ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    若草山の山焼き
    新年あけましたね~なんて思っていたら、もう1月も終わりですね。今年もこの調子であっという間に駆け抜けて行きそうです。
    そんな中、週末に奈良に行ってきました。以下善徳ネタではないので、興味のある方だけどうぞv

    今回の旅の主な目的は、毎年1月の第4土曜日に行われているという「若草山の山焼き」でした。山を燃やしちゃうっていうなんとも壮大なイベントを一度見てみたかったんですよー。
    雨天延期ということでドキドキしていましたが、自称晴れ女(除・明活山城)の力を発揮して大丈夫でした。また、この季節は雪での飛行機の欠航が心配だったんですが、これも何事もなく。ツイてるツイてる♪

    若草山と鹿さん
    奈良の鹿さんと今回のメインイベント会場の若草山です。
    いやぁー、見てのとおり天気も良くあまりにもあたたかく気持ちが良かったので、ベンチに座っていただいたコメントのお返事などをしていたんですよ。鹿せんべいを手にもつカップルとか子どもとかキャーキャー言いながら鹿さんと戯れていたのを横目で見つつカタカタ打っていたら、なんか私の横でごそごそと。げっ、私の荷物に鹿さんが首を突っ込んでいたー!でも食べ物入っていないから大丈夫とタカをくくっていたら、ぎゃぁーー!次の日用にプリントアウトして持ってきていたウォーキングマップが食べられたーーー!
    のちほど観光案内所に「桜井周辺のマップ置いてます?鹿さんに食べられちゃってー…」と聞いてみたら、「あー奈良ではよくあることです」って(笑)教訓、大事なものはちゃんとファイルに入れておこう・・・。

    で、天気や飛行機に加えて、もうひとつのミラクルが。
    今回韓国でも泊まっているほど愛用している(笑)某チェーンホテルが近鉄奈良駅近くにオープンしましてそこに宿泊したのですが、荷物を置きに早めにチェックインしてみれば…
    ホテルの部屋から 1
    まさかのマウンテンビュー!!!
    ホテルの部屋から 2
    しかも、窓のガラスにレンズをぴったりとくっつけてみたら、東大寺の大仏殿の屋根も見えます。窓の網模様は若干余計ですが、それでも綺麗に見えます。
    いやー、迷いました。どこで山焼きを見るかについて、以前に当ブログのお客様に平城京跡がビューポイントと教えていただいていたり、また、迫力があるのは山麓だが激混みとか、よって奈良新公会堂付近が広いのでおすすめ、とか事前にネットで読んでいたりしたんですよね。
    どうしよ、どうしよー、と迷ったあげく、最終的にホテルから(ビール片手に)見ることにしました。
    はじめてなので全体像が見えたほうがいいかなと思ったのと、次に宿泊したとしても山側、しかも最上階(といっても建物の高さの制限がある奈良では6階w)になるとは限らないしということで。

    そして18:15過ぎ、花火の打ち上げが始まりました。プログラムによると、近くではその前に聖火行列や出発式などが行われているようです。
    若草山 花火クライマックス
    窓、上の方が少しだけしか開かないんですが、開けて見たので花火の音がどっかんどっかん、ホテルにいても衝撃がありました。そして写真はクライマックス時の花火乱れ打ちのものですが、そのときは観客のおぉぉーっというどよめきまでも聞こえました。
    若草山 鹿花火
    鹿さん花火も一発!
    これ、動画で撮っていた部分なんですけど、私の興奮した「シカ!」って声が入ってましたw

    そして花火が終わったあと、山が燃え出したー!
    最初じわじわ、中ぼーぼーって感じで徐々に激しく燃え出します。
    若草山 山焼き
    うわぁ~、ほんとに山燃やすんですね。で燃えて燃えて燃えて…だんだん火の手が小さくなっていって…、いつの間にか地味に終了してました。

    山焼きの由来としては実行委員会のガイドブックによると、若草山を年内もしくは翌年の1月頃までに焼かなければ翌年に何か不祥事件が起こるという迷信によって放火が続いたことから、近隣の社寺への延焼を防ぐために山を焼くようになったとありました。また、他にも若草山一帯をめぐる春日大社・興福寺と東大寺の領地争いがもとであるなどの説や、あるいは春の芽生えを良くするための原始的な野焼きの遺風を伝えたものであるとか、頂上にある鶯塚古墳の霊魂を沈めるためとかいろいろな説があるようです。
    ともあれ、いろいろお願いごとがあるので燃える山に向かって手合わせてみましたが、なんかご利益ありそうです♪

    というわけで、山焼き初体験非常に楽しかったです。奈良はやっぱり好きですね、のんびりした雰囲気が心地いいです。今年は韓国に行くには祝日がOLにやさしくないので、LCCとか安いですし、行きやすい奈良に足が向いてしまいそうな気がします。

    ●おまけ●
    蘇
    8世紀から10世紀にかけて作られていた日本最初のチーズ「蘇」をお土産に買ってきて食べてみました。
    牛乳を煮詰めたものということで、口に入れた瞬間はふわっとスキムミルクのような甘さが口に広がるんですが、そのあと焦げた苦味が来るという大人の味で、お酒のおつまみにあう感じで私はアリでしたが、サイズにして5センチ角、なかなかのぜいたく品ですよね(笑)当時も薬代わりにも使われたようでかなりの貴重品だったようです。
    文武天皇期(697-707年)に蘇が作られた最初の記録があるということで、記録に残されていなくとも、もしかしたら海の向こうの半島で麗しき女王がこんなものを食していたりして…!?なんて夢が広がりますね。って結局最後は善徳に無理やりつなげてしまっておりますw
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2015/01/30/Fri 20:42 [編集]
    山焼きだー
    mukugeさん、鵬です。こんばんはーv
    お天気良くてよかったですね。でもお約束の鹿の洗礼を受けてしまったんですね(笑)わたしもいつぞや夏に帰った時、東大寺大仏殿の前でベンチに座ってカキ氷を食べていたら、鞄に顔を突っ込まれました。こらっと言って体の左側に置いていた鞄を右側に置き変えたんですが、鞄を追って首をのばしてきたので、わたしの前にどーんと鹿の首が横たわっている状態に。しょうがないので、鹿の首を抱えてカキ氷を食べた覚えがあります。ちなみに食べ終わってもまだ鹿はどきませんでした(笑)
    しかしなんて幸運なビューポイントとの巡り会いでしょう。ビール片手に暖かく山焼きが見られるなんてすごいです。宿の少ない奈良ですが、ホテルチェーンが進出してきてくれているんですね。これからもホテルが増えてくれると嬉しいなあ。
    それにしても鹿花火はすごすぎる!
    父のことがあるので今年はわたしもちょいちょい奈良へ帰ろうと思っています。mukugeさんもぜひまたおいでくださいませ。持統天皇の愛した吉野の桜見物なんてオススメです( ´ ▽ ` )ノ
    札幌はさぞ寒いことと思いますが、どうかお元気で。
    鵬(ホウ) | URL | 2015/01/31/Sat 19:31 [編集]
    鵬さんへ
    鵬さん、こんにちはーv
    鵬さんとこで予告したとおり、奈良行ってまいりましたー。おかげさまで天気もよく、暖かく…って以前1月に行った時に風が冷たくて、北海道より寒い~なんてことがあったので、今回北海道仕様、いや夜に外で山焼き見る予定だったのでいつもよりモコモコのダウン着ていったんですよー。結果暑すぎて汗だらだらでした(笑)
    鵬さんの鹿エピソードも笑っちゃいましたw 食べ物への好奇心よりも、もはや鵬さんの膝枕が心地よかったんでしょうね(笑)でもそんな天真爛漫な鹿さんですが不思議に思うことがあって、観光客は襲うのに鹿せんべい売りのおじさんおばさんをオラオラととり囲んだり、売り物に手をつけたりはしないんですね。そのあたりはわきまえているんでしょうか?賢い!
    ホテルの件は私もびっくりしました。某夢の国でお部屋からショーを見るなんて素敵なことがあるじゃないですか。気分はそんな感じでした、ビジネルホテルですけど(笑)私の場合ひとりでふらっと行くことが多いので、こういう一人で泊まりやすい敷居の低いホテルが増えるととてもありがたいですねー。
    で、ですね、鵬さんにコメントいただいてびっくりしたことが…!
    >持統天皇の愛した吉野の桜見物なんてオススメです( ´ ▽ ` )ノ
    実は帰ってきてからすぐにLCCのキャンペーンがあってついついまた予約しちゃったんですよ。しかも目的はまさにそれで、吉野の桜の開花の時期に!持統天皇の足跡をたどり、吉野・宮滝などを周れたらいいなーと思ってたので、まさにビンゴです。なんか鵬さんと思うことがリンクしたようで嬉しいです~♪
    雪にはすでにウンザリしていますが、この桜を楽しみに冬を乗り越えたいと思います。
    そちらも雪の報道など見ましたが、少しの雪でも交通などが麻痺して大変だと思います。この先まだ油断がなりませんので、どうぞお気をつけてくださいね。
    mukuge(むくげ) | URL | 2015/02/01/Sun 12:30 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2015/02/01/Sun 15:54 [編集]
    月夜見さんへ
    月夜見さん、お久しぶりです、こんばんはーv
    その節はいろいろ教えてくださってありがとうございました。念願の山焼きに行くことができましたよ!
    先に拍手コメントもいただいていたんですが、まとめてお返事させていただきますねー。
    いやー、お部屋は私もびっくりで、いつもの同じ仕様の部屋のつくりなのに一気に豪華ホテルの気分に。普段アンビリーバルなことも多々ありますが、私ちゃっかりしてるので時たまこういうミラクルを起こしたりするんですよ(笑)隣が駐車場なのでいつ建物が建ってしまって見えなくなってしまうかわからないので、今回ここで見れたことはほんと運が良かったなって思います。
    奈良国立博物館の夏の特別展が「飛鳥展」なんですか?それは惹かれますねー。またLCCのセール情報に目が離せなくなりそうですw
    奈良に行くとご当地の食べ物をお土産に買ってくるのも楽しみで、定番の奈良漬も毎回お店を買えて食べ比べしたりして楽しんでいるんですが、萬々堂通則の「おぶと」もガイドブック等に載っていて気になっていたんです。でもどこにでも売っているものではないので、まだ手が出せてなくって。でも地元の方のお勧めなら、次はぜひ買いにいってみたいと思います。
    桜の開花予想は難しいですよね。どうしても土日しか行けないので、昨年の開花日を元にだいたい当てはまるところに当てはめてみたので、なんとかまたミラクルが起きればいいのですが(笑)でもまぁ吉野は下・中・上・奥と桜の見所がたくさんあるので、どこかにはひっかかるだろうと、また楽観的に考えておりますw
    持統天皇壬申の乱ルートいいですね。歩くのが好きなので伊勢本街道の難所越えとかしてみたいんですが、なんせ日数が限られるので…いつかしてみたいですね。
    そして私の疑問に答えてくださってありがとうございます(笑)あー、先日見ました見ましたその光景。あの交通量の激しく車が行き交う道路をひるみもせず我が物顔で横断する鹿様もすごいですが、ちゃんと止まって轢かない車もすごいですね。そしてそんな鹿様の頂点に立つのがあの鹿せんべい売りのおば様方たちなんですね。奈良県民<鹿様<鹿せんべい売りのおば様方、しっかりピラミッド社会が成り立っているんですね(爆)
    mukuge(むくげ) | URL | 2015/02/01/Sun 22:54 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。