ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    善徳女王展~慶州芸術の殿堂~ その10
    芸術の殿堂小道具シリーズの最後を飾るのはこれらの小物達です。

    芸術の殿堂 小道具3

    ●アルチョンの短剣…?
    アルチョンの短剣
    「アルチョンの短剣」と札がついていたこの短剣。私も見た瞬間わー、あのアルチョン様の短剣だわ!なんて小躍りしちゃってたんですが、それがこの場面。
    25話 郎粧アルチョン
    25話、チョンミョンの死について調査を郎粧で訴えるアルチョンですが、その訴えも事故ということで却下されてしまい、チョンミョンを守れなかったという自責の念でアルチョンは自害しようとします。そこにあらわれたトンマンに言われる言葉「生きて自分への自責と絶望感を耐え抜け」。その言葉がアルチョンの心を打ち、トンマンへ忠誠を誓うことになりました。
    で、このシーンの短剣だと思って展示品を見てたんですが、映像を見返してみて、あれ?
    25話 アルチョンの短剣
    色が違う。そして、柄もちょっと違う?太陽光と室内灯の違いだからでしょうか。それにしても色目が紺と赤茶色じゃ違いすぎるような。
    これもまた何種類も用意されていた予備のものなのか、それとも他の場面で使われたものかなのか、また謎がひとつ増えました。

    ●アルチョンの角笛
    アルチョンの角笛
    おおっー!これはあのアルチョンの角笛ですね。本当に撮影に使われたものでしょうか?だとしたら、これ吹いたらアルチョン様と間接キッスぅ~~~!!!!と不埒なことを考えましたが、ご安心ください。しっかりガラスケースに保護されていたので、アルチョン様の貞操は守られております。
    10話 角笛アルチョン
    10話、トンマン達がはじめて戦闘に駆り出された阿莫城の戦いのシーンです。百済の弓部隊を制圧した合図に角笛をパォーンなアルチョンです。

    ●ミセンの扇…?
    ミセンの扇
    ミセンの扇と書いてある扇なんですが、ミセンの扇と言えばバッサバッサ広がっているタイプのものの印象がありますが、これは違います。
    で、どこで持っているんだろうと見返してみて発見しました。
    35話 チュンチュの扇
    あれ?ミセンではなくチュンチュが持っていますね!
    しかも…
    60話 チュクパン
    60話ではチュクパンが持っています。チュンチュの配下につくにあたって、チュンチュからプレゼントされたものなのでしょうか?

    ●ミセンの帽子
    ミセンの帽子
    「ミセンの帽子」と書かれていた帽子ですが、ミセンに限らず大等皆この帽子をかぶっています。
    44話 セジョンの帽子
    気になるのがセジョンさん。時たま頭からはずして卓の上に置いています。蒸れるんでしょーか?w

    ●酒令具
    酒令具
    おなじみの酒令具も展示されておりました。
    6話 酒令具
    6話、ミシルに抑えられてヤケクソになっている真平王が大宴会中ゲームに使っていた酒令具です。こうしてみると綺麗ですが、展示品は結構キズがついています。待ち時間や打ち上げなどで使ってたりして(笑)

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    mukugeさん、こんばんはーv 鵬です。

    今回も素敵な情報をありがとうございました(*^^*)
    公式ガイドブックを見返していたら、チョン・ウンインさんが、ミセンの扇子は2回くらい変わった、最初は孔雀の羽で、次は鶏の羽だった、なんて話をしてました。孔雀の羽の方は、広がってなくて確かに展示品と似た形だから間違ったのでしょうかね。でも、ミセンの扇子は根元に赤い羽がないようで。やっぱりあちらはおおらかですね(笑)

    アルチョンの郎粧は本当に似合いますよね。今、「大王の夢」をぼちぼちと見てまして、あちらで花郎がよく郎粧をしますけど、それを見るたびに「アルチョンを見習ってー!」と言いたくなっておりますwww
    あちらのユシンの郎粧を最初に見たとき、なぜか「ゴールデンボンバー?」と呟いてしまいました。
    鵬(ホウ) | URL | 2014/01/26/Sun 19:48 [編集]
    鵬さんへ
    鵬さん、こんばんはーv
    こちらこそ、今回もコメントありがとうございます♪
    公式ガイドブックに扇のことが載っていたんですね…!読んだはずなのにすっかり忘れてしまっております。私みたいな忘れっぽい人間は、たまに読み返してみないとだめですね(笑)
    そうなんですよね。最初トンマンが生まれる頃にミセンが持っていた扇かとも思ったんです。でもあっちは持ち手部分は似ているものの、ふさふさは付いていないし、おっしゃるように根元が赤くないんですよね。あとは、雄ライオンのたてがみみたいなのもあったり、根元がどピンクのものもあったり、どれもこれも派手派手で、さすがミセン、伊達男ですねーv

    ゴールデンボンバー!(爆)なんかあちらの郎粧はのっぺりしてますよね、メイクが。しかも郎粧大盤振る舞いすぎて、ありがたみも薄れるような。。。
    こちらのは、アルチョンも子ポジョンも、ホジェも皆綺麗ですよねー。若ソファが覗いたその他大勢の郎粧はおいておいたにしてもw

    そしてこの場からでごめんなさいですが、今私なんともタイムリーにトンマン郎徒時代のところ見返していたところでして、鵬さんとこの「ヒョンジョン郎て、俺のこと好きなんじゃないかな」のくだり、見事に物語にハマリすぎてわらっちゃいました(笑)
    ユシンがどうやってトンマンが女だと知ったかということをヒョンジョン郎が知ったならば、血の雨が降りそうだなーとひとりドキドキしておりますw
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/01/27/Mon 22:35 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。