ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    まいつき、善徳女王カレンダー 2015年6月
    善徳女王カレンダー 2015年6月
    花郎にとって仕える主は天で郎徒は大地だ
    大地がなくては立っていられん

    トンマンとユシンの仲がぎくしゃくしているのを心配したアルチョンがトンマンに言った言葉です。
    さすが私の理想の上司アルチョン様!
    下で働くものは、上に立つ人の背中を見ています。
    上司が忠義に厚く、芯がぶれず、部下を大切に思い守ってくれる姿を見せてくれていれば、おのずと部下も上司について行きます。
    阿莫城の戦いの時にトンマンがアルチョンに言った言葉と共に、リアルに私の上司に聞かせたい言葉であります(笑)

    ※「壁紙館」様にて、カレンダー作成させていただきました。
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださったほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv
    大丈夫、1通目でちゃんと名乗ってましたよー。でも名無しでも大丈夫、ほっちさんのことも匂いでわかるからーw
    そして、えへへ、満を持してのアルチョン様ですよー(笑)
    アルチョンらしい台詞を選んでみたんですが、花郎にとって仕える主は天という部分が特にアルチョンっぽくw
    そんなアルチョンが感銘を受けて忠誠を誓ったトンマンもまた理想の上司と言えるでしょうね。
    というかこのドラマ、主要人物が皆部下に慕われている描写があるんですよね。悪役のミシルだって、大義に背くことはしなかったので部下に慕われていた…という表現はなんとなく違和感がありますが(笑)、たくさんの部下がミシルに忠誠を誓っておりましたし。
    うちのリアル上司ですか…?いや、残念ながらアルチョンのような人はいませぬ。中身も顔もw

    「パイ(略)」2度観に行かれたんですねー。韓国ではあれほどヒットしたのに、日本では色々残念ですね。うちの地元も上映1週間にして上映回数激減でした。てかやはり日本の映画は高すぎることにつきると思うんですよー。前売り券でも1500円って(驚)!出演者のファンだとか韓国映画ファンだとか以外でふらっと入ろうかなと思うには敷居が高すぎますって。韓国は映画料金安いんですよね。時間にもよりますがだいたい800円位かと。それだったら何回も観たり、さほど観る前は興味のない作品でも観てみようかなーという気になれるんですけどねー。

    そして「シンイ」懐かしいです。ってほど昔ではないですけどもw そう、あのドラマでは悪いお兄ちゃんでしたが、「奇皇后」のほうではお兄ちゃんの存在が抹殺されているってほど出てきませんよね。
    同じ人物でもドラマによって描き方や役者さんももちろん違うので、なんかごっちゃになりますよね。私はイ・ソンゲとその息子のバンウォンが主人公の「龍の涙」を観ていたんですけど、それに出てきたチェ・ヨン将軍はすごいおじいちゃんで、「シンイ」を先に観ていた私は、しばらく頭が混乱しましたよ(笑)
    mukuge(むくげ) | URL | 2015/06/03/Wed 21:27 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。