ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新・MBCドラミアへ行ってきた! その3
    今回は前回の記事でちょっと聞いてくださいよー、と言っていた話です。
    セット場とは移ろいやすいもの…撮影終了から4年もたっていれば、その姿が完全に残っているなど不可能に近いというのは重々承知の上で行っておりますが、そうは言っても今回はいきなりの衝撃を受けました…w
    これから行こうとしている方には夢を壊してしまうことになるかもしれませんが、大丈夫そうな方のみ続きをご覧になってくださいね。

    ドラミア2014-1
    前回の記事のチュジン公の屋敷として使われた建物の横の建物です。あれ?ここ、こんな建物でしたっけ?私の記憶にあるものより、心なしか新しいような気がします。

    2011パンフ地図
    こちら2011年入場時に貰ったパンフですが、やっぱり変わっている(> <)

    ドラミア2014-2
    パンフ7番のお手洗いのある建物は健在です。この建物がチュジン公とピルタン郎親子が話している場面の後ろに映りこんでいた建物になります。
    ちなみに、中のお手洗いは当時の様式に従って…というわけではなく、普通に洋式です(笑)

    ドラミア2014-3
    そしてその隣にあるこの門。この門はとても見覚えがあります!
    7話
    7話、ユシンに泥棒呼ばわりされて縛られているチョンミョンですが、ここではマンノ郡の官庁として使われていますし、
    61話
    また61話では、ピダムが向かったはずのチュファ郡の官庁となっています。

    このように周りを取り囲む部分はそのまま残っている部分もありますが、門の外側から見える中の風景が、やはり以前とは違う雰囲気を漂わせています。
    では、潔く入ってみましょう。
    ドラミア2014-4
    うぁーん、やっぱり違う~~~!以前来たときにはこんな建物ありませんでした!
    ドラミア2014-5
    高麗風なのでしょうか。 「武神」で見たような気もしますが、はっきりと覚えておりません。

    この立派な建物が建てられる前、以前はどんな建物があったかというと、、、
    ドラミア2011-1
    2011年の時の写真をひっぱり出してみましたが、確かこの場所にはこの建物があったはずです。
    ドラミア2011-2
    こちらも同じく2011年時の写真ですが、当時は「トンイ」の撮影場面が紹介されていた両班風のお屋敷みたいなものがこの場所にはありました。

    もうお気づきの方もいるかと思いますが、そう!ここは兵部の建物として使っていた建物があった場所だったんです。

    13話
    13話、トンマンを拷問にかけたり…(おのれ、許さん(-_-メ)) 
    27話 
    27話、ミシルがピダムを尋問したり…
    56話
    56話、百済討伐軍の出陣を陛下が激励したり…

    そんなことが行われておりました兵部の建物が、もう見られないんですね(泣)
    しかも使われていたのは、兵部としてだけじゃありません。
    31話 
    31話、ユシンの家としても使われておりましたのも、この場所です。

    確かにこういう貴族のお屋敷みたいな建物はドラミア内にもほかにもいくつかあるので、そちらで代用することは出来そうですが、善徳ファンにとっては聖地がひとつ消えてしまい残念です。
    そして、こんなことはまだまだ序の口だったのでした…続くw

    ●主な使用場面
    7話 マンノ郡の官庁
    61話 チュファ郡の官庁

    12.13.27.38.46.49.52.54.56話 兵部
    19.31.36.44話 ユシンの家
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。