ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    大邱よりただいまv
    皆さまGWいかがお過ごしでしょうか?
    私は前回ちょっとつぶやいておりましたが、韓国へ行ってまいりました。
    今回の主な行先は大邱、5月3日に八公山符仁寺にて行われた「善徳女王崇慕齋」を見てまいりました。
    過去にリンク先のげんさんやりばさんのところで取り上げられているのでご存じだとは思いますが、この行事は毎年旧暦の3月15日に行われておりまして、今年はそれが5月3日にあたりました。
    はいっ、5月3日といえばGW真っ只中、私にとっては非常に行きやすい日程で、旧暦カレンダーチェックをした瞬間これはもう行くしかない!これは北斗七星のお告げに違いない、陛下が私を呼んでいるんだわーとw
    週間天気予報によると旅行中その日“だけ”雨、残念ながら当日もその予報は変わらなかったんですが、しかしながらも霧雨状態でさほどひどい雨にもならず、儀式はつつがなく進行したしました。良かった~。きっと陛下、そして仏様のご加護だわ。その様子はあとでまた改めてUPさせていただきますね。

    今回大邱では符仁寺の他に八公山をロープウェイで登ったりもしたんですが、先ほども言ったように天気は雨。霧雨といえども雨です。八公山はとても景色の美しいところで、紅葉のシーズンになると先日私が行った吉野の桜の時期のようにものすごい人出になるようなんですが、この日は悪天候のおかげで日曜日と言えどもまぁすいておりまして、ロープウェイも待たずに乗れました。ツイてる~♪
    そして頂上に着きまして、絶景と言われる山の写真を撮りましたが、
    八公山
    え?何も見えません。前言撤回、全然ツイてない~wwwww
    まぁ自然相手ですからこんなこともありますよねー。急角度と猛スピードのロープウェイにてジェットコースター気分を味わえて面白かったんでヨシとしましょう。(←どこまでもプラス思考ですw)

    その他国立大邱博物館ではシンプルな金銅冠を見たり、大邱薬令市場にお買い物に行ったり、コプチャンマクチャン(お笑い芸人のようですが豚の腸w)を食べてビール飲んで幸せ~な気分になったりで、非常に満喫してきました。

    その後ソウルに移動してお買い物三昧してきたわけなんですが、それとは別に向こうに行って楽しみなのがホテルのテレビのチャンネルをバチバチ替えることでして、今回はオムさんにやたら遭遇しました。しかも子煩悩オムさんに(笑)
    オムさんってお子さんができてから、もうすっかりパパキャラが定着したんでしょうか。赤ちゃん抱いての柔軟剤?のCMなどもよく見ましたが、極めつけはこの番組。
    「スーパーマンが帰ってきた」という芸能人のお父さんと実の子どもが出演するバラエティ番組なんですが、愛娘ジオンちゃんにごはん食べさせたり世話をするオムさん、もう目じりが下がりっぱなしでしたね。
    おっとりとした感じの子でジオンちゃんがもうパパにべったり…というか、パパが娘にべったりと言ったほうが正しい状態で(爆)あー、ユシン将軍もこんな風になるんだーw、と微笑ましかったです。
    ちなみにその放送が丁度5月5日のこどもの日で、番組もスペシャルだったようで、オムさん親子の他朱蒙ソン・イルグク氏と三つ子ちゃん(男)、この番組で超有名になったサランちゃんとパパの格闘家の秋山成勲氏(韓国名チュ・ソンフン氏)、2009年のMBC演技大賞にてミシルびいきで私の周りの善徳ファンのブーイングをさらったお笑いタレント&MCイ・フィジェ氏と双子ちゃん(男)御一行様が済州島に旅行に行くという内容で、そりゃもう爆笑でしたね。
    双子三つ子ともなれば、パパはもうてんてこ舞いなんですが、オムさんってばひとりジオンちゃんにかかりきりで(笑)でも双子を預けられて一人で3人の面倒を見ていた時には、ちょっとオムさんテンパッてたりして悪いけど笑ってしまいました。きっと元気な子どもたちはケベク将軍よりも手ごわいに違いないw

    そしてこういうのを見て思うのは、あ~ヨウォンさんもお嬢ちゃんと一緒にこんな番組出てくれないかなー?子どもにアーンさせて食べさせてるヨウォンんさんとか見たいわー。
    いや、プライベートな姿は見せないヨウォンさんなので出演はないとは思いますが、ご本人だけでもちろんいいのでそろそろ御姿が見たいですねー。女優のお仕事が一番ですが、もう単発バラエティでもモデルのお仕事でもイベントでもCMでもなんでも~

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2015/05/08/Fri 18:05 [編集]
    ほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv
    お帰りなさいコメありがとうございます!
    そうなんです、「善徳女王崇慕齋」に行ってきたんですよー。行く前に崇慕齋に行ってきまーすと言おうかとも思ったんですが、ドラマに関係あるようなないような場所ですし、雨予報だしもし見れなかったらあれだなーと思ってちょっとお茶にごらせて行ってみましたw
    ロープウェイはですね、なかなか速度が速いうえに急に角度がキツくなる箇所があったり、長いケーブルのところどころに柱があってそれでケーブルを吊っていますが、その継ぎ目のところに来るとガタンガタン揺れて怖いんですよ。すれ違う別のハコからもぎゃ~って悲鳴が聞こえてきて、その声でも怖かったり。なかなかスリル満点だったんですよw

    ジオンちゃんはオムさんそっくりなんですよー。オムさんが「客観的に見て、すごく可愛くないのは認める。」と言ってますが、失礼ながら確かに今は美少女ではないんですが(←失礼ながら)まつ毛がバッサバッサ長くって将来色っぽい美人になるんではないかと思うのですが。子どもながらもキム・アジユンさんにちょっと似てるかもー…!
    それにしても子どもってほんと面白いですよね。
    ソン・イルグク氏の3男(リュックサックに3って書いてあったので、たぶん3男)のサランちゃんへのラブアタックがすごくって、ずっと後をついてまわって、車の中では隣の席もゲットして。その情熱にほだされたのかはわかりませんが、しまいにサランちゃんのほうもお父さんそっちのけで3男君をお母さん(w)のように世話しはじめて(笑)
    パパちょっとムッとしてましたけど、これがオムさんだったらもっと大変なことになってたんじゃないかと(爆)将来ジオンちゃんが男の人を連れてきても、一万回岩を打って割れたら許すとか言っちゃいそうwww
    ナムさんもこうなってしまうんでしょうかねぇ。そういえば子持ちの役ってやったことありましたっけ?クムスンでは子ども見る前に死んじゃってるしなー。パパ役見てみたいかもw

    タルタルさんは、いわばピダムのような秘密兵器だったんですねー。納得のかっこよさですね^^
    mukuge(むくげ) | URL | 2015/05/11/Mon 21:53 [編集]
    拍手コメントをくださったりりり5さんへ
    りりり5さん、こんばんはーv
    ただいまです、陛下に会いに行ってまいりました!
    始まりましたね、BS善徳!録画だけしてまだ見れていないんですが、字幕版のカット版っていうのも今まで見ていないパターンなので、録って満足にならないようにあとからちゃんと観てみようと思ってます。
    「パイレーツ」の公開も初夏というからもっと先かと思っていたら、もうすぐですね。実は今回韓国へ行く飛行機の中で「パイレーツ」やってたんですよー。近々大きなスクリーンで見れるのに、あの小さい画面でついついまた観ちゃいました。小さくてもナムさん濃かったですw
    私も「無頼漢」観たいんですが、私もビジュアルはうーんです。っていうか「無頼漢」っていう題名から勝手にオヒゲなフェロモンなナムさん想像していたら、あららお若いビジュアルでびっくりしましたわ(笑) 日本にはいつ来てくれるでしょうねー。
    定期的にヨウォンさん恋しいよ~と声に出して言っといたほうがいいかなーと思いましてつぶやいてみましたが、今家族と一緒にゆっくりしたいのかなーっていうのもわかるんですよ。同じ女性的目線から見てみると、10年前の出産時とは体力が違うでしょうし。でもファンとは贅沢なものでお姿拝見したいんですよねー。ここはCMっていう手でいくのはどうでしょう?スポンサー求む(笑)
    mukuge(むくげ) | URL | 2015/05/11/Mon 23:09 [編集]
    拍手コメントをくださったほっちさんへ
    ほっちさん、ふたたびこんばんはーv
    いえいえ、どういたしまして、と含み笑いでお返事したところで…BS善徳ちゃんと毎日観てるんですねー!私はただいま貯金中です。。。まだ中身は何も観ていない状態なんですが、このBS版、録画一覧にサブタイトルが出るのがなんだか臨場感あっていいですねー。
    サブタイトルってDVDやブルーレイのディスクには書いてありますが、本編でそれが出てくることはないので、あらためてじっくり見ることってそうそうなかったんですが、今日の「チョンミョンの決意」とかサブタイトル見るだけでうぉ~ってなりますね。

    子トンマンがムンノにすぐ会えちゃったら、どうなってたんでしょうねー。トンマンが王位を目指したのはもとは憤りからでしたからね。そうなると王位には興味を抱かなかったでしょうか。いや、でも英雄に憧れているトンマンですから、チョンミョンを王に推戴して自ら支える将軍になる!とか言い出しちゃったりして。

    そうそう、私、サランちゃんとパパ、一度見たことがあるんですよ。おととし位に金浦空港に着いたときに到着ロビーに出たらテレビカメラとかギャラリーがたくさんいて誰か芸能人でも来るのかしらー?なんてちょっとミーハーに待ってみたら、いかついサングラスかけた男の人が女の子抱いて出てきて。でテレビカメラとか韓国の人がスマホでバシャバシャ写してたんですけども、私誰かわからなくってですねー。あごの感じからイ・ビョンホン氏?いや子ども抱いているから違うなとか思ったり(笑)
    で仕事そっちのけでwスマホもって写真撮っていた携帯レンタル会社のお姉さんに誰?って聞いてみたんですよ。そしたら、「チュ・ソンフン」って言われたんですが、私の顔に思いっきりクエスチョンマークが現れたのか、「サラン、サラン、ワイフモデル!」って。それでもわからなくてとりあえずお礼を言ってあとからそのキーワードで調べたら、ぎゃーSHIHOの旦那さん、秋山って言ってくれたらすぐわかったのに~って。
    しかもサランちゃんが国民的赤ちゃんとか言われるほど有名なのを知らなかったので、お父さんばっかり注目してシャッター切ってたら、サランちゃんの後頭部の写真しかないしー(爆)
    ってなことがあったので、なんだかそういう意味で親近感をもっていますw でもどっちかっていうと、美しい生ママが見てみたいですーv

    ねーねー、ジオンちゃんオムさんにそっくりですよね!今はとても女の子らしくなってますが、もうちょっと小さい頃のがそっくりで。特に鼻のあたりがw とってもキュートですよねーv

    mukuge(むくげ) | URL | 2015/05/13/Wed 21:57 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。