒い布にも、背中のマントにも、すべて同じ模様の刺繍になっています。
    また衣や裳の赤い生地とあずき色の生地は無地かと思いきや、梅のような5枚花弁の花の地模様がみえます。

    ●この衣装の名場面
    51話 陛下のすべてを奪います
    “惜しみなくすべてを捧げる男”と“惜しみなくすべてを奪う男”

    ●登場話
    51話・52話

    ●その他
    「善徳女王」の衣装の製作費が6億ウォンとのことですが、約5000着の衣装の中で一番高い衣装がこの即位式の大礼服だということです。お値段なんと、1500万ウォン!(今日のレートで約137万円)アクセサリーを含めると1800万ウォン(今日のレートで約167万円)にもなるということで、お値段をきくだけでも豪華なのがわかりますね。
    ただ…この衣装、先日行った慶州の芸術の殿堂の蝋人形陛下が着用してましたが、おととしドラミアに行ったときにもそこに展示されていたのを見たんですよね。(過去記事「MBCドラミアに行ってきた! 番外編 ~前編~」金冠はなくこちらは衣装のみでしたが。う~ん、2着あるんでしょうかね?

    【2013.11.10. 追記】
    なんと!ドラマ本編の即位式の衣装とポスター撮り衣装の帯ならびに帯垂れの部分の色が違うものでした。即位式のほうは赤い帯でドラミアに展示しているものと同じ、ポスター撮りのほうは黒い帯で蝋人形陛下と同じってことで、やっぱり2着あるようですね。教えてくださったげんさんありがとうございましたーv
    しかもポスター撮りのほうは黒い襟口の上に金の飾りがつらなっていて四重の勾玉付き首飾りはありませんが、即位式のほうは襟口の飾りが無くなっている分四重の勾玉付き首飾りが増えています。
    細かい違いもあって一粒で二度美味しいという感じです♪

    それはいいとして、公主追認式の衣装の時もそうでしたが、責任ある立場になる儀式の場面での衣装は見ていてやはり身が引き締まります。
    女王陛下、万歳!
    陛下、惜しみなく眺めまくりますv

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださったurekat様へ
    urekatさま、はじめましてv 管理人のmukugeと申します。コメントくださいましてありがとうございました。
    しかも待っていてくださったんですね。なかなか記事がまとめられなくて時間かかってしまいましてすみませーん。大丈夫ですか?美しさにめまいがして倒れそうになったら、私が男らしくw支えますので安心して陛下を堪能してください。
    そうそう、あの後ろの長ーいマントは、まるでウェディングドレスのベールのようですよね。ダイアナ妃の品格にもおとらない、我が陛下ですね。
    皆がワイワイ楽しめる場にしたいという気持ちでこのブログをしているので、楽しいと言っていただけるのが一番嬉しいです。
    しかも…!北の大地の住人ですと?めちゃくちゃ親近感沸いちゃってます。S市ってどこだ?としばらく悩んだアホな管理人ですが(灯台下暗しとはこのことでw)、また遊びにきてくださると嬉しいですv
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/11/06/Wed 22:26 [編集]
    mukugeさんへ
    mukugeさん、こんにちは。
    そりゃ、誕生日祝い一番のりですよね。お誕生月しかあってないんですから(爆)1日や2日違いとかいうレベルでないですもの。お誕生日当日に言いたいけど、過去形で「おめでとうございました」ってことが多いので、11月ごと祝ってしまいましたよw
    コメント欄熟読好きと言いながら、見逃した欄にmukugeさんが「今日が誕生日です」と書かれていたのを拍手コメントしたあとに気づきまして、あ!やってしまった…送信してしまったじゃないか…orz…とちょいハラハラしました(笑)
    当日にハッピーバースデーうかがえたらな~と思います( ´▽`)

    陛下の衣装、赤と黒って配色も素敵です。袖の切り替わりの色とかデザインとか詳しく見せていただきました(^^)
    重なりあった金の装飾は豪華ですが、重そうですね。華奢なヨウォンさんが身に付けてさぞ重かったでしょうね。古代史の中でも新羅はとても華やかな時代だったんですね。
    mukugeさんの“MBCドラミアに行ってきた!”は好きで何回も拝見してます。何度も同じところで笑い、楽しませていただいてます。「トンマン!トンマン!」連呼されるmukugeさんが可愛らしいんですもの。ご自分で降りてトンマン連れてこられたお姿を想像して、またカワユスなつぼです。
    総額1800万ウォンのお衣装♪画像を通してですが、自分で見ているようでドキドキしました。mukugeさんのおかげでドラマの衣装や小物類を見る楽しみが増えました。

    こっちの新羅を見ると安心します。大王の夢を観はじめました。史実は大王の夢の方が近いのでしょうけど、善徳頭なので時々うん?うん?と脳内変換できずにいますw
    あ、でも骨品制・朝廷のゴタゴタ感とか王族と貴族とか百済と伽耶など~人間関係や国の関係をおさらい出来るので興味深いです。それにmukugeさんが仰れたようにトンマンが賢く美しく描かれているのはファン心でうれしいです♪
    ほっち | URL | 2013/11/07/Thu 12:29 [編集]
    ほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv
    いやいや、いいんですよー。何度祝っていただいてもおめでとうという言葉は嬉しいものですし、それに祝ってくださるほっちさんのお気持ちが嬉しくてHAPPYな気分になれます。ありがとうございますー!
    しかも私なんて、げんさんの誕生日1日間違って覚えてて、0時きっかりに意気込んでお邪魔したら、すでに誕生日終わってたという失態を犯していますからね。といいますか、チームオータムの末っ子と名乗っていたのに、今日うっすらと雪が積もってました(;゚Д゚) もはや冬!オータムとウィンターの間をごろごろ転がってみますw
    春生まれのほっちさんにもおめでとうーと言いたいので、こんどこそっとお誕生日教えてくださいねーv

    この即位式の衣装は金の飾りが重そうですが、スポンサー提供のアクセサリーを使っている他の衣装の時とは違って、本当に博物館で展示されているような出土品をたくさん身につけているので、あーこういう風にきらびやかに飾っていたんだと立体的にイメージすることができるのでそこが面白く感じます。ましてやモデルが麗しいヨウォン陛下ですからねー、ウハウハですw
    韓国時代劇の楽しさって、お話ももちろんありますが、衣装や小物、そして布団の美しさが楽しめるってところもあると思うんです。善徳はその中でもどれをとっても群を抜くセンスの良さがあるので、見ていて飽きませんね。
    旅の恥は掻き捨て記事ですがw、笑ってもらってナンボだと思ってるので、多いに笑ってくださいマセ。

    私も「大王の夢」毎日遅れないように観ていますよー。やはり一番はアルチョンのギャップでしょうねー(爆)でもあの俳優さんはいつも実直な役をやってるので、ありだなって思ってます。そして、そうそう、登場人物が多いのでそれも楽しいですよね。緋翠さんが作っていらした系図を見ながら見ているんですが、この人がこの人ねーと当てはめて観てると楽しいです。ただ、婚姻関係が入り乱れてるフリーダム新羅なので、なおさらこんがらがりそうなので一緒に観ている両親には見せられずにいます(笑)
    初回の放送を旅行中に観たときトンマンの写真を撮ってたんですが、あれ子役のトンマンだったんですね。もうすでに育ってたんで、あれが大人のトンマンだと思ってました。なんかパク・チュミさんと顔が違うけど、痩せたからかなーとこじつけてw いつ大人トンマンになるんでしょうね?主役が代わってからでしょうか、やっぱり。
    こちらのトンマンも、チュンチュの甘えに弱い叔母馬鹿トンマンのようですねーw
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/11/08/Fri 22:36 [編集]

    mukugeさん 今晩はw

    おおぅ…雪ですか・・・、身が縮むような寒さがmukugeさんのところに訪れてるのですね~、んで、mukugeさんまで雪の上でごろごろと!
    風邪をひかれてたんでは?ぶりかえしませんようにィ~~(笑)

    前身ごろの丸くカットされてるタレの地の色が朱色と黒色とあるってことは、陛下の即位衣装は2着ってことなのでしょうかー?
    即位式のが、ドラミアで、ポスターのが殿堂の蝋人形さんへ・・・としても、なにゆえの2着なんですかね。

    はじめての女王ということで、派手さより権威、高貴さがポイントらしいですが、陛下のポスター撮りのときのと、実際の即位式までの間に、カチェの違いや首飾りの装飾品の違いが生まれた経緯とか知りたいなあwなんて思っちゃいましたv
    4連の首飾りをすることになったのは、慶州国立博物館の記事にあった、埋葬者の立派な首飾りを参考にして、それを隠さないように見せるためカチェの形を変えたのかなあと思ったり・・・。
    あと、冠が巻き冠って、面白いですねー。mukugeさん、重かった以外にも痛かった!って感想を言われてましたけど、ヨウォンさんも痛かったのかしら…。痛いなんて思わせてたら黒いのんが黙ってない気がしますが。

    目に嫌みのない品のある色合いも素敵だなと思います。いやそれよりもお召しになっている陛下自身がなにより麗しいvですね!ええ、やっぱり言っちゃいます。
    小学校低学年くらいの子を頭に乗っけてるようなもんだなって思ったほどの重さのはずなんですが、さらりとこなしている、そのまなざしの凛々しさも堪りませぬ。
    もうこうして180度ぐるりんと眺めさせてもらってしあわせですわ~

    そして、何度叫んでもイイですねv陛下万歳ww!
    げんこつ | URL | 2013/11/09/Sat 00:18 [編集]
    mukugeさん、こんばんは。鵬です。徐羅伐コレクション女王編、お待ちしておりました。
    大礼服の陛下は、今わたしのiPadのロック中画面を飾っておられます。やはりこの衣装が一番ゴージャスですね。そういえば「虚空」を書いていた頃、赤と黒の衣装と言えばコレがあったじゃん!と思いましたが、公主の衣装として参考にするわけにはいかず、他の衣装をガン見して作中の衣装を考えたものでした。

    あずき色(笑)は、「蘇芳色」か「濃蘇芳」でいかがでしょう。
    わたしのモニターで見ると、即位式の写真では紫の優った色に、善徳女王展の蝋人形陛下の写真ではほとんど赤と同じ色に見えたりします。実際に見ると違うんでしょうね。
    善徳女王展、今年一杯ですよね。すごく大礼服を見たくなって、カレンダーとにらめっこをしたのですが、体調を崩して何度も休んでしまったこともあり、無理そうです(T ^ T)
    でもその代わりに来年慶州に行こう!と思って気を取り直したり。その時には、がっつりとmukugeさんの旅行記を参考にさせていただきます。
    | URL | 2013/11/10/Sun 19:54 [編集]
    げんさんへ
    げんさん、こんばんはーv
    先日は失礼いたしました、ってことでw、そうなんですよー雪ですよー!さすがにまだ積雪が残るほどは降りませんが、マジ冷えです。雪の上をごろごろするときには風邪が悪化しないように、カイロを全身に巻いておきます(笑)

    で、ですねー!
    >前身ごろの丸くカットされてるタレの地の色が朱色と黒色とあるってことは

    じぇじぇじぇ!w色が違うって気づいていなかったって言ったら、びっくりしますよねー(爆)
    いや、ほんとに。蝋人形陛下のお召し物のほうがひきしまって見えて、ドラマのほうはやわらかく見えるなーとは思ってたんですが、あー帯の色が違うからなんですね。同じものという思い込みって怖いですー(笑)
    確かにドラマ内で使ったものがドラミアと同じ朱色の帯、ポスター撮りで使ったものが蝋人形のと同じ黒の帯ですね!こそっと追記しちゃいます。ありがとうございます。

    にしても帯の色もそうですが、髪型でだいぶ雰囲気変わりますよね。ホントそういう裏話を聞きたいと私も思いますー。個人的な感想ですが、ポスター撮りの陛下は横に三つ編みがあるせいか神がかって見えますが(日本の神話のイメージからでしょうか?w)、即位式の陛下の髪型はすっきりしていて、より聡明さが際立ちます。
    そしてそうですねー。ポスター撮り(蝋人形陛下)のほうの黒い襟口の上には、金の飾りがあって四重の首飾りはありませんが、即位式(ドラミア)のほうの衣装のほうにはその金の飾りは無いものの四重の首飾りをつけていますものね。確かに髪型をすっきりさせたほうが、首飾りも目立つし、それによって高貴さが増すような気がします。

    ええ、ええ、巻き金冠、観光客には問答無用でぎゅうぎゅうでしょうが、ヨウォンさんのつるんとしたむきたてタマゴなおでこに傷をつけちゃスタッフのところに黒い人からの矢が飛んできちゃいますからねー!ヨウォンさんのものは、はじめから丸くしておいて、上からスポットかぶせタイプのやさしいつくりになってるんでしょうね、きっと。スタッフも我が身が惜しいかとw

    皆で麗しいトンマンを堪能できて、私も本望です。皆さんの陛下愛で「陛下万歳!」と叫んだら、隣国のヨウォンさんに聞こえるでしょうかー?届きますよーにw
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/11/10/Sun 23:49 [編集]
    鵬さんへ
    鵬さん、こんばんはーv
    あーん、暗夜シリーズが終わってコメントに行きたいわーと思っていたら、先にいただいてしまいました。日を改めてお伺いしまーす。

    さてさて、鵬さんのかわいいiPadちゃんの画面は麗しの大礼服陛下ですかー。素敵v
    ちなみに今日の私のパソ子の壁紙はゴルフウェアを着たヨウォンさん、スマホは芸術の殿堂記事が終わったらご紹介したいクマ陛下ですw←聞かれてない
    確かに王という立場の衣装は他のものとは比べ物にならないほど重みがありますから、公主の服とは一線を画したいものですよね。でもmade in 鵬さんのオリジナルの衣装が生まれたので、結果オーライですねv

    「蘇芳色」に「濃蘇芳」早速見てきました。実際に見た感じだと「濃蘇芳」が近いように思えます。あずき色よりは断然美しい名前なので、それいただきです(笑)
    同じ生地を使っていたとしても、即位式は屋外、蝋人形陛下は屋内なので、太陽光と室内灯ではまた見え方も変わってきてしまうんでしょうね。

    善徳女王展、~2013/12/31の文字に私も慌てて行きましたが、来年になったらつらっと~2014/12/31に変わっている可能性もなきにしもあらずなので、そう願いたいですね。
    でも来年の慶州旅行楽しみですね。鵬さんはお仕事忙しそうなので、逆にそういう楽しみが先にあるとがんばれますよねー。私も日々次の旅の予定を心のよりどころにして仕事と戦ってます(笑)私の旅行記が何かしらの参考になれば嬉しいですが、何かお役にたてれることがありましたら声かけてくださいね~
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/11/11/Mon 22:50 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.