ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    吉野を歩こう その1
    お待たせいたしました。桜ネタの続きです。と言っても、桜について語るというよりは、私の吉野ウォーキングのネタ帳のようなもんになっちゃいましたけど(笑) 善徳ネタではないので、それでもよろしければご覧になってください。
    今回は土日2日間吉野を散策したんですが、1日目は下千本から奥千本までそれぞれの桜を堪能し各神社仏閣等見どころをめぐるノーマルな吉野観光を、2日目は持統天皇の愛した宮滝から吉野へ入山するというルートで違う方向から攻めてみました。
    桜を観に行くとなると気になるのが開花状況ですけども、吉野は下千本から奥千本までそれぞれ開花時期が違うのでどれかにぶちあたるだろうとタカをくくっていたんですが、う~ん、やはり桜の満開にぶちあたるのは難しいですね。今年はあたたかくて例年よりも開花が早く、私が行った時には下、中、上千本とも満開を過ぎてしまったうえに、前日の雨で花が結構散っちゃったっていう…。そして奥千本は逆にまだ蕾が開き始めた頃で、ちょうど狭間の頃に行っちゃったんですよね、私。
    でも咲いてて欲しかったと思いますが、散る花びらが私の上に舞い降りるんですよ~散りだしたからこその桜吹雪だったので、結果オーライってことで(←単純w)

    ●アクセス
    いきなり鉄子っぽいネタですけどもw、今回「近鉄 奈良世界遺産フリーきっぷ 奈良・斑鳩・吉野コース」大阪阿倍野橋発2910円(3日間有効)なるものを使用しました。
    1泊ないし2泊で吉野に行くのであればこのきっぷがお得ですよー。大阪阿倍野橋→吉野まで普通片道970円、吉野→近鉄奈良(宿泊ホテル)まで片道850円ですからそれだけでも元は取れるんですが、さらにフリー区間の近鉄・奈良バスは乗り放題、さらにさらに施設割引もあるっていうんだから使わない手はないです。
    このきっぷ旅行代理店でも取扱いのあるところがあって予め購入していったんですが、それを発券してくれた某旅行代理店のお姉さんきっぷを指さしながら、「ご一緒にご確認お願いいたします。奈良世界遺産きっぷ なら・読めません・よしのコース」って言ったんですけどーーー(爆)すかさず「いかるがです。」とツッコミ入れましたけど、面白すぎましてなごみましたw

    ●ケーブルカー
    吉野ケーブルカー
    吉野山の入口までは歩いて登ることもできますが、現存する日本最古のロープウェイ(昭和3年)というのを聞いたら鉄子としては乗らないわけにはいきません。
    桜の時期には何時間も待つという話を聞いていたのでドキドキしてましたが、この時点で朝の9時頃、きっぷを買うのに5分ほど並びましたが、それ以降はすんなり乗れました。
    このロープウェイ桜号と紅葉号があるようですが、私の順番でやってきたのは紅葉号でした。うわーん、せっかくだから桜号に乗りたかったわ、と思いつつ乗ってしまえば中からは外観見えないですし、すれ違った桜号を見れたので結果的に良かったかと(笑)
    そして、びゅーんとあっという間に吉野山駅へ。すでに下のほうの桜は終わりかかっていたので景色どうのこうのという感動はなかったですが、これ満開の時期だったらケーブルカーの下にピンクが広がって綺麗なんでしょうね。

    ●金峯山寺
    金峯山寺 蔵王堂
    まずは金峯山寺へ。って、うわぁーーん、国宝仁王門が隠れて見えません。屋根瓦落下のための保護柵のようですが、ま、こういう工事中のような姿に出会うのは私の旅ではいつものことなのでへこたれませんw
    仁王門の仁王様は、横から覗き込むようにしてお参りです。
    金峯山寺
    事前に何も調べて行かず拝観料1000円と言われて目玉飛び出るかと思ったんですが、蔵王堂の御本尊蔵王権現の特別御開帳料金だったらしく、高さ約7mもあるという迫力ある蔵王権現様を間近で拝むことができました。ツイてるーv 
    さらにすごいのが、靴袋は金峯山寺のネーム入りオリジナルエコバックでお持ち帰り可、お札までいただけました。太っ腹!
    そしてただ蔵王権現様のちょっとお怖いお顔を拝めただけではなく、最前列についたてでいくつか個別ブースが作ってあって、その中で他の人からは見えないようにお参りができたんですよー。時間制限はありましたが、周りの世界と遮断されて自分だけが蔵王権現様と向き合っている気になり、過去・現在・未来の三世に渡ってご利益があるということで真剣に真剣に祈りました。天井まである大きな権現様と向き合うと、私の心の中を見透かされるような丸裸な気分にちょっとなりましたけど(笑)

    ●吉水神社
    桜と金峯山寺蔵王堂
    こちら吉水神社へ向かう途中で、先ほどの金峯山寺の蔵王堂と桜のコラボです。
    人目千本
    吉水神社の境内にある、「一目千本」という名勝です。千本の桜が一目で見渡せる所という意味ですが、山いっぱいの桜と、朝もやなのか、霧なのかが漂っていてまさに桃源郷のような雰囲気。
    吉水神社 桜
    吉水神社の書院というのが日本住宅建築史上最古の書院ということで公開されているのですが、例に違わずこちらも修復中w  無機質な足場のパイプと生き生きと咲く桜のなんとも言えない共演です。
    中は普通に拝見できましたが、この書院ではいろいろなドラマが生まれたようです。源義経が兄頼朝から逃れ静御前と最後に一緒に過ごしたと言われる間があったり、南北朝年間には南朝の皇居とされその後醍醐天皇の玉座があったり、豊臣秀吉が吉野で盛大なお花見をしたときの本陣としての場所であったりしたそうです。
    本当に古い状態のまま、しかし綺麗に保存されているので、そのときの情景が容易に想像できて、なんやらタイムスリップした感覚になりました。書院の説明として古くさーい(失礼)女性のナレーションが流れているんですが、それが妙に臨場感あって、特に義経と静御前の別れの場面ではその間に本当に二人がいるように見えてちょっと涙ぐんでしまいました。
    そうそう近くに勝手神社というのがあってそこは静御前が舞いを踊ったとされる場所なんですが、不審火にあったということでその跡しか残っていませんでした。最近の油事件といい、とんでもない野郎がいるもんです。

    *その2へつづく*
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    はじまりましたね!
    mukugeさん、お待ちしていました。


    鉄子さんとは知りませんでしたが(笑)、
    さすがに準備は怠りなかったようで。
    桜狩りにおける「開花状況」とのマッチングは本当に難しいですが、
    少々はずした(ごめんなさい)とはいえ、
    「古刹」と「山」という舞台装置が加わって、平地と違う美しさを写真から感じます。
    続きが楽しみです。

    ...それにしても、旅行会社で働くなら、
    「斑鳩」ぐらい読めるようにしとけよ、と、思ってしまいました!
    超メジャーな観光地でしょうに。



    | URL | 2015/04/18/Sat 22:04 [編集]
    midorinさんへ
    midorinさん、こんばんはーv
    早速お越しいただきまして、ありがとうございます!
    えへへ、隠れ鉄子です。そして先頭車両で運転士気分で前を見るのが大好きです。子どもと一緒ですね(笑)
    そうなんです、今回はずしてしまったんですよ。でも雨に当たらなかっただけマシかと思ってます。朝電車で移動中はまだパラパラ降ってましたが、降りたら止んでたので。
    吉野は山の桜も美しいですが、建物を演出するようにも咲いているのでどこをとっても絵になりました。素人なので、写真の技術はいまいちですけどw
    「斑鳩」はずっこけますよねー。しかもこのお姉さん、私が「桜見に行くんですー。」なんて雑談していたら、「いいですねー。京都。」ってボソっとつぶやいたのを聞き逃しませんでした。だからさっき「奈良世界遺産きっぷ」って言ったじゃーーんw
    そして、midorinさんまた桜を観にいかれたんですねー。こちらの千本桜もとても綺麗ですねー。
    特に桜並木のアーチがとても素敵です。そして、ドイツ村にはかかせない、ビールにソーセージにザワークラウト!ゴールデントリオですね。
    北海道にも昔ドイツ村あったんですがつぶれちゃったんで、ビール飲みにそこ行きたいですー。私の場合、花より団子っていうより、花よりビールのようです(笑)
    しつこくまだまだ続きますので、よろしければまた覗いてみてくださいね~
    mukuge(むくげ) | URL | 2015/04/18/Sat 23:55 [編集]
    奈良世界遺産きっぷ なら・読めません・よしのコース
    お花見にやって来ましたぁ(^-^)/
    少し寒いので、
    あったかぁ〜い「ひれ酒」とお団子があるといいなぁ〜

    いきなり旅行代理店のお姉さんの
    「奈良世界遺産きっぷ なら・読めません・よしのコース」で
    大盛り上がり!!
    正直すぎてイイ感じのお姉さんですね。

    朝もやの桃源郷のような吉野もいいですね。
    満開の桜並木もいいですが、
    こういう景色も神秘的で心に浸みます。

    前回の時は、車で行ったので
    私の所からもお得な切符が出ているようなので
    今度は電車旅にしようと思います。

    斑鳩って読んでくれるかなぁ〜(笑)
    jun | URL | 2015/04/21/Tue 17:26 [編集]
    junさんへ
    junさん、こんばんはーv
    お花見楽しんでいただけてますでしょうか?
    うちでは北海道での花見の定番ジンギスカンを用意しておきますんで、あとはお好きに持ち込んで飲み食いしていってくださいね。
    旅行代理店のお姉さんいいキャラしてますよね~ついついネタゲットと思って使ってしまいました。斑鳩、「まだらはと」とか読まれるよりは、正直に読めません、で良かったです(爆) 
    私もこうした山の中の桜の名所ははじめてだったので、もやがかかっている桜というのも初めてで、そういう神秘的な姿が見れたのもいい経験でしたね。雨は止んだものの天気があまり良くなくて、でもそれが逆にいい風に転がりました。
    車でドライブしながらの旅もいいですが、電車の旅もなかなかです。特に橿原神宮から吉野の間は単線で、停車してすれ違い待ちの時間が多かったんですが、どこか懐かしい感じがして、普段時間に追われているから余計思うのかもしれませんが、そののんびり感がよかったです。
    しつこくあと1回続きます。それまで宴会楽しんでいてくださいね(笑)
    mukuge(むくげ) | URL | 2015/04/22/Wed 21:28 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.