ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    符仁寺~善徳女王崇慕齋 その1
    5月3日、八公山符仁寺にて見てきました『善徳女王崇慕齋』の様子を何回かに分けてお届けしたいと思います。

    まずは、その符仁寺のある八公山とは一体どこにあるのかなんですが、
    韓国地図   
    現在でいうところの大邱広域市、地図でいうと黄色★のあたりになります。八公山といえば昔は中岳山ともいい、ムンノが祭事を行いお星様の啓示を聞いた場所でもあり、トンマンの出生の秘密を知ったチョンミョンがトンマンにひとまず籠もっていろと命令した場所であったりしますが、当時の新羅の都徐羅伐があった現慶州(ピンク★)からは同じ新羅の領地内とはいえども、遠くもなければ近くもないような。。。

    標高1000メートル強の八公山の山裾に符仁寺は位置していますが、なぜこの場所で善徳女王を崇拝する崇慕祭が行われているのか。そして『三国史記』にも書かれている命日旧暦の1月8日ではなく、なぜ旧暦の3月15日に行われているのか、詳しいことはよくわかりませんが、いろいろ妄想だけはかきたてられますね。
    それは今回はおいておくことにして、次に符仁寺の境内の様子をご紹介いたします。

    符仁寺 入り口
    道路沿いに「符仁寺」の文字が刻まれている石標がありますが、当日はこのイベントのために交通整備の方も立ってらっしゃいました。ここまで来てやっと、わー本当にあるのねーなんてホッとしてみたり。
    だってですね、そもそも本当に今年は5月3日であっているのか心配で、大邱観光協会の方に問い合わせて確認してはいたんです。そして5月3日であっていることや一般人でも誰でも見学可ということを事前にご返答いただいていて一応安心して飛び立ったんですが(大邱観光協会の丸山様、その節はありがとうございました!)、行きは大邱駅からタクシーで行ったんですが、運転手さんに「八公山符仁寺」って言って住所を見せても知らなくて、ナビと格闘してやっとたどり着いたくらいなんで、ちょっと心配になりましたよ(T T)

    符仁寺 ぶどう畑
    寺の敷地内にはブドウ畑が広がっています。まだ葉が出始めたばかりですが、秋の収穫時にはブドウがすずなりになるんでしょうね。陛下の廟にワインなんぞ供えたいものです。

    横断幕 
    ‘符仁寺址’の石柱と崇慕齋開催告知の横断幕です。描かれている女王のお顔は祠堂に飾られている御真のお顔に似せて書かれております。
    この日は11時から崇慕齋、13時から特別公演なるものがあるらしく、陛下の反対側に描かれている方は歌手の方ですね。有名なのかな?よくわかりませんけど。

    符仁寺 説明書き
    境内に‘符仁寺’の伽藍配置図と説明書きがありました。日本語の説明がなかったのでがんばって訳してみましたが、ちゃんとあってるんだろうか?w
    一応符仁寺はこのようなお寺です。↓

    八公山符仁寺は大韓仏教曹渓宗第9教区本寺桐華寺の末寺で、民族の宝物「初雕大蔵経」を奉安した大伽藍であり、崇慕殿で旧暦3月15日に開かれる崇慕齋で新羅善徳女王を100余年の間たたえた寺院で、7世紀中旬頃新羅27代善徳女王によって創建された説が有力だ。
    符仁寺は958年に建てられた「玉龍寺洞真大師宝雲碑」には‘夫仁山寺’と表記されており、高麗時代の「東国李宗国集(1241年)」と「真学国師碑文(1382年)」には‘符仁寺’と表記があり、朝鮮時代15世紀の記録中「高麗史説要(1453年)」、「高麗史(1454年)」そして「三峰集(1486年)」にも‘符仁寺’と表記がある。
    しかし「新增東国興地勝覧(1530年)」と1920年代以降の「大丘府邑誌」には、‘夫人寺’の表記があり、「冥府殿移建記(1788年)」、「朝鮮総督府 寺刹領 桐華寺條(1911年)」資料と『百弗菴先生(1705~1786)言行録(1999)』には‘夫仁寺’と表記されていると伝わっている。
    高麗顕宗時代1011年東アジアでは二番目に築かれた、符仁寺に奉安された「初雕大蔵経」は1232年モンゴルの第二次侵入時兵火で焼失した。
    現在の符仁寺は大雄殿、一花禅院を中心に、修行の空間である‘符仁寺’と「初雕大蔵経」遺墟址に比定される歴史空間である‘符仁寺址(大邱広域市指定記念物3番)’に分かれて保存し、1986年から続いてきた調査と発掘でいつか明らかになる歴史の荘厳な夜明けを待っている。

    *その2へつづく*
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    おあずけ中の犬の如く
    続きをお待ちしております・・・v 何せこれまでのスンモジェニュースを振り返ってみても、一番気になるのは今年の陛下はどうだったのかしらって事ですから。年によってはなかなかダイナマイツ☆な方もいらしてそれはそれで面白いというか。(失礼な)

    さて今日はヨウォンさんのニュースにしびれつつも、mukugeさんのお客様へのコメントをふと読ませて頂いて、ヨン様のお相手が若マヤと知って遅ればせながら私ものけぞらせて頂きました。驚きの連続でもう百済包囲網を抜けてきた龍華香徒くらいヨロヨロしてますよ。

    おっかし~な~、お相手の画像付きのニュース読んでたのに全っ然気付かなかったぁ!うん、でも真平王よりは頼りになるかもしんないですよね!(比較がヘン)
    | URL | 2015/05/20/Wed 23:12 [編集]
    名乗りを忘れた犬は私です(笑)
    ひとつ前のコメントの。ヨロヨロしすぎて名前記入とか基本的なことを忘れておりました。メアド欄に「mukugeさん今晩は」と打った時以来のボケをやらかしましたがな。コメントが馴れ馴れしげだけに、は、恥ずかしい・・・!!

    名乗らなくても通じるはず!てmukugeさんを試してるとかそんなことではありませんので、ええ!!
    りば | URL | 2015/05/21/Thu 22:14 [編集]
    名無しのりばさんへ
    りばさん、こんばんはーv
    もっちろんりばさんってわかってましたわよ。りばさんと私の仲じゃないですか。名前がなくとも残り香でわかりますよー、お笑いというにほいでw
    よぅーしよしよし、と某動物学者のようにりばさんの頭から顎をわしゃわしゃ撫でまわしたところで、崇慕齋の続きはですね…じらしプレイです。せっかくのネタなんでね、小出しにじわじわ行きます。ドSです。本当は書くのがおぼつかないだけなんですけどもー。
    ただ残念なお知らせを先にすると、ダイナマイツな女王様企画は昨年あたりから無くなってしまったようで、今年も復活はありませんでした。ある意味、異国の地でのけぞらなくて済んで良かったんですけども、ある意味なんか物足りなかったw
     
    のけぞるといえば、ヨウォンさんですよ!いやぁ~、ヨウォンさんってば旦那さんとアッツアツ~なんて話をついこの間してたかと思えば、相変わらずアッツアツだったっていうvいや~んv
    これでまたちょっとお仕事お休みかなと思うとさびしいところはあるんですが、子育てを一気にしたほうがのちのお仕事もしやすいでしょうかね?
     
    そしてさらにのけぞるといえば、若マヤ夫人ですよ。確かに真平王よりはしっかり守ってくれそうだもんなー。なんていったって三国の祖壇君ですからね。
    にしても、ヨン様も若い娘が良かったのね、やっぱり男だなと思ったのは私だけではないはず…w
    mukuge(むくげ) | URL | 2015/05/21/Thu 23:53 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.