ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    キスデーなので妄想してみる…w
    毎月14日恒例の韓国の○○デーシリーズ、なんと今月はその名も“キ ス デ -”なんだそうです。うわぁ、今まででというか12か月の中で一番興奮します。
    しかしキスといっても「善徳女王」では、この世で一番美しくまた色々とスケールの大きいトンマン&ピダムという大型カップルがいたにもかかわらず、このふたりにはキスシーンなかったんですよね(うらめしや)
    ふたりのちょっといいシーンといえば、手を握るだけとか、ほんのちょっとのハグとかなんともプラトニックな場面ばかりで、それでもそういった貴重な場面をドッキドキしながら見ている自分、いつからこんなかわいいもんで悶えられる人間になったのでしょうか(笑)

    そしてなければ妄想してしまうのが、トンピファンというもの(ホントか?w)
    キスシーンがもしあったならば、どこに挿入されたら自然だったのでしょうか。
    一番ありえるはずだったのは、58話の予告にてのみ見られるカットで、トンマンをトントン寝かしつけたあと、寝ているトンマンに唇を近づけるピダムという、撮影までしておきながら本編ではカットされたシーンがあげられるかと思います。
    58話 キス寸止め
    ・・・、しかしこれって未遂に終わっているんですよね。出て行こうとして戻ってきてトンマンに近づき、口づけをしようかしまいか迷い、結局後ろ髪引かれながら出て行くという。
    でも、ここでピダムの自制心よりも欲望が勝ってもし無防備なトンマンに口づけてしまったら、せっかくピダムに寝かしつけられその安心感のもと眠りについているトンマンを起こしちゃうのもなにかと思うので(寝台…寝衣の愛しのトンマン…口づけだけで済むはずがない/小声)、この場面はやはり未遂のままでいてもらいましょう。

    次にやはりこの場面。トンマンが初めて自分の気持ちを吐露した場面ですね。
    57話 霊廟ハグ
    肖像画の母の視線がイタイですが、このハグのあと自然に唇が重なって…というのが一番いい流れかと思います。
    しかし、トンピ同床友の会会員としては、この次の王宮の上をチュンチュンチュンと鳥が飛ぶいかにも夜が明けましたーのカット、どう考えてもこの霊廟でのハグのあとふたりは仁康殿にてムフフ、としか考えられません。惚れた腫れたという気持ちからではもちろんありますが、百済軍が迫っている神国の危機のなか、女王トンマンとしてはしっかりとピダムを掌握する必要がありますし。
    ということで、キス以上のことを妄想できるこの場面に入れるのももったいないので、ここはあえてはずしてみます。

    ではここはどうでしょうか。
    51話 私のためであったのだろう
    51話ミシルの自害後、トンマンがピダムを呼び出し、ミシルにあの勅書を渡したのか?それともミシルに勅書を見せて公開すると脅したのか?と問い、ピダムの表情から察し、結局ミシルの心を変えたのはお前だったのか、というシーン。
    私のためだろう?ありがとうと言われ、ピダムが涙目でうっすら微笑みを見せます。そして、お前が私に見せた信頼を大きなもので返そうとトンマンに言われたと推測するのですが、そのあと目を合わせながらも沈黙が続き…距離が縮まり自然と唇と唇が重なり…っていうのはダメでしょうか?(笑)
    ここでチューしちゃったら、ふたりの関係が恋人同士になっちゃって、女王編がおかしなことになっちゃうではないか?とお思いかもしれませんが、ご安心ください。たとえここでチューしたからといって、すぐににはLOVELOVEモードで恋人同士にならないのがこのふたりです。
    ピダムは、これでトンマンは俺の女だと有頂天になるほど馬鹿ではなく、これから即位して至高の存在になるとわかっているだけに悩みます。ミシルの、愛とは容赦なく奪い取るもの。トンマンを愛するならそうしなさい、という言葉を実行する考えに至ります。
    トンマンは…かわいいワンコへのご褒美でっていう冗談はさておき、恋だの愛だの考えられない覇道の道へ進むにあたり、なぜそうしたのかもわからない想いごと封印したのではないかと。
    というのはやはり無理がありますかね?

    ではもうひとつ大穴的に51話、ミシルの死後大耶城を飛び出したピダムをトンマンが追いかけていって、ミシルとの関係を知ったトンマンがピダムを抱擁するシーンです。
    51話 ハグっ  
    トンマンが抱き寄せたあとピダムの手がトンマンの背にまわり、トンマンはピダムの背をポンポンとしなだめます。そしてしばらくした後ひっついた頬と頬が少し離れふたりの目が合い、その時涙目のピダムの顔がゆっくりトンマンの顔に近づいて行って…唇がふれます。びっくりして目をまるくするトンマンですが、あがなわず、ゆっくり目を閉じて…。
    少なくともこの時はじめてトンマンはピダムの苦しみを聞き、自分と同じような過去の傷を知り、ピダムを理解したと思います。そしてほんとうに唇のあたたかさを伝え合っただけのものですが、帰り道トンマンとピダムが歩いている時のもじもじ感や、チルスクに襲われた時のピダムのヘナチョコ感は、母の死とトンマンの抱擁(チュー)という夢なのか現実なのかわからない状態のフワフワした中でいきなり襲われたので…という言い訳はなりたちませんかね?やっぱり(笑)

    って、キスという妄想だけでこんなに語ってしまいました。キモいですよね。うわぁ~引かれてるかも。
    皆さんならどこにキスシーンを入れてみたいですか?と仲間に引き込んでみますw

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2014/06/15/Sun 09:37 [編集]
    見たかったですね~
    mukuge さん、こんばんは!

    いや、本当にトンマンとピダムのキスシーンが見たかったですね~。せめてマウスツーマウス人工呼吸がガユシンじゃなくてピダムだったら(笑)。
    思わせぶりなシーンだけでもいいから、欲しかったです。寝台の前で寝間着を着て見つめ合って立っている二人、とか、夜明けに女王の私室から出てくるピダム、とか。
    うーん、何を言っているんでしょう。我ながら呆れます(笑)。
    midorin | URL | 2014/06/15/Sun 22:29 [編集]
    りりり5さんへ
    りりり5さん、こんばんはーv
    引かれなくてよかったです(笑)それどころかりりり5さんの素敵な妄想ナイトにひと役買えたとは、さらけ出した甲斐がありました(爆)
    りりり5さんも、霊廟後は…フフフと想像してたんですね。いくら徐羅伐一の純情男とはいえ、拒まれないと自信がついちゃったら押せ押せムードになっちゃうと思うんですよね、やっぱり。
    そしてキスに関して51話後のハグ後に一票ありがとうございます!そうですよねー、耳とほっぺがピッタリと、あの距離感は半端ないですよねー。
    こういったおかしな妄想も、熱烈なトンピ愛ゆえですよね!とりりり5さんからコメントいただいて自信が持てました。企画にのっかってくれて、どうもありがとうございましたー。独り言で終わったら、どうにもこうにも痛すぎましたからw
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/06/16/Mon 21:18 [編集]
    midorinさんへ
    midorinさん、こんばんはーv
    キスシーンぐらい見たかった…!という話はこれまで何度もしてきたんですが、今回は具体的に語ってしまいました。えへw
    キャー!マウスツーマウス!って、ユシンだからこそ色気のない救助活動で済みましたが、ピダムだとやばいですね。この時トンマンのことを男だと思ってたはずなのに、妙になまめかしくなりそうです。ここのシーンの撮影時、ヨウォンさんがオムさんにちょっと唾入れないでーなんて言っているシーンがメイキングにありましたが、ピダムだとちょっと舌入れないでーとかなりそうですwww
    といいますか、midorinさん…!寝台の前で寝間着を着て見つめ合って立っている二人とか、夜明けに女王の私室から出てくるピダムとかっていう想像、もはやキスを通り越した次の段階の想像になってしまっているんですけどー(爆)
    そんなmidorinさんが、とても好きですw
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/06/16/Mon 21:45 [編集]
    再び
    >もはやキスを通り越した次の段階の想像になってしまっているんですけどー(爆)

    おおおーっ、つい本音が!私も「トンピ同床友の会会員」なもので(笑)。
    でも、これはやはり、やはりですよね。なにせ、この時トンマンは、「寝間着」でピダムを「寝室」に入れています。プラトニックな関係と考えるほうがむずかしいかと...。ととと、またもや妄想の森へと迷い込む~。
    midorin | URL | 2014/06/17/Tue 20:39 [編集]
    midorinさんへ
    midorinさん、ふたたびいらっしゃいませこんばんはv
    同志よ、願うものはひとつですね、やっぱり(笑)
    チュンチュも陛下の寝間着姿見ていますが、チュンチュに対しては気分は母親代わりですし、陛下が寝込んでうなされているときに部屋に入って寝間着姿を見つめたユシンはなんといっても無許可入室でしたからね。
    やはり陛下が寝間着姿を見せるのは、ピダムだけ、寝間着の下まで知っていないとそうはならないですよね、キャーv
    妄想の森、なんて素敵な響きなんでしょ。そこはトンピ同床友の会のパラダイスですねw
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/06/18/Wed 22:38 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。