ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    善徳女王展~慶州芸術の殿堂~ その7
    まずは、朗報です!
    芸術の殿堂の公式HPで「2010-11-01~2013-12-31」という文字を見て、終わってしまう前にぜひとも行かねば!と慌てて行った私ですが、本当に終わりなんだろうかという疑問もまだ消えず、次の旅の計画をたてるにあたって(笑)問い合わせてみました。
    韓国観光公社のHPのQ&Aのところから問い合わせてみたのですが、「드라마 선덕여왕 속으로展を主催してる慶州文化財団へ尋ねると、常設展として来年も展示を続ける計画とのことです」とご回答をいただきました。
    ということで、来年以降慶州への旅を計画している方は、継続してやっている可能性大ですよ。もしやっていたらぜひ蝋人形陛下に会いに行ってみてくださいv




    さて、まず最初に奥に進みメインの蝋人形陛下に会いに行ってしまいその隣のミシルグッズを先に見てしまいましたが、入口の方に戻りましてそのほかのものをゆっくり見ることにします。

    芸術の殿堂 パネル
    その1」で入口の写真を載せてまして、そちらではピダム・ミシル親子が出迎えておりましたが、奥側はトンマン・チュンチュの叔母甥コンビになっております。後ろにひいてもパノラマにしても全体がいっぺんに撮れないのが残念です。

    芸術の殿堂 台本とDVD
    その向かい側には、台本たちと韓国版DVD-BOXと韓国版OSTが展示されています。
    たくさんの台本がありますが、ここにもカットシーンや変更シーンなどが書かれているものがもしかしたらあるかもしれません。うわー、お宝の山ですね、欲しい~!

    芸術の殿堂 台本
    サインしてある台本もあります。どなたのサインなんでしょ。
    2009...コンガンハセヨ?って書いているように見えます。元気ですかー?って意味でしょうか。無駄に末尾伸ばしちゃうとちょっとイノキボンバイエっぽくなっちゃいますけどw

    そしてここからは各キャラの衣装や、小物の展示、そしてドラマを紹介しているパネルが続きますが、それはまた個別に取り上げることにして、気になったこの展示物を。

    芸術の殿堂 和白会議
    豪華出演陣をバックにした和白会議風景の模型です。
    エレベーターホール前にも和白会議の机や椅子が置かれていましたが、ここでは和白会議押しなんでしょうかw
    トンマンが真ん中でどどんと光っている配置も素敵ですが、そのほかでは自慢の羽根扇をひらひらさせながら誰よりも大きく写っているミセンが素敵すぎます(笑)

    芸術の殿堂 和白会議アップ
    大等が何人かいますが、誰?w 
    そしてなぜか陛下の玉座もここにあります。賛成・不可の札が綺麗にふたつずつ並べられていますが、これがナイフとフォークに見え、さながら陛下主催の晩餐会のようです(笑)

    そして、後ろの写真の下に何かキャッチフレーズみたいなものが書いています。
    「人を得るものが 天下を得て 時代の主になれる」
    ある意味このドラマのテーマのような台詞ですが、このそうそうたるメンバーとマッチしていてかっこよすぎて震えますv

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2013/12/12/Thu 20:32 [編集]
    りりり5さんへ
    りりり5さん、こんばんはーv
    うぉーーーっつ!ヨウォンさんご懐妊ですか!って前回王妃様ヨウォンさんのお話をしていたので表現がおかしくなってしまいましたw もとい、ヨウォンさんおめでたですか!!!
    まったく想像もしてなかったので、びっくりしました。教えてくださってありがとうございますv
    確かに10年ぶりの妊娠と聞くとびっくりしますが、お嬢さんを若いうちに産まれていたというだけであって、まだまだ全然なお年頃ですものね、ヨウォンさん。
    来年はまたたくさんのヨウォンさん作品が見れると期待していただけに、しばらく産休(産休というものに入られるかはわからないですが)でお姿が見れなくなるのは寂しい気もしますが、プライベートが充実してこそ、素敵な笑顔を私達に見せてくれるというものですものね。たとえ2年休まれても、ナムさんも気がついたら2年間の公益勤務も終わってたってくらいですし、過去作品見返したりしてたらあっという間でしょうね。
    ええ、私もりりり5さんと一緒に無事のご出産を遠い日本からお祈りしておりますv どっちでしょうねー、郎徒トンマンのようにりりしい男の子でしょうか、それとも公主トンマンのようなかわいい女の子でしょうかー?(←気が早すぎますwww)
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/12/12/Thu 22:37 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2013/12/20/Fri 21:36 [編集]
    ほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv留守中にもいっぱいコメントありがとうございます。まとめていいっておっしゃってくれましたけど、書ききれないのでひとつひとつ返させていただきまーす(笑)

    覚えてますよー、ほっちさんの初コメント!そうそう、ちょうど昨年の12月の旅行の記事の時にはじめて声かけてくださったんですよね。ちょうど1年ですが、なんかもっと前からお知り合いのような気がしてます。ポイントカードにいっぱいmukuge印が押ささるほど、きっとほっちさんが訪問してくれて、励ましてくれているからですね。いつもありがとうございますv

    実はですね、今回韓国に行って何しようかなーって考えたときに、韓国の鉄道パスのモニターの募集を発見しまして、問い合わせて今年いっぱいって言われたら最期のあがきでもう一回行っちゃおうかなーと思って問い合わせてみたんですよ。結局延長の線が濃いので、また次に慶州に行くときでいいやってなっちゃったんですけど。
    思うに、展示が延長されるというか、ほかに入れ替えてまで展示するものもないし、そのまま置いとけ…ぐらいのもんじゃないかなーと思ったりもしますがw
    私の記事を見て行ってくれる人がいたらいいなーって思いますけど、ひっそりやってるブログなんで貢献度はいまいちかもしれません。

    パグィの人は、「馬医」ではとてもかっこいい役ですよね。「イ・サン」でも側近ですし。この方時代劇で見ることが圧倒的多いですが、「楽しい我が家」っていう現代劇で一度見た事があります。しかし、やはり申し訳ないですが、なーんか現代だと違和感がありましたね。

    私も一日中韓流ドラマ観てることがありますが、時代劇を同時に見ると混ざっちゃいそうになりますw そうそう、「武神」観終わりましたよ!ポジョン~、ほっちさんが言っていたキレッキレの意味がよくわかりましたよ。あの手を前に出すハッパポーズ、クセになりそうです(爆)

    ほっちさんのヨウォンさん視聴リスト以外で私があと見たものは、「ポンダルヒ」「ファッション70's」「BAD LOVE」「大望」「純情」あと映画では「アタックザガスステーション」「光州5・18」「容疑者X」ぐらいですが、ドラマとして面白いのは「ファッション70's」「ポンダルヒ」、ヨウォンさんの顔を楽しむだけなら「BAD LOVE」かなっと。「光州5・18」は内容がいたたまれない血みどろの画の中での、ヨウォンさんの清らかっぷりがすごいです。
    私もまだ見ていない映画が手元にあるんで、年末年始の休暇に観るのを楽しみにしてるんですよv ほっちさんも何か観たら、また感想教えてくださいね。
    mukuge(むくげ) | URL | 2013/12/25/Wed 00:00 [編集]
    もうすぐ2014年〜(^^ゞ
    またまたお邪魔します♪mukugeさん
    ようやく2013年の年末に突入して
    もう少しで2014年。
    皆さんに追いつけます(^^)v

    もうmukugeさんの旅のレポート最高です!
    お世辞じゃ無くてですよ。
    色々な裏話も満載で、読み応え充分!
    それにしても
    韓国ではひとつのドラマがヒットすると
    こういった感じで、
    ドラマの衣裳とか小道具とかが保存展示されているんですか?
    日本だと一時的には展示とかありますが、
    ずっと残るって事がないような気がします。

    mukugeさんのブログを読み始めてから
    さらに善徳女王に興味が出てきて
    「善徳女王の真実」って本をamazonさんで購入しました。
    明日から少し休めそうなので
    GW中に読破する予定です。

    今後も楽しみに読み続けます。
    よろしくお願いしますm(__)m
    jun | URL | 2014/05/03/Sat 17:20 [編集]
    junさんへ
    junさん、こんにちはーv
    ゴールデンウィーク最終日ですが、「善徳女王の真実」読み進まれましたか?私が以前鼻息荒くしてブログでまくしたてたあとがきもそろそろでしょうかね。興奮して飲んでた湯呑み茶碗叩き割りそうになったので、junさんもお気をつけくださいねー。いや、んな気が短いのは私だけですきっとw 
    善徳女王自身にも興味が出るってわかります~!ドラマが好きだと他の媒体のものでも親近感湧きますし、いろんなものに興味がでますよね。とか言っておきながら「大王の夢」のピダムは最後まで好きになれなかったですけど(^^;
    ドラマ関連の展示館では、済州島にビョン様の「オールイン」の展示館オールインハウスがあるようで、撮影で使われた建物が台風でなくなってしまったためそこに復元して、中に撮影小物も飾っているらしいです。やはり四天王ものとなると訪れる人も多かったでしょうし、宣伝も行き届いていてガイドブックとかにも載っていますが、この善徳の展示はガイドブックに載っているわけでもなく、私もリンク先の皆様に教えて貰って初めて知ったんですよね。ですので、もしかしたら私の知らないどこかで、他のドラマの展示館があるのかもしれません。ですがこの善徳の展示は、ずっと残しているのか放置しているのかよくわからないおおらかさなんですよねー(笑)
    えへへ、junさんが褒めてくださったの、嬉しいので素直に受け止めさせていただきます。この先もそう言ってもらえるような記事を書きたいと思いますので、よろしくお願いいたしますv

    mukuge(むくげ) | URL | 2014/05/06/Tue 13:25 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。