ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    善徳女王展~慶州芸術の殿堂~ その12
    12回にわたってお届けしております慶州芸術の殿堂「善徳女王展」、最後を飾るのはこの男たちのこの衣装です!
    52話 ピダムとユシン
    あ、なんか男二人でフォークダンスを踊ってるみたいなトンマンの右腕・左腕の画ですねw

    ●ユシンの鎧
    芸術の殿堂 将軍の鎧
    鎧はドラマ内と同じ上将軍ユシンのものだと思うんですが、マントが雰囲気は似ているものの微妙に模様が展示品とは違うような気もします。
    でも全体的に、渋いながらも重厚で、ユシンにぴったりな鎧ですよね。

    ●ピダムの司量部令服
    芸術の殿堂 ピダム服1
    おーっ!ピダムの服ー!しかも女王時代を象徴する真っ黒な司量部令服なのでなおさらテンション上がります。この服、背が高くてすらっとしているピダムが着ているので、ウエストの位置が高くて絞りも細く、かっこいいですよねー

    芸術の殿堂 ピダム服2
    丸い菊の紋みたいな金属の飾りが帯の真ん中と、羽織の前部分についています。これ、司量部のガサ入れのときに水戸黄門の印籠のように出している司量部の札のマークに似ているようでもちろん違うんですが、これがもし司量部マークだったらと想像すると、いかにも制服っぽく、かつ司量部自己主張しすぎ!ってな感じになっちゃうので、違くてよかったです(笑)

    芸術の殿堂 ピダム服3
    袖口の部分、植物柄の光沢のある生地を使っていまして、一見黒系統で地味に見えそうなこの衣装ですが、さりげない華やかさもまたあります。さすが司量部の長の衣装です。
    というかもちろん他の部署にも長はいるわけですが、オリジナルのものを着ているのはピダムやチュンチュなど一部の人のみですよね。さすが陛下直属部署!

    芸術の殿堂 ピダム服4
    といいますか、ピダムの足元、そしてそのピダムとユシンの間の足元になにかあるのを、"今"この記事を書いていて気づきました(爆)衣装に目が釘付けで足元はよく見ておらず、建物の出っ張りというか梁みたいなものだと思って気に止めてなかったんですが、これ弓ですよねー。いやー、びっくりです、自分のフシアナっぷりが(笑)
    しかもこの弓・・・
    62話 コルチャンノ
    これはもしかして最終回にてピダムを射抜いたコルチャンノ部隊の弓ではないでしょうか…!?
    ピダムの服の横にピダムを射抜いた弓を展示するとは、なんとも生生しいですね(ニガワライ)

    以上展示品を中心に「善徳女王展」の様子をお伝えさせていただきました。
    他にもドラマのあらすじや善徳女王の業績などを説明したパネルなどがあったのですが、なにせ韓国語と英語記載しかなく私にはさらっと読めなくってもったいなかったです。展示を見ながら意味がすぐわかったら、もっと楽しかったでしょうねー。
    芸術の殿堂 徐羅伐3姉妹
    ↑瞻星台・皇龍寺の九重木塔・芬皇寺の石塔という善徳女王時代の3大建築物を紹介していると思われるパネル

    改めて慶州芸術の殿堂の公式HPをのぞいてみたら、2010-11-01~2014-12-31とさらっと書き換えてありました(爆)とりあえず、今年いっぱい展示は続きそうです。ま、この調子だと毎年展示期間がさりげなく伸びていくような気もしますがw
    弓のような見落としが他にもあったかもなんて心配になってきたので(笑)、慶州へ行く機会があったらまた立ち寄ってみたいなーなんて思います。
    「善徳女王展」お付き合いくださいまして、どうもありがとうございましたーv

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2014/02/20/Thu 18:26 [編集]
    ほっちさんへ
    ほっちさん、こんにちはーv
    蝋人形陛下もテンションあがりましたけど、トンピ好きなのでもれなくピダムの服でも盛り上がっちゃいました(笑)
    これから行こうと思ってる人には余計なネタばれになっちゃうと思いつつ、皆で楽しめればなーという気持ちでいつもロケ地や旅記事は書いているのですが、ほっちさんにはいつも楽しいと言ってもらえて書き甲斐があります。ほんといつもありがとうございます!

    笑えるほど、展示にお国柄が出てますよねー。テキトーというか、ざっくりすぎるというかw でも商品をディスプレイしないでシートの上に山盛りに出している韓国の雑多な市場とかそういうのが好きな私なので、このテキトー感が心地よかったりします(笑)

    私も緋翠さんの記事を読んでいなければきっと知らないまま行かなかったあろう場所なので、もっと旅行情報サイトとか、ガイドブックとか、観光案内所で無料でもらえる無料パンフレットや地図にも取り上げられればいいのになーと思います。そうしてお客さんが訪れたら、もっともっと延長されるのではないかと期待したいですね。

    ほっちさんの次のヨウォンさん視聴はポンダルヒなんですね。ポンダルヒ、怒られるシーンもあって見ていて胸が痛くなるところも多いんですが、やはり主人公ヨウォンさんの成長物語はトンマンもそうですが、見ていてあーいいなーと思います。あ、ヨウォンさんのかわいいお遊戯wもありますのでお楽しみに(笑)
    見終わったあとの感想も楽しみにしていまーすv
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/02/22/Sat 17:25 [編集]
    すっごく興味が湧きました!
    こんにちは。
    たまたま善徳女王のキャストのことを調べていたらこちらにたどり着き、もう目を丸くしながら読ませて頂きました!
    もうすっごく興味津々です!
    今年中に…行って見てみたいです‼︎
    情報をありがとうございました!
    詮子 | URL | 2014/05/18/Sun 15:03 [編集]
    詮子様へ
    詮子さま、はじめましてこんばんはv 管理人のmukugeと申します。
    なんと、善徳女王のキャスト繋がりでこちらにお越しいただけたのですか。ご縁をつないでくださったキャストさんに感謝です(笑)
    善徳女王展、このドラマが大好きな方にとってはホント楽しいところです。行かれましたら、変わってた部分があったり、またどんなんだったか感想などでもまた教えてくださいね。
    こちらこそコメントどうもありがとうございましたv よろしければまた遊びに来てくださいね。

    mukuge(むくげ) | URL | 2014/05/19/Mon 19:41 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。