ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    高句麗鍛冶屋村 その7 復耶会の執務室
    〈2012年9月の旅行記事です〉

    水車(鍛冶屋)前のちょっとした広場の向こう側の建物もまた、特徴的な建物になっています。

    高句麗鍛冶屋村 ヨン・ホゲの家 1
    側面に木が生えているような面白いデザインのこの家は、高句麗鍛冶屋村的にはヨン・ホゲの家と呼ばれている建物です。
    善徳的にはというと…
    27話 ウォルチョン大師の部屋から出てくるトンマン
    27話にて、ウォルチョン大師と話をし、協力しないと言われたトンマンがこの建物から出てきました。ミシルのところからウォルチョン大師を拉致したあとは、大師は復耶会の砦にいたようですが、その中でもこの建物がウォルチョン大師の部屋としてあてがわれていたようです。

    高句麗鍛冶屋村 ヨン・ホゲの家 2
    ずずずっと建物のほうに寄ってみると、戸や窓の扉もまたデザイン性のある格子模様になっています。そしてこの建物に限らずこの鍛冶屋村の建物全般に言えることですが、屋根が木なんですけど瓦噴きのようになっていて面白いです。
    44話 公主様大変です!
    44話で復耶会の隠れ家に来ていたトンマンとチュンチュのもとへ、チュジン公の軍が徐羅伐に向かっているとの報告を受けるシーンですが、凄い高い位置から撮影していますね。手前には回っている水車も見えます。
    また警備が立っている入口の扉ですが、内側に白い布が目隠しのように貼られていますが、私が行った時にもあったのでもしかして当時のものでしょうか?上段のものは剥がれかけているし、布もくたびれておりましたが、3年という月日の流れを考えるとつじつまが合うような気もします(笑)

    では、中に入ってみましょう!
    高句麗鍛冶屋村 ヨン・ホゲの家 内部1
    外壁は土壁、屋根は木ですが、中の床は石造りなんですね。
    木のテーブルや椅子、棚などもあります。
    43話 財務調査中
    で、こちら43話ですが、租税改革を行うために貴族の調査をしている復耶会の砦を訪問するトンマンです。
    実は帰ってきてから気づいたんですが、トンマンの後ろにちらっと水車が映っていますね。っていうことはどうやら室内のシーンもそのままこの建物の内部を使って撮影していたようです!内部はセットだと思い込んでおりました、不覚。気づいていたら部屋の中をもっと良く見てきたものを、もったいないです。。。ピダムのいる奥の部屋はセットで間違いないと思うんですが。
    復耶会の皆さんが囲んでいるテーブルは天板の下側というか、テーブルの側面が同じ形をしているので、同じものだと思いますが、椅子はソルチの座っているものを見る限り違うもののようです。

    高句麗鍛冶屋村 ヨン・ホゲの家 内部2
    そしてこちらは入口入って右側ですが、これも帰ってきてから写真眺めてて気づきました。この蓮の描かれた掛け軸、見覚えがあります…!
    43話 ただいま会議中
    アルチョンの後ろにある掛け軸と同じではありませんか!うわぁ~、善徳の撮影で使ったものが、まだそのまま残っていたんですねー。
    それで、ユシンとウォルヤの後ろにある丸太の柱(復耶会の六卵亀マークの布のとなりの柱)ですが、私が撮った上の写真で言えばちょうどmukugeとロゴの入れているところにある柱がそれだと思います。そしてピダムの後ろにある開いている戸は、蓮の花の掛け軸の横の戸だと思うんですが、そうするとその掛け軸は撮影当時と同じではなく、戸を挟んで対称の位置に移動しているようですね。
    そして謎なのが、かまどの存在です。ちょうどトンマンの座っている位置あたりにあるような気がするんですが、このかまどは取り外しがきくんでしょうか?それもともかまどギリギリの位置に椅子を置いて座っているんでしょうか?それともまさかかまどの上に椅子を…!いやそれはないないw
    にしても、もうひとつどーでもいいことが気になります。鴨居の下についている下向きのぐるぐる巻いたもの。・・・。ヤダー、私が想像したのはソフトクリームですよーwww

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださったしほ様へ
    しほさま、こんばんはーv
    こちらこそコメントありがとうございました!リアル北の大地民だったんですね。私が深読みしすぎたみたいですみません(笑)今日は結構うちのところは風が強く荒れたんですが、しほさまのところは大丈夫でしたか?
    韓国語は私もわかるわけではないんですが、わからないからこその下調べと、あとは片言の単語とジェスチャーと顔芸wで、なんとなく旅しております。テキトーです(笑)度胸はきっとあるんでしょうけども、一度行ってしまえばあとは慣れだと思います。いつかしほさまにも、公主服を着て写真を撮る機会が訪れますよーにv
    それまでは、しほさまにまたDVDを見直して楽しんで貰える様な記事作り目指してがんばりますね~(気合だけはいつでもありますw)
    mukuge ( むくげ) | URL | 2013/11/25/Mon 19:55 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。