ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新・MBCドラミアに行ってきた! その1
    3月に渡韓した際のドラミアネタです。
    善徳のメイン撮影場のMBCドアミアですが、最初に私が行ったのはまだブログを始める前の2011年の11月でした。ドラミアに行ったことがきっかけで旅の写真ブログみたいなのなら私にもできるかしら?なーんて思ったのが始まりだったんですよね~思い返すと懐かしいです。
    前回は現地ツアーに参加して行ったため時間も少ししかなく広い敷地の中のほんの一部しか見れず見逃したところがたくさんありすぎて今度またリベンジしたいと思ってましたが、他にも行きたいところが多すぎてなかなか行けず、あれから2年5ヶ月でやっとふたたび行くことができました。
    今回は前回のように欲求不満を残さないように、全くのフリーで、自力でGOです。

    出発地点は南部バスターミナル、こちらのターミナルの窓口で「白岩(ペガム)」までのチケットを購入しました。ターミナルに着いたのが8時40分位でしたが、ちょうどその頃バスが出たばかりで渡されたチケットには9時と書かれておりました。一人4500ウォン。
    ドラミア バスチケット
    高速道路を通ったあとバス停でいうと三つ目ということで降りそこなわないか私の場合水原でバスを降り過ごした経験上心配でしたが(笑)、運転手さんが大きな声で「ペガム~」と叫んでくれるので大丈夫でした。路線バスと違って降車ボタンがあるわけではないですから、必ず停留所では止まるんですよね。というか私が行った日にはほかにも日本人のグループや中国人のグループがいたので、ターミナルのチケット売り場の人も運転手さんも外国人だったらあードラミア目当てねとわかってくれてる感じでしたw

    白岩バスターミナル
    50分位で到着しました、白岩バスターミナルです。ターミナルといっても売店とチケット売り場を兼ねた小さなお店の前にバス停があるだけですけど。到着時はこのバスターミナルの道路挟んで向かいのハロナ薬局前のバス停に停車いたします。
    ここから車で10分くらいのドラミアですが、バスに乗り換えて行くことも出来ます。ですが私はちょうどタクシーがいたので今回はそちらで向かいました。そのタクシーの運転手さんがですねー、地方ではいつも体験しますが、飛ばす飛ばす(爆)追い越し禁止車線で追い越しかけるから、対向車とぶつかるんじゃないかとスリリングすぎて手に汗握りました。そのおかげかどうかわかりませんが、なぜか前に出発した他グループのタクシーよりも先に着いたという。どこで抜いたんだろう?(笑)。料金は8400ウォンでした。
    来る途中びっくりしたのが、前回ツアーバスで来たときの記憶だと舗装もなにもされていない道路で凄い田舎の風景だったんですよ。それが今回来てみると、いかにもできたばかりという感じの、新しい舗装された道路が出来ていました。しかもスピートを出させないためにわざとでこぼこをつけた道で、かなり整備されています。

    そして着きました!ドラミアに。
    ドラミア 入り口
    ドラミア自体もまた以前来たときとは違って、駐車場やトイレ、喫煙所、コーヒーなどが売っている売店などが整備されててびっくりしました。確かドラミアって最初は外国人ツアー客しか入れなくって、それから外国人の個人客OKになり、今は韓国人観光客も入れるようになったと聞いたことがあるような気がします。多くの人に開放して来園者も増えているので、その分施設も整えたんですね。
    そして変わらないものもありまして、この一番最初に目に入る建物の壁画、相変わらずmbcご出演の皆が出迎えてくれます。
    きゃー!陛下~!きゃー!璽主~vvv ←前回来た時と全く同じ反応ですw

    入場料はひとり7000ウォン払い中に入ります。
    入り口にも新しいものが増えていました。
    ドラミア看板
    園内案内図です。
    一部のセットに関して説明が書かれていますが、韓国語はもちろん英語、日本語、中国語で書かれています。なんともインターナショナルな、もう立派な観光地です。
    便殿(赤い部分)のあるエリアと、演武場(オレンジの部分)のあるエリアは善徳撮影時、そして私が前回行った時にあった場所ですが、紫の部分より奥の部分は馬医のために広げられたセット場です。今回はその部分で「奇皇后」の撮影が行われていてそこには入れませんでした。

    ドラミア 善徳女王看板
    案内図の横からはこのドラミアで撮影されたドラマが「シンドン」から順番にひとつひとつ並んでいました。
    これが私達の「善徳女王」ですv でも欲を言えば、もう少し引きでもいいからピダムがいるバージョンのほうにしてほしかったです(TT)

    ドラミア 馬医看板
    ついでにヨウォンさんつながりで「馬医」もありましたよーv

    ドラミア シャトルバス
    チケット販売所のところにあったドラミア-白岩間のシャトルバスの時刻表です。日本語のものもあるところが訪れる日本人の多さを物語っておりますが、時刻表には朝の7時発とか夜の22時台発とか営業時間外の時刻も載っています。観光客相手の時間帯ではないですから、ドラマ撮影のエキストラなんかが使うんでしょうか。いくらなんでも、メインキャストやスタッフは車ですよねー。

    ということで、次回からドラミア内部へ向かいますね。
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2014/04/29/Tue 19:41 [編集]
    りりり5さんへ
    りりり5さん、こんばんはーv
    終わってしまいましたねー、Gyao!の配信。といっても私は言うほどほとんど見ていないんですが(^^;
    やはり何度見ても辛いですよねー。あの場面は動のピダムと静のトンマンがとても対照的で、対照的ながらお互いに胸に抱えているものは一緒だから、だからこそなおさら見ていて胸が痛みます。
    新しい職場に移られて一ヶ月がたちましたね。お忙しいのに加えて、新しい場所では気を張っていたと思いますが、ちょうど慣れてきた頃でお疲れもでてきたのではないでしょうか。連休は休めそうですか?ご家庭のこともあると思いますので完全にゆっくりとはいかないかと思いますが、少しでも身体を休められたらいいですね。
    今回のドラミアはかなりマニアックに見てきたので、もしかしたら来年までに終わらないかもしれませんが、少しずつでも更新していけたらと思います。
    こちらは昨日やっと桜が開花しましてやっと春を実感しております。明日からは5月ですし、私達が首を長くして待っている春はそろそろやってくるのでしょうかねー?
    あれから2週間、色々な事実がわかってきてなんともいたたまれない気持ちになっておりますが、ナムさんの映画に関してはこの場合仕方ないですよね。夏休みに行った時に見れたらいいなと思ってたんですが、公開自体が無くなるとことはないと思いますので、自然に公開される時がくるまで静かに待ちたいと思います。
    こちらこそ、いつもコメントありがとうございますv
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/04/30/Wed 22:22 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。