ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    新・MBCドラミアへ行ってきた! その7
    さてさて、ちょっと地味目のマニアックな撮影ポイントが続いたところで、今回はちょっとメジャーな建物の登場です。

    ドラミア2014 徳永軒 1
    ドラマ中何度も出てきたご存じ「徳永軒」と額のあった門です。目の前に広がる大通りには民家や市場などの建物がありまして、それらとあわせて王城の門として撮影に使われることが多かったです。

    14話
    14話では徐羅伐に帰還したチルスクとソファが商団とともにここを通って入城しています。
    また30話では、瞻星台の地鎮祭へ向かうトンマンの輿がここから出て現地へ向かっておりました。

    ドラミア2014 徳永軒 2
    正面からです。 すでに額は取り外されていますが、建物の雰囲気は変わらず、その存在感は健在です。
    人々が通る門の部分の上側ですが、
    44話
    44話税制改革時、中小貴族の代表であるチュジン公らがトンマンに会いたいとやって来て面会した場所です。実はセジョン公に頼まれて探りに来たのですが。

    ドラミア2014 徳永軒 3
    では門をくぐってみましょう。
    内部の天井は綺麗な色彩が施されています。鳳凰に雲模様となんとも極楽に行けそうな絵柄ですが、私が前回行った時や善徳撮影当時にこのような色彩の絵は無かったように思います。
    (と思っていたんですが、61話で伝令の兵士が馬で駆け抜けたときに思いっきりこの鮮やかな天井が映っておりました。すみませーん。【2014.06.20.追記】)

    19話
    19話、すべてを知ったチョンミョンに中岳山に行けと言われるトンマンですが、中岳山へ発つ前にチョンミョンに陛下に会わせてほしいと頼みに行きます。
    この場面と同じようなアングルで撮ってみました、うふふ。

    ドラミア2014 徳永軒 4
    今度は同じように、中側から門の外を見てみました。
    あっち側には民家が見えます。
    59話
    59話では、中に入った内門のところにマンミョン夫妻、ウォルヤが立って、船で届いた謎の箱を出迎えておりました。
    当時も奥に同じ民家が見えますね。

    ドラミア2014 徳永軒 5
    先ほどのトンマンがチュジン公と会っていた門楼部分、裏側もあますところなく撮影に使います。セット場でよくある両面使いですね。
    52話
    52話、ユシンと陛下が婚姻することが神国と伽耶が真に一つとなる道だと、ユシンはウォルヤに言われます。←絶対許しません(熱烈トンピ支持者一同の声)

    ドラミア2014 徳永軒 6
    そして真ん中の門楼から隣の櫓ぽいところをつなぐ部分があります。残念ながら階段があれど昇れないようになっていました。
    櫓の獅子の顔にも見える部分、顔の鼻あたりに穴が開いていますが、まるで矢を射るためにある矢狭間のようにも見えます。
    42話
    前回のドラミア記事にて、ソルォン派と対立したハジョンがセジョン派を集めた場所をご紹介しましたが、逆にポジョンがソルォン派を集めたのがここです。うん、ここだとかなり密会の雰囲気漂いますね(笑)

    ●主な使用場面
    5・13・14・30・44・51・56・58・61話 王宮の城門前
    19・59話 城門の内側
    42話 ポジョンがソルォン派を集めた場所
    44話 トンマンがチュジン公を呼んだ場所
    48話 偽ムンノが花郎たちの前に現れた場所
    51話 ソップムが討ち死にした場所
    52話 ユシンとウォルヤが話した楼

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    わあすごく見覚えが
    mukugeさん、こんばんはーv鵬です。

    なんだかご無沙汰してしまいました。こちらが引っ越しやら荷ほどきやらに追われている間に、北海道が思わぬ猛暑に襲われておりましたが、ご体調はいかがでしょうか。

    今回はとっても見覚えのある場所ですが、こんなに使いまわされていたんですね。ソップムが討ち死にしたのがここだったとは、さっぱり認識しておりませんでした(^^;)印象が強いのはやはり、商団と共に帰還したチルスクをトンマンが目撃するあたりでしょうか。
    そしてウォルヤへのつっこみ「絶対許しません」には、握り拳で唱和させていただきますwww

    北海道は梅雨がなくてうらやましいですが、今年の天候はなんだか油断がなりませんね。くれぐれもご自愛なさって、お元気でお過ごしください。
    鵬(ホウ) | URL | 2014/06/14/Sat 00:07 [編集]
    拍手コメントをくださったほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv
    全然誤字脱字とか気にならなかったので、2通目いただくまではアイポンだって、ちっとも思ってませんでしたw

    いやしかし、ドラミアに行ったレポを書いている方はたくさんいますが、この「徳永軒」の門は扱い率も高いですが、前回のハジョンが出てきたあの貴族の家は、ちょっと地味かなと思いまして(笑)

    天井の色彩を加えるくらいですからきっと何かのドラマには使用されているんですけど、何かわかりませんねー。「トンイ」や「武神」など観たドラマではもう確認の機会もないでしょうから、これから放送される「九家の書」とか「奇皇后」とかで使われてないかなーと思いつつ観る機会があったらチェックしたいですね。

    熱烈トンピ支持者には勝手にほっちさんも入れてましたので、もちろんほっちさんの声も入ってますよ(笑)違う目的の密会所w チュクパンとサムォルが潜んでいたらどうしよーw 毎度感想くださってちょー嬉しいです。ありがとうございまーす☆(>ω・)♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/06/14/Sat 21:28 [編集]
    鵬さんへ
    鵬さん、こんばんはーv
    こちらこそ、まだ引越し祝いもお届けしていないというのに、引越しそばを持ってきてくださってありがとうございまーすv 大変でしたよね、お疲れ様でした。
    こちらは猛暑に襲われたものの、あっという間に終了しまして、今度は寒いです。なんじゃこりゃ?鵬さんのところは梅雨ですよねー。

    ここは、城門として使っているときは市なども出ていてにぎわっていますが、ソップムとアルチョ達が戦っているときは門を閉めた状態なので、また雰囲気も違って見えますよね。
    そして、今回は取り上げませんでしたが、ミセンが豆ふやかし細工で人力口の人形を地面から出した場面や、エセ預言師ピダムが双子の言い伝えの石碑を地面から出した場面に出てきた蘿井としても、この門の前の広場は使われております。

    ええ、私の周りのお仲間たちは勝手に熱烈トンピ支持者一同の中に入れておりますので、もちろん鵬さんも(笑)鵬さんはソプラノパートお願いします。私はアルトで叫びます。「絶対許しませーーん!」www

    鵬さんも、ジメっとなにか気分が乗らない季節ですが、お身体にはお気をつけくださいね~
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/06/14/Sat 22:21 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.