ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    なにわのみや
    前回のナムさんイベ記事、いつも来てくださっている善徳愛にあふれた方々も、ナムさんきっかけではじめて検索で来てくださった方も、お読みくださいましてありがとうございましたv
    そのナムさんイベはNHK大阪ホールで行われたんですが、その同じ敷地内に、なんともそそるものが・・・

    大阪歴史博物館

    私的に、最近何かと抱き合わせで博物館というのがパターン化してきておりますが、今回も飛行機までの空き時間を利用して行ってまいりました。
    むかし昔、大阪城公園の敷地内にあった市立大阪博物館には行ったことがあったんですが、2001年にこの大阪歴史博物館の開館にともなって、あっちは閉館していたんですねー、知りませんでした。と言っても展示物のほうはあまり記憶がなく、元は陸軍の建物だったというレトロな建物のインパクトのほうが大きかったんですが。

    新しい、といっても2001年からですからもう13年も経過がしているんですが、こちらの歴史博物館のほうは近代的なビルで、ここではこの付近より発掘された難波宮の時代から天下の台所時代を経て、現代につながる大大阪時代と、テーマにわかれた展示を工夫を凝らせてされております。
    どれもこれも面白そうでしたが、今回は時間がなかったので難波宮の展示にターゲットを絞りました。昔から古代史好きというのもありましたが、それに加えて善徳好きというのが今は加わっておりますw

    孝徳天皇大化三年(647年)
    新羅が金春秋らを遣わして、高向黒麻呂、中臣連押熊を送り、孔雀と鸚鵡を献上した。春秋は人質として留まった。春秋は、容色美しく快活にて談笑した。

    というような記述が『日本書紀』にはありますが、大化の改新ののち645年に孝徳天皇は難波(難波長柄豊崎宮)に遷都し、宮殿は652年に完成したということで、金春秋が来たとすれば、その当時の都はこの難波宮であったということになります。
    これの真偽のほどはさておき、それを差し引いても陛下やチュンチュと同時代に存在していた日本の都というのが私のロマンを掻き立てます。

    で実際のところ、出土した展示品はそれほど派手なものはなく数も多くは展示されていないと思うんですが、この博物館いろいろ見せてくれる演出が面白かったんです。

    展示の一番最初にある大極殿の柱を復元した部分。そのぶっとい柱から想像するに、その建物の大きさも相当なものだったんだなぁということがわかります。とはいえこの大極殿は奈良時代の後期難波宮のものなので、善徳女王の時代よりもちょっと時代が下がってしまいます。
    そしてそこには私の大好物、当時の衣装を再現して着せた女官さんたちがv
    女官のお衣装
    一体一体衣や裳の色やデザインが違っていて、近づいてみると織の模様があったり、柄と柄の組み合わせのかわいさとかにテンションあがりましたね。

    そしてこの場所ですごかったのが、映像の仕掛け。
    以下その映像のクライマックス、ラストのネタバレがありますので、避けたい方はすっとばしてお読みくださいね。

    ↓ここからネタバレ開始

    窓に暗幕がおりて暗くなり、「宮廷儀礼の世界」という映像がスクリーンに流れるのですが、その最後がすごいんです…!
    たまたまこんな動画見つけちゃいました。

    こんな感じで、暗幕が上がると窓の向こうに現在基壇が再現された今の姿が現れるんです。
    この演出、まるでドラマ内で日食の時に、空が明るくなっていくと同時にトンマンが現れたあの時と重なって鳥肌がたちました。「開陽者立 鶏林天明」と思わずピダムになって叫んでしまいそうなw
    ちなみに新羅の王宮も映像に出てきましたが、それは雁鴨池での撮影でした。おお、海外ロケまで行われてるとは(笑)

    ↑ここでネタバレ終了

    このフロアだけでも十分楽しかったんですが、この時ちょうど「なにわと朝鮮半島」という特集展示も行われておりまして、朝鮮半島から渡ってきたと思われる、難波で発掘されたものが展示されていました。
    面白かったのが、米を蒸す時に使う甑が同じ朝鮮半島の中でも生産地によって底の形や、穴の形が違うということで、新羅のものは底が丸みを帯びているんですが、百済のものは底が平らになっています。また新羅の中でも伽耶のあった地域のものは空いている底の穴が丸いんですが、新羅金城付近のものは穴が細長くなっていたりして違いがありました。
    今度甑を見る機会があったらその違いを比べてみて、製造地を当ててみるのも面白そうです。

    もうひとつ、この博物館の踊り場から見える風景がすごいです。
    大阪城
    ガラスに反射して上手く撮れませんでしたが、すごーい、大阪城の全貌が見えるんです。まるで模型のようです…!
    上から見た難波宮跡
    先ほどの映像の場面で出てきた現難波宮跡ですが、こちらも上から見た方があそこに大極殿があって、回廊があってといった全体像が見えて楽しいですね。

    他の時代の展示物も面白そうですし、地下に保存された遺構見学ガイドも時間ごとに行われていたり、奈良時代の官人の服を着る体験が日によってできるようなので、コスプレ好き(爆)としてはまたゆっくり来たいと思います。

    そして、先ほど踊り場から見た難波宮跡の場所につくった難波宮跡公園ですが、この博物館に行く前に実は先に寄っておりました。
    回廊跡や、大極殿の基壇を復元しているということで楽しみに行ったのですが、ここも奈良の平城宮跡と同じように史跡にもかかわらず市民の憩いの場となっておりました(笑)
    犬を散歩する人たちや野球をする人たち。そして、朝堂院の庁舎のあった基壇のところには大きな“バーベキュー禁止”の看板があったんですけど、わざわざあるっていうことはする人がいるってことですよね?えええええーーっ!?
    一番衝撃的だったのは、この写真。
    難波宮 大極殿基壇
    大極殿跡に復元されている基壇ですが、そのうえでパンツ一丁(ブリーフタイプとみたw)のおっちゃんがサンオイルみたいなものをぬりぬりして日光浴してたんですよーーー!ここは日サロか!(爆)
    画像を拡大してみたらちょっとばかし映りこんでいますが仰向けに寝てその立膝した両足が妙に色白で生生しく、少し離れた場所から見たその姿にぎょっとして、ヘタレな私はそれ以上近づけず基壇の上に上れなかったという・・・。

    憩うにもほどがあるわーwww

    とオチもついたところで、2回にわけて大阪ネタをお届けいたしました。おつきあいどうもありがとうございました。次回からは通常営業に戻ります。たぶん。


    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    博物館は楽しい
    mukugeさん、こんばんは!

    博物館情報をありがとうございました。私は、大阪って、あまり見るものがないな、などと思っており(大阪在住の皆様、ごめんなさい)、「東洋陶磁」のためだけに行くのもちょっと、でしたので、参考になります。
    (USJに行ったことはあるのですが、神戸と組み合わせてました。)
    最近、博物館が進化していると感じますよね。国立科学博物館もリニューアル後は本当にすごいです。
    で、話は変わりますが、カハクでは「ジロ」と「ハチ」に会えるのに「タロ」がいません。タロはどこ、が、子供の頃の疑問でしたが、最近、タロは北海道にいることを知りました(びっくりでした)。すると、北海道にも、あまり世間で知られていないけど面白い博物館があるのかな、などと思ってしまいました。現在、北海道旅行の予定はありませんが、何かありましたら、是非、記事にしてください。
    midorin | URL | 2014/05/31/Sat 22:50 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2014/06/01/Sun 18:23 [編集]
    midorinさんへ
    midorinさん、こんばんはーv
    博物館仲間midorinさん、ようこそ。今回は金ネタはなくて残念でしたけど(笑)
    確かに大阪観光ってピンポイントで考えると、あまり思いつかないですね。ここ最近は舞台やライブでばかり行っています。でも大阪って周りには京都・奈良・神戸・和歌山など日帰りでも遊びに行けるところがたくさんあって凄く羨ましいです。あ、USJは私も行ったことがあります。スパイダーマンがかっこよすぎて、恋して帰ってきましたw

    え?「タロ」は北海道にいるんですか?知りませんでしたー。っていうかどこにいるかとか気にしたことはなかったんですが、今midorinさんに教えてもらって調べたら、北大の植物園にいるんですねー。植物園は子どもの頃に行ったことがありますが、「タロ」いたっけ?っていうw 地元でもあまり知ってる人はいないような気がします。
    北海道って、博物館ってあんまりないんですよねー。あってもどれも本当に小さくって。学生の頃授業で行かされた博物館は、開拓使のものとかニシン漁の舟とかそんなんばかりでしたからね。あと網走とか月形樺戸とかなんでか監獄ものが充実しているっていう(笑)
    北海道内って子どもの頃から学生時代まではよくドライブしていましたが、大人になったら外へ外へ~ってなっちゃったんで、私もあんまり知らないんですよね。特に新しいものは。
    でも何か行く機会があったら、またネタにしてみますね。midorinさんもなにか面白いところがまたあったら教えてくださいね~
    とりあえずカハクは前から行ってみたくてなかなか行けず、ミュージアムショップしか入ったことがないので、次の目標にしてみたいと思います♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/06/01/Sun 22:25 [編集]
    月夜見様へ
    月夜見様、こんばんはーv お久しぶりです!
    あー、NHKとのタイアップ確かに。私が行った時も、大河「軍師官兵衛」の黒田家伝来の名刀が期間限定展示されていました。でも正直なところ、「軍師官兵衛」に思い入れのない私は、慶州の芸術の殿堂で見たピダムの剣のほうがお宝感が・・・w 逆に「軍師官兵衛」のドラマのファンになった人が、刀目当てでこの博物館を訪れるかもしれないですね。
    御客様目線の展示という点では、北海道の旭山動物園も特別変わった動物がいるわけではないんですが、展示の仕方を工夫することによって、あそこまでの入場者が増加した動物園になりました。この大阪歴史博物館もがんばり具合にとても好感が持てましたv
    そうなんですか、平成宮跡には今度は朝堂院が建設されることになったんですね。テーマパーク化、私としては結構楽しみだったりします♪情報どうもありがとうございました。
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/06/02/Mon 22:18 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.