ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    司量部員mukuge百済へ行く その1
    とある日、陛下と司量部令のいる陛下の執務室に呼ばれた私は、ある王命を受けました。
    「“扶余薯童蓮祭”なるものが行われる扶余(プヨ)に潜入し、百済の様子を偵察せよ」

    というわけで7月某日、ソウル南部バスターミナルからバスで約2時間、百済最後の都泗泚(サビ)があった扶余にやってまいりました。

    早速ですが、今回もいきなり事件です!(笑)
    蓮は午前中しか咲かないってことで朝一便6:30のバスに無事に乗れたのはいいんですが、降りてタブレットに保存した地図を出そうとしたら、保存してきたはずの扶余の地図が…ない!(爆)
    今回はwifi借りて行かなかったのでネットは繋がらないし、だれもいないしさてどうしよう?まっでもなんとかなるかと、とりあえず勘を頼りに歩き始めてみました。
    あっ、勘ではあるんですけど、勘の中にも一応根拠がありまして(笑)、事前に地図を少し見ていたんですが、プヨの市街地って大きな銅像が真ん中にあるロータリーが3つあって、そのうちの2つを車窓から見ていたんです。
    最初は国宝の香炉、二つ目はあの真興帝と因縁の深い聖王の銅像です。
    プヨの旅 聖王像
    これはあとから撮ったものですが、この御方が聖王様です。
    そして三つ目はあの赤カブトの男ケベク将軍の像なのですが、ここからケベク将軍像のある方向へ進めば蓮祭の行われている宮南池に辿り着けるはず…
    プヨの旅 ケベク将軍像
    やったぁ!いました、ケベク将軍!方向あってた!
    トンマンは道に迷った時北斗七星を目指して歩きますが、mukugeは銅像を目指して歩くというw
    危機かと思いましたが、なんとかなるもんです(笑)

    プヨの旅 ソドンヨ公園
    そして到着しました“宮南池”。
    宮南池は百済時代の王宮の別宮があった場所に作られた朝鮮半島最古の人工池ですが、百済が滅亡した際には新羅の“雁鴨池”のように荒れ果ててしまったようですが、徐々に再現され、現在は“薯童公園”として整備されています。
    その薯童公園入口にどどーんと立てられたソドンとソンファの愛の碑とでもいうようなこのオブジェ。
    後の武王ことソドンについてはドラマ「薯童謡(ソドンヨ)」でも取り上げられていたのでご存知だとは思いますが、ここで薯童伝説について出店のテントに貼られていた漫画を元におさらいを少々いたします。

    プヨの旅 ソドン物語1
    百済法王の時代に池のほとりで暮らしていた女人が池に住む竜神と情を通じ、男の子を出産しました。
    男の子は生活のため芋を売り、 薯童(ソドン/芋を売る子供)と呼ばれていました。
    成長した薯童は当時美人として名高かった新羅の公主である善花(ソンファ)の歌薯童謡(ソドンヨ)を作り、芋を配って子供達に歌わせました。

    プヨの旅 ソドン物語2
    その歌が「善花公主は夜毎に薯童を訪ねる」というなんともふしだらな内容だったため、これを伝え聞いた新羅王が怒り、善花を追放してしまいます。薯童は追放された善花を連れて、百済で共に暮らします。
    薯童は黄金をたくさん掘り出し、それを法師が神通力で新羅に運び、新羅王は感心しました。
    そして徐々に人心を掴んだ薯童は跡継ぎのいなかった法王の跡を継ぎ百済の王に、善花は王妃となったというお話です。

    この漫画でえらーく激怒している新羅王はトンマンパパ真平王です。つまりソンファはチョンミョンとトンマンの妹という設定になってるんですよね、この伝説では。まぁあの美人姉妹の妹ならそりゃ美人だろうて。

    プヨの旅 宮南池
    さて、それでは宮南池へ。
    池の中央に浮かんだ島にある東屋や、その島にかかる長い橋の風景、どこかで見たことがあると思ったら、「ケベク」にてよく出てきた場所ですね。ケベクパパがサテク妃を拉致して立て篭もっていたのがここだったような気がします。
    この東屋の名前が“抱龍亭”というらしいのですが、伝説そのまんまの捻りのないネーミングにちょっとニヤニヤしちゃいましたw
    っていうか、蓮は?一体どこに?
    来る前の私のイメージでは、ここの池が蓮で埋めつくされていると勝手に想像してたんですが、ここには蓮は無いんですねー。抱龍亭でお酒を飲みながら蓮を眺めたら素敵v…なんて勝手に脳内宴会してただけに、ちょっと残念だったり。

    プヨの旅 ハス畑
    しかし、宮南池の周りの池たちにはこんなに蓮が咲いておりましたー♪
    ちょっと朝早すぎて蕾のものも多かったですけど、ピンクに白にとても綺麗です。

    プヨの旅 ハス
    綺麗な蓮の花のアップv
    植物分類的な詳しいことはよくわかりませんが、見た目、昨年行った埼玉の「古代蓮の里」に咲いていた古代蓮(過去記事「さいたまがアツイ!」)にそっくりです。古代蓮は1400~3000年前の遺跡部分から発掘された種子から育った品種ですが、日本と百済は友好が深かったので、蓮の花のやりとりでも交流があったのかもーなんてロマンが広がります。

    プヨの旅 ハートソドンとソンファ
    そして蓮の花畑とともに至るところにあったのが、ソドンとソンファのかわいいオブジェ。ハートのベンチがかわいらしいv
    他にもソドンとソンファの愛の道というゲートがかかっている道があったり、とにかくここはソドン&ソンファのカップル押しが激しかったですねー。

    プヨの旅 愛のダーツゲーム
    蓮の花をテーマに自然の美しさを知らせ、野生で咲く花の大切さを考えてみるということをコンセプトに毎年行われている蓮祭ですが、4日間の開催期間中は蓮の花に関連した展示や体験イベントなどが行われています。よくお寺に飾られている紙でできた蓮の花作りや、蓮の花石鹸作りなんてものもやっていました。
    そしてこの写真は10時祭開催前のまだ閑散としていた時に撮った出店テントです。ソドンとソンファの愛のダーツゲームって、あなたのハートに命中ーっ、ってか?ピダムなら3本同時に射て全部真ん中に命中させれますが何か?(笑)
    しっかし、羨ましいです、ソドン&ソンファ。慶州だって、トンマンとピダムでバンバン観光客を誘致すればいいものをー!
    ドラマ「薯童謡」なんて2005年のドラマなのにまだまだひっぱってるんですから、2009年の善徳なんてまだまだイケるでしょ。といっても 扶余では、ドラマというよりは薯童謡伝説からのソドン&ソンファ押しなんでしょうけどねw

    と、まずは第一訪問地潜入の報告書とともに、お土産にお祭り会場で貰ったソンファの顔の形をしたお面風のサンバイザーを陛下と司量部令に進呈しましたが、司量部令ピダム様がそれを見つめてじっと考え事をしております。
    陛下の顔でトンマンバイザーを作り、ミシルの形見風の鏡の前でひとりニヤけながら被ろうとしているに絶対違いない…w

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2014/08/09/Sat 16:01 [編集]
    ほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv
    あはは、王命ですからねーw 気合入れて行ってきましたよ(笑)
    プヨは前々から行ってみたいなーって思ってた場所なんですが、ちょうど飛行機のチケットを取っていた日程で今年の蓮祭があることを知ったんで、これはもう行くしかないっと!

    ケベク将軍像のお顔は、善徳のケベク将軍よりも、「ケベク」のケベク将軍よりも、ほっちさんお気に入りの「大王の夢」のケベク将軍の雰囲気がありますよね。この骨太の感じが。

    ドラマ「薯童謡」おすすめですよ。戦いのシーンとかが少ないので女性でも見易いと思いますし、伝説のラブロマンスのほか発明品とかの話しもあって面白いです。ただ善徳を見たあとだと、あまりの二人のイチャイチャ場面の多さに、羨ましすぎて地団駄踏んじゃうかもしれませんけど(爆)

    気づいたらもう8月も10日を過ぎておりました。そう、北海道の七夕は8月7日だったんですけど、気にしないまま過ぎちゃってたっていう(笑)子どもたち、ろうそく出せだせ~って今年はお菓子を貰いに来たかもわからないです。そっかー、ナムさんの握手会も昨年の今頃だったんですね。ホント1年が経つのは早くてびっくりしますね…!

    司部量員mukuge
    mukuge(むくげ) | URL | 2014/08/10/Sun 17:08 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。