ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    徐羅伐コレクション 女王編 その2
    本日4月9日は、ヨウォンさんのお誕生日ですね~v おめでとうございまーす♪
    春ゆえに、ダブルおめでたもありえる?なんて思っていましたが、そちらはまだっぽいですね。
    そんなヨウォンさんに捧げる記事は、何ヶ月かぶりの徐羅伐コレクションでございます。
    いやー、公主編の時はだいたい月一回位のペースで更新できていたんですが、女王編となるとなかなか進まなくって…というか、残り少なくてもったいなくってなかなか手がつけられないというのが本音だったりします(笑)
    ってことで、今回は陛下の仕事着ともいえる政務服ですが、そのうち今回は即位したての若陛下バージョンです。衣装はベテラン陛下も同じものを着ているんですが、小出しでいきたいと思いますw

    ●上半身
    若陛下 上半身
    きゃ~、かわゆいvvv 
    朗徒トンマンも公主トンマンもベテラン陛下だってもちろんかわいいんですけど、この即位したての陛下の初々しいかわいさったらないですね。希望に満ち溢れていて、キラキラしています☆

    ●金冠
    若陛下 金冠
    横に渡した三つ編みの上にちょこんと載っている金冠ですが、即位式の時のものよりはこぶりですが、日常使いの範囲内でせいいっぱい華やかなつくりですね。正面の角部分は、まるで珊瑚のようです。

    ●髪飾り(バック)
    若陛下 後姿
    前から見るとすっきり見える若陛下のカチェですが、後ろから見ると結構モリモリですねー。
    後頭部高い位置にある3つの飾りと、下の位置のバナナもといボート形の2つの飾りがついていますが、そのうち下のほうのものはこちらと同じものではないかと思います。
    善徳女王スチール
    ドラマの宣伝用スチールですが、このときのサイドでまとめている髪の飾りとして使われている金の飾りと似ています。
    この飾り、よく見ると、編み編み模様になっていてそれが筒になってるんですね。

    そして、衣の前身ごろにある帯から肩に伸びる部分は後ろにまわってU字形になっていますが、この部分、即位式の時の衣装では黒の生地のものとなっていますが、この政務服では全く同じデザインで赤の生地のものとなってるんですね。
    衣の襟についているゴディバの板チョコみたいな形の金がついている装飾品も、即位式の時と同じデザインですね。

    ●耳飾り
    若陛下 耳飾り
    真ん中が花のようになっていて、そこから公主の時につけていた金の髪飾りのように、鳳凰の羽根のようなものが伸びている金のこの耳飾りのデザインは、後ろ髪の上のほうに3つ付けていた金の髪飾りとおそろいです。
    玉も赤と黒という、衣の中で使われている色を使っているので、すっきり統一感があります。
    ちなみに…
    オープニング陛下
    こちらはオープニング映像の陛下ですが、衣装は即位式の時のものを着ているものの、耳飾りや髪飾りはこれと同じお花のデザインです。

    ●髪飾り(フロント)
    若陛下髪飾り
    前部分の左右にさしている髪飾りは、まさにお花ですね。かわいいーv 若陛下の初々しさに一層の華を添えています。
    このお花は白っぽい土台の上に金で作った花形のモチーフを乗せていますが、その白っぽい部分は銀でしょうか?金一色よりは、この白の上に金を乗せることで、立体感が生まれています。
    また真ん中には赤の石がついていますが、これも耳飾りと統一感があります。またお花の部分から6本飾りが下がっていますが、先端の小判のような部分は、一枚ものじゃなく、貝のように二枚重なっているところが、さりげない贅沢品で、王としての権威を感じる一品です。

    ●この衣装の名場面
    52話 私の剣になれ
    52話 私の剣になれ

    ●登場話
    52話

    ●その他
    即位式の衣装とこの衣装、真平王が崩御して即位式までの7日の間に女官のお針子チームが急いでしつらえたんでしょうか?いくらすでに皇太女だったといっても、前王の生前に作っておくのも何か不敬なような気がしますし。
    もし即位が決まってから製作に取り掛かったのだとしたら、新羅初の女王陛下の衣装ということで前例がなく、一からの作業で、女官のお針子チームは大忙しだったと思います。
    縫うどころかデザインから考えなくてはいけなかったと思いますが、やはり歴代の王、特に父王真平王の政務服を参考にした部分はあるかなと思います。
    真平王 正面
    真平王の政務服は、黄色の衣の上に、えんじ色の衣を羽織っています。そのえんじ色の衣の襟部分に金の装飾品が付いていますが、これは真興王のにも真智王のにも代々ついてるものだったので、トンマンのにももれなく付いています。
    また代々の王はえんじ色ですが、トンマンのは赤色や黄色を使って明るく女性らしい色合いになっています。
    真平王 後姿
    衣の後ろには、マントというには細すぎますが細長い布がぴろぴろ垂れ下がっています。これに対してトンマンのほうには同じ部分に真平王より大きい襟から足元へ伸びる幅広のマントが付きました。このマントは、トンマンが憧れていた小さいころ読んでいた「英雄伝」のローマの英雄のイメージが重なります。
    女王陛下の装いは、真平王はじめ歴代の王よりも金がさらに多めで豪華に見えます。一見贅沢をしているように見えますが、ある意味これは政治の世界に身を置く陛下の鎧でもあり、華やかに着飾ることは王権強化を誇示するための武器でもあります。
    そして予算的にもトンマンは独り身宣言しており、男の王が自分以外にも王妃様や後宮にお金を使うことを考えると、トンマンの衣装なんて安いもんだよ、なんて思ってしまいます。

    衣については今回あまりふれなかったんですが、次のその3(ベテラン陛下編)に持ち越す予定であります。

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2014/04/10/Thu 17:58 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2014/04/11/Fri 17:12 [編集]
    りりり5さんへ
    りりり5さん、こんばんはーv
    ヨウォンさんのお誕生日便乗企画にコメントありがとうございます。
    おお…ファンミ効果が太刀打ちできないほどの激務お疲れ様です。陛下、ヨウォンさんの美しいお姿は、どんなドリンク剤よりも効きますね♪

    大阪来ましたね!今度は地方OLにもやさしい日程なので、行きたいなーと思っております。1日2公演はナムさんも大変だと思いますが、私的にもしんどいんです(笑)でも、ライブのように立ちっ放しではないので、なんとかなるかな。
    前回はりりり5さんに色々様子を教えてもらえたので、もし行けたのなら今度は私のほうが何かしらご報告できたらいいなと思います。

    実は私、ノワールがわからなくってその場でぐぐったんですが、ノワール=犯罪者や闇社会を題材にした作風ってことで、その時なんとなく頭に浮かんだ作品が「幸せの黄色いハンカチ」(爆)黄色いハンカチを干す相手役のヨウォンさんを想像して思わずニヤけちゃいましたけど、ナムさんが求めるノワールとは違いますよね(笑)
    でもお二人の共演が見れるなら、もう何でもいいです!

    52話の若陛下は希望に満ち溢れていて、公主時代から政務に携わっていたとはいえ、新たな仕事に対する意欲に燃えていて、ちょうど今の時期よく見かけるフレッシャーズのようだななんて思います。この時期はトンマンもピダムも和気藹々としていて、トンマンの笑顔もふんわりしていてやさしいし、かわいいし。私も大好物ですvvv
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/04/12/Sat 00:13 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2014/04/12/Sat 19:52 [編集]
    ほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv
    春のテディベアまつり、楽しんでいただけて何よりでーす。もう皆一緒に遊んでくれて楽しいったらないです。
    せっかく書いたものを全消ししてしまったら、呆然としますよね。そんなほっちさんには春のテディベアまつりの景品、善徳ベアつきの白いお皿プレゼントいたします、どんまい。
    にしても、機器って慣れるまで疲れますよね。私も最近空き時間を有効利用できないものかと7インチタブレットを買ったんですが、入力がまだ早くできなくってネット検索にしかほぼ使えていないんですよねー。ほっちさんがあいぽんと親密になるように、私もタブくんと親密になりたいでーす。
    >陛下の心情を察すると重圧と戦ってらしたのでしょうね。
    ほんとそうですよね。陛下の装いは鎧であって、ピダムは剣であったはずなのに、重圧と戦うだけでも大変だったのに、その剣が諸刃の剣だったというのが胸にしみます…。
    ベテラン陛下編は名場面が多すぎるので、自分でも楽しみです。いつになるかわかりませんがw、待っててくださいね~
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/04/13/Sun 21:39 [編集]
    りりり5さんへ
    りりり5さん、こんばんはーv
    お気持ち分かります。追加公演とか言いながら、全然別の公演っぽいですし、行きたくなっちゃいますよね~
    私もカミングアウトしますが、実はもう飛行機だけ取っちゃいました(笑)関西となると便が少ないので、当落まで待ってたら値段が高くなっちゃいそうで。もしはずれたら、会場の近くの難波宮跡でひとり散策でもしてこようと思いますw
    ありがとうございます。皆にいいお知らせがくるといいですねーv
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/04/13/Sun 21:56 [編集]
    徐羅伐コレクション〜
    mukugeさん、こんばんはv
    出遅れましたが、ちょっと久しぶりの徐羅伐コレクションで嬉しいです。若陛下、かわいいですね〜(^^)正直、女王編でも時期によって髪形とかが違うこと、気付いていませんでした(^^;)アクセサリーもかわいい。トンマンのアクセサリーは基本的に繊細な気がします。ピアスはこれも市販されていそう。
    トンマンコレクションが終わっても、他のキャラの衣装でぜひ続けていただきたいです。男性陣の衣装も、脱がせ方……いやいやいや、構造とか、名称とか、ぜひ知りたい!
    それにしても、本当に王位継承の準備っていつからどう始めるんでしょうね。世継ぎが決まった時点で作り始めるっていうなら合理的ですが。考えると面白いですね。
    鵬(ホウ) | URL | 2014/04/14/Mon 23:45 [編集]
    鵬さんへ
    鵬さん、こんばんはーv
    ごぶさたすぎのソラコレすみませぬ。
    私もお話に没頭してるときは衣装とか髪型とかまでは目に入ってませんでした。こうして記事を書くようになってからですね、気になるようになったのは。確かにミシルのアクセサリーはご本人のように自己主張が強くて大ぶりですが、トンマンのアクセサリーは本人のように華奢で繊細ですよね。って言ったら璽主に斬られるでしょーか(汗)

    男性の衣装の脱がせ方…すみません、積極的なトンマンを想像して鼻血出そうになりました(爆)構造とか、名称とか、、、う~ん、服飾の本は何冊か読んでいるんですが、いまいちまだよくわからないんですよね。引き続き要勉強ですね。芸術の殿堂に飾ってあったピダムの衣装をちょろっとめくってはみたので(コラ!)、なんとなく構造はわかったような気もするんですが。

    もし世継ぎが決まってから作り始めたとして、トンマンの副君問題から即位までは何年かはありましたよね。トンマンに限って絶対あるはずはないんですが、その間に太りすぎて着れなくなったらどうしよーっていう(笑)
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/04/15/Tue 23:20 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。